ページ内検索はこちら
タグクラウド
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
ファン
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2018年11月20日

日産を不正企業に変えたカルロス・ゴーンが所得隠しで逮捕!

カルロス・ゴーンが日産を再生させたその手法は、綺麗事ではなく、完成車検査の不正などによる人員カット、不正なコスト削減を指示したというところが実は本質だったのだろう。
金の亡者のカルロス・ゴーン。
そのほかにもまだ隠している重大な不正があるだろう。
現場からはそうした不正の強要に対して強い不満があったから、こうした逮捕につながった可能性が高い。
逮捕によりさらなる不正が発覚することはほぼ確実だ。
詐欺師のカルロス・ゴーン。ゴーンのせいとはいえ、やっちゃえ日産もいよいよ終わりだ。
Lostmoney.gif

Yahoo!より、
自動車業界にも激震 ゴーン流再生術は高い評価
11/19(月) 20:29配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000569-san-bus_all
記事より、
・平成11年から日産自動車の経営を担ってきたカルロス・ゴーン容疑者の逮捕は、日本の自動車業界を激震させた
・日産を再生させ、仏ルノーや三菱自動車と合わせて世界販売台数を1060万台に引き上げ、通年で初の2位に押し上げたゴーン
・ルノーから最高執行責任者(COO)として派遣されたゴーン容疑者が中心となって策定した14年度までの3カ年計画「日産リバイバルプラン」
・1兆円のコスト削減、本業の稼ぐ力を示す営業利益率(売上高に占める営業利益の割合)4.5%の達成などの数値目標を掲げ、「達成できなければ辞める」と強い覚悟を表明してきたゴーン
・出荷前の完成車検査をめぐって、昨秋以降に日産やSUBARU(スバル)などで相次ぎ発覚した不正行為
・自動車業界への信頼感が再び揺らぐ可能性もあり、各社は「(日産の)動向を慎重に見守りたい」と
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8314691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック