広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

創造主

貴方は神を信じますか?

と見ず知らずの方から突然聞かれたら

どう答えますか?

オイラは

見たことはないが創造主は存在すると思います。

と回答する。

その創造主とはサムシンググレートのことです。

http://www.youtube.com/watch?v=4dWPYEmy3ug


創造主とは地球や太陽や宇宙や人間や全てを創造して作られた存在のことだ

この地球宇宙生命体動植物大自然にその痕跡が見られる。

以前に何度か触れた神聖黄金分割比神聖幾何学模様に秘められた神秘を紐解ければ

自ずと理解出来る

周波数が高くなっているヒントとなるソースを” 神々の肛門 ”となっているこのブログで排泄する。
http://ameblo.jp/m-ken-net/day-20120119.html

ここはどこ?

私は誰?

自分は?なんの目的で生まれてきたのか?

自分はなぜ?

不思議な体験をするのか?

その疑問の答えを、自分の外側に求めてきたが

どこにもその答えは無かった

答えは自分の内側にあった

https://www.youtube.com/watch?v=loeFN3VHCWc&feature=youtube_gdata_player


昨日、大阪の梅田で意識改革プロジェクトさんとみんが幸せプロジェクトさんと3人で対談した

この3人がこれからやろうとしていることは?別になんでもないことだが、実はスゴイことになる。

上からも見守っていることは間違いないと思う。

この3人は「お金」や損得勘定の利害関係で一切活動していない。

オイラは「この3人は魂の振動共鳴」により必然的にご縁が繋がったと話して

これからは「魂の振動をより強く振動させなければだめです。」と話した。

そして、その対談の中で「では?どうすれば魂が振動するのか?」と言う質問をした。

このキチガイは「自分との対話」で魂が振動すると吠えた。

その答えがスパ・リフレで「ディスク・スキャナー」に意識を読み取られた、その「瞬間」に答えがあったからだ。

そう、スパ・リフレのサウナの中で少林寺拳法の丹田呼吸していると、突然に貨幣制度の矛盾を感じて、「お金」の為に犯罪や殺人を犯して、このままでは人類はトンデモない方向へ行ってしまうと悲しみが込上げて来た瞬間に小型UFOに脳が振動を伴う「ギュルル・ギュルル・ギュルル」と言う異音を受け意識=超光微粒素子を文字通り読み取られた。

この人間の意識=超光微粒素子振動領域を彼らは読み取ることが出来る


このキチガイの戯言をオモシロ可笑しく見ている最近やけに色気づいた小生意気な女子中学生のなっちゃんと、ちーちゃんにはキチガイが吠えている真実はすぐには理解出来ないだろうが、身内に変なおじさんならぬキチガイおじさんがいることが、いづれ見ず知らずのあかの他人から問われる時が来るから、その時になっちゃんとちーちゃんは、はじめて気づくだろうだから、今はこのキチガイ爺の言うことで、分からないことや、分からない言葉あれば自分でそのわからない事を調べて確認する作業を訓練したまえ

このキチガイの戯言ボログには、結構専門用語や今まで聞いたことのない言葉や、活字がたくさんあるから、まず「これは?なんなんやろう?」と疑問を感じたら

決して、自分で調べもせずに人に聞いてはダメだす

そう、かならず自分で調べるのです。

それでも分からなかったら、そこではじめて聞きなさない。

この疑問を感じることが、あなた達の「魂の振動」をより強く共鳴出来るように進化をさせるから


ミステリーサークル=クロップサークルの正体
http://ameblo.jp/stageup-gate/entry-11010731145.html


オウムはプラズマ兵器を研究していた。
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2010/03/post-cf9d.html

小型UFOは人間の意識=超光微粒素子を感知して調べているがM総研の仮説では太陽の異変が人間の意識にどのように影響して具現化されているかを調べているのではないだろう?かと感じてならない。

また地殻や火山も同様に影響を調べているのではないだろうか?・・・


アストラTR3Bと人工地震
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/05/tr3b-ea63.html

そんでもって

最近やけに色気づいた小生意気な女子中学生のなっちゃんと、ちーちゃんに教えてあげるが、おいちゃんは以前に新聞にも載ったんやで



かなりピンボケしまくり千代子な写真やけどな?

言うとくけどな!その新聞の目撃1のところに掲載されている人物とちゃいまんねん

そのおっちゃんは並木伸一郎さんと言うてなUFO&UMA研究の第一人者で全米最大のMUFON日本代表を務めJSPSの会長さんで有名な方やさかいちがうので,はやとちりしたらあかんDe

大阪では「のぞき小型UFO」がと言う見出しで匿名で掲載されたんやで!!

またおいちゃんと同じように小型UFOに意識を読み取られたことがある有名人がおるんやDe

ホンマのこと言うて

アレ?

これはこの前あの世に旅立ったおやじの口癖やったけど

あのモデルの道端ジェシカさんも、小型UFO通称「ディスク・スキャナー」に脳が振動する「キュル・キュル」と言う異音を受けて意識を読み取られているやんDe

モデルの道端ジェシカさんがTV番組のダウンタウンDXで2009年9月24日に放送された中で彼女が小型UFOに脳が振動するキュルキュルという異音を受けて意識を読み取られたことを話しているDe

でも彼女は自分では意識を読み取られたとは全く自覚がないねんやw

なっちゃんと、ちーちゃんはたぶんこのようなことを知るのははじめてやと思うさかいに、UPしといたが、おいちゃんはこんな自分の体験した不思議なことを「これは?なんなんやろう?」と疑問を感じ、「感知力」で一生懸命時間をかけて検証と確認と調査をしてはNETに無料で公開して来たんやDe

ここで、なっちゃんと、ちーちゃんにさっそく訓練してほしいんやが、動画サイトのYouTubeでいっぺん 感知力 で動画検索してみなYo

その かんちょうりょく が、いかに重要なものなのか?分かるさかいNa 爆笑)おやじぎゃく

今、笑たやろ 爆笑)



それで、この前のじっちゃんの形式的な葬儀の場で話したけんど、過去には3回程、TVへの出演依頼があったが全て断ったし、またこの不思議な体験を本に書いて出版してほしいと連絡が来たが、これも断ったんやDe

不思議なのが?小型UFOに意識を読み取られる前は「お金儲け」には普通に関心があったが、以降はあまり関心がなくなったやDe

自分でも不思議やけどな〜ぁあ


そやさかい自分でキチガイと呼んでるんや


マウリツィオ・カヴァロ氏も同じような異音を受けている
http://ameblo.jp/m-ken-net/day-20120407.html

视频: 090924 ダウンタウンDXDX (動画)


この↑の再生時間 62:05 / 72:21 ごろから道端ジェシカさんが小型UFOの遭遇を話している。

あっ

昨日、おっちゃんのおばちゃんから聞いたけんど

ちーちゃんのおかんもこのキチガイの戯言ボログ見とんのか?

おまんのおかんのラベルではこの話をチト受け止めることは難しいDe

最近やたらとちゅーと半端に体鍛えて鏡に写ったそのちゅーと半端な肉体美を見て一人でニタニタと微笑むオナニストの変な駅員さんのおとんなら、ま〜ぁあ

おなじ変な人やから、ある程度は理解出来ると思うがな?

爆笑)

おいちゃんはよーしっとるやろ


ホテからな?

ちーちゃんの型遅れのポンコツ・スマホンでは中華動画サイトのYOUKUは見れまへんDe

携帯で見るんやったらなGooglePayやアンドロイドからYOUKUのアプリをDLしてからそのアプリで「视频: 090924 ダウンタウンDXDX (動画)」をコピペして検索してからでないと見れへんw

なっちゃんのゴミ携帯は当然無理やDe

しかしな、あんまし貧乏な、おとんや ばーちゃんに無理言うたらアカンDe

お金よりも「魂の振動」の方が大切やさかいな!!

おまんのおかんもあの世で心配しとるぞ!!

嘘とちゃうぞ!!



懐かしい昔に加太にみんなで出かけたバーベキュー大会で今は亡きやさしいおまんのおかんと、この前にあの世に旅立ったおやじも写っているビデオを今、一生懸命さがしているから、出てきたら、ばっちゃんの家においちゃんが30万円もした高性能DVDプレーヤーをすでに置いているさかい、その加太の映像をキャプチャーしてROMに焼いて持っていくさかい楽しみにまっとけYo


過去世と魂レベルを調べるボール(ディスク・スキャナー)
http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11132682938.html

道端 アンジェリカのUFOとピコピコ通信
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/09/ufo-2226.html

殺人者を予測するアルゴリズム

米国で導入が進む「殺人者を予測するアルゴリズム」

http://wired.jp/2013/01/16/precog-software-predicts-crime/



メリーランド州、ペンシルバニア州ですでに導入されている新たな犯罪予測ソフトウェアが、まもなくワシントンD.Cでも採用される。これは保護観察官の判断をかわりに行うもので、裁判所が保釈金額や将来の量刑を設定する際にも役立つ可能性があるという。




マイノリティ·リポートオフィシャルトレーラー
http://www.youtube.com/watch?v=yWL3Uw7872s


画「マイノリティ・リポート」には、殺人を起こす人物を予知するゾッとするような予知能力者が登場するが、もしそうした予知を可能にするアルゴリズムがあるとすれば、人々は使いたいと思うだろうか。

メリーランド州、ペンシルバニア州ですでに導入されている新たな犯罪予測ソフトウェアが、まもなくワシントンD.Cでも採用される。これは仮釈放された受刑者のうち、殺人を行う可能性が高い人物を予測し、彼らにより厳重な監視体制を設けることで殺人率を下げるものだという。

こういった監視体制のレベルは、すでに保護観察官が受刑者の犯罪記録に基づいて判断しているものだが、現在、ボルチモアとフィラデルフィアで導入されているこのソフトウェアには、その監視のレベルを保護観察官にかわって判断することが求められている。

このアルゴリズムを開発したリチャード・バークは、ペンシルバニア大学に所属する犯罪学者。同氏はこのアルゴリズムについて、殺人や犯罪を犯す確率を下げるだけでなく、裁判所が保釈金額や将来の量刑を設定する際にも役立つ可能性があると主張している。

「ある人に執行猶予がついたり、保釈されたりしたとき、彼らを監視するのは保護観察官です。このとき、保護観察官はどのレベルの監視体制を敷くかを判断しなければなりません。このソフトウェアは、こういったアドホックな意思決定をかわりに行うものです」(バーク氏)

このソフトウェアの開発にあたって、研究者らは殺人を含む6万件以上の犯罪記録を収集。この上で、仮釈放や執行猶予の期間中に殺人を犯す可能性が高い人物を判断するアルゴリズムを書いた。バーク氏は、ソフトウェアが100人の受刑者から将来的に殺人を起こしうる8人を見分けられたと主張している。

このソフトウェアは犯罪記録や地理的な位置など20以上の変数を分析するが、ただし予想の大きな決め手になるのは、犯罪のタイプとその犯罪を起こした年齢だという。

「誰かが殺人を起こした場合、人々は彼らが将来的にも殺人を起こすと考えます」とバークは話す。「ただ、実際に重要なのは、彼らが若い頃に起こした犯罪です。たとえば、ある人が14歳の頃に武装強盗を起こしていれば、将来殺人を行う可能性は十分あります。ただ、同じことをしたのが30歳なら、そうとも言えません」(バーク氏)


六角形には電磁波を閉じ込める性質がある

磁気浮上グラファイトはレーザーで移動させることができる!!



リニアモーターカーのグラファイトの光学モーションコントロール
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=AJ7fMVp_O5s



http://phys.org/news/2012-12-magnetically-levitating-graphite-laser.html
リニアモーターカーのグラファイトの高さを制御することに加えて、研究者は、彼らはまた、任意の方向にグラファイト動きをすると、照射部位を変更することによって、それを回転させることがわかった。ディスクの端でそれを目指して、その高さを制御する際にレーザーを右グラファイトディスクの中心に狙っていたのに対し、温度分布を変化させ、このように磁化率の反発力がアンバランスになるような方法で配布、およびグラファイト光ビームと同じ方向に移動する。 浮上グラファイトディスクを回転させるために、研究者は、円筒状のマグネットのスタックを使用してディスクの下に直方体状の磁石を交換して、再度ディスクの端にレーザーを目指した。歪んだ温度分布は照射部位に応じた方向と回転速度と、浮上グラファイトディスクを回転させる。セットアップが日光にさらされているときに回転にも発生します。回転エネルギーに太陽エネルギーを変換することによって、ディスクは、このような光学的に駆動されるタービンなどのアプリケーションのためにそれを有用なものにすることができる200以上のrpmの回転速度に到達することができます。 研究者は、レーザーでリニアモーターカーベースの動きを制御する能力は、リニアモーターカーベースのアクチュエータや光熱太陽エネルギー変換システムの開発につながる可能性があると予測している。アプリケーションでは、低コスト、環境に配慮した発電システムと光駆動型の交通システムの新しいタイプを含めることができます。 "この瞬間、私たちは、このシステムに適したリニアモーターカーのタービン翼を開発することを計画している"と安倍氏は言った。"このケースでは、それは摩擦がリニアモーターカータービンの回転に支障が生じないと予測されているので、我々は高いと光エネルギー変換システムを開発したいと思い、エネルギー変換いわゆるMEMS(微小電気機械システム)技術を参照して効率が向上します。 "アクチュエータとしては、リニアモーターカーが浮上グラファイトグラファイトディスクとほぼ同じ重さを持っている何かを伝えることができますので、写真アクチュエータシステムの規模拡大が達成されるなら、それはリニアモーターカーで、その人間の夢ではありませんグラファイトは、自分自身を駆動することができます。


プラトン立体構造の正六角形には電磁波を閉じ込める性質があると以前にディスカバリーチャンネルのサイエンス番組で解説していた。


http://www.zpenergy.com/modules.php?name=News&file=article&sid=3438

スキームは、強力な磁場によって誘起される量子ホール効果に起因する、グラフェンのランダウ離散エネルギーレベルの出現を利用している。

カシミール力の量子化につながると反発し、魅力的な価値観との間に電気的にそれを調整することができます.

重力共鳴トラップ
http://www.keelynet.com/gravity/russlev1.htm


1。のフィードバックを使用していない別の種類とサイズ(マクロ粒子の素粒子から)の粒子の共振トラップを開発したこと、そのようなトラップ内の個々の粒子とそのダイナミクスの特性の研究(例えば、原子や分子)との表面にそれらを梱包固体 - 分子技術);プラズマ共振トラップの開発、自己閉じ込めプラズマを得ることができる。

2。生物学的システム上の電磁界の共鳴効果に基づいて治療、予防、治療および診断の新しい非接触法の開発、生体内部の生化学反応を調節する。

3。磁気記録媒体材料の製造(磁気ディスクやテープの場合)で、例えば、使用されている粉末の異なる種類(強磁性体、研磨剤等)の分離。

4。フィールド(重力、地震、流体力学、音響、電磁気)の新しい高感度共振器の開発。

5。ロボット化 - 詳細の電磁サスペンション、異なったメカニズムとデバイスの組立時のスペースとコントロール内での非接触オリエンテーション。

6。必要な方向に異なったボディ(エンジン、おもちゃ、磁気浮上列車のローター)の空気と移動中の懸濁液。

六角形に偏っているものが放射能を浄化することが解かって来た
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/08/post-f80a.html


テレポーテーション・テクノロジー
http://fanblogs.jp/mken/daily/201210/31/

宇宙人ユミットが地球介入計画を作ったのは他でもない。地球においてプラズマ兵器の開発が進んでいるからである。
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/09/post-53b1.html

おまけ

螺動渦巻き太陽系

私たちの太陽系は渦である
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0jHsq36_NTU#!



こんなキチガイの戯言(真実)を公開しているので米軍からウオッチされ妨害されるようだが、実はアストラTR3Bは海軍と連動して超極秘任務を遂行していることは知られていない。







水滴の音響浮揚



http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=669AcEBpdsY



アルゴンヌ国立研究所の科学者たちは、別の医薬品を含有する溶液の個々の液滴を浮揚させるために、音波を使用する方法を発見した。浮上と医薬品開発の間の接続がすぐには明らかではないかもしれないが、特別な関係は、分子レベルで現れる。

我々は結晶構造の体の構造をより理解し始めている

自身の結晶構造の体を固定するために高次元に同調させる

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/a0e48f2a6df252a3ce5456ab29139f65 より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

我々は結晶構造の体の構造をより理解し始めている

炎の文字
Fire Letters

炎の文字は人間の遺伝情報の基盤であり、皆さんのすべての細胞内に格納されている。この電磁的エネルギーはこれまで変化していて、皆さんの体の内部により高次の振動率を生じさせている。自分の細胞が加速しているような感覚を持った場合、皆さんは体内に振動を感じ、皆さんの体は自分の結晶構造の体の中にしっかりと固定されている新しい遺伝情報を取り込んでいる。皆さんの体はシリコンや新しい体の鋳型の基盤となる金を含めた他の成分を引き付けている。炎の文字は体のための情報として異なった方法で配置される可能性があり、皆さんの神聖な設計図は、ハードディスク内に存在しているように、ひとつの情報として文字の新たな組織化に反応している。立体映像的な表象は異なって作動し、情報を別々に処理している。この存在が液状の黄金の光が依拠する体内にしっかりと固定化される。この符号化が、より高次の想念とより高次の特殊能力を、解読するものとなる。こうした炎の文字は直線状に調整されることはない。もしも皆さんが炎の文字を目にすることになれば、立体映像を見ているようなものであり、一斉に多くの水準で多次元的に調整される。偉大なる中枢太陽、アルシオネで起こった次元分裂図形的(フラクタル)始まりを想像してください。この次元分裂図形はそのポイントから我々の太陽のソル、木星、水星、そしてシリウスに移動して行き、もちろん我々の局所的な銀河系内の惑星、恒星、太陽たちにも波及する。

この螺旋状の次元分裂図形が縮小して行き、次の次元に突き進み、そこで拡大して行き、別の太陽を通過し、力のエネルギーを収集し、地球に到達するまで再度螺旋状に縮小して行くことを確認してください。諸惑星と諸恒星と諸太陽を通過してアルシオネにまで遥々遡って伸びて行くこの次元分裂図形は、キラキラと眩い光で充たされ、次に地球に達し、王冠のチャクラを通じて結晶構造の体中に示現する。この力のエネルギーが脳構造の中に入ってきて、そこで松果腺内に天然のDMT(ジメチルトリプタミン)が生成される。各々の心のメルカバからの力と愛で炎の文字が発火させられるのは、この位置になる。炎の文字はまた、同時に多くの階層で形成されることは別として、多くの異なる言語で同時に話すことを意味する:光の言語を。この言語は脳で、細胞内のミトコンドリアで、個々の原子で、エーテル質の体で、自我の知性で、神聖な設計図の体で、その他諸々で、それぞれ部分の言語で聞き、生命を持続させる指示を同時かつ共時的に伝送する。より高次の炎の文字の模様を同調させることにより、皆さんは自身の結晶構造の体をより高次の特殊能力(SIDDHIS)で固定する。これらはキー・コードと呼ばれる。

キー・コード(鍵となる符合)
Key Codes

結晶構造の体を固定化するために、人はより高度な符号を入力する、つまり同調させる必要がある。光の言語を使い、12次元内に符号化することで、それより低い次元の空間において結晶構造の体で生活することが可能になる。それぞれの次元的場は、それ自体の光と音の場を持っている。こうした光と音の場から立体映像的な表象が創られる。光と音で原子が組織され、その結果として立体(固体)構造のような姿として現われる。物性に投影されたものは、実は立体構造となっていない。その代わり、光と音を通して振動的に結び付いている立体映像となっている。より高次のキー・コードがより高次元からの情報として固定化されて皆さんという存在の中に入り、皆さんの神聖な設計図が炭素を基盤とした構造に替わって結晶構造、水晶構造として物性に反映することを可能にする。その結果、より高次の霊的側面が生じ、第2チャクラを通じた性衝動や、濃厚な食べ物を大量に摂取しようとする欲望のような低次元の側面を排除する。皆さんの体を12 次元の設計図、結晶構造の体に同調させるにつれ、皆さんは念力移動といった特殊能力を引き出すための体勢がより整うことになる。

モデムのダウンロードの速度を想像して貰いたい。より高次の同調とはより高次の光と音の周波数を意味しており、より高次の能力を指している。母なる地球がより高次の周波数、より高次のキー・コードに自身の神聖な設計図を固定するほど、地球はより高次の周波数が通過することになり、特に最近の新月時の日蝕のような高い周波数の最大時あたりには顕著となる。すると、地球は地球のグリッドにテラ・ノバの電磁周波数を伝送することが可能になる。惑星、恒星、銀河、宇宙、超宇宙、その他諸々のすべては、その力が形成する次元分裂図形的、数学的なキー・コードのパターンを通して、‘全存在’と呼ばれる光と音の密度の中で伴により高次に、より高次に、より高次に進化することを続けている。炎の文字の数学的プログラムはキー・コードの数列の中に現れているため、惑星意識や個人意識を拡張している。こうした意識は、姿態内の結晶構造の鋳型として顕在化している諸細胞内のDNAパターンに影響を与えている。

キリスト・コード(救世主の符号)は神聖な風水(geomancy:geo=地、地球+manncy=占い。別訳:土占い、地占、物質占法)であり、純粋に知覚可能な創造的力となっている。‘全存在’を通して絶え間なく明示される愛を持った根源的エネルギーとなる。場のねじれの物理過程で機能するものが、この数量化不能なエネルギーの複合概念が示すものとなる。認識であり、同一性であり、意識である。神聖な知性として言及されているものである。この状態を通して、キリスト・コードは、次元分裂図形の数学的な表現は、宇宙は、恒久の平衡、永遠の静寂、永遠の運動、終わりの無い創造を維持している。創造の根源は神と呼ばれることもある。すべての創造は神と呼ばれる全体性の領域の中で発生する。全存在はすべての時間的母型(マトリックス)や全宇宙をその中に含め、全存在の外には何も存在しない。唯一者の原理(法則)は根源エネルギーの現実性であり“わたしはすべてであり、我々はひとつである”という事実を認識している意識の中心である。

唯一者の法則の中で、キリスト・コード意識は“すべての生命形態”の相互関連性を認識し、相互に作用し合う。神は明示的側面と非明示的側面を同時に持ち、物質と呼ばれる統一性に由来する表現と、反物質と呼ばれる統一性に由来する表現となっている。存在とはチャクラと呼ばれている我々のエネルギーの中心を通してキリスト・コードが取り入れられるため、その力は我々の体を通してDNAの炎の文字をより複雑な組織に置き直し、その組織内でより高次の物質水準で発現が起こり、反物質に波及するものとして作用する。キリスト・コードに同調させることで、我々は自身の結晶構造の体を通して物質と反物質の宇宙を経験することが可能となる。

液状の光に依存して生きる
Living On Liquid Light

結晶構造の体を完全に固定させることで、存在は徐々により明るい領域に移動して行く。存在はその体に深い変化を感じる。もはや濃厚な食事に耐えられない感覚に襲われる。より軽い食事が選択され、細胞の中に太陽の光が大量に含まれているローフード(食材の栄養を壊さないように、なるべく生に近い状態で食べる健康食)が好まれ、次により光に充たされたマイクロフードを望み始め、濃厚さに対する嗜好を徐々に低下させて行く。キリスト・コードの炎の文字の数学的表現が我々の細胞内のDNAを変化させるため、我々は液状の光に依存して生きる生活様式に移行することが可能になる。特殊に結晶構造化した我々の皮膚の細胞が太陽の光を吸収し、また、ヘモグロビンが酸素を取得するように、血液の流れの中にある特殊に結晶構造化した細胞が、太陽の光を吸収する。太陽の光とこの電磁スペクトルが、水の分子の分裂をもたらす。分裂した水素と酸素の電子と陽子が水力による液状シリカを形成するために使用され、これが体内のすべての細胞の燃料として使用される。これが炭素から水晶質のシリカに変質させ、副産物として二酸化炭素を放出する。細胞過程は水力燃料から養われ、炭素を基とした原子物質が更新状態の最適化を維持し、シリカと炭素質の最適比率とその存在が居住する環境の密度水準の特性を維持しながら、継続的に炭素質をシリカに変質させる。これは5次元環境における12次元の発現として作用する可能性があり、13番目のゲートウェイを通過して反物質の宇宙に達する事を可能にする。これが、体が物性の中に、天使としての体、化身(アバター)の体の中に投影される様子であり、更により高次の発現に向うと、無定形の姿となって行く。


結晶構造の体を通してより高次の発現と接近するために、より高次の周波数と同調する。
Attuning to the Higher Frequencies to Have Access to Higher Expression through the Crystalline Body

霊が創造のすべての水準から直接的に交信を可能にすることを目的として、意識に基づいて光の言葉の伝達システムを固定させようとする場合、メタトロンに尋ねてください。尋ねて頂ければ、導入から活性化までの移行過程を増進させる支援となるだろう---そして、次は各固定化の過程で生起する実現化の支援にもなるだろう。ヘルメスと仏陀を呼び、ラーの万能の目を皆さんの体内で活性化させ、皆さんの第三の目を開く支援を受けてください。これが皆さんの次元上昇を支援し、より高次のシディス(註:Siddhis。何を意味しているかは現時点で不明)を固定する際に役立ちます。残されている覆いを取り除くためには大天使ミカエルを呼び、何度も要求してみてください。より高次の同調を継続的に求めることで、存在はより高い次元に移行し、存在自身の宇宙的次元上昇に到達して行きます。こうした活性化の影響は部分的な知性で把握できる水準を遥かに越えたものになります。こうしたより高次の周波数と連携しているため、皆さんの直観的知性を使用してください。成長を加速させる時は今です。あるポイントにおいて、こうしたエネルギーは、意図的に固定化され統合されるようになるため、皆さん自身の中に永遠に残ることになるでしょう。このポイントにおいて、内面の領域についての夜間学校で補修を受けることを要求してください。これは子供でも大人でも利用可能であり、無制限であり、継続的進化は、姿態の創造的な発現として、自己永続的なものです。

メタトロン
~Metatron

ベスとマーク
Beth and Mark www.GalacticRoundTable.com

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●


チャクラクンダリーニ - 精神的な目覚め





検索しても出てこない貴重な動画です!



先日、このキチガイが最近、最も注目している「おおまに」さん 、のブログでmariscoさんからのコメントをティーUPしてたダス

おもわず「有難う御座います」とコメントを残したダス


意識と周波数と言えば、あの政木博士もシータ波の研究をしては、陰徳の賜物を積み重ねて不可思議な体験のテンコ森状態と言う。

不思議なのは、このシータ波の無料アプリのシンプルバージョンのメトロノームのアイコンのシータ波に見られる倍音のような「ウォン・ウォン・ウォン」と言う響きはオイラが数十回受けている振動を伴う異音に似ている。

このような類似している音はクリスタル・ボールやシンギングリンの倍音の振動音にも似ているようだ。

チベットの山岳にはラマ僧が経典を唱えるドラとお経の共鳴音に知的生命体のUFOが感応して人間の意識の状態を波形や幾何学模様のように図形やグラフォサーモとして捕られて、その人物の過去未来転生の模様を察知してから、UFOに搭乗させるようだという内容を耳にしたことがある。



天才発明家"政木和三"先生(故人)のお話し



『精神エネルギーT』 政木和三先生(故人)のお話し 1/3


『精神エネルギーU』 政木和三先生(故人)のお話し 2/3


『精神エネルギーV』 政木和三先生(故人)のお話し 3/3




ご生前の政木先生とは
昭和5年生まれの実父がご近所付き合いにて
実父が中学生時代の頃より電気のイロハを教わった関係より
私に至る親子二代に続いて
政木先生の晩年まで大変お世話になった恩師でございます。

現在では政木先生の発明品復活に向け
世の為、人の為に貢献してゆこうと先生のご遺志を引き継ぎ
活動を再開し始めました。

わたしのブログにて
政木先生のご紹介として懐かしい動画のUPや著書の紹介
携帯電話のアンドロイドとiPhoneの対応アプリとなりますが
無償でダウンロードしてご活用いただける
パラメモリー(アルファー・シーター)アプリ
等々を紹介させて頂いています。

最近では
政木先生と深いご親交のあった
鏑射寺のご住職、中村公隆和尚様の法話などもUPさせていただいています。

よろしければ是非
お立ち寄りくださいませ。

http://profile.ameba.jp/koji-kitano/

検索しても出てこない貴重な動画です!



先日、このキチガイが最近、最も注目している「おおまに」さん 、のブログでmariscoさんからのコメントをティーUPしてたダス

おもわず「有難う御座います」とコメントを残したダス


意識と周波数と言えば、あの政木博士もシータ波の研究をしては、陰徳の賜物を積み重ねて不可思議な体験のテンコ森状態と言う。

不思議なのは、このシータ波の無料アプリのシンプルバージョンのメトロノームのアイコンのシータ波に見られる倍音のような「ウォン・ウォン・ウォン」と言う響きはオイラが数十回受けている振動を伴う異音に似ている。

このような類似している音はクリスタル・ボールやシンギングリンの倍音の振動音にも似ているようだ。

チベットの山岳にはラマ僧が経典を唱えるドラとお経の共鳴音に知的生命体のUFOが感応して人間の意識の状態を波形や幾何学模様のように図形やグラフォサーモとして捕られて、その人物の過去未来転生の模様を察知してから、UFOに搭乗させるようだという内容を耳にしたことがある。



天才発明家"政木和三"先生(故人)のお話し



『精神エネルギーT』 政木和三先生(故人)のお話し 1/3


『精神エネルギーU』 政木和三先生(故人)のお話し 2/3


『精神エネルギーV』 政木和三先生(故人)のお話し 3/3




ご生前の政木先生とは
昭和5年生まれの実父がご近所付き合いにて
実父が中学生時代の頃より電気のイロハを教わった関係より
私に至る親子二代に続いて
政木先生の晩年まで大変お世話になった恩師でございます。

現在では政木先生の発明品復活に向け
世の為、人の為に貢献してゆこうと先生のご遺志を引き継ぎ
活動を再開し始めました。

わたしのブログにて
政木先生のご紹介として懐かしい動画のUPや著書の紹介
携帯電話のアンドロイドとiPhoneの対応アプリとなりますが
無償でダウンロードしてご活用いただける
パラメモリー(アルファー・シーター)アプリ
等々を紹介させて頂いています。

最近では
政木先生と深いご親交のあった
鏑射寺のご住職、中村公隆和尚様の法話などもUPさせていただいています。

よろしければ是非
お立ち寄りくださいませ。

http://profile.ameba.jp/koji-kitano/

テレポーテーション・テクノロジー

先般の感動塾の阿久津先生の講演会に参加したダス

以前の日本サイ科学の大阪講演以来でしたが、内容は今回の感動塾の方が面白かったダス

ホテカラおいらはいくつか質問したダス



弁護士のアンドリュー・バシアーゴがCIAのテレポテーションの極秘実験を暴露していると言うダスが、なんども未来にも行って2016年にアンドリュー・バシアーゴは米国の大統領になっていることを見て来たと言う!!!???

またオバマ大統領も火星にテレポーテーションしていたのを見ていると言う!!!???

だからオバマも大統領になっていたのか?

・・・・

この火星へのジャンプルームの件で阿久津さんに質問したダス

阿久津さんは直接、その弁護士のアンドリュー・バシアーゴと連絡を取ったことがあると言うのです。


@一つ目の質問
その円錐のジャンプルームで地球から火星にテレポーテーションして行くのは良いが?帰りはどのようにして帰って来るのですか?

と質問した。

答えは「・・・・」

ここでは公開出来ません。

A二つ目の質問
オペレション・ルッキング・グラス作戦でも、やはり水晶の膜が異次元ゲートして使われている件で、高尾博士と以前に世界に向けてWEBで同時発信したメキシコの六角形の電柱から宇宙人が出現してボール遊びをしていた少年の腕を掴んだ事件で、六角形の神聖幾何学模様と電磁的な共鳴を誘発することと六角形のプラトン立体を形成するもの同士の共鳴技術を駆使して、火星へのジャンプ・ルームの装置も水晶が使われているのでしょうか?

と質問した。

その答えは「・・・・」

ここでは公開致しません。

ヒント↓

空中の電磁波から電気を回収:印刷した回路で
http://wired.jp/2011/07/11/%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E3%81%AE%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%8B%E3%82%89%E9%9B%BB%E6%B0%97%E3%82%92%E5%9B%9E%E5%8F%8E%EF%BC%9A%E5%8D%B0%E5%88%B7%E3%81%97%E3%81%9F%E5%9B%9E%E8%B7%AF%E3%81%A7/


http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11221911605.html
1981年に2回火星基地にテレポートして行っています。また、ローラ・アイゼンハワーは2006年に火星の植民地に行ったと証言しています。

実際に、その基地に行った2人のアメリカ人、アンドリュー・D・パシャーゴ氏とアイゼンハワー大統領の孫のローラ・マグダリーン・アイゼンハワーという女性が2010年に共同声明で、その事実を暴露しています。




アンドリュー・バシアーゴ インタビュー
http://www.jikanryoko.com/timewarp123a.htm


ここ↑にあるように

( 「プラズマ・コンサインメント室」の中に入り、プラズマの雲の中に歩いて行きました。そこは過酷な環境で、到着するまでに、帽子が飛ばされ、靴一足と片方の靴下をなくしてしまいました。 )

プラズマの雲を歩いたとあるが、以前にも吠えているダスが米軍の反重力アストラTR3Bの前身であるオーロラやステルス戦闘機の尾翼にもグラファイト・カーボン(六角形のプラトン立体構造)と珪素素材(六角形のプラトン立体構造)が施工されているが、この珪素・シリカ・水晶は電磁波を閉じ込める性質があるが、その特性を利用してレーダーに映らないようにカモフラージュ性能を実現している。

つまりこの逆の応用がテレポーテーション・テクノロジーに使われている可能性があるダス



http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/04/post-36b2.html

http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/07/post-cf8a.html

http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11139915342.html

http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/01/post-048e.html



エイリアン・テクノロジー:テレポートシステム
http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11171212380.html

火星にもモノリスがあり、植物も水も存在している

http://www.marsanomalyresearch.com/evidence-reports/2007/118/forest-biodiversity-9.htm

月面上を歩くための第二の男バズ·オルドリンが、、同じようなモノリスが火星の月フォボス上で検出され明らかにし、彼は主張した: "我々は火星の衛星を訪問するべきである。


ノリス?構造は赤い惑星に丸印:米航空宇宙局(NASA)

米航空宇宙局(NASA)ローバー2012写真(ストレンジ火星構造)古代のエイリアンから火星2012の証拠に生活


インセプションヘルメット

またまた自宅のPCがお陀仏!!

なんで!?こうなるの!?

と・・・





映画『インセプション』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=ZfDm3s_IcqM




クリストファー·ノーランの2010年の大ヒット作映画「インセプション」は軍事技術の1つが他の人々の夢に潜入し、こっそり変更することができます遠い将来に設定されていました。レオナルド·ディカプリオは、ドム·コブ強力なビジネスマンの心の中にアイデアを植え付けを任務と産業スパイを演じる。



日本の独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センターの研究者によって開発された代行リアリティシステムを使用してパフォーマンス・アート

日本の研究者はそのような経験をシミュレートするために、現実を操作する"インセプションヘルメット"を開発しており、精神疾患における認知機能障害を研究するために使用することができ、代行リアリティ(SR)システムでは、独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センターの大学の研究者によって開発された適応知性研究チームが記録映像を保存し記録、コンピュータに使用パノラマビデオカメラ、および記録された映像とカメラで撮影されたライブ映像をシームレスに切り替えることができるヘッドマウントビジュアルディスプレイ技術を改発した。

もう映画の世界の話ではない。

すでに米国防高等研究計画局(DARPA)もすでに実用段階まで来ているのか?





MIRAGE - Performance Art with Substitutional Reality system
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=PVlBpm1UEq0





意識科学サックラーセンター
Sackler Centre for Consciousness Science

http://www.sussex.ac.uk/sackler/



    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。