広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
タグ / 生誕の地

記事
水戸黄門生誕の地!光圀を救った「三木之次」 [2019/07/24 19:07]
江戸時代の頃、現在の水戸駅ホームのあたりにあったとされる初代水戸藩主徳川頼房の家臣だった三木之次の屋敷。そこで生まれ5歳まで之次の子として育てられたのが水戸黄門こと徳川光圀です。 現在は、屋敷のあった場所からやや北側に、生誕の地として水戸黄門神社が建立されています。 藩主の子であったはずの光圀ですが、なぜ家臣の屋敷で生まれ、しばらくのあいだ家臣の子として育てられたのでしょうか? 神社の側にある記念碑と黄門像 こちらが水戸黄門神社 こじんま..
水戸出身で近代日本画壇の巨匠、横山大観生誕の地 [2018/10/22 09:00]
ここは明治、大正、昭和にわたり活躍した日本を代表する美術家、横山大観の生誕の地です。美術に疎いわたしでも名前を知っている偉人。水戸出身だとは知らなかった。 横山大観生誕の地 残念ながら生家は残っていませんが、石碑があります。第15代水戸市長だった和田祐之介書 銅像 ふたつめの石碑 横山大観の偉業を称えこの地を整備して保存すると書かれています。 説明板 概要 横山大観生誕の地 水戸市城東 ..
水戸が生んだ大横綱「常陸山」生誕の地 [2018/10/19 09:00]
最近なのかと話題の多い相撲界ですが、ここは水戸が生んだ大横綱「常陸山」の生誕の地です。今回はそんな常陸山のお話です。 常陸山とは 幕末から明治にかけて活躍した力士で、通算成績は150勝15敗、勝率9割。7回の優勝相当と1回の幕内最高優勝をかさね第19代横綱となりました。 その強さと人気は、場所開催の日程が常陸山の体調により変更となるほどの影響力があったといいます。力士の地位向上と相撲の普及にも力を注ぎ、本場所を休んでまで渡米して首都ワシントンで横綱土俵入..

ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。