広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年07月15日

「のはなしし」を読みました

伊集院光さんのエッセイ「のはなしし」を読みました。

のはなし(し) [ 伊集院光 ]

価格:1,296円
(2015/10/9 22:27時点)
感想(8件)



ラジオ「深夜の馬鹿力」で聞いた話もあるんですが、文章で読むとまた違った感じがして面白いですね。
伊集院さんが「爆笑問題の日曜サンデー」にゲスト出演したとき、太田光さんも「面白い」と言っていらっしゃいました。

伊集院さんはこの「のはなしし」の中で、太田さんに向けて書いた話があるということを言っていました。
「皆さんも読んで当ててみてください」と言っていたので、答えを言っていないのかと思いきや、それらしいことをちらっと言っているんですね。

たしかにその話を読んでみると、ちょっとほかの話から浮いているような、毛色の違った印象を受けます。
わたしも先入観なしで読んだときに「なんだそりゃ」と思ってしまいましたが、そういう意図があったんですね。

わたしは伊集院さんも太田さんも好きなので、この二人が話をしているのを聞くと嬉しくなってしまいます。
伊集院さんは太田さんを持ち上げているので、そういう感じが苦手という意見もあるんですが、太田さんも伊集院さんを認めているんだなというのが感じられるので楽しく聞いています。

「のはなしし」は昔書いたものから最近書いたものまで、初出時期を明記せずにあいうえお順に掲載しています。
これがいいのか悪いのかわかりませんが、最初にそのことを承知しておいたほうがいいですね。

全部読み終わった後に表紙の絵を見ると、どの絵がどの話に対応しているかわかるので面白いです。
最初に見たところでなんのことやらわかりませんが、自分の頭に浮かんでいたイメージが絵になっているのを見ると「おおっ」と思います。

最後に、いつも思うことですが、伊集院さんは奥様が大好きなんですね。
もちろんそのことを直接的に書いているわけではないんですが、読んでいてその思いが伝わってくるので嫉妬するというか恥ずかしくなるというか、なんともくすぐったい気持ちになります。

そういうことを含めて、おすすめの一冊です。
posted by 宮島ムー at 15:08 | TrackBack(0) | 読書

2014年07月02日

7/11金曜ロードショーでとなりのトトロ

来週の金曜日、7月11日の金曜ロードショーでとなりのトトロが放送されるそうです。
わたしが幼稚園の時に公開されて、映画館には観に行かなかったのですが、ビデオを買ってもらいました。
小さなころから何度となく見てきた映画ですが、大人になってから見るとまた印象が違うんですよね。
子供のころはトトロとかまっくろくろすけの存在の意味がわからないんですが、大人になったらそういうこともあるよねと処理できる感じがします。
主人もこの映画が大好きで、大人になった今では涙なしには見られないと言っています。

となりのトトロ [ 日高のり子 ]

価格:4,568円
(2015/10/9 22:25時点)
感想(17件)



特に今回は、娘が産まれてからはじめて見るので、胸に迫るものがあるんじゃないかと思っています。
娘と夫を残して入院するなんて想像するだけでもつらいです。
主人とは「わたしが万が一入院することになったとしてもそこの病院(徒歩5分の場所にある総合病院)だから、たぶん迷子にはならないね」と冗談を言っていますが。

図書館でこんな本を見つけたので借りてきました。

ジブリの教科書3 となりのトトロ [ スタジオジブリ ]

価格:745円
(2015/10/9 22:26時点)
感想(4件)


となりのトトロの制作秘話などが関係者の口から語られていて、とても興味深いです。
これを見たら放送を見るのがますます楽しみになりました。
posted by 宮島ムー at 13:16 | TrackBack(0) | 読書

2014年06月22日

貯められる人

貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術 [ 池田暁子 ]

価格:1,028円
(2015/10/9 22:24時点)
感想(82件)




節約のヒントになるかと思って読みました。
世の中いろんな人がいるんだなぁと思ったのが率直な感想です。
こんなにお金がぎりぎりなのに無駄遣いする気持ちが全くわかりません。

ある意味ホラーみたいなコミックエッセイでした。
このかわいらしい絵柄と汚部屋のギャップがものすごく怖いです。
30代後半まで貯金が全くなかったって…こういう人も結構いるのでしょうか。

とにかく貯めるのが苦手という人なら参考になるかもしれません。
自分もお菓子にお金を使いすぎているという点に引っ掛かりはあったので、いい気付きにはなったと思います。

普通のノートに家計簿をつけるというのも面白かったですね。
自分はパソコンに入っているソフトで家計簿をつけています。
クレジットカード払いの入力も簡単なので気に入っています。

ただ家計簿をつけてもあまり見直さないので意味があるのかどうかという疑問はありますね。
毎月黒字になっているのでまぁ良しということでしょうか。
posted by 宮島ムー at 20:10 | TrackBack(0) | 読書

2014年05月20日

あしたのジョーという漫画

某OGさんがテレビ番組で芸名の由来を誤って伝えられたとツイッターに投稿して話題になっています。
以下ツイッターに掲載されていたものの引用です。

「あさイチで、私の芸名 ○○ ○が、明日のジョーからとったと放送されてたけど、事実と異なります。
ちょっと失礼だと思う。。」

きちんと裏を取らないで放送したテレビ局側に問題があるのは言うまでもありませんが、
この文面も少し誤解を招きそうですね。
『あしたのジョー』が正しいタイトルですし、
うがった見方をすると「漫画を下に見ているのかな?」と感じてしまいます。

先ほどその方のツイッターを見てみたら、この件に関係するツイートは削除されていました。
「一言のつぶやきが、こんなに大きくなってしまうんですね。」
というようなこともツイートしていましたから、
本人としても思うところがあったのかもしれません。

わたしも『あしたのジョー』を読んだことがありましたが、
彼女の芸名がそこから来ているとは思ったことがありませんでしたね。
『あしたのジョー』は名作ですよ。
漫画の登場人物にすぎない力石徹の葬式が実際に行われたことが未だに語り継がれていますが、
あの話の流れなら確かに葬式ぐらいしないと!ってなりますよ。
それぐらいドラマチックでした。

ルパン三世が宝塚で舞台化されるぐらいですから、
こちらも上演されてもおかしくないかもしれませんね。
posted by 宮島ムー at 20:01 | TrackBack(0) | 読書

2014年05月11日

最近読んだコミックエッセイ2冊

ママ、今日からパートに出ます! [ 野原広子 ]

価格:1,080円
(2015/10/9 22:11時点)
感想(0件)



子どもが大きくなってパートに出るお母さんの奮闘記です。
パートの面接で落ちるのってつらい気持ちになりますね。
わたしもよく落ちていたのでわかります。
時給700円という設定はさすがにもう少し仕事を選んだほうがいいのではと思いましたが、スキルがない場合はそういう現実なんだよということでしょうか。

わたしはよく派遣の単発の仕事もしていたので、今後そういうテーマについても書きたいですね。
いまは子どもがいるので出られませんが、良さげなお仕事があればバンバン応募していました。
毎日パートに行くのはしんどいけれど、ときどき単発に行くのは気分転換になって楽しいんですよね。

こんな嫁ですいません [ 入江久絵 ]

価格:1,080円
(2015/10/9 22:12時点)
感想(10件)



こちらはぐうたら主婦の日常を描いたコミックエッセイです。
といっても本を出せるほどの方ですからそれほどぐうたらしていないのではないかと思ってしまいます。
デビュー作も売れたみたいですし、印税もそれなりに入っていることでしょう。
わたしもかなりぐうたらで、平日は娘と一緒にゴロゴロして一日終わります。
在宅ワークで月に2〜3万稼いで満足していますが、もう少し生産的なことをしたいところですね。
posted by 宮島ムー at 15:19 | TrackBack(0) | 読書

2014年05月08日

衝撃的な絵本

銀行に行ってきました。
娘はご機嫌で愛想を振りまいていました。
いつもお願いしているお気に入りのスタッフの方がいるのですが、きょうは姿がありません。
異動されたのかと思ってお尋ねしたところ、体調を崩されてお休みしているとのこと。
その方に絶大な信頼を置いているのでいらっしゃらなくて残念でしたが、早く良くなってほしいものです。

待合スペースに絵本があったので読もうとしたのですが、この衝撃的な表紙。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くんくんとかじ改版 [ ディック・ブルーナ ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)




この表紙に描かれているくんくんという子犬が、火事を見つけるという話です。
怖くないですか?
(子どもがはじめてであう絵本)って書いてあるけれど恐ろしい思いがしましたね。
インパクトを与えるという点ではよくできているのではないでしょうか。

ブルーナの絵本はどれも翻訳が独特で、読んでいて不安になってきます。
絵は可愛いんですけどね。
文字も多いので、適当にはしょって読んであげるのがいいかもしれません。
posted by 宮島ムー at 14:16 | TrackBack(0) | 読書
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
ファン
タグクラウド
最新コメント
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
宮島ムーさんの画像
宮島ムー
いろいろとブログをやっています。こちらは主に商品レビュー用に設けているfanblog出張所です。どうぞよろしくお願いします。
運営ブログ一覧
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。