ページ内検索はこちら
タグクラウド
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
ファン
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2018年11月04日

スバルのインプレッサ、フォレスター、BRZは殺人自動車、走行中にエンジンが突然ストップするという

インプレッサ、フォレスター、BRZとトヨタ自動車が販売するスポーツカー86の4車種はエンジントラブルで走行中に急に停止する恐れのある危険な車となっているという。
高速道路などで急にエンジンが止まるようなことでは命に関わるだろう。
エンジンの部品のために、一旦、エンジンを車体から外す作業が必要なため、2日もかかるというのだ。
これではリコールというよりも、欠陥商品であり、回収という返品を認めることが必要だろう。
roller-coaster.gif

Yahoo!より、
スバル、国内8カ所に整備拠点 リコール対応急ぐ狙い
11/3(土) 9:42配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000023-asahi-bus_all
記事より、
・エンジン部品の不具合で国内外41万台のリコール(回収・無償修理)を届け出たスバルが、群馬県など国内8カ所に整備拠点を新たに設けた
・トヨタ自動車ブランドの「86(ハチロク)」を含め4車種10万1153台。バルブスプリングという部品に過大な力がかかると破損して、エンジンが停止する恐れがある。交換するにはエンジンをいったん外して分解する必要があり、スバルは1台の交換に「2日はかかる」
・スバルでは近年リコールが増えており、通常の整備業務も担当する整備士の負担が増している。昨秋からの検査不正による計42万台のリコールもまだ終わっていない
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8264151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック