ファン
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ

2012年07月01日

vol.90 平成24年7月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   淡路島 都美人酒造 おのころ通信 vol.90 平成24年7月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


梅雨の晴れ間の青空は、すっかり夏色になりました。

ちょっと早いですが〜〜暑中お見舞い申し上げます。

 暑い時期を乗り切るためにビタミンB類が豊富な
 うなぎを食べる習慣があります。夏バテ予防に効果があるようです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    キレの良い酒 超辛口の出番です

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


暑さで夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか!
屋外で楽しむバーベキューなど肉料理の多くなる季節です。

中華料理や肉料理 うなぎの蒲焼など 味の濃い料理と相性がいい
日本酒度+16の 超辛口がおすすめ!

ただ辛いだけではなく、山廃仕込のしっかりとした米の旨味。

キレとともに心地いい余韻を楽しませてくれる純米酒です。



都美人の超辛口  → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=30874145

兵庫県産の酒造好適米「五百万石」を使用しています。

山廃純米 超辛口 日本酒度+16  アルコール度数は 15.5%


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   さわやかな味わいが人気の秘密

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


和リキュールは 飲みやすく親しみやすい自然の恵みがたっぷり。

太陽の恵みをいっぱい受けた 徳之島で自生する無農薬にこだわりました。

シークァーサーと上質な日本酒とが出会った 柑橘系のリキュールです。

日本酒初心者の方や女性の方にも 
爽やかな香りと ほろ苦い甘酸っぱさが心地よいと好評をいただいております。

ストレートやロック、炭酸割りなど お好みのスタイルでどうぞ!!




◆  『南の果実』 500ml  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=14103995

   アルコール度数 10% 
   原材料 日本酒、シークァーサー、醸造アルコール、グラニュー糖


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    酸っぱさが元気の源

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


梅といえば酸っぱさが特徴で クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などが
含まれています。 梅酒は梅の実をそのまま食べるよりも 梅の成分が
早く身体に吸収されます。

梅には若返りホルモンと言われているパロチンの分泌を促し
老化防止にも効果が期待できます。



 ◎ 梅の恋 500ml


桃のような大粒の完熟南高梅を日本酒にじっくり漬け込んだ
やさしい口当たりで酸味が心地よい梅酒です。
ストレートはもちろんオンザロックや炭酸で割っても美味しいです。



梅の恋 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=8405390


 ◎ にごり梅 500ml


大粒の完熟梅がたっぷり溶け込んだ とろりとした梅酒です。
日本酒にじっくり漬け込み飲み口、味わいのバランスが良く
オンザロックやお湯割り、シャーベットにしても美味しい梅酒です。

にごり梅 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=14255914


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   
    試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  伊勢丹立川店   平成24年7月 4日から 7月10日まで

  川西阪急      平成24年7月 4日から 7月10日まで

  そごう横浜店    平成24年7月11日から 7月16日まで

  阪神梅田本店   平成24年7月11日から 7月17日まで

  そごう神戸      平成24年7月24日から 7月30日まで

  阪急梅田本店   平成24年8月 1日から 8月 7日まで


         お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りくださいませ 

             ※ 担当者不在の場合もございます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  クールに楽しむ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


日本の伝統的なお酒 ・ 日本酒をスタイリッシュに楽しみませんか!

暑い夏には日本酒に氷を入れてソーダや緑茶で割ってみませんか!
ロックグラスに氷をたっぷり入れ日本酒と緑茶を同量注げば完成です。


日本酒造組合中央会
http://www.japansake.or.jp/sake/coolstyle/index.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  淡路島の観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 ★ ホワイトガーデンショー2012

   奇跡の星の植物館で 食虫植物を中心とした水辺のホワイトガーデン。
   涼を感じる植物と噴水で演出されたロマンチックなホワイトガーデンは
   落ち着いた和の「涼の庭」と2つの異なるお庭が楽しめます。
   平成24年7月8日まで → http://www.kisekinohoshi.jp/


 ★ うずの丘大鳴門記念館 トリックアート展

   プロのアーティストの描いた「絵」は厚みがあり、見方によって変化したり、
   人の目の感覚を巧みに利用した、不思議な感覚が楽しめる絵です。
   「見て」「触れて」楽しめる体験型展覧会です。  11月末まで開催。
   トリックアート展のホームページ → http://awaji-trick.com/


 ★ 淡路人形浄瑠璃人形座

   新会館へ引越し中のため公演されておりません。
   8月8日 新会館でグランドオープン 
   淡路人形浄瑠璃   → http://awajiningyoza.com/

 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   アンケートプレゼント 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 ◆ 2012年7月号のアンケートは 

 ☆ 辛口のお酒は好きですか ☆

 @ 大好き A ちょっと好き B ちょっと苦手 C すごく苦手 D未経験


 応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/

 応募者多数の場合は抽選で 
 すっきりとしたのど越し「超辛口」720mlを3名様にプレゼント! 

 当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。

  ◆ 2012年6月号のアンケート集計結果は 

  ☆ お父さんとお酒を楽しんだことがありますか ☆

    @ 楽しんだことがある    92
    A 楽しみたかった      47
    B 楽しんでいる       37
    C 楽しんでみたい      32
    D 楽しみたくない 3
    E その他           11
 

 222名のご応募をいただきました。 ありがとうございました。

  
 ご当選者発表 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2012.html

 ご当選されました3名様に 純米吟醸「せきれいの里」を近日発送いたします。




 純米吟醸「せきれいの里」 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4557663


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆ おのころ通信バックナンバー → http://fanblogs.jp/miyakobijin/
◆ 淡路島の観光情報     → http://fanblogs.jp/hanasajiki/
◆ 都美人酒造のブログ     → http://awaji.miyako.shop-pro.jp/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



d
リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。