2019年01月20日

学習・教育方法 変更するべきか否か

こんにちは。みつわです。


大学のセンター試験が行われる季節になりましたね。


受験される方が良い結果になるよう健闘を祈ります。


 さて、今回はお子さんの学習方法(タイプ)についてです。


 お子さんの学習方法に満足していますか?


 さて、質問です。


 お子さんの学習方法は次のうちどれでしょうか?

013460.jpg


@毎日コツコツ勉強をするタイプ
 ⇒学校の授業、塾などの授業もしっかりと話を聞き、わからないことはその場で解決をする

Aテスト前に範囲やこの場所のテストをすると言われたときから勉強をするタイプ
 ⇒テスト前数週間になって、やる気スイッチが入り、追い込みをかける

Bテスト前ギリギリに山を張り、徹夜する勢いで勉強をするタイプ
 ⇒やらないとまずいと思い、該当教科のテスト前日にやる

C根拠のない自信で、勉強をせずにテスト本番を迎えるタイプ
 ⇒私は(俺は)大丈夫といって試験に臨む

Dそんなものではない。教えられない素晴らしいやり方があるタイプ
 ⇒秘密主義もしくは、独特な感性の持ち主


 さて、お子さんはどのタイプですか?


 また、お母さん・お父さん・保護者の方が安心できるタイプは何ですか?


 判断基準は、お母さん・お父さんが小学生〜高校生の間の勉強方法及び経験が関係すると思います。


 例えば、

 『私はBのタイプだったけど、テストの得点はいつも80点以上とれたので、それでよい』


 とか


 『俺は、テスト範囲を見ないとやる気が出ないから、Aタイプだったかな。』

 さらに

 
 自分は、一夜漬けばかりしていたから、子どもには辛い思いをさせないように@が良いな。』


  など様々でしょう。


 そうなんです。


 
『学習のスタイルは人それぞれ。良し悪しはない』



 ということなんです。


 私自身が学生のころもそうですし、教育関係の仕事をしていた時もそうでしたが、子どもには


『それぞれの性格』


によって、やり方が全く違います。


 正論でやってテストの得点が取れる人もいれば、一般的には「この方法はダメでしょ」という方法で得点を取ることができる人もいます。


 それは、その人のタイプ ⇒ 学習スタイルに関係があります。


 このタイプを見極める必要があります。


 上記の紹介している書籍は、客観的に性格を判断するのに役に立つものです。


 一読してみてください。


 完璧を目指す人や楽しさを求める人、慎重に行動する人などによって、同じゴールであっても、どの学習方法を目指すかは違うことになります。


 もちろん、毎日学習を積み重ねるタイプは、確実に学力がついていくように感じる。


 それは、一番の策だと思います。


 しかし、最終的には、お子さんが勉強方法を決めるのです。


 学習方法をアドバイスをすることをしたら、お子さんの性格を見極め、お子さんにとって、


『自分を認められた上でのアドバイスなんだな』


と受け入れる可能性もあると思います。

096296.jpg



 無理にお母さん・お父さん・保護者に変えさせられたとならないように、しっかりと見極めるためにも、日々のお子さんの様子を観察するのも良いことだと思います。

 
今回のまとめ

〇お子さんの学習・教育方法はお子さんのタイプで決まるので、これが絶対正しいという方法はない

〇アドバイスをするときは、お子さんそれぞれの性格をしっかりと見極めた上で行う

〇お子さんがやってきたことを認めるスタンスは崩さない

posted by みつわ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習方法
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8483903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール
みつわさんの画像
みつわ
 1972年北海道生まれ。大学卒業後、大手小売業者で販売、個別学習塾で教室運営を経験する。その後も、様々な教育関係の現場を経験し、実績を積む。
プロフィール
 みつわと申します。私自身、小学6年生までは、足し算、引き算ができない超劣等生でした。
 中学生からは、そんな自分に戻りたくなく、自己分析をしながら、学習をしてきました。
 大学卒業後、小売業や教育関係の仕事へ。現在はイクメン(主夫)として、妻と3人の子どもを支えながら教育関係のブログを書いたり、アドバイスをしています。
 お母さん・お父さん・保護者の方の協力なしにはお子さんの教育は成り立ちません。教育関係の経験から、お子さんの教育に役立つ情報を厳選してお伝えします。
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

教育問題・教育論ランキング

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー