ファン
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ

2015年04月02日

旬味くらべ

SH3J1894.jpg



おのころ通信を ご愛読いただきありがとうございます。


フレッシュな味をお届けしたく 

おのころ通信の読者様に旬を楽しむフレッシュな生酒のご案内です。


http://ws.formzu.net/fgen/S2058271/




2014年02月25日

酒蔵開放のご案内



五色OFG 合鴨農法研究会員の山際産さんの田圃で栽培した
兵庫夢錦が 純米吟醸「「若宮の雫」」に生まれ変わりました。

合鴨米を60%精米し山内杜氏率いる蔵人が丹精こめて旨い酒を造りました。


平成26年3月23日 (日曜日) 9時30分受付開始で

酒蔵開放を開催いたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 イベントでは

  ◎ 純米吟醸『若宮の雫』の発売解禁日で利き酒が出来ます。

  ◎ 純米酒や大吟醸のしぼりたてが味わえます。

  ◎ 日本酒ベースの 和リキュールも お楽しみいただけます。

  ◎ お酒にまつわる クイズ大会も開催します。

  ◎ 利き酒コンテストで 全問正解をめざしませんか!!

  ◎ 備長炭で焼く 合鴨の焼鳥は 毎年大好評。

  ◎ 大吟醸の酒粕で作った酒蔵自慢の甘酒はいかがでしょう。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  酒蔵でなければ体験できないことや
  蔵人や ごく一部の人しか味わえなかった・・・ そんな隠し酒もご用意。

  どうぞ、お気軽にスローライフな酒蔵のひと時をお過ごしくださいませ。

  社員一同、工夫をこらし こころより歓迎させていただきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

お申し込みは

http://ws.formzu.net/fgen/S40061979/

代表者氏名と 参加人数は必ずお知らせください。

会場の都合で先着200名様です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

利き酒コンテスト、試飲等がございます。

未成年者と運転手様は試飲をお断りいたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

都美人酒造株式会社 広報 武内


က

2014年02月10日

天秤搾りは2月12日の10時まで見学できます



大吟醸の香り漂う酒蔵で

昔ながらの石の錘でお酒を搾る「槽掛け天秤搾り」


まずは大吟醸の雫を斗瓶に採取。 (朝10時)




蔵人たちが醪タンクに櫂入れし撹拌しながら狐桶へと柄杓で移し

狐桶の醪を布袋へ





大吟醸の雫が斗瓶へと注ぎ込まれる。





急遽決まった天秤搾りの日程にもかかわらず

今朝は見学者が多数。

大阪、姫路、西脇、群馬、東京などからの訪問者は

天秤搾りの様子を興味深げに見守った。






醪を酒袋に約7リットル



慣れた手つきで杜氏が槽に並べ敷き詰める。 (朝11時)




大阪からの見学者に香りを楽しんでいただいた。





槽に敷き詰めた酒袋から滴る雫の量を確認しながら



盤木をピラミッド状に積み重ね

天秤棒をゆっくりと下ろし徐々に加圧を始める。 (夕方4時)





石の重さは1000キログラム

宙に浮かんだ石の重みで天秤棒にじっくり荷が掛かる。





槽の垂れ口からフレッシュなうっすらオリを含んだ大吟醸が滴る。






天秤搾りは 約48時間



2月10日の10時から 2月12日の10時ごろまで見る事が出来る。



電話連絡をいただければ 見学が出来る場合もあります。

お問合せは 0799-42-0360

定休日はスタッフの関係でご希望に添えない場合もございます。





2014年02月07日

神戸新聞 2014.02.07






神戸新聞淡路版 平成26年2月7日掲載いただきました。

文字が小さく読みにくい方は

    ↓    ↓

 日本酒の蔵元「都美人酒造」(兵庫県南あわじ市榎列西川)で、フランス出身のデグロート・ケビンさん(26)が酒造りを学んでいる。10代半ばのころ、日本の漫画・アニメに魅せられたのをきっかけに日本文化へ傾倒。「酒造りの責任者『杜氏』になりたい」という夢を胸に抱き、各工程の習得に励んでいる。(長尾亮太)


 15歳から、日本の漫画本を愛読。特に戦国・江戸時代を描いた作品が好きで、日本の歴史や文化に憧れを抱いた。大学では当初、法律や英語、独語を専攻したが、日本語を学ぶために違う大学に入り直した。「アニメをフランス語字幕ではなく、日本語で理解したい」と熱心に勉強した。

 大学院在学中の昨年春、日本貿易振興機構(ジェトロ)パリ事務所で研修を受け、和食や日本酒をフランスにPRする仕事に携わった。そこで都美人酒造が蔵人を募集していることを知り応募。日本文化としての酒造りを学ぶため、昨年12月下旬から半年間の予定で滞在している。

 酒造りでは、こうじや酒母の仕込み、搾りなど工程ごとに担当者がいるが、ケビンさんは「追い回し」として各工程を手伝う。

 慣れないことばかりだった。始業時刻は毎日午前5時だが、蔵人全員で朝食をとるのが同7時。その間空腹で働かねばならず、気分が悪くなることもあった。冷たい水を触るため手にはあかぎれができ、186センチの長身のため日本人向けの低い台で作業を続けると腰も痛くなった。

 しかし、苦労以上に現場は驚きや発見に満ちているといい、「硬い米が溶けてどろどろになる過程は不思議そのもの」と目を輝かせる。また、蔵人たちは一日の仕事を終えた後、大部屋で共同生活を送るが、「話すのが楽しいし、日本語も勉強できる」とまったく苦ではない様子だ。

 杜氏の山内邦弘さん(36)は「真面目な性格で、酒造りに真剣に向き合う姿勢が仕事ぶりにも表れている」と褒める。ケビンさんは「酒造りという日本の伝統文化をしっかりと身に付け、いつか山内さんのような杜氏になりたい」と話す。


2014年02月04日

酒蔵でお祭りを計画中




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日本酒ファンと利き酒を楽しんでみませんか

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

毎年恒例の春のイベント 酒蔵開放を行います。

3月21日から23日のいずれかの10時からの予定で準備進行中です。

日程が決まり次第 おのころ通信をご登録いただいた会員様へお知らせいたします。


おのころ通信のお申し込みは 

           → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66014801

会場の都合で 定員は200名様 先着順です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


☆  試飲会 利き酒コンテスト 新酒発表 新製品ご紹介  ☆

酒蔵自慢の大吟醸酒粕の甘酒。




五色オーガニックファーマー特性の鴨汁

合鴨の焼き鳥 産直野菜市場 合鴨米でポン菓子

※ イベント内容は天候や準備の都合で変更の場合もあります。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

会場は 都美人酒造株式会社 南あわじ市榎列西川247

駐車場は 都美人酒造株式会社社屋の向かい 約100台

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

試飲ができますが 未成年、ドライバーの飲酒はお断り。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



大吟醸 凜美の酒粕



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

大吟醸の酒粕を販売始めました

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

毎年ご好評いただいております大吟醸の酒粕

最高級の山田錦を高精白(40%精米)



大吟醸の酒粕は 甘酒に使用しても粕汁に使用しても
おいしいと評判です。

都美人酒造株式会社 http://www.miyakobijin.co.jp/

品薄のため品切れの場合もあります。お問合せは 0799-42-0360

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2011年09月10日

ANA国際線ビジネスクラス搭載酒



山廃純米 雲のごとく

ANA国際線 
国際線ビジネスクラス 国内線プレミアムクラスに搭載されました。

20110927-kumonogotoku-100.jpg





ana-kumonogotoku.jpg



リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。