ファン
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ

2015年01月30日

おのころ通信 vol.123 平成27年2月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 淡路島・都美人酒造 おのころ通信 vol.123 平成27年2月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日本は、古くから移り行く四季を愛し,
季節ごとの歳時・年中行事を大切にしてきました。

世の中が便利になるにつれ、季節感を味わうことも少なくなりました。



2月3日は節分。
豆まき、恵方巻きの準備はしましたか。今年の恵方は西南西です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 バレンタインに 大吟醸はいかがでしょ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 「好き!」の気持ちを伝える日として定着したバレンタイン・デー。

甘いものが苦手な男性に、お酒の好きな男性に 日本酒はいかがでしょ。

最高級の山田錦をビーズ玉のように磨いた 大吟醸。
フルーツのような華やかな香りを木箱に詰めて。



大吟醸 凜美300ml 木箱入り http://miyako.shop-pro.jp/?pid=54521493


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  しぼりたて 薄にごり  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

搾ったまんまの 薄っすらと白く滓を含んだ 「薄にごり」。
昔ながらの 天秤棒に吊るした石の錘でお酒を搾りました。

お陰さまで 720mlは早々に完売いたしました。ありがとうございました。

    薄にごり 1800ml →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=11337471


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  山廃仕込は 燗上がり

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


お燗によって一段と旨く感じられる お酒を昔から燗あがりといいます。

日本酒本来のやわらかなお燗酒の味わいが楽しめる本醸造酒を試してみませんか。

日本酒には様々なタイプがありますが
米の旨みがしっかりした 山廃仕込のお酒がおすすめです。

お燗をすることで
甘み、酸味、苦味などのバランスが向上して よりいっそう香と味わいが増します。

※ 山廃仕込(やまはいじこみ)とは
  お酒を仕込む時の最も大事な酒母造りの方法です。
  天然の生きた乳酸菌を
  手間と時間をかけて培養し 力強い酵母を育てる伝承された技法です。




  ◆ 山廃仕込 「本醸造」

   甘、辛、酸、渋、苦の五味が調和した豊かな味わいで
   冷から熱燗まで幅広く楽しめるお酒です。
   (兵庫県産 五百万石 アルコール分15.5 日本酒度 +4)

   本醸造 1800ml →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=76504392

   本醸造  720ml →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=76504016

   身も心も温まる燗酒には ほっとさせる不思議な魅力があります。
   一人でじっくり楽しむも良し!
   ご夫婦で、気の合う仲間と さしつさされつもまた良し!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  そごう神戸店  平成27年 2月3日から 2月9日まで

       ※ 担当者不在の時もございます。 ご了承ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   メルマガ会員様に ご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  都美人酒造の春のイベント 酒蔵開放を3月に計画中です。

  日程等の詳細は おのころ通信 3月号でご案内させていただきます。

  昨年の開催状況 → http://awaji.miyako.shop-pro.jp/?eid=997001


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  淡路島の観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◎ 奇跡の星の植物館  http://www.kisekinohoshi.jp/

日本最大級の温室に2000種類2万株の蘭で彩る
淡路夢舞台ラン展2015 平成27年1月24日から開催



◎ 灘黒岩水仙郷  0799-56-0720

淡路島最高峰の諭鶴羽山の南斜面に
500万本の野生の水仙が咲きました。
開園期間は 平成27年2月中旬まで

灘黒岩水仙郷 → http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/


◎ あわじしまの うまいもん 「淡路3年とらふぐ」

鳴門海峡に面した福良湾で3年間大切に育てたとらふぐと
レタス、地酒、淡路米など
郷土自慢の食材を贅沢に使った「美福鍋」 は今年も大好評です。

美福鍋 → http://www.m-awaji.jp/awaji-shokuumi/mifukunabe/


◎ 花みどりフェア 淡路花博2015

 2000年に開催された「ジャパンフローラ2000」から15年を迎え
 2015年春に 淡路夢舞台・国営明石海峡公園・洲本中心市街地・
 淡路ファームパーク・イングランドの丘などを会場に開催されます。

 淡路花博2015  平成27年3月21日から5月31日まで

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   酒粕の魅力とは   
  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 寒い季節に体をぽかぽか温めてくれるごちそう!!
 おすすめなのが酒粕を使った粕汁や甘酒。

 日本酒は、蒸したお米と米麹(こめこうじ)で仕込み、発酵した醪(もろみ)を
 搾って造ります。 圧搾を行うことで 日本酒と同時に酒粕も作られます。
 この酒粕には、お米の豊富な栄養が含まれています。



 酒粕の栄養成分として
 たんぱく質、炭水化物、食物繊維、ビタミン、ミネラル、
 美白や保湿を気にする女性にうれしい成分が多く含まれています。

 酒粕 →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=6230993


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   アンケートプレゼント

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆ 2015年 2月号のアンケート

酒粕を利用してますか

@ 焼いて食べる A 粕汁 B 甘酒 C 漬物 D 使わない D その他

応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/

山廃純米「雲のごとく」720mlが 抽選で3名様に当たります。

当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――

◆ 2015年 1月号のアンケート集計結果 

  新年会は誰と

@ 家族 100 A 友人 74 B 仕事仲間 50 C 予定なし 34

1月号 ご当選者 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2015.html

262名様にご応募をいただきました。 ありがとうございます。



ご当選の3名様に 山廃純米「超辛口」720mlを近日発送いたします。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  酒蔵見学をご希望の皆様へ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


※  酒蔵見学は ご予約無しでお越しいただきましても
   担当者不在の場合は ご案内することができません。
酒蔵見学を ご希望の方は必ず事前予約が必要です。

   見学のお申し込みは → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P78898159

※  ご希望に添えない場合もございます。 ご容赦ください。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
配信元 都美人酒造株式会社 656-0424 兵庫県南あわじ市榎列西川247
Web http://www.miyakobijin.co.jp/ E-Mail magazine@miyakobijin.co.jp
代表取締役 久田浩嗣 おのころ通信編集長 武内亮司 0799-42-0360
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。