ファン
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ

2013年07月01日

vol.102 平成25年7月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  淡路島 都美人酒造 おのころ通信 vol.102 平成25年7月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



梅雨の晴れ間の青空はすっかり夏。
少し早いですが 暑中お見舞い申し上げます。

お元気でお過ごしですか 

夏バテ防止に梅酒はいかがでしょう。
梅の酸っぱさには健康にも役立つ成分が多く含まれています。




食前に梅酒を飲むことで、食欲がわいてきて、疲労回復も期待できます。
暑くて眠りも浅くなりがちな時はお休み前に少量飲んでみましょう。


日本酒で漬けた梅酒 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=8405390


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  土用の丑の日は 鰻と辛口の純米酒で

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


土用は雑節のひとつで 立秋前の土用は一年で最も暑い時季。

江戸時代の頃から土用の丑の日に鰻を食べるようになったそうです。





鰻料理に相性の良い 辛口のお酒はいかがでしょ!

ただ辛いだけではなく しっかりとした米の旨味と酸味が味わえる
辛口ファンにおすすめの 日本酒度+14の超辛口純米酒。

冷だけでなくお燗にしても さらに美味しく食中酒としても最適です。

中華料理、肉料理など味の濃い料理に良く会います。



山廃純米 超辛口 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=30874145


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   日本酒大好きさんにいかがでしょ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


早一年の半分が過ぎました。 遠く離れて暮らすご両親や親戚、
日ごろお世話になってるあの方へも 夏のご挨拶はいかがですか!

お中元は 半年間のお礼の気持ちをこめて贈るのが一般的となっています。

都美人では夏ギフトを取り揃えております。

         http://miyako.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=224464&csid=0 


◎ 純米吟醸「せきれいの里」 特別純米「風のまゝ」 山廃純米「雲のごとく」
  3種類の純米酒が楽しめる → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=9562703


◎ 大吟醸「凜美」 純米吟醸「薄絹」 冷酒「生麗」
  3種類の冷酒が楽しめる  → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=9563464


◎ リキュールのセットも好評です
  「にごり梅」と「南の果実」  → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=14257072


◎ 梅ジャムも販売しています
  梅酒と梅ジャムのセットです → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=32520795


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  伊勢丹立川店        7月 3日から 7月 9日まで

  川西阪急           7月 3日から 7月 9日まで

  阪神百貨店梅田本店    7月10日から 7月16日まで

  そごう神戸店          7月23日から 7月29日まで

  阪急百貨店梅田本店    7月31日から 8月 6日まで
            
  高島屋玉川店         7月31日から  8月 6日まで

お近くにお越しの節はお立ち寄りくださいませ!

        担当者不在の場合もございますがご了承ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   アンケートプレゼント 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 2013年7月号アンケート

  お中元を贈るのは何月ですか

  @ 6月  A 7月  B 8月  C 贈ったことが無い

  抽選で3名様に 米の旨みが楽しめる山廃純米 超辛口をプレゼント。

  ご応募はこちら  → http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/

  ※ ご当選者の発表は翌月のおのころ通信でお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――


◆ 2013年6月号の集計結果

  梅酒を漬けていますか

  @ ホワイトリカーで漬ける 121  A ブランディーで漬ける 47

  B 日本酒で漬ける 18  C 漬けた事が無い 61 Dその他 17

247名様にご応募いただきました。 ご応募ありがとうございました。

  梅酒 梅の恋を ご当選の3名様に近日発送させていただきます。
  当選者発表 → http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2013.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   淡路島の うまいもん

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞





  ☆ うずしお世界遺産カレー

  淡路島特産の玉葱たっぷりのカレーに浮かぶ淡路島。
  渦潮や沼島も表現されていて食べるのが楽しくなるカレーです。

  お問合わせは うずの丘展望レストラン 0799-52-2888

――――――――――――――――――――――――――





  ☆ 淡路牛カレーバーガー
   
淡路島産の玉葱や牛肉をじっくり煮込んだカレーを使ったバーガーです。
  辛さ控えめのカレーバーガーでお子様にも人気があります。
  
  お問合わせは 道の駅あわじ 0799-72-0001

――――――――――――――――――――――――――




  ☆ 淡路島の魅力満載 淡路島牛丼

  食材の宝庫淡路島の 牛肉、玉葱、米を使用した淡路島牛丼。
  牛丼プロジェクト誕生から 5年半が経過し現在加盟店は53件あります。

  それぞれのお店で ここでしか食べられない
  オリジナルの牛丼や焼肉丼、ステーキ丼などを提供しています。
  
  淡路島牛丼のホームページ → http://www.awa-gyu.net/

――――――――――――――――――――――――――




  
  ☆ 淡路島の玉葱は旨さ満点

  淡路島は兵庫県の一番南にある 年間を通じて
  瀬戸内海の温暖な気候に恵まれた南北に細長い島です。。
  厳しい冬に耐えた玉葱は充分に栄養を蓄えて膨らみます。

  淡路島の田圃には玉葱小屋がたくさんあります。

  小屋の中で竿に吊るして自然乾燥することで甘みが一層まします。
  淡路島のカレー、バーガー、牛丼の旨さの秘密は玉葱かも知れません
    
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25RKOL+P0C1M+2RAG+61JSJ


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  酒蔵見学のお申し込みは

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 7月は担当者不在の時が多く 
 ご予約無しでお越しいただきましてもご案内をすることができません。

 酒蔵見学ご希望の方は必ず事前予約が必要です。

 見学のお申し込みは → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P78898159

 ご希望に添えない場合もございます。ご容赦ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



試飲販売会のご案内




試飲販売会のご案内

  伊勢丹立川店        7月 3日から 7月 9日まで

川西阪急           7月 3日から 7月 9日まで

阪神百貨店梅田本店    7月10日から 7月16日まで

そごう神戸店          7月23日から 7月29日まで

阪急百貨店梅田本店    7月31日から 8月 6日まで

高島屋玉川店         7月31日から  8月 6日まで

お近くへお越しの節は是非お立ち寄りくださいませ!

担当者不在の場合もございますがご容赦ください。



リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。