プロフィール

tabibi




>携帯電話携帯電話で旅行予約
 旅行予約なのよ
  携帯旅行サイト




るんるんブログのランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


リンク集
http://fanblogs.jp/miyazaki-desu/index1_0.rdf
最新コメント

↑ジャルパック

一休コム・ホテル予約
↑一休コム

じゃらんネット
↑じゃらんネット


↑日本旅行

直前予約専門トクー!トラベル
↑トクートラベル

ジェイヤド・キャンプ場予約
↑J-outdoorキャンプ場予約

株式会社サイバーゲート
↑e航空券.com

株式会社サイバーゲート
↑エアナビ.com

株式会社アドベンチャー
↑格安航空券販売JDA

株式会社VALCOM
↑AirsGate国内格安航空券


旅行ガイド本


↑オンライン書店ビーケーワン

人気旅行会社 激安宿泊料金はあるかな?

 晴れ宮崎旅行の宿・ホテルは「じゃらん」で予約  じゃらん

 晴れ一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!  一休.com

 晴れ直前がお得!トクー!トラベル トクー!トラベル

 晴れ九州旅行 おすすめツアー JAL(ジャルパック)

 晴れ格安レンタカー 旅行総合サイト「たびらい」



2013年02月09日
月知梅うめまつりで満開の梅を見ました
今日は天気が良かったので宮崎市高岡町までサイクリング自転車〜♪

目的は月知梅(げっちばい)です。
満開らしいですよ〜

家を出るときは寒かったのですけど、自転車をこいでいると汗が出てきました!ポカポカ陽気太陽〜♪

約一時間半で月知梅に到着です〜


梅まつり

月知梅まつりが行われてましたバニー

梅祭りなのに人が少ない?
と思ってたら、メインは11日(月・祝)みたいです。ステージでイベントとかあるらしいですよ〜♪

今日はテントで地元物産品が販売されてましたみかん
お客さんにお茶も振舞われてましたよ♪


月知梅

梅の花が満開でした♪

3年前に見に来た時には、時期が早すぎてほとんど咲いてなかったのです↓
http://fanblogs.jp/miyazaki-desu/archive/233/0

月知梅は1株の木が広がって、今では60株程になったのです。

看板の前に花の咲いてない梅の木がありました。
最初の1株目の梅なのかな?


樹齢400年

月知梅は樹齢400年です。
国の天然記念物にも指定されてます!

月知梅は臥龍梅(がりょうばい)という品種だそうです。

臥龍とは龍が伏せた状態を言うそうです。
梅の枝が空に向かって伸びる様子は、天に昇っていく龍に見えますね♪縁起が良いですね〜

この臥龍梅を1673年に島津久光が月知梅と名付けたそうです。この当時の宮崎市周辺は薩摩藩(島津家)の領地だったのですよ。


月知梅天満宮

梅園の横には神社もありますよ♪

月知梅天満宮です。
天満宮なので学問の神様ですね拍手


野鳥も♪

月知梅は梅園の中に入ることが出来ません。
上から眺められるように、小さな見晴台が作ってありますよ。

見晴台からは、メジロが飛び回ってる様子が良く見えましたよ鳥〜♪

ポカポカ陽気な中、梅の花やメジロの写真を撮りながら梅園を楽しみました♪

こちらにも梅の花の写真掲載↓
http://blogs.yahoo.co.jp/zakadon/31813722.html


梅園を満喫した後は、生目の杜で行われてるプロ野球ソフトバンクホークスのキャンプを見に行きましたよ〓♪

その様子は次回へつづく・・



笑い月知梅 宮崎市観光協会
http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/tourism/spot/56.html


Posted by tabibi at 22:55 | 高岡町 | この記事のURL | コメント(0)

*一週間以上まえの記事にはコメント・トラックバックを受けつけない設定になっています。がく〜(落胆した顔)
2011年11月27日
悠々の森の遊歩道を歩いてみました
昨日の記事の続きですよ〜メモ

穆佐城跡(むかさじょうあと)を見た後は高岡温泉「やすらぎの郷」へ!

「やすらぎの郷は」休日でした・・・落ち込み
毎週木曜日は休みだったのですね。

しかたないので、やすらぎの郷の第二駐車場のトイレ前の自動販売機でジュースを買って休息。。。汗


第二駐車場奥の広場の看板 「悠々の森」遊歩道ルートMAP

駐車場の奥に広場があったのでウロウロ・・・
誰もいませんね〜

広場の横で看板発見!
「悠々の森」遊歩道ルートMAPです。

看板には野鳥の写真が載ってます。
ヤッコソウ植生群とも書かれていますね!

カメラ看板の拡大写真はコチラ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/zakadon/29924527.html


ちょっと遊歩道を歩いてみようかな〜?


遊歩道入り口

高岡温泉「やすらぎの郷」広場横の入り口からは「ヤッコソウ植生群」が遠かったので、別の入り口にやってきました。

この入り口からは「ヤッコソウ植生群」まで近そうですね。
と言っても、2km以上ありますけど・・・

自動車で来られた方のために、入り口のすぐ近くに2、3台分の駐車スペースもありました。

とりあえず遊歩道へGOダッシュ


「悠々の森」遊歩道

いきなり上り坂です・・・
少し歩くと鉄塔が見えてきました!

鉄塔の前には木の箱があります。
箱の中には地図が入っていました♪看板と同じ内容の地図です。

お一人様1枚って書かれていたので、1枚もらいました。
山の中の遊歩道なので、地図があるとちょっと安心しますね笑顔

遊歩道と言ってもほとんど上り坂です!
足がだるい・・・困った

実は、遊歩道に到着するまでに自宅から自転車でウロウロと2時間・・自転車ダッシュ
サイクリング車じゃない普通の自転車です。

高岡町まで道はほそうされてるのですけど、ほとんど上り道。。

まさか遊歩道が上り坂ばかりとは思ってませんでした!まるで山登りです汗

野鳥の姿もほとんど見えないです・・・鳥

よく考えてみると、看板に載っていた珍しい野鳥は夏鳥ばかり太陽
アカショウビン、サンコウチョウ、オオルリ、ヤイロチョウ・・夏になっても遭えそうに無い珍しい野鳥です。

せめてヤッコソウだけでも見なければ・・悲しい


やっこそうポイントに到着!

途中に山神様も!

遊歩道には黄色いロープが張ってあったので、迷ったら黄色いロープを探すと良いですね。

途中にベンチもあり休憩も出来ます。

遊歩道入り口から約30分ほどで分岐点に到着です。
このあたりはすでにヤッコソウ植生群の中です。

もう足がクタクタ・・落ち込み

ヤッコソウ見つかるかな?

「イタジイ」の木の下に「ヤッコソウ」の看板も!
ヤッコソウはシイの木の根っこに寄生する植物です。

分岐点周辺の遊歩道をウロウロ。
遊歩道を離れると山の中で迷子になりそうなので、遊歩道から見える範囲を探します。

ヤッコソウが見つかりません・・

あと5分ほど探して見つからなかったら帰ろうかな・・

って思ってるとヤッコソウ発見です笑い


茶色いヤッコソウ・・

遊歩道から50cmほど中に入った場所で発見です!

ヤッコソウが茶色くなってますね・・
茶色いヤッコソウは終盤です。ニョきっと出てきたときはシロっぽいのです。

↓ 二週間ほど前に見た、清武町の船引神社のヤッコソウ
http://fanblogs.jp/miyazaki-desu/archive/348/0

枯葉と同じ色なので探しにくかったです。
群生とまではいかなかったのですけど、30個ほどありましたよ〜笑顔

ヤッコソウも見たし帰りましょうダッシュ

地図を見ると、もう少し上に高房台(高房山頂上?)や展望所もあったのですけど、行きませんでした・・・


下りは楽〜足跡
でも急ぎすぎると転ぶのでゆっくり下りましたよ。

その後、自転車で1時間半ほどで自宅に到着です!疲れた・・落ち込み


高岡温泉にも入りたかったです!
休日は事前にチェックしとかなきゃね〜汗


温泉高岡温泉「やすらぎの郷」
http://www.takaokaonsen.jp/


Posted by tabibi at 23:56 | 高岡町 | この記事のURL | コメント(0)

*一週間以上まえの記事にはコメント・トラックバックを受けつけない設定になっています。がく〜(落胆した顔)
2011年11月26日
穆園広場(ぼくえんひろば)と高木兼寛
昨日の記事の続きです。

穆佐城(むかさじょう)跡の曲輪群Dは穆園広場(ぼくえんひろば)です。

昭和60年代に広場として整備されました。


穆園広場

穆園広場は高木兼寛(たかぎかねひろ)の記念広場です。

高木兼寛生誕地って書かれていますね〜

高木兼寛氏は江戸時代末期(1849年)に穆佐で生まれました。
薩摩藩の郷士です。当時はこのあたりは薩摩藩だったのですね。

明治時代には軍医となり脚気(かっけ)の予防に尽力した人です。ビタミンの父と呼ばれています。

高岡町には「ビタミン館」と名前の付けられた道の駅もありますアイス


看板

看板には高木兼寛氏の紹介が書かれています。

「イギリスに留学中、多くの優秀賞、名誉賞を受賞し、明治13年11月に帰国した高木兼寛は、・・・」

カメラ看板の拡大写真はコチラ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/zakadon/29924527.html


高木兼寛先生の像 & 天満宮

広場の中には高木兼寛の像があります。
この土地を管理していた慈恵大学の理事長さんが建てられたみたいです。

そして広場の片隅に天神宮もありますね。
嘉永二年(1849年)と書かれています。高木兼寛の生まれた年です!なぜ・・?

穆園広場(ぼくえんひろば)滞在時間5分・・・



メモ高木兼寛 みやざき ひむか学ネット
http://www.miyazaki-c.ed.jp/himukagaku/unit/hito_04/index.html

メモ高木 兼寛 宮崎県郷土先覚者
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kenmin/kokusai/senkaku/pioneer/takaki/index.html


Posted by tabibi at 22:26 | 高岡町 | この記事のURL | コメント(0)

*一週間以上まえの記事にはコメント・トラックバックを受けつけない設定になっています。がく〜(落胆した顔)
2011年11月25日
穆佐城跡(むかさじょうあと)に行ってみる
昨日11/24、宮崎市高岡町小山田の穆佐城跡(むかさじょうあと)に行ってきました。

国指定史跡ですよ!

穆佐城(むかさじょう)は山城です。
1331年頃〜足利高氏(後の足利尊氏)の命令によって建てられたそうですね〜

1331年といえば鎌倉時代末期です!

当時、足利高氏は北条家の家臣。足利高氏の奥さんは鎌倉幕府の16代執権(赤橋守時)の妹(赤橋登子)です。

当時の足利高氏はバリバリの北条一族ですね!

宮崎市周辺は北条氏(赤橋氏)の領地でした。
奥さんの関係で足利高氏の領地となったみたいです。

結局、足利高氏は北条氏を倒す事になったのですが・・・歴史を勉強してね笑い

歴史書によると1335年の12月に、日向国(今の宮崎県)の肝付兼重・伊東祐広、肥後国(今の熊本県)の菊池武敏らが後醍醐天皇方として足利勢力と戦ったそうですけど、その時の穆佐城はどうだったのか気になりますね〜

図書館で調べなきゃ・・・って思うだけで調べなかったりします・・・落ち込み

南北朝時代には、足利尊氏の家来の畠山直顕が穆佐城を拠点にして周辺国と戦ったそうです!拠点となる大事なお城だったのですよ〜

その後、島津氏の領地になったり、伊東氏の領地になったり・・・

南北町時代や戦国時代ってややこしいです・・・汗

穆佐城の事や、関係する人物の事を紹介するだけで本が一冊書けちゃう!
書かないけどね・・・ウインク


ややこしい歴史の話は一休みして、穆佐城跡にゴーダッシュ


穆佐城跡へ

穆佐城跡へは以前は穆佐小学校(旧)のグラウンド脇から行くことが出来たそうなのですけど・・・

穆佐小学校は今年(2011年9月)高台へと移転しました。
旧穆佐小学校の跡地は仮設の塀で囲んでありました・・工事中かな注意

中に入れる雰囲気ではありませんね〜

と言う事で、穆園広場(ぼくえんひろば)へ向かうことに!
穆園広場も穆佐城跡地なのです。穆佐城は広かったのです〜


穆佐城看板

穆園広場に到着すると看板がありました。
穆佐城の想定図と配置図です。

現在地と書いてある場所が看板のあった場所です。
緑の線が通ってきた道です。

看板を見ると、穆佐城は4つの曲輪群に分かれています。

カメラ看板の拡大写真はコチラ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/zakadon/29924527.html


立ち入り禁止!&穆園広場

曲輪群Cに向かう道は立ち入り禁止です・・・
もしかして以前は中に入ることが出来たのかな?

曲輪群Dは穆園広場(ぼくえんひろば)です。
高木兼寛(たかぎかねひろ)記念広場になってました!

誰?って思った方、高木兼寛(たかぎかねひろ)の話は次回の記事で・・ダッシュ


穆佐城跡(むかさじょうあと)

遠くから写真を撮ってみました!

戦国時代のお城も今では杉山になってしまいましたね!

この付近は、高岡温泉に行く途中に何度も通っていたのですけど、お城のあった場所って全然知りませんでしたよ〜。

ただの杉山かと思ってました・・・困った


県別戦国武将事典

新品価格
¥1,575から
(2011/11/26 16:43時点)





Posted by tabibi at 23:57 | 高岡町 | この記事のURL | コメント(0)

*一週間以上まえの記事にはコメント・トラックバックを受けつけない設定になっています。がく〜(落胆した顔)
2011年04月04日
高岡温泉やすらぎの郷で湯ったり〜
瓜田ダム自然公園で桜を満喫した後は温泉です温泉

やって来たのは「高岡温泉やすらぎの郷」〜


高岡温泉やすらぎの郷

やすらぎの郷は平成10年11月の創業です。
でも赤字続きだったのです・・・困った

そこで、2年前から宮崎交通の「宮交ショップアンドレストラン」が指定管理者として運営することになりました。

バス宮崎交通バスの悠々パス・宮崎市敬老パスで高岡温泉の入浴料が100円なのです。

まだ敬老パスを使う年齢ではないので、普通に大人500円の入浴料を払いましたよ。
18:00以降の入浴料は300円です!

土曜日だったのですけど、あまり混んでなくてノンビリと温泉に浸かる事が出来ました〜♪

入浴後はお食事です♪

お食事処は萩之茶屋です。チキン南蛮とおソバの付いている「やすらぎセット」を注文〜笑い
900円くらいだったかな?美味しかったです♪

食事の後はお土産コーナーをウロウロして帰りました。
ウイロウを買ったよ〜♪


入り口前のベンチ

入り口の前には焼酎「日向木挽」の徳利?のモニュメントがあります。

雲海酒造の高岡蔵で日向木挽が造られてるそうです。美味しい焼酎ですよ〜熱燗



熱燗日向木挽 黒ラベル900ml 福島酒店 楽天店
アルコール分20%、黒麹ブレンドで仕上げた芳醇な香りと、シャープな切れ味が特徴の本格芋焼酎です。

温泉高岡温泉やすらぎの里
http://www.takaokaonsen.jp/


Posted by tabibi at 23:55 | 高岡町 | この記事のURL | コメント(0)

*一週間以上まえの記事にはコメント・トラックバックを受けつけない設定になっています。がく〜(落胆した顔)
>> 次へ



<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ本

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'15
宮崎県内最強のスピリチュアルエリアとして人気の高千穂を大特集。高千穂神社、高千穂峡、天岩戸神社など、神秘のパワーと癒しを体感できる7大パワースポットを徹底的にガイド。高千穂牛や地産地消の野菜・山菜など名物グルメを味わえるランチスポット、ゆっくり過ごせるカフェなどの店情報も満載。また、県内の味が集まる宮崎市内の「宮崎のうめかもん大集合」特集では、名物チキン南蛮や郷土料理店を詳しく紹介。神話の聖地、宮崎県ならではの県内のパワースポットなど、魅力あるエリアをめぐる旅コースガイドが充実。霧島温泉郷の名湯宿ガイドも見逃せない。


最新記事
デジタルカメラ購入
カメラデジタルカメラ購入しましょ
旅行に行くならデジタルカメラがあると楽しいですね〜思い出の一枚を♪


宮崎県旅館&ホテル
人気ホテルは早めに予約

宮崎県 人気旅館とホテル
宮崎県 旅館&ホテル予約


カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ