ファン
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ

2012年08月01日

vol.91  平成24年8月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 淡路島 都美人酒造 おのころ通信 vol.91 平成24年8月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


毎日暑い日が続いております。 暑中お見舞い申し上げます。

暑さでバテ気味の方も多いのではないでしょうか?
日本酒ベースの梅酒でリフレッシュしませんか!


お酒本来の旨さと梅の酸味が心地よい 「にごり梅酒」が 人気です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   疲労回復に 梅酒を楽しんでみませんか

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


夏バテを回復させるためには、栄養補給と休息。

梅の酸っぱさは、クエン酸、りんご酸、コハク酸などの成分で、私たちの
健康にも非常に役立つ成分として知られています。
食前に梅酒を飲む事で、食欲がわいてきて、夏バテの防止に役立ちます。

暑くて眠りも浅くなりがちな時はお休み前に少量飲んでみましょう。
梅にたっぷり含まれている クエン酸が疲労のもととなる乳酸を分解することで
疲労回復が期待できます。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

   梅の酸味が心地よい  『にごり梅』 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


黄色くなるまで完熟させた南高梅は、桃の様な甘い良い香り。

完熟南高梅が まるごと溶け込んだ 
とろりと甘く梅の酸味が心地よい 梅酒 『にごり梅』が大好評!



梅酒ブームの中でも 完熟梅の果肉がたっぷり入った
にごり梅酒は 爽やかな梅の香り、甘すぎず酸味がちょうど良いと
女性の方にすごく人気があります。

にごり梅酒は普通の梅酒よりも、とろりとしているので飲み応えがあります。


アルコール度数 11%  販売価格 1,575円(消費税込み)

梅酒 『にごり梅』 →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=14255914

 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   和リキュール  『南の果実』

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




鹿児島県・徳之島に自生する 無農薬のシークァーサーと日本酒が出会いました。


南国の柑橘類、シークァーサーの果汁をブレンドした トロピカルな和リキュールです。

果実の爽快さとほろ苦い甘酸っぱさが心地よいと たいへんご好評をいただいております。

アルコール度数 10%  販売価格 1,260円(消費税込み)


『南の果実』 →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=14103995


冷やしてストレート、オンザロックが最適。
炭酸で割ると よりスッキリとシャープな切れ味があります。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   夏本番にぴったりの 無濾過生原酒

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


氷を入れたグラスに 冷やした生原酒を注いで飲む。
グラスの中で氷が少しずつ溶けても 
酒の味わいが薄くなりすぎず旨味のある味わいが ゆっくり時間をかけて楽しめます。

お酒の味わいは、温度が下がると甘味を感じにくくなり、苦味を感じやすくなります。
氷が溶けても、味わいがしっかり感じられ美味しく飲める山廃純米がおすすめです。

クラッシュアイスに冷やした酒を注いでシャーベット状にしたり、
レモン、スダチをしぼるのがいいという人もいます。




蒸し暑い夏も、ちょっと工夫すれば涼しげな飲み方ができますよ。

夏を楽しむ〜〜 特別純米 「風のまゝ」 無濾過生原酒 

    ↓    ↓    ↓

    http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4574329


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

  
  阪急梅田本店   平成24年8月 1日から 8月7日まで 
  
  西武池袋本店   平成24年8月29日から 9月4日まで

  
       お近くにお越しの節はお気軽に、お立ち寄りくださいませ。
   

      担当者不在の場合もございます。ご了承ください。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    淡路島の観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 淡路人形浄瑠璃人形座 8月8日新館オープン

  500年の歴史を受け継ぐ 国指定重要無形民俗文化財の
  郷土芸能「淡路人形浄瑠璃」。
  人形浄瑠璃館が大鳴門橋記念館内から引越し、福良に新館が建設されました。

あわじにんぎょう おおなるときねんかん とりっくあーと

  兵庫県南あわじ市福良甲1528-1地先 http://awajiningyoza.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 淡路島祭り  花火大会

       2012年8月5日 

       淡路島では最大の伝統的なお祭りです。
       洲本港・大浜海岸周辺で 花火大会が開催されます。


hanabi14.gif


◆ 福良湾海上花火大会 

       2012年8月14日 
       南あわじ市福良湾の海面に映える多彩な花火が楽しめます。

         ( お祭りの日程は天候により変更になることがございます )

  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    アンケートプレゼント

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 ◆ 2012年8月号のアンケートは
 
 ☆ 最近乾杯をしましたか

 @最近乾杯をした A最近乾杯していない 

 B機会がない C相手がいない D乾杯は嫌いだ

 応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/


 応募者多数の場合は抽選で 

 柑橘系の爽やかな日本酒 「南の果実」500mlを3名様にプレゼント! 

 当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



 ◆ 2012年7月号のアンケート結果
 
 ☆ 辛口のお酒は好きですか ☆


 @ 大好き 131  A ちょっと好き 75 B ちょっと苦手 23
 
 C すごく苦手 3 D未経験  12

   244名のご応募をいただきました。 ありがとうございました。



  
 ご当選者発表 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2012.html

ご当選されました3名様に 山廃純米「超辛口」を近日発送いたします。



山廃純米「超辛口」 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4557663


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

配信元 都美人酒造株式会社  656-0424 兵庫県南あわじ市榎列西川247

Web  http://www.miyakobijin.co.jp/  E-Mail magazine@miyakobijin.co.jp

代表取締役 久田浩嗣  おのころ通信編集長 武内亮司 0799-42-0360

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。