ファン
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ

2013年08月01日

vol.103 平成25年8月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  淡路島 都美人酒造 おのころ通信 vol.103 平成25年8月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  暑中お見舞い申し上げます。

  厳しい暑さが続いておりますが 皆様いかがお過ごしでしょうか

  おいしいお酒と肴で暑い夏を乗り切りましょう!



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  日本酒クールスタイル

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   日本酒に氷を入れて楽しまれたことがありますか

   夏の暑さを吹き飛ばしてくれる爽快で新鮮な飲み方です。
   ソーダや緑茶で割ると新しい日本酒が発見できそうです!

  ☆ 爽快に日本酒を楽しむ 日本酒ハイボール
    グラスにたっぷりの氷を入れて日本酒を半分まで注ぎ
     ソーダを注いで完成です。

  ☆ ビタミン豊富でヘルシー
    ロックグラスに氷をたっぷり入れて日本酒と緑茶を注ぎます。
    お刺身やお寿司など魚介料理に良く合います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   夏本番にぴったりの 無濾過生原酒

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


氷を入れたグラスに 冷やした生原酒を注いで飲む。

グラスの中で氷が少しずつ溶けても 
酒の味わいが薄くなりすぎず旨味のある味わいが ゆっくり時間をかけて楽しめます。

お酒の味わいは、温度が下がると甘味を感じにくくなり、苦味を感じやすくなります。

氷が溶けても、味わいがしっかり感じられ美味しく飲める山廃純米がおすすめです。

クラッシュアイスに冷やした酒を注いでシャーベット状にしたり、
レモン、すだちを加えるのがいいという人もいます。

蒸し暑い夏も、ちょっと工夫すれば涼しげな飲み方ができますよ。


みやこびじん じゅんまい 無濾過生原酒 むろかなまげんしゅ



 山廃純米 「五百万石」 無濾過生原酒 

    ↓    ↓    ↓

     http://miyako.shop-pro.jp/?pid=57293541  

生原酒は熱処理も加水もしない搾ったままの状態で瓶詰しています。
   要冷蔵のお酒ですのでクール宅急便でのお届けとなります。
       おいしく飲んで おいしく食べる
           心と身体への健康効果や美容効果が注目される
                 日本酒をゆったりくつろいで楽しみましょう!
◆ お詫び

特別純米 山田錦無濾過生原酒の720mlはお陰さまで完売いたしました。
1800mlは少しございます。 http://miyako.shop-pro.jp/?pid=57922248

  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  阪急百貨店梅田本店    7月31日から 8月 6日まで
            
  高島屋玉川店         7月31日から  8月 6日まで

お近くにお越しの節はお立ち寄りくださいませ!

        担当者不在の場合もございますがご了承ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   アンケートプレゼント 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 2013年8月号のアンケート

日本酒をロックで

@ 時々楽しむ A 飲んだことがある B 飲んだことが無い C 飲みたくない

  抽選で3名様に 搾ったまんまの山廃純米酒720mlをプレゼント。

  ご応募はこちら  → http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/

  ※ ご当選者の発表は翌月のおのころ通信でお知らせいたします。



――――――――――――――――――――――――――


◆ 2013年7月号の集計結果

  お中元を贈るのは

 @ 6月 14名 A 7月 151名 B 8月 37名 C 贈らない 38名

  240名様のご応募をいただきました。 ありがとうございました。




  山廃純米 「超辛口」を ご当選の3名様に近日発送させていただきます。

  当選者発表 → http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2013.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    蔵人を募集しています   

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
――――――――――――――――――――――――――――――――

  酒造りに興味があり 「おいしい日本酒を造りたい」という情熱があり
  体力や力仕事に自信のある方を募集しています。

  蔵人としての仕事を積み重ね 美味い酒ができたときの達成感と充実感
  なによりも お客様のいい笑顔が酒造りの魅力です。



◆ 雇用契約期間
  平成25年11月20日から平成26年4月中旬まで
  
◆ 勤務地及び宿舎
  都美人酒造株式会社 南あわじ市榎列西川247

◆ お問合せは
  電話 0799-42-0360 ファックス 0799-42-4899 

 ※ 明るく元気で早起きに自信のある方の応募をお待ちいたしております。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   淡路島の観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 淡路ワールドパークONOKORO

  平成25年3月にリニューアルオープンして
  ジップラインアドベンチャーや大人気の3D迷路が新たに仲間入り
  海の見える足湯も大好評です。

  お問合わせは 0799-62-1192 http://www.onokoro.jp/

淡路市・旧津名郡津名町志筑 おのころアイランド


――――――――――――――――――――――――――

◆ 奇跡の星の植物館

  サマーカーニバルでは昼間とは全く異なる「真夏の夜の植物館」。
  魅惑の香りを放つ熱帯の花は夜開きます。
  夏限定のロマンティックな空間でフラダンス、ボサノバなどが楽しめます。

  お問合わせは 0799-74-1200 http://www.kisekinohoshi.jp/

――――――――――――――――――――――――――


南あわじ市福良 なないろ館 足湯 渦の湯


◆ 第66回 淡路島まつり

  8月2日から8月4日まで洲本市で開催されます。
  洲本大浜海岸の打ち上げ花火で幻想的な世界が広がります。
  8月4日は「超ワイドスターマイン」「水中スターマイン」
  「ミュージック花火」「キャラクター花火」「大銀滝」「大瀑布」など
  趣向を凝らした花火が淡路島の夜を彩ります。

洲本市役所商工観光課内 0799-24-7613 http://awajishimamatsuri.jp/

――――――――――――――――――――――――――

◆ 福良湾会場花火大会

  鳴門海峡に面する福良湾で海上から花火が打ち上げられます。
  花火大会 8月14日 20時からの予定です。

  南あわじ市ホームページ http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。