広告

posted by fanblog

アポロ11号の宇宙飛行士バズオルドリンは1969年に月に向かう途中同行したUFOを説明

http://www.huffingtonpost.com/2013/01/16/ufos-on-the-moon_n_2482840.html?utm_hp_ref=weird-news


月面のUFOは:科学者、宇宙飛行士や、YouTubeのユーザーはストレンジ日常シーン(ビデオ)を報告

なにやら中国が米国の月面UFOの隠蔽やNASAが実際の月の映像をブラシで加工していることに訴訟をするような動きがあるが、先に真実を公開されると問題なので駆け引きがあると言うが・・・



れらのようなほとんどのビデオで問題の一部は、そうそれが本物だと巧妙なソフトウェアアプリから何に作成されたかを知ることは困難だ "証拠"ビジュアルを伴うために、特定の、有用な情報の欠如である。

しかし、月の異常は新しい現象ではありません。彼らはしてきた天文学者によって報告された 1700年代にさかのぼる。何世紀もの過去の科学者によって見られる、奇妙なことが神秘的な明るいライトや月面に輝くスポットが含まれていた。1869年、イギリスの王立天文学会は珍しいムービングライトの研究を行った。この活動の多数の観測後、ライトがちょうどオフになっています。

1953年7月29日に、ニューヨーク·ヘラルド·トリビューン科学エディタージョンJ.オニール氏は、彼の望遠鏡で、気づいた巨大な橋のようなオブジェクトマーレCrisiumとして知られている月面エリアに12マイルに及ぶが。英国天文学協会のヒュー·パーシー·ウィルキンスを含む他のオブザーバーは、月面上のオニールの目撃情報を確認した。オニールの橋として知られるようになったオブジェクトは、最終的には光と影の組み合わせ以外の何ものでもないと考えられていた。

の歴史の月へアポロ飛行 1970に1960年代後半には、宇宙飛行士が経験したはずの無数のUFOのタブロイド遭遇が含まれていた

アポロ11号の宇宙飛行士バズ·オルドリンは1969年に月に向かう途中同行したUFOを説明




落下直前の探査機が撮影、「月の裏側」動画

米航空宇宙局(NASA)は1月10日(米国時間)、まるでSF映画の一場面のような動画を公開した。月に制御衝突した探査機「Ebb」が衝突の3日前に、月の北半球を上空わずか10kmから撮影した、印象的な「月の裏側」の姿だ。







この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。