広告

posted by fanblog

臨死体験と変性意識と異次元とUFO

昨日のキチガイの戯言は有名な木内鶴彦さんの臨死体験をティーUPしたかったが、なっちゃんのおかんがあの世で見ていると言ったことがほんまにあるんやと言うことを知らせたかったんやけんどな?

一昨日は、梅田で打ち合わせして帰宅したんが夜の10時半で風呂入ってビール飲んで夜中の1時からテレビ番組みてたら「解禁!暴露ナイト 」でその木内鶴彦さんの臨死体験が語られたYo

http://blog.livedoor.jp/taekonokane/archives/18604308.htmlより

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
22歳の時、大病を患い生死をさまようのです。病室のベッドの上で意識がなくなりもうだめかと思った時、病室で寝ている自分を見ている事に気がつきます。そう幽体離脱したのです。

ベットで寝ている自分を心配そうに見る父や看護師さんなどに「大丈夫だよ!」と語りかけても誰も気づいてくれません。そして、さっきまでいた母がいないことに気づき「母は何処かな?」と思った瞬間に公衆電話から息子がもうだめだという電話を親戚に連絡していた病室から離れた母の場所に移動するのです。また、病室の父の事を思うと一瞬に病室に移動でき、その事に気がついた木内氏は、あの幼少の時に聞いた「あぶない!」という声は何だったのかと思うのです。

そうすると木内氏は、あの気になる幼少期に姉の後ろをついて歩く自分を見ている場面に瞬間移動するのです。そして木内氏は、岩が落ちそうなのを見て「あぶない!」と叫んでしまい、幼少期の自分が姉を突き飛ばすのを目撃するのです。

そう、幼少期に聞いた「あぶない!」とい声は自分自身だったのです。

幽体離脱した木内氏は現在・過去・未来と時間も場所も思った所に行くことができる事に気づきます。そして、まだ人間が誕生してない時代から、ピラミッドやいろいろ見てきたのです。幻覚や夢ではない証拠を残そうと思い、500年・600年くらい前の神社に「つる」という自分のひらがなを残してきたのです。

病気も治した数年後、その「つる」という文字を探しに、その神社にいくとたしかに「つる」と文字が残っていたそうです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ほんでな、おいちゃんが寝たのが2時でいつものように早朝5時に起きて5:30の電車に飛び乗り睡眠時間は3時間で眠かったw


そんなことはどーでもええが

なっちゃんのためやさかい いっぺんこの話を聞いてYo



臨死体験学(1)をUFO大学院(UGS)から紹介
https://www.youtube.com/watch?v=DsEsHi8rryE



日本の臨死体験学をUSS( UFO科学大学院 )から紹介します
https://www.youtube.com/watch?v=1KXsbLrlA7U


OBE(体外離脱)をUSS( UFO科学大学院 )から紹介します
https://www.youtube.com/watch?v=-2aZ1LBXM-w


ここからは人間の魂や輪廻転生や宇宙存在が絡んでいるとても重要な気づきになるYo
エハンさんもコンタクトがあってからさまざまな「目に見えない」世界を研究するようになった。

2012 Renaissance - Vol . 8 予告編 「2012 ルネサンス」 エハン・デラヴィ
https://www.youtube.com/watch?v=QE4PM3yKoXU


デイビッド・アイク:「地球の鼓動と磁場」
https://www.youtube.com/watch?v=am-_yCYddfA





この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。