広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

反重力技術は十年で可能になる

あのイルミノドンのフロント企業のスペースX社がUFOの動力にも使われている反重力技術はあと10年で可能になると吠えているw

おまけに火星への移住計画も提案している。


ISSとSpaceXのドラゴンドック:空間内の企業のダークサイド
http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11262633933.html



SpaceXは火星コロニーを作成する - 反重力技術は十年で可能になる



SpaceX社は、今後数年間で、国際宇宙ステーションへの有人飛行を送るのイーロン·マスクの当面の計画である。彼のドラゴン宇宙船を使用して2つの成功したISSへのミッションと裏で、予期しない事態が起きない限り、ムスクが彼の目標を達成することは疑いない。ムスクは、最終的に火星に目を向けると、iquid燃料噴射剤に基づいて、既存の推進技術を使用して彼のビジョンを達成する方法を熟考します。

11月16日プレゼンテーションを王立航空協会で。インタビューでは、ジャコウが火星のコロニーを確立することは、彼の究極の目標であった、と"ことを明らかにし、それが常にされている。

内部告発者によると、米軍の要素が反重力技術を使用しており、すでに火星以降に惑星間飛行が可能である秘密の宇宙艦隊を持っています。クリントン政権時のボーイング社によって反重力技術を機密扱いを解除するための秘密の試みは失敗しました。

どう ​​やら、世界有数の航空会社は、国家安全保障上の理由から航空業界の推 ​​進技術の次の世代を導入することが防止された。

オバマ政権によるtが反重力技術が機密解除持って、彼の元国家安全保障担当補佐官将軍ジム·ジョーンズの下、。いつかそう遠くない将来、航空宇宙業界に革命をもたらす現在分類反重力技術がリリースされる予定です。火星コロニーのムスクのビジョンは、彼が現在想像できるよりもはるかに早く結実に来るだろう。

SpaceX社は、今後数年間で、国際宇宙ステーションへの有人飛行を送るのイーロン·マスクの当面の計画である。彼のドラゴン宇宙船を使用して2つの成功したISSへのミッションと裏で、予期しない事態が起きない限り、ムスクが彼の目標を達成することは疑いない。ムスクは、最終的に火星に目を向けると、iquid燃料噴射剤に基づいて、既存の推進技術を使用して彼のビジョンを達成する方法を熟考します。



おまけ

スライヴ 2013年計画 フリーエネルギー リバティ ソリューションハブ
http://www.youtube.com/watch?v=bDhRC1sAvUw




スライブの製作者の一人 Kimberly Carter Gamble さんが来年の計画をお話します。彼女が話してるように、スライヴのサイトは情報、行動、組織化などへのヒントが山ほどあります。どうやって、私たちが望むことを実現するか-というノウハウがあります。(右翼とか左翼とか、頭の中のゲームから抜け出しましょう。)英語のサイトなのですが、どなたかぜひ、日本語化プロジェクトを進めてください。-(私もできる範囲でお手伝いしたいです)

仁徳天皇陵に巨大UFO出現の本当の意味は?

昨日は今年最後のOUCの会合で2次会は忘年会で盛り上がりました。

中でもJSPS大阪支部代表のHさんと僕の尊敬する政木和三博士の話で意気投合した。

それで、先般もこのキチガイもティーUPした↓mariscoさんの貴重なクリップのことをお知らせした。

このmariscoさんとは前のボログがアメーバーで同じなので、メッセージを通じて色々やり取りをさせて頂きました。



検索しても出てこない貴重な動画です!
http://fanblogs.jp/mken/archive/96/0


このJSPS大阪支部のHさんは、以前に30年程まえに大阪大学に政木先生を訪ねて訪問され色々と話を伺ったことが懐かしい思い出であるそうです。

ホテからOUCの会合では僕は井出治さんの第三起電力のクリップをティーUPして「原発問題」と「UFOと核」の問題と「貨幣制度も問題」を投げかけた。

会合の終盤で、今年の夏に大阪の仁徳天皇陵に1.6KMの巨大なUFOが出現し複数の方の目撃談が寄せられたと言う。

その巨大UFOは、ちょうど携帯電話を「カッパ」と開いたような形の異形トランスフォーマーUFOであったと言う。


この仁徳天皇陵と龍の土石が出土した池上曽根遺跡と僕の脳に振動を伴う異音を受け意識を読み取った小型UFO通称「ディスク・スキャナー」が出現したスパ・リフレのポイントを結ぶと三角形になる。

意識の重要性
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2009/12/post-f077.html

龍の文明・太陽の文明
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/06/post-cafe.html

米軍が極秘に仁徳天皇御陵を発掘していた
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/10/post-c6e0.html


本当に僕は偶然の不思議な体験と不思議なご縁がテンコ森だw


仁徳天皇陵の秘密@
http://www.youtube.com/watch?v=nbnmo_5Tlmo


仁徳天皇稜の秘密A
http://www.youtube.com/watch?v=VhnzhTJGstc





なんと1.6KM程の長さの巨大UFOだそうだ!!

それが、その巨大UFOのヘンテコな形で変形するトランスフォーマーUFOであるそうだ。

このトランスフォーマUFOが米国でも先に目撃されている同じような形のUFOであるらしいのです。

どうも?このUFOは人間を救出するレスキュー隊UFOである可能性があると言う?

以前にオスカー・マゴッチのオスカー・マゴッチの宇宙船操縦記と言う本を読んだ時に、人間を救出専用の母船がある旨のことが紹介されていたのを思い出したw


オスカー・マゴッチ氏のUFO旅行体験
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2010/10/post-2e45.html




写真












↓再生時間33:16〜42:20ごろまで間で韮沢聖人さんがこのUFO事件について触れている

视频: お笑いワイドショー マルコポロリ!-20120819





巨大UFO仁徳天皇陵近接の大仙公園に一時間以上
http://www.style-21.jp/board/form9.cgi?action=res&resno=16206&id=Traveler&rno=16238


これは昨日何時も行っている床屋さんで伺った話ですが、私がUFOに関心を持っているのを知っておられたのでお話くださったのですが、夫婦と息子の三人で6月30日の土曜日に犬の散歩で公園の方へ行く途中、公園上空に光点が並んだ巨大なものがあり各点が赤と緑とオレンジに輝きながら時には速く時にはゆっくりと回転しながら、形も丸や楕円形あるいはひし形に変化しながら静止していたそうです。時々少し動くのですが風に流されているのではなく意思をもって動いているように感じたそうです。大きさは777旅客機の5倍から10倍ぐらいで(お話をもとに私が推定)伊丹への着陸機の高度より少し低めで(2から3000FTぐらい)滞空していたそうです。
目撃時間は20時から21時ぐらいですが、最後は自宅へ戻だれたので、何時までそこに滞空していたのかはわかりません?

そしてものすごく綺麗だったそうです!
なお凧にLEDをつけたものが沢山あるようですが、今日もう一度お尋ねして、色んな質問をして来ましたがその可能性はないようです。
本当は昨日掲示板に投稿する予定でしたが、以上の件で疑問を持ったので今日になってしまいました。

こんなにすごい目撃なので他に何人も目撃者がいるはずですが、だれかいませんか?このごろは新聞にも載らないしもちろんTVでもやりません。報告する人がいないのでしょうね?それとも報告しても相手にしないのでしょうか?
なお補足ですが関空のレーダーには写っていなかったのでしょうね!もし写っていたら多分レーダー管制室では大騒ぎになるでしょうから!

メキシコの富士山が噴火

またまた昨日、自宅の電話が切断されたダス

NETも光電話も不通になった。

それで、光電話BOXとメガビットゲートの電源と配線を何度も初期化して、ようやく回線が繋がった。

先般、機械を新品に交換したばかりで、自宅のPCも最新のスペックに変えたばかりで、何度も何度も・・・



ポポカテペトル山には古くから言い伝えがあり、地元に住むマヤ族の人々は、この火山の本格的な噴火の始まりは「人類の終末の予兆」である

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51836714.htmlより



今から20年ほど前にUFOディレクターとして有名な矢追純一さんのテレビ番組で放映されたことがあります。

矢追純一 UFOスペシャル ポポカテペトル火山噴火予言.mpg
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=z4vDs2JYkFQ


※UFOに拉致されて宇宙人からメッセージを受けたロペス氏

この番組を見ると、ポポカテペトル山周辺は昔からUFOが多数発生している地域であり、そこで地元住民のロペスという男性が、ある日にUFOを目撃すると、そのまま宇宙船内に拉致されてしまい、そこで宇宙人からあるメッセージを受けとったようです。それは以下のような内容だったそうです。

ロペス氏:「宇宙人は、われわれ人間が今進んでいる方向は間違っている。これを変えることを今すぐにでも始めないと近いうちにポポ山が大爆発する。そして、それは世界中に起きる大きな災害の始まりだと言った。

マヤ族の言い伝えだけでなく、実際にUFOに拉致された人の証言からも、このポポカテペトル山の噴火は非常に重要な意味があることが伝えられているだけに、今回の24時間以内に70回以上の大噴火というのは、まさに本格的な噴火の始まりを予感させるものであり、そして、それは人類にとって危機が迫っているのではないかと話題になりました。

しかし、今回の噴火が日本や世界においてさらに話題となったのは、また別の出来事が他にあったからでした。

それは、噴火が活発化する前に火山の噴火口へとUFOらしき謎の物体が突っ込んでいたからです。これは映像として撮影されており、そしてメキシコのテレビでニュースとしても放映されました。

このニュースは、すぐにYouTubeでもアップされ、そして有り難いことに浅川嘉富さんが知り合いの翻訳家にニュースの内容を訳してもらい、その内容を自身のホームーページで掲載してくれました。


現地時間10月26日に放映された映像

ふと目にとまったユーチューブの映像に惹(ひ)かれるものがあったので見てみると、これがとんでもない代物で、噴煙を上げる火山の火口になにやら巨大な葉巻型の物体が落下していく姿が映されていた。あまりに衝撃的な映像であったので急いでスペイン語の翻訳者・寺石愛美さんに連絡を取って見てもらうことにした。

どうやら映像はメキシコのテレビ局・テレビサ(Televisa)が放送したもののようで、現地時間の10月25日に「ポポカテペトル山」の噴火の状況を観測するため、火山に近い丘に設置されていたテレビ局のモニターカメラに偶然映された映像であった。ポポカテペトル山はメキシコシティーの南東80キロにあるブエブラ州の活火山である。

寺石さんに訳して頂いた放送の内容、アナウンサーやレポーター、それにマルガリータ・ロサードという国際天文学連合の科学者の話を、ユーチューブ映像の下に掲載しておいたので、映像をご覧になりながら読んで頂きたい。

レポーターは「これは長く、幅200メートル、約1キロの物体であることが分かりました」「この円筒形の本体は、側面の影の部分に比べると異常なほどに明るく見えます」と語っている。物体の大きさからして、これが飛行機ということはあり得ない。また、火口に突入するスピードも墜落する飛行機に比べて桁違いに速く感じられる。飛行機ならふらふら揺れながら落下するのが常である。

どこの国の学者もそうだが、今回インタビューを受けた女性の学者も同様で、何を言っているか分からないような解説で終わっている。この種の解説は聞いても何の役にも立たないことはいつものことである 。それにしても、こんな円筒状の細長い巨大な隕石は見たことがない。もしも、単なる光の幻影(投射)だとしたら、側面に影が映っていることが説明できない。

考えられるのは、巨大な葉巻型宇宙母船か宇宙人が製造した巨大物体でしかない。小型円盤の墜落事故はこれまでにも何度か起きているので 、あってもおかしくないが、超高度なテクノロジーによって製造された母船が墜落するとなると話は別だ。それも、噴煙を上げている火口の中へということになるとさらに謎は深まってくる。意図的に突入しているのだろうか、それとも偶然だろうか?

はっきりしていることは噴煙を上げ続けていたポポカテペトル山はどうやらこの不思議な物体が火口に突入した後に、噴火が激しくなりその後1週間にわたって噴火し続けているという事実である。その回数は24時間以内に70回以上だというから、かなりの頻度である。

ポポカテペトル山は5000メートル級の活火山で、10数年数前から、年単位で中小規模の噴火を繰り返している。気になるのは、私が『謎多き惑星地球』(下巻)に記したように、地元に住むマヤ族の人々には、ポポカテペトル山の本格的な噴火の始まりは「人類の終末の予兆である」、という言い伝えが残されているという点である。

10年ほど前にメキシコの遺跡を探索中、メキシコシティーからユカタン半島のカンクンに向かう飛行機の窓から、ポポカテペトル山を間近に見る機会があった。その時も噴煙を上げていると言うことだったので、スチュワーデスに山の近くを飛んで見せて欲しいと頼んだところ、パイロットが一乗客に過ぎない私の要望を聞き入れてくれて、航路を少し変更して頂上近くを飛行、噴煙を上げるポポカテペトル山の勇姿を見せてくれたのだ。

それが偶然でなかったのは、何度も上空を飛んでいるガイドが「こんなに近くから見たことはありません」と語ったことと、パイロットから連絡を受けたスチュワーデスが事前に窓側の席の乗客に、席を空けて私に代わるようにと頼んだことからして、間違いなかった。

その時、機内でこの山が本格的に噴火し、人類が社会的にも経済的にも大きな変革期を迎えるのはいつになるのだろうか?、と思いを巡らしたことがつい昨日のことのように思い出される。今回の出来事が伝承された大噴火のきっかけ、前兆だとすると、その時はそう遠い先ではなくなってくる。

10年前、パイロットがわざわざ航路を変えてポポカテペトル山の勇姿を私に見せてくれたことには、意味があったのかも知れない。


[宇宙からの警告]スーパーフレアによるメルトダウンの危機
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=YBr4_kiq2TE




ディスクロージャー前夜


GFLJ7/12:宇宙連合は可視低空飛行を開始した
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=XCgzrrXToqQ



GFLJ:ディスクロージャー前夜1 イントロダクション
http://www.youtube.com/watch?v=eXE3Lu0mVtI



GFLJ:ディスクロージャー前夜2 宇宙からの訪問
http://www.youtube.com/watch?v=s04CN7P0ML4&feature=relmfu


GFLJ:ディスクロージャー前夜3 隠され続ける接近遭遇
http://www.youtube.com/watch?v=KPZ7cCth304&feature=relmfu



映画シリウス最新情報
2012年 10月 31日 掲載して拡散を希望します。
http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/DSCLetter.pdf#page=73


2012年9月に東京で撮影されたUFO

久しぶりのマージナル掲示板のエラー

前の掲示板も頻繁に文字化けやエラーメッセージが起きたが?

なんでいつもこうなるの?



このUFOは2012年9月に東京で撮影されたもので多くの方が目撃されていると言うダス?
http://news.gather.com/viewArticle.action?articleId=281474981670963


ホンマかいな?


Daytime UFO filmed over Tokyo, Japan this September 2012



ミステリーサークル=クロップサークルの正体

http://ameblo.jp/stageup-gate/entry-11010731145.html

たぶん、ミステリー・サークルを作るものは3つある。

@人工的に人力で意図的に造られたもの

A超極秘衛星プラズマ・ビーム放射兵器によるもの

B本物の地球外知的生命体によるもの


このB本物の地球外知的生命体によるものをクロップサークル研究家のロバート バン デン ブロークが撮ったサークルに出現したUFO写真を見れば確信に触れることが出来る。

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

よくイギリスの農場なんかで「ミステリークロップサークル」が出来ていた、とニュースにもなったりしますが、その研究の第一人者?と思われるサイトの写真紹介です。

ロバート バン デン ブロークが撮った写真

http://www.bltresearch.com/robbert/ufophotos.php

目的:BLT リサーチ チーム社(非営利団体)の焦点はクロップサークルの研究です。

それらを作成しているこれらのデータからのできれば、これらの活力の特異性と源を決定するのにおいて原因となるエネルギー(または、エネルギー・システム)によってクロップサークルサイトで植物、土、およびその他の材料の中で引き起こされた物理的な変化の発見、科学的ドキュメンテーション、および評価。







第2に、私たちの意志は対等者によって再検討された科学雑誌でこれらの研究結果を発表すること、そして講義、主流の論文とインターネットを通して一般大衆にこのインフォメーションを広めることです。


このロバート バン デン ブロークさんも純粋な心の持ち主だから彼らとシグナル・コンタクトが起きたと「私の直感」で感じました。

だから、冒頭に上げたミステリー・サークルには3つあることをしっかりと理解しなければドツボにはまることになる。

それがヤツラの目的なのだから・・・
彼らには偽ることの出来る活字や言葉は一切通用しない!!
純粋な意識=超光微粒素子の振動のみ共鳴を起こし感知される
エハンさんの以前のブログでクロップ・サークルで偶然日本人の知人が録音した小型UFOの異音がセミの鳴き声と同じような異音を公開されており、M総研と同じようにコメントに嫌がらせと言うか?妄想と言うのか?嵐の雨アラレを記憶しておりますが・・・


UFO研究家の天宮さんも並木さんJSPSの大阪会合でやはり「ミステリーサークルが出現した時にセミの鳴き声のような異音を複数の人が聞いている」と言った。

-------------この記事です-------------

サークルの中に本当に不思議な音を聞く時もある。僕は一回だけ
大きな音でセミのような、エネルギが回転するような音を6人の日本人と共に体験
したことがある。音とフォメーションは深く関わると思う人が多いようだ。

聞いてみますか?これ↓は実際にフォメーション内で録音されたものだ。

http://echan.thd-web.jp/d2007-07-27.html


メキシコで発光したビニール袋のようなUFOが激写される

撮影日は2012年の7月9日。場所はメキシコ・バハ・カリフォルニア州にあるティフアナという街

http://rocketnews24.com/2012/09/10/247316/


OVNI UFO ((IMPRESSIVE)) Mexico City Tijuana 07/09/2012 3Dimensional


ワープ航行型最新UFOは球状プロトタイプが主流

全般もふれたがワープ航行型最新UFOは球状プロトタイプが主流だと吠えたダス



急にこのロシアの球状UFOを思い出した

ディスク・スキャナーも同じようにメタリックの球状UFOで水晶テクノロジーであらゆるものを読み取ることが出来る。


昔にUFOのTV番組でも放映されたロシアの球状のUFO映像

ロシアのペルミ付近でUFOの目撃情報



以下驚くほど明確な昼間のUFO映像は、シベリア、ロシアと国境を接するウラル山脈のペルミとスベルドロフスクの間、荒野で捕獲された。このUFOイベントは、今年の9月にいつか発生しました。前後に空中投げ掛けるインテリジェント制御の下近くにある球状のUFOに見えると思われるものを示すビデオ。証人はUFOを捜すためにこの特定の領域に何度も行った地元の献身的なUFOのハンターであることを主張する。彼は最終的に彼のとらえどころのない獲物を見て、映 ​​画のように明らかに興奮しています。



福島第一原発にUFO:今度は「球状UFO
http://quasimoto.exblog.jp/14969032/



スペースにNASAによって撮影された球状のUFOが


こちら本物の球状UFOで埋め込みを否定しているのが残念だがリンクをクリックして確認下さい。


イスタンブールで撮影されたメタリックUFOの球
http://youtu.be/B4EaB8jNhf0




地球外種族による太古の地球訪問とエデンの設置

地球史 #3: 地球外種族による太古の地球訪問とエデンの設置


アレックス・コリアー氏による地球の歴史に関するレクチャーで2002年のもの。#3の内容は多種に渡るET達による何十万年の時をまたいで行われてきた地球の訪問と動植­物の研究、そして遺伝子改良などにおけるアンドロメダ人のモレネイとヴァセイアスから伝え聞いたという大雑把な歴史的概要。

アレックス・コリアー:メンタリング#2 2012年と未来の展望


NASAは宇宙人からのメッセージを隠蔽している!!
http://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI&feature=related#t=26m50

アームストロングが涙をこらえる記者会見の真相




世界の最近のパッシング悲しんニール·アームストロング、月の上を最初歩く。さまざまな情報源によると、アームストロングとバズ·オルドリンは、大きなのこぎりUFOが近くの火口から月面着陸を観察します。どう ​​やら、アームストロングは墓に彼の月の秘密を取った。そうスティーブン·グリア博士のディレクターによるとしないディスクロージャー·プロジェクトのUFO機密プロジェクトの内部告発者の証言を解放するために設立された非営利組織- 。Greerは個人的に、後者は観察大型UFOを目撃したことを確認したアームストロングとバズ·オルドリンの両方の家族閉じるに話を聞いたアポロ11号近くの火口から月面着陸を。さらに重要なことは、アームストロングの個人的な友人は、アームストロングは彼の月の秘密を守るために死の脅迫を受けたことディスク・ロジャー・プロジェクトのスティーブン・グリア博士に語った。trueの場合は、両方のアポロ11号の宇宙飛行士と他の生き残った月の歩行者は、その月の秘密を守るために死の脅迫を受けています。

Neil Armstrong - 25 years later


彼の生命の間に、ニール·アームストロングは、公的アポロ11号のミッションを取り巻く行われたイベントの公式バージョンに反して何もないことを明らかにした。限り彼のパブリックコメントが心配していたとして、アームストロングは、どの月の秘密を保持されているように見えませんでした。彼は、彼は月面の秘密を保っていたが示唆1994年7月20日に行われ、アポロ11号の着陸の25周年を祝って、ホワイトハウスのスピーチ中に行われた謎めいた発言は、しかし、がありました。アームストロングは他のアポロ11号の宇宙飛行士とクリントン大統領ウォッチングと涙を抑えるのに苦労している間、彼は言った。


ビデオ:ニール·アームストロングインタビュー
今日、私たちは私たちとアメリカの最高の間で学生のグループを持っています。あなたに私たちはほんの始まりを完了している、と言う。我々は元に戻されているあなたがはるかに残す。真実の保護層のいずれかを取り外すことができる人々が利用できる素晴らしいアイデア未知の、ブレークスルーがあります。信念を超えて行く場所があります。

アームストロングの隠蔽は何でしたか?? "真実の保護層"彼はで何をしようとした8月27日のブログ記事では、博士スティーブンGreerは明らかに彼は後者が月面に見ていたものについての真実を言われていたアームストロングとオルドリンの両方の近親者と話をしたこと:

親しい友人との非常に親密な家族のメンバーの両方ニール·アームストロングとバズ·オルドリンは別に実際に月着陸船が上陸し、これらはアームストロングとオルドリンの両方で見られたこと火口周辺の多数の大規模なUFOがあったことを私に言った。私はまた、このイベントが、それがなされていない公共の映像を見たことがある人の将校に話されている。バズ·オルドリンの一近親者は、彼がそれについて話すことができれば、彼は意志、この-いつかに出てバズに私の場所ではありません"教えてくれました...

Greerは次回明らかにしたアームストロングの親しい友人によると、後者は彼の月の秘密を守るために死の脅迫を受けていたこと:

アームストロングは、我々はその年の4月に編成1997議会の定例会見で、議会の簡単なメンバーにワシントンに来るなら私たちが数年前にディスクロージャー·プロジェクトを組織していたとき、私はニール·アームストロングの友人の一人に尋ねた。私はアームストロングは彼ができた-しかし、彼は何について話した場合、その望んだと言われました本当にニール·アームストロング、彼の妻と子供たちはすべて殺されるだろうと、月面着陸の間に起こった。これはぶっきらぼうに私に入れられた。

何グリーアがアームストロングとオルドリンの親戚や友人に言われましたが正確であれば、アルドリン及び他の生き残った月の歩行者は、彼らが月に見たものについて沈黙を維持するために死の脅迫を受けています。アームストロングの不可解なホワイトハウスでのコメント、涙を抑えるのに苦労は、彼が隠れることを余儀なくされた重大な真実上の彼の深い苦悩を明らかにした。アメリカで最も有名な宇宙飛行士がそのようぞんざい沈黙に脅かされることができれば、その後の方法は、彼らが隠れている、任意の月の秘密を明らかにするために前方に来ることができるように、アメリカの残りの宇宙飛行士を保護することが見出される必要があります。
<< 前へ     >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。