広告

posted by fanblog

アストラTR3B

以前にも何度か触れた地球製UFOアストラTR3Bの写真だが

オイラの以前のボログをまとめているキチガイの振動共鳴を受けた「人工地震と知ってはいけない裏社会について」さんが、転載しまくり千代子ダス

しかし?ホントに不思議な体験と不思議ご縁だが、小型UFO通称「ディスクス・キャナー」に意識を読み取られた体験を大スポに掲載され、JSPSの並木会長がオイラの体験にコメントをした。

その並木さんと不思議なご縁で、大阪のJSPSの会合で始めてお会いしてこのアストラTR3Bについて質問して、あのTV番組のやりすぎコージの番組制作会社のバック・メディア社から番組への情報提供を依頼された。

USOみたいなホントの話ダスが

このアストラTR3Bを映画「オライオン・コンスピラシー」でシグナル・ノイズで暴露されている。

そしてこのアストラTR3Bは米国海軍と極秘任務を遂行している
そしてオイラのアメボロの以前のボログに米国海軍からアクセスがあった直後にオイラの自宅の電話回線が3日間不通になり自宅のモデムとルーターを新品に交換した。

またまた米国軍がオイラのブログを覗いている!!
http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11282373001.html

過去のオイラのサイトやボログは全て妨害しまくり千代子で、まるで被害妄想テンコ森状態ダスが、真実にまさるものは何もない!!

おまけに阿修羅に小泉とカーライルの記事をUPしたとたんに自宅のマンションだけが停電した。

カーライル(ブッシュ)と小泉の関係
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/229.html

この停電事故には証人がいる。

オリンパスと15年前のアルツハイマー病事件
http://ameblo.jp/m-ken-net/day-20120425.html

そして、これまた不思議なご縁で、日本でいち早く、アルツハイマーと狂牛病の因果関係を指摘してWEBで警鐘を鳴らして、2日一睡もしないでWEBでM総合研究所を立ち上げて、船井幸雄さんと友達の副島隆彦先生からエールを賜り、経済安全保障問題を日本の未来を案じて無償で分析レポートを公開して、これまた偶然のご縁だが、ミノルタの社長秘書をしていた娘さんの父親が知り合いで自宅に伺い、ミノルタがハネウエルからCIAの日本経済転覆作戦でCIA工作員の通称「NOCS」をレポートを公開。



日本を蝕む韓国 間接侵略 電通と韓流の関係
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/08/post-bace.html

貨幣制度の番人へ:IMFとカーライルと韓国転覆とウィキリークス
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/225.html


不思議な縁
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/09/post-8383.html


ISSが捉えた地球製UFOアストラTR3BをISSが捉えた映像が軒並み動画サイトから消されたが、1986年1月12日のスペースシャトルのコロンビア号でも撮影されていたと言う・・・

マイケル・サラ博士もティーUPしている地球製三角形UFOアストラを1986年1月12日に撮影していた?

TR3Bはテレポート出来るんですか?




Disclose.tv - WOW NASA UFO !! ISS Catches Huge Black Triangle UFO NASA ISS UFO OVNI



米国の極秘秘密兵器のプラズマ反重力アストラTR3B

甘粕機関 神坂新太郎 プラズマ

http://missiongalacticfreedom.wordpress.com/2012/10/14/tr-3b-astra-top-secret-craft-us-govt-ufos/


オライオン·コンスピラシー(日本语字幕版)PART2 - YouTubeの
www.youtube.com/watch?v=A5RzKaAXXQ8



米軍により開発された反重力推進円盤型機は1975年、カリフォルニア州エドワーズ基地から初のテスト飛行を行った。また1989年にベルギーで目撃された三角翼のUFO­は、アストラTR-3Bトライアングルと呼ばれる反重力推進機関、電磁流体力学を応用した軍用機である。マッハ10で無音のまま飛行可能、実際にUFOと同様な機動性能を­有するといわれる。またB2ステルス爆撃機にもプラズマ発生装置を搭載しマッハ10で飛行可能な、公表されていないモデルが存在する。
http://blog.chemblog.oops.jp/?day=20060517
http://jp.youtube.com/watch?v=XZpqpBVOa1U&NR=1

アメリカが1990年代に開始したHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)プロジェクトはアラスカ州に基地を建設し、表向きは電離層の観測を行う施設となっている­。しかし実際の使用目的は気象の人為的操作、人工地震による敵地下基地の破壊、人類のマインドコントロールであるといわれる。

http://rerundata.net/aum7/4/08haarp/
これら一連の秘密工作「オライオン・コンスピラシー」の目的は何なのか?将来「テロとの戦い」が収束した場合、アメリカを利用している「ある勢力」および軍産複合体が自ら­の繁栄を維持するため新たな敵を必要とする。宇宙からの脅威を新たな敵とするのが彼らのシナリオであり、異星人(おそらく月に飛来しているUFOの主)と連携して演出され­た「宇宙からのテロ」を実行するためにアストラTR-3等の反重力新型機が使用されることになるであろう。


追記


2013/01/26に渋谷の109の交差点の上空にディスク・スキャナーが出たか?

http://www.j-cast.com/tv/2013/01/26162777.html?p=1

渋谷の109の交差点の上空、15メートルぐらいのところを、大きさはバレーボールぐらいの光る物体が行ったり来たりしていたのである。あまりにも典型的なUFOの形をしていたので、ばかばかしくなって1度は目線を戻したけれど、やっぱりおかしい。再び夜空を見ると、まだピカピカ光りながら浮遊している。まさかとは思いながらも、ドキドキしてしまった。


ああああああああああああああぁああああああああああああああ

またまたこの記事を書いている最中に妄想テンコ森状態で、ブルータス・おまえもか?
とこのブログもクローズまじか?


あなたがこの記事の編集を行っている間に他の人がこの記事を編集した可能性があります。

こんな警告メッセージが表示されたYo






またまたこのファンボログもクローズが近付いたようダス!!



この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。