広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

日本人は、ドラコニアン

人類への警告1)「日本人は、ドラコニアン≪YAP(-)遺伝子≫直系!だから〜「超消滅」させられる・・・

これまでにオイラがネットで吠えて来た龍のノイズ



振り返る必要がある。

ホントにオイラは不思議な体験と不思議なご縁がテンコ森ダス

今は亡き神谷さんと広島の葦嶽山に登頂すると不思議な現象が起きる。

日本ピラミッドと言われる葦嶽山の向いにある鬼叫山の巨石群のイワクラの鏡岩には阿比留草文字が刻まれていた。

その鏡岩に古代日本人の神事の様子がカラーで写り込んだ不思議な現象は何を意味るのか?


葦嶽山は鵜草不葦合第十二代彌廣殿作尊(ヤヒロトノツクリミコト)天皇が皇太子時代に造営
http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11257310783.html

【永久保存版】大神神社と龍神と天皇と宇宙人&昨日、ダウンロードされた内容
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/02/post-80fd.html

ししゃ科も便11−03−0に掲載されました。
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/03/post-b163.html





ヒカルランドが、予約販売の時点で完売した!

衝撃の日月神の計画を示唆する内容





内容説明
高山長房:「私のこの命をかけた警告を受けとめてくれ!さもなくば、日本は国破れて山河もなく人さえも消滅するだろう」セムメーソン、大正天皇扶桑会、日本イルミナティ2万6千人のトップが《日本民族根絶やしの策謀》をぜんぶ書いた!

◎ 人類の起源にレプティリアンとドラコニアンの地球争奪をかけた争いがあった
◎ アトランティスとムーの沈没、文明消失もこの2派の戦闘による結果
◎ その勝敗は、均衡したまま、今もついていない!
◎ アトランティスはレプティリアン、ムーはドラコニアンだった
◎ 人口削減による適正人数の人類総奴隷化/世界一極支配を推し進めるのは、レプティリアン・イルミナティ
◎ ドラコニアンは、人類に同情的で、この計画を阻止しようとしている
◎ ドラコニアンの本体は、日本国土の地下にいる
◎ 闇の権力のトップにいる「サンヘドリン」とは?
◎ 311は、ドラコニアンの本拠たる日本の円が世界基軸通貨になるのを阻止するために起こされた

砂糖をやめればうつにならない


うつ病だと診断されて薬を処方された、ある女性。心理療法を受けても改善しなかった彼女は統合医療を実践する一人の医師に出会いました。そして彼女はその医師に「深刻な低血糖症」だと診断されたのです――。

砂糖をやめればうつにならない (角川oneテーマ21)
生田 哲
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 4703






ベールを脱いだ人類起源 さあ、宇宙人の声を聞きなさい


ベールを脱いだ人類起源 さあ、宇宙人の声を聞きなさい(超☆わくわく)
中丸 薫 レオ・ザガミ
ヒカルランド
売り上げランキング: 18547




イタリアNo.1ベストセラー著者にして、元イルミナティの大幹部。プリンス・レオ・ザガミ氏
明治天皇の孫、プリンセス・中丸薫氏の迫真のコラボレーション

ヴァチカン/闇の権力の
地球支配は宇宙存在の完全隠蔽によって
成り立っていた!


中丸:闇勢力はますます追い詰められています。
闇勢力の人たちは宇宙存在たちのことを絶対に秘密にしておきたかったのです!
そうしなければ地上のすべての権威が保てなくなるからで!!

ザガミ:ヴァチカンはまさにその古からの歴史を封印してきたのです。すべては支配のためです。今回その頑強な扉をこじ開けるべく、様々な情報をここに公開することができました!

ザガミ:地球マインドコントロールの超パワーの土台が、宇宙人隠蔽にあった。そのメッセージは何にも増して重要なことであると思います。

中丸:その通りです。日本の天皇家は古来、宇宙人直系です。そのことの意義もお伝えできればと思っています。

UFO機密ファイル完全版

先日、コンビニに面白い本と言うかマンガを見かけた

それで、思わず手にとってすかさず購入した



UFO機密ファイル完全版





このマンガで一番興味があったのが、ロシアのジャーナリストが数名の学者とある調査の為に同行する

場所はロシアベルミ州マリヨーフ村である

ここで数百人の異星人とコンタクトをする

そして、UFOワームが空から降りてきて、そのワームチューブが数人の学者を多い、光のチューブにスッポリと包まれる不思議な体験をする。

実に興味ある体験談で、そこからある学者が「我々と直接コンタクトを取って見ないか?」と提案すると数百人に及ぶ光のシルエットの異星人がUFOから降りてきてその学者よジャーナリストと接触する

しかし、その光のシルエットの異星人は人間を通り抜けて行ったと言う

実に面白い実をマンガにした本であった



池田大作と暴力団 独占スクープ

とうとう本になったダス

以前からネットではすでに暴露されていた創価の悪事





創価学会と後藤組について。- 2010.05.22




元後藤組組長がつづった、創価学会とヤクザ

本書は、5月29日付で発刊されたもので、元山口組後藤組の組長・後藤忠政氏(現在は天台宗で得度し、得度名は忠叡)の自叙伝です。後藤氏の生い立ちから現在までがつづられる中、「創価学会との攻防」に一章が割かれています。

 後藤組が創価学会から依頼を受けたのは、創価学会がまだ日蓮正宗から破門される前。当時、創価学会は日蓮正宗の本山である大石寺の周辺の土地を買い漁り、正本堂や霊園の建築・造成を進めていました。しかし左翼などの反発にあい、地元で反対デモなどが起こりました。このとき後藤氏は、創価学会の顧問弁護士だった山崎正友氏(故人)から、「何とかならんか」と相談を持ちかけられたといいます。山崎氏は1980年に創価学会から除名されますが、公明党関係者が後を引き継いで、引き続き後藤氏に時もいと対策を依頼。後藤組が反対派と「話をつけた」そうです。

 本書によると、反対派対策が終結した後、創価学会は「山崎とあんたが勝手にやったことで、ウチは一切知りません」という態度になったとのこと。そこで後藤氏は創価学会に内容証明郵便を送ったそうです。一部を抜粋します。

『憚りながら』100ページ

百条委員会に関しては中心人物、河原崎(澄雄)市議を自宅に呼び、説得に説得を重ねました。私は常に物事に対処するときは、自分の生命を賭け、明日を考えずにその一事、一事、に全力をぶつけて力一杯生きています。ですからこの件にしても、もしこれが刑法二二三条に於ける処の強要罪になったとしても、信念を持ち行動して来ました。
(略)
この件に関して私と学会は一心同体のはずです。先にも書いたように、藤桜自然墓地霊園造成問題に関係した、私の若い者が学会のために六年もの刑を受け今だ(ママ)に受刑中です。それを知り、あえて私に百条委調査打ち切り、市民会議解散、山崎正友の証人喚問阻止を依頼して来た事実は拭うことのできない事実であり、私の信念五分、学会側の依頼五分を言うのも分かって頂けると思います。
(略)

 この内容証明で後藤氏は、「池田大作氏の真の声を聞きたい」としています。

 ところが返事は来ず、この3カ月後に、富士宮署に突然「後藤組壊滅対策本部」が開設され、後藤組では「若い衆が片っ端からパクられていった」(本書より)そうです。こうした経緯から、1985年に東京・信濃町の創価学会文化会館で、後藤組系幹部らが発砲事件を起こすに至ります。

 これに対して、学会から「X」なる人物が後藤氏に詫びを入れに来たとのこと。後藤氏はX氏の名を明かしていませんが、編集部の註によると、この人物は藤井富雄・元公明党東京都議会議員とのことです。このときの両者の密会ビデオが、後にメディアで取りざたされました。

 後藤氏が創価学会とのかかわりを語るのは、これが初めて。その理由は、「あいつら(学会)のやっていることが、俺が付き合っていた30年前と同じ、いやそれ以上に悪くなっているから」「創価学会、いや「池田教」が、この日本という国家を乗っ取ろうとしていることが、見過ごせない」からだそうです。

 富士宮市において創価学会が後藤組を利用していたことはすでに知られていましたが、本書は、それについて改めて当事者自らが証言している点で、非常に価値あるものと言えます。

 ただし本書は、創価学会を主題としたものではなく、後藤氏がどういった考え・感覚で生きてきたのかを綴ったものです。実は私は、引退後の後藤氏が天台宗で得度しようとした際のエピソードにも興味を覚えました。後藤氏の友人である住職が支援を約束してくれたものの、「元ヤクザ」ということで、天台宗が難色を示し、住職に対して「もし(後藤に)何かあったら、私は天台宗を辞めます」と念書を書かせたそうです。

『憚りながら』298ページ

「悟りの世界は、すべての生きとし生ける者に平等に与えられている」という教えに基づいて、「多くの人々と共にその世界へ行こうと互いに努める」と謳っている天台宗が、だよ。たかがヤクザやってた男一人が得度するっていうだけで、何をそんなに大騒ぎしなきゃならんのかと思ったよ。
(略)
そもそも俺は、僧籍が欲しいわけじゃなかった。これまでの人生のけじめとして、得度したかっただけなんだ。だから俗世の得度ということで充分だし、天台宗の僧侶としてではなく、住職の弟子として仏門に入れば、それでよかったんだ。それにせっかくヤクザを辞めて、組織というものから自由になったのに、わざわざ僧籍とって、また坊さんの組織に入ることもないなと思ってさ(笑)。

 ヤクザ組織から自由になったはずなのに、今度は宗教組織の煩わしさ……。信仰より組織で動く伝統仏教の悲しい一面が見える気がします。しかし後藤氏は、「私の命に懸けても」という住職の熱意によって、最終的には無事、得度を果たします。後藤氏はこの住職の意気込みについて、「堅気の中にも極道以上に極道らしい人がいるってことだよ」と書いています。自分の信念を貫く“覚悟”の強さについての表現としては、うなずけます。

 創価学会に関する記述が話題になっていますが、全体的に読み応えのある一冊です。


憚(はばか)りながら
憚(はばか)りながら
posted with amazlet at 12.07.26
後藤 忠政
宝島社
売り上げランキング: 9571




以前からなんども吠えているダス

宗教では人は救われない
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/08/httpmsoukenblogspotcom2007_10_25_archivehtml.html


   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。