ファン
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ

2014年07月31日

おのころ通信 vol.117 平成26年8月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 淡路島・都美人酒造 おのころ通信 vol.117 平成26年8月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


暑中お見舞い申し上げます。

夏祭りの盛んな淡路島は 阿波踊りやダンスを披露する踊り大会や
夜空と水面を彩り幻想的な光景が広がる 花火大会が開催されます。

明石海峡大橋の通行料が
大幅値下げで益々、身近になった淡路島で 素敵な夏を是非どうぞ!


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  梅酒で夏バテ解消

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夏バテとは 暑さや湿気の急激な変化に身体のリズムが合わず
自律神経の働きが鈍くなる事から起こります。


酸っぱさが夏バテ解消に効果有り!



独特の酸っぱさが特徴の梅には クエン酸・リンゴ酸・コハク酸などが
含まれております。 梅で食べるよりも早く身体に吸収される梅酒は
優れた食品です。 夏バテ解消に試してみませんか!


梅酒 にごり梅 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=14255914
完熟南高梅が丸ごと溶け込んだとろりとした口当たり


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  夏の純米吟醸

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


夏を楽しむ純米吟醸 青いボトルで新登場です。

ほのかな吟醸香りと米の旨味が漂い キレの良いお酒です。
淡麗な味わいで、冷やして涼やかな美味しさをお楽しみいただけます。
 ストレート、オンザロック、炭酸割りでどうぞ!



夏吟醸  720ml 淡麗辛口 http://miyako.shop-pro.jp/?pid=78090604

兵庫県産五百万石 精米歩合55% 日本酒度+4 アルコール分15.5


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  純米吟醸 若宮の雫

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

合鴨たちが稲株の間を健気に泳ぎ雑草の発生を阻止し害虫を駆除するため
除草剤も殺虫剤も一切使わないお米を育てる事が出来ます。

安全で安心な合鴨農法米が 純米吟醸「若宮の雫」に生まれ変わりました。

香りは控えめで すっきりとした味わい。 
料理と楽しむ食中酒としてオススメです。

安全と安心の証  (認証番号 第518号 兵庫県認証食品認可)


  (お陰さまで 若宮の雫720mlは完売いたしました。)

  「若宮の雫」  → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4557719


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 新発売  山廃 本醸造

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 山廃仕込の酒母には 酒の旨味を引き出すアミノ酸や味わいの深まる成分が
 より多く含まれ 酒味を作り出すと言われています。
 
 まろやかさ、そしてバランスの良い酸とアミノ酸が独特の深い味わい。
 冷酒でよし、熱燗でもよし!  アルコール分 15.0〜15.9

 山廃本醸造 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=76504016


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


そごう横浜店   平成26年8月19日から 8月25日まで

西武池袋本店  平成26年8月27日から  9月 2日まで

      お近くへお越しの節は是非 お立ち寄りくださいませ。

※ 担当者不在の場合もございます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

魂をゆさぶる酒   http://awaji.miyako.shop-pro.jp/?eid=1018181

    平成26年9月7日 (日曜日)

    場所: 阪急ターミナルビル17階

    第1部は飲食店様のみ 11時から13時30分まで
    第2部は一般のお客様 14時から16時まで

         前売り 2,500円 当日は 3,000円

         お問合せは 大阪市北区 酒蔵なかやま  06-6371-0145


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   淡路島の観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆  見て触れて 光で遊ぶ超体感ミュージアム
  「光のふしぎ展」が うずの丘大鳴門橋記念館で開催中。

  光と影を駆使した想像力豊かな現代アートです。
  うずの丘大鳴門橋記念館 → http://awaji-light.com/


◆ 淡路島まつり・おどり大会 → 8月1日と2日 洲本市役所周辺

◆ 淡路島まつり花火大会 →  8月3日 洲本港・大浜海水浴場

◆ 福良湾海上花火大会 →   8月14日 南あわじ市福良港

◆ 高田屋嘉兵衛まつり →    8月15日 洲本市五色町都志


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    酔泳禁止

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夏だ! プールだ! 海水浴だ!

お酒を飲んでスポーツをするのは、たいへん危険です。
飲酒をした遊泳者の事故が急増しています。

遊泳中の飲酒は 
心臓に負担をかけることになり血圧も急に高まるので危険です。

酔った状態での運動も、注意力が低下しているため危険です。

おいしい一杯は、スポーツの後で楽しみましょう!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    アンケートプレゼント

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆ 2014年 8月号のアンケート

 好きなお酒の飲み方は

@一人でのんびり A 家族でワイワイ B 仲間とガヤガヤ C その他
  
  抽選で3名様に 純米吟醸 720mlをプレゼント!

  応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/

  当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。

  夏の純米吟醸  → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=78090604


――――――――――――――――――――――――――

◆ 2014年 7月号のアンケート集計結果

 日本酒を飲み始めたきっかけは

@ 宴会など  68 A お付き合い 64 B 家庭環境 58

 C 二十歳になったから 35  D その他 21
 
 226名様のご応募をいただき ありがとうございました。

 ご当選されました方には 山廃 本醸造を近日発送いたします。

  7月号 ご当選者 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2014.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ※   酒蔵見学は ご予約無しでお越しいただきましても
      担当者不在の場合は ご案内することができません。

     盆休みの期間中は 日直担当者が一名居りますので
     少人数様の見学は可能です。

   酒蔵見学を ご希望の方は必ず事前予約が必要です。
   見学のお申し込みは → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P78898159

 ※   ご希望に添えない場合もございます。 ご容赦ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

配信元 都美人酒造株式会社  656-0424 兵庫県南あわじ市榎列西川247

Web  http://www.miyakobijin.co.jp/  E-Mail magazine@miyakobijin.co.jp

代表取締役 久田浩嗣  おのころ通信編集長 武内亮司 0799-42-0360

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。