ファン
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ

2018年03月31日

おのころ通信 vol.162 平成30年4月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 淡路島・都美人酒造 おのころ通信 vol.162 平成30年4月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

春風を感じ、お花見を楽しまれる方も多いのではないでしょうか!

酒蔵もフレッシュな味わい「搾りたて原酒」が出そろいました!

お花見に相応しい「さくら吟醸」が今月のおすすめです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 かわいい花柄のボトルに 優しい口当たりの純米吟醸を瓶詰めしました。

 さくら吟醸 → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=100187301



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   大吟醸 薄にごり (数量限定品)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  醪を酒袋に詰めて昔ながらの天秤棒に吊るした石の錘でお酒を搾りました。

  垂れ口から滴り落ちるフレッシュな味わいそのままを瓶詰めしております。

   大吟醸 「薄にごり」→ http://miyako.shop-pro.jp/?pid=30099414

  昔ながらの石の重りで搾った 大吟醸の酒粕が出来ました。

   大吟醸の酒粕  →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=6231019



       

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  春のイベント 酒蔵祭りを  平成30年4月7日(土)開催します。
  会場 都美人酒造 無限庵    10時から12時過ぎまで

   昨年の様子 →  http://fanblogs.jp/awajisima/archive/153/0

   ※  参加のお申込みは → https://ws.formzu.net/fgen/S40061979/
※  参加費 100円

   ※  悪天候等で日程が変更になる場合はメールでお知らせいたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  今年の「若宮の雫」は4月7日以降の販売開始になります。

       合鴨農法 → http://www.miyakobijin.co.jp/aigamo2009.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

       試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

     平成30年 4月11日から4月17日まで     阪神梅田本店

     平成30年 4月17日から4月23日まで     そごう神戸 

     平成30年 4月18日から4月24日まで     西武池袋本店

     平成30年 4月25日から5月1日まで      阪急梅田本店 

      
      お近くにお越しの節はお立ち寄りくださいませ。
                ※ 担当者不在の時もございます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   淡路島観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎ 春の大潮を体験しませんか!

  鳴門海峡の渦潮はもっとも迫力を増すのは 「春」
        春の大潮:4月14日(土)〜4月17日(火)
        春の大潮:4月29日(日)〜5月 2日(水)
詳しくは http://www.uzu-shio.com/event/1285


◎ あわじ花さじき

  明石海峡、大阪湾を一望できるロケーション。
  約100万本の菜の花が広大な大地に広がります。
  入園無料。駐車場完備。 お問合せは 0799-74-6426


◎ 奇跡の星の植物館  平成30年4月15日まで

    春爛漫 花見の庭 2018  http://www.kisekinohoshi.jp/

    ウェスティンホテル淡路とのコラボレーションスイーツもチェック!
    お花も団子も楽しむ日本の伝統文化「花見」を温室で満喫!


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  アンケートプレゼント

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 2018年4月号のアンケート

  春に飲みたくなる日本酒は


  @ 香りのいいお酒 A 搾りたて原酒   B 燗で美味い酒

  C 深い味わい   Dすっきりした味わい Eその他

応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/




   純米吟醸 「暁乃都美人」720ml が抽選で3名様に当たります。

   当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――


◆ 2018年3月号のアンケート結果

  日本酒の購入は

  @ 酒店  155 A 蔵元  76 B 百貨店 48 

  C スーパー 94 D コンビニ 6  E 道の駅 13  F その他 18


  3月号 ご当選者 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2018.html

  234名様に ご応募いただきました。 ありがとうございました。

ご当選の3名様に 特別純米 「風乃都美人」720ml を近日発送いたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎  南あわじ市ふるさと納税 →  http://furu-po.com/minamiawaji/

◎ めいぶつチョイス → https://www.meibutsu-choice.jp/product/detail/1179

   「めいぶつチョイス」とは、https://www.meibutsu-choice.jp/site/about_us
   全国の名産と出会え、お買い物ができる新スタイル通販サイトです。
   各種クレジットカードのポイントや航空会社のマイルなどを
   自治体ポイントに換えることで、買い物を楽しむことができます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    酒蔵見学のお申し込みは

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 酒蔵見学ご希望の方は事前予約が必要です。(平日9時から)
 土日祝祭日は定休日のためご案内できません。
 醸造期間中は蔵内に入れない場合もございます。


 見学のお申し込みは → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P78898159


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

配信元 都美人酒造株式会社  656-0424 兵庫県南あわじ市榎列西川247

Web  http://www.miyakobijin.co.jp/  E-Mail magazine@miyakobijin.co.jp

代表取締役  久田浩嗣  おのころ通信編集長  武内亮司 0799-42-0360

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

都美人酒造 酒蔵ブログ      http://fanblogs.jp/awajisima/
おのころ通信バックナンバー     http://fanblogs.jp/miyakobijin/
淡路島の観光情報 http://fanblogs.jp/hanasajiki/

配信停止はこちら →    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P9211640
リンク集


88




検索
最新コメント


へてむる z ぐーぺ れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ きゃば ろりぽ くるま

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。