ファン
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ

2017年02月28日

おのころ通信 vol.149 平成29年3月号



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 淡路島・都美人酒造 おのころ通信 vol.149 平成29年3月号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 木々の芽吹きに春を感じるころとなり
 酒蔵では厳寒期に仕込んだお酒も搾りに最適な頃となりました。

 今年も新酒の誕生を祝って 酒蔵開放を行います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  ※  酒蔵開放のお知らせ  ※

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

毎年恒例の春のイベント 酒蔵開きは 
平成29年3月18日 10時より開会させていただきます。

会場の準備の都合上 募集定員は200名様です。(要予約)

  参加のお申し込みは → https://ws.formzu.net/fgen/S40061979/

イベントでは

  ◎ 純米吟醸『若宮の雫』の発売解禁日で利き酒が出来ます。

  ◎ 純米酒や大吟醸のしぼりたてが味わえます。

  ◎ 日本酒ベースの 和リキュールも お楽しみいただけます。

  ◎ お酒にまつわる クイズ大会も開催します。

  ◎ 利き酒コンテストで 全問正解をめざしませんか !!

  ◎ 備長炭で焼く 合鴨の焼鳥は 毎年大好評。

  ◎ 大吟醸の酒粕で作った酒蔵自慢の甘酒はいかがでしょう。

  ◎ 風味豊かな搾りたての酒粕を詰め放題です。


  酒蔵でなければ体験できないことや
  蔵人や ごく一部の人しか味わえなかった・・・ そんな隠し酒もご用意。

  どうぞ、お気軽にスローライフな酒蔵のひと時をお過ごしくださいませ。

  社員一同、工夫をこらし こころより歓迎させていただきます。






  参加のお申し込みは → https://ws.formzu.net/fgen/S40061979/

   会場の都合、天候等で日程が変更になる場合がございます。
   変更の場合はメールでお知らせいたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  しぼりたて薄にごり

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  しぼりたてのお酒を新鮮な状態で瓶詰しました。

 薄っすらと白く滓を含んだ しぼりたて「薄にごり」の登場です。

 昔ながらの 天秤棒に吊るした石の錘でお酒を搾りました。




  薄にごり 1800ml →  http://miyako.shop-pro.jp/?pid=11337471

  薄にごり  720ml → http://miyako.shop-pro.jp/?pid=11337499



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  燗酒が お好きな方へ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 山廃仕込 特別純米 「風乃都美人」

山廃の香が立ち濃醇で味に幅があり 後味のキレが良いと 鑑評会において
最優秀の評をいただきました。 兵庫県産の山田錦を使った純米酒です。

(兵庫県産 山田錦 アルコール分 15.5% 日本酒度 +3)

ぬる燗40℃がおすすめ http://miyako.shop-pro.jp/?pid=4613390


◆ 山廃仕込 純米酒 「雲乃都美人」

ふくよかな香と奥行き、力のある濃醇で豊かな滋味
複雑に入り組んだ深みのある香味と旨みが伸びやかに広がる純米酒。

ANA国際線ビジネスクラスの機内食のお酒として2回搭載されました。
(兵庫県産 五百万石 アルコール分15.5 日本酒度 +4)

ぬる燗も熱燗も旨い http://miyako.shop-pro.jp/?pid=90436593



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   試飲販売会のご案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  平成29年3月 7日〜 3月13日まで そごう神戸店

  平成29年3月22日〜 3月28日まで 西宮阪急
      
        お近くにお越しの節はお立ち寄りくださいませ。

         ※ 時間帯により担当者不在の時もございます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   淡路島観光情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇ 南あわじ市のしだれ梅

 樹齢60余年で 幅12メートルに広がった枝には 艶やかな薄紅色の
 花を付けピンクのカーテンのようです。
 ご主人のご厚意で午後8時ごろまでライトアップされます。
 見ごろは 3月上旬まで。 http://fanblogs.jp/hanasajiki/archive/478/0


  

◇ 南あわじ市の三年とらふぐ 

 淡路島では鳴門海峡の激流が生み出す漁場で通常は2年で出荷される
 とらふぐを3年もの歳月をかけて育てています。
 「淡路島3年とらふぐ」をメイン食材に、島内産のレタス、地酒、淡路米などを
 使った淡路島の 新しい美味しさ満載の 「美福鍋」が始まりました。





    美福鍋を楽しむなら →
    http://www.m-awaji.jp/awaji-shokuumi/mifukunabe/rest/
    お問合せは 淡路島観光協会 南あわじ観光案内所 0799-52-2336


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   アンケートプレゼント

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


◆ 2017年 3月号のアンケート

  海外の人に勧めるなら

  @ 冷酒 A  常温 B  熱燗 C 勧めない 

応募方法はこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S67036300/


   碧乃都美人720mlが 抽選で3名様に当たります。

   当選者の発表は翌月のメルマガ・おのころ通信でお知らせいたします。


――――――――――――――――――――――――――

◆ 2017年 2月号のアンケート結果


  全席禁煙の酒場は

  @ 良い 226 A  困る 29 B  気にしない 37 C その他 3

  2月号 ご当選者 http://www.miyakobijin.co.jp/tousennsya-2017.html

  295名様に ご応募いただきました。 ありがとうございました。

ご当選の3名様に 「雲乃都美人」720mlを近日発送いたします。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 南あわじ市ふるさと納税 →  http://furu-po.com/minamiawaji/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  酒蔵見学のお申し込みは

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ご予約無しでお越しいただきましても担当者不在の場合は
 ご案内をすることができません。  酒蔵見学は事前予約が必要です。


 酒造りの期間は作業工程上、蔵へ入れないときもございます。

 見学のお申し込みは → http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P78898159

       ご希望に添えない場合もございますご容赦ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

配信元 都美人酒造株式会社  656-0424 兵庫県南あわじ市榎列西川247

Web  http://www.miyakobijin.co.jp/  E-Mail magazine@miyakobijin.co.jp

代表取締役  久田浩嗣  おのころ通信編集長  武内亮司 0799-42-0360

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

都美人酒造 酒蔵ブログ      http://fanblogs.jp/awajisima/

淡路島の観光情報         http://fanblogs.jp/hanasajiki/


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

リンク集


88 88 88 88




検索
最新コメント


ファースト kuraudo れいこっぷ でる れご とうしんだい むむ なまえ x2 きゃば ろりぽ x くるま 6

タグクラウド


プロフィール
淡路島探検隊 隊長 ONOKOROさんの画像
淡路島探検隊 隊長 ONOKORO
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。 米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。 山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。 淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。 数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。