ファン
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ

2015年04月02日

旬味くらべ

SH3J1894.jpg



おのころ通信を ご愛読いただきありがとうございます。


フレッシュな味をお届けしたく 

おのころ通信の読者様に旬を楽しむフレッシュな生酒のご案内です。


http://ws.formzu.net/fgen/S2058271/




2015年04月01日

おのころ通信 vol.125 平成27年4月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 淡路島・都美人酒造 おのころ通信 vol.125 平成27年4月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

桜も咲き始め いよいよ春めいてまいりました。

釜場で米を蒸す作業も終え 甑倒しを行いました。


新酒が続々登場します! この季節ならではの生原酒にご期待ください!


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  純米吟醸 若宮の雫 限定発売

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  安全と安心をキーワードに有機無農薬栽培に取り組む 
  五色OFG会員、山際さんが合鴨農法で栽培した 
  JAS認定の有機無農薬栽培の 酒造好適米(兵庫夢錦)が
  純米吟醸 「若宮の雫」として今年も旨い酒になりました。


純米吟醸 若宮の雫 1800ml → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4557719

純米吟醸 若宮の雫 720ml → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4762476   




================================
                    合鴨農法って
================================

 田植え後の水田に合鴨を放鳥し 稲と合鴨を一緒に育てる方法です。
 利点は 雑草や害虫を合鴨たちの健気な働きで駆除します。
 水田の中を泳ぐ事で 土が混ざり酸素が稲の根元まで届き成長促進。

 合鴨の糞を肥料とし 除草剤や殺虫剤を一切使わない
 安全で安心できる 無農薬米が栽培できます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  大吟醸 薄にごり  (季節限定品)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

搾ったまんまの 薄っすらと白く滓を含んだ 「薄にごり」。

昔ながらの 天秤棒に吊るした石の錘でお酒を搾りました。





 大吟醸 薄にごり 720ml → 3,240円 (消費税込み)

発売しています →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=30099414

精米歩合40%の兵庫県産山田錦の 大吟醸無濾過生原酒は
通常は行われる加水調整をしていない「原酒」というタイプです。
米の旨みが最大限に生かされていて、華やかで深い味わいと香りが特徴。
5℃から15℃程度に冷やして飲むのがベストですが、
アルコール度数が少し高いので、ロックで飲むのもオススメです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


阪神百貨店梅田本店   平成27年4月  1日から  4月 7日まで

阪急百貨店梅田本店   平成27年4月22日から  4月28日まで

西武百貨店池袋本店   平成27年4月22日から  4月28日まで

そごう神戸店         平成27年5月12日から 5月 18日まで

           ※ 担当者不在の時もございます。 ご了承ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  淡路島の観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◎ 花みどりフェア 淡路花博2015

 2000年に開催された「ジャパンフローラ2000」から15年を迎え
 2015年春に 淡路夢舞台・国営明石海峡公園・洲本中心市街地・
 淡路ファームパーク・イングランドの丘などを会場に開催されます。

 奇跡の星の植物館では 春爛漫 花見の庭 4月12日まで
                薔薇祭り 2015 4月18日から

お問合せは 0799-74-1200 http://www.kisekinohoshi.jp/

――――――――――――――――――――――――――

◎ 美菜恋来屋(みなこいこいや)

 淡路ファームパーク イングランドの丘に
 3月21日 花みどりフェアの開催に合わせて、
 淡路島で育まれた地元特産の食をまるごとギュッと詰め込んだ、
 「食と農のテーマパーク」が南あわじ市に誕生しました!
 県内最大級の直売所「美菜恋来屋(みなこいこいや)」
 地元の農家さんが作った、より安全・安心にこだわった品を採り揃えています。

 都美人のお酒も色々取り揃え 皆様のお越しをお待ちいたしております。





――――――――――――――――――――――――――

◎ 淡路ファームパーク イングランドの丘

  イングランドの丘で人気の「うさぎのくに」がリニューアルオープンしました。
  国内では希少な品種のウサギも数多くいます。

  お問合せは 0799-43-2626 http://www.england-hill.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   酒粕の魅力とは   
  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 日本酒は、蒸したお米と米麹(こめこうじ)で仕込み、発酵した醪(もろみ)を
 搾って造ります。 圧搾を行うことで 日本酒と同時に酒粕も作られます。
 この酒粕には、お米の豊富な栄養が含まれています。

 酒粕の栄養成分として
 たんぱく質、炭水化物、食物繊維、ビタミン、ミネラル、
 美白や保湿を気にする女性にうれしい成分が多く含まれています。

――――――――――――――――――――――――――



槽掛け天秤搾りの吟醸粕の販売を始めました。
 昔ながらの石の錘だけで無理な加圧をせずに搾った風味豊かな粕です。

 大吟醸 「凜美」の酒粕 →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=6231019

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   アンケートプレゼント

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆ 2015年 4月号のアンケート

お花見のタイプは

@ 散歩派 A 宴会派 B 夜桜派 C ピクニック派 D 行かない

応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/

純米吟醸  「五百万石」720mlが 抽選で3名様に当たります。

当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。



純米吟醸  「五百万石」720ml → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=79449311

――――――――――――――――――――――――――

◆ 2015年3月号のアンケート集計結果 

酒蔵を訪問したことは

@ 何度もある  50  A 数回ある 117 B 一度もない 21
C 行ってみたい 70  D その他 12

3月号 ご当選者 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2015.html

   251名様に ご応募をいただきました。 ありがとうございました。
  ご当選の3名様に 特別純米「風のまゝ」720mlを近日発送いたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  酒蔵見学をご希望の皆様へ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

※  ご予約無しでお越しいただきましても
   担当者不在の場合は ご案内することができません。
   酒蔵見学を ご希望の方は必ず事前予約が必要です。

   お申し込みは → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P78898159

※  ご希望に添えない場合もございます。 ご容赦ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。