広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年09月24日

笠原水道よりも前の水道計画!?「中沢池公園」

17604C73-1CE4-44B1-AB86-68107D016CAD.jpeg
水戸に最初に整備された水道施設は、ご存知のとおり、徳川光圀が作らせた「笠原水道」です。ですが、実は笠原水道よりも前にここ中沢池を水源とした幻の水道計画があったようです。

まずは公園の紹介から

中沢池、そのまわりが公園となっています。
F099387A-2872-4436-98D9-A395B1888721.jpeg

池には鴨が泳いでいました。
42F4E208-223B-4E60-BFA2-5381EF15D724.jpeg

公園内には小さな小川も流れています。
EEA8B157-6CA7-4E67-A6FA-6C6F5B5B825C.jpeg

徳川頼房の水道計画

水戸藩の初代藩主となった徳川頼房は、水戸城の改修と城下町の拡張、整備を行います。そのときに千波湖の東側を埋め立てて新たに作られた町人町が現在の下市地区です。

しかし、この地区の井戸水は水質が悪く飲料に適したものではありませんでした。そこで頼房は、下市から近い吉田村にある二箇所の溜池から水を引く計画をたてました。その溜池が吉田城脇の池(常照寺池)とこの中沢池だったと考えられています。

その結果、下市地区に潤沢な飲料水が供給され、、、とはならずにこの計画は失敗します。十分な水量がなかったことと、雨が降ると濁ってしまうことが原因でした。

その後、第2代藩主となった徳川光圀が笠原の湧水を水源とした笠原水道を完成させて下市地区の水問題を解決するわけですが、もし頼房の計画が成功していたら、、、水戸の水道の歴史は変わっていたのかもしれませんね。

概要

中沢池緑地
水戸市元吉田
駐車場:あり
トイレ:なし
自販機:なし
遊具:なし



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月22日

水戸市ロマンチックゾーンってどんなとこ?

知っていましたか?

水戸市街地の北西部がロマンチックゾーンだということを。水戸にそんな地区があったのかということで、今回は水戸のロマンチックゾーンについてのお話です。

水戸市ロマンチックゾーンとは

「市街地の北西部、水戸八幡宮から曝井の一帯に、太古のむかしから近代までの歴史的遺産があたかも時の流れを忘れたかのようにその姿を留めている。訪れた人々の心に安らぎを与えてくれる豊かな緑と湧水。また、古くから寺町・花町として栄えた商業地が広がり、古い店舗や土蔵が見られ、昔の栄華を今なお偲ぶことができる。この辺りを水戸のロマンチックゾーンと呼ぶ」
(パンフレットより)

ということで、水戸市のロマンチックゾーンにはどんな施設があるのか見てみましょう。

  • 水戸八幡宮
  • 祇園寺
  • 二十三夜尊桂岸寺
  • 保和苑
  • 常盤共有墓地
  • 回天神社と水戸殉難志士の墓
  • 回天館
  • 愛宕山古墳
  • 愛宕神社
  • 曝井
  • 光台寺

お寺と神社、墓に古墳と渋い施設が並びますが、どれも歴史的な価値のある貴重なものです。

そしてこれらが、

水戸のロマンチック・・・ですよね、、、
想像力が足りないせいかロマンチックに感じない、、、

ロマンチックとは

@伝奇的。空想的。浪漫的。「―な物語」
A雰囲気などの甘美なさま。「―な夜」
(広辞苑より)

一応、ロマンチックを勝手に解釈していたのかもしれないので調べておきましたが、

ますますわからない・・・

なので今度、実際に行ってロマンチックを探してみようと思います。行ってきたら紹介しますね。

☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月21日

水戸市で唯一の萬葉遺跡「曝井」はこんなところでした

CFE88763-7312-4BFE-865A-5428C94E6DA6.jpeg

今回は、水戸郷土かるたのひとつに選定され、古くは常陸風土記や万葉集にも登場し、現代では水戸ロマンチックゾーンのひとつになっている「曝井」のお話です。

曝井とは

常陸風土記や万葉集によると、その昔、夏になると付近の村の乙女達が大勢ここに集まってきては湧き出る泉で布を洗って曝し乾かしたといわれています。ちなみに水戸市の遺跡で万葉集に登場するのはここだけです。

乙女達が大勢ですから、、、
さぞかし賑やかだったことでしょう。

そのためか当時の男女の交流の場でもあったという説もあります。

全体はこんな感じ

D28EB519-82D3-4468-8B2D-9E98A848CAC2.jpeg

階段を上がると広場になっていて、トイレもありました。

泉の湧き出る池

692F1459-DC71-4EC8-B816-F36A7E3D0E5B.jpeg

まわりには竹林が覆っています

CECF9D65-56C0-4C30-AAE7-6B5AA4FA7B6D.jpeg

常陸風土記とは

奈良時代初期に編纂されて成立した常陸国といわれていた茨城県の地誌。そのなかで曝井は「郡衙(郡役所)から東北の方、粟河(那珂川)をはさんで置かれた駅家の南、坂の中ほどに水量豊富な大層清らかな泉が湧き出ている。これを曝井という」と記載されています。

444F43D8-46B1-4ED7-BF59-495E78EC7EF9.jpeg

万葉集とは

7世紀末から8世紀末に編まれた日本最古の和歌集。曝井は「三栗の中にむきたるさらし井のたえすかよかはんそこにつまもが」と詠われています。

9DE3B7F0-80F0-4C93-9AD3-2C3E8646A85C.jpeg

D3AD4E1E-5F76-4C49-B624-04B58B9F23FA.jpeg

詳しく解説はできませんが、古い時代から泉が湧き出てる人びとが集う場所だったということが伺えます。現在はひとではなく蚊が大量に集っていました。あちこち刺されまくり、、、もし行かれるときは虫除けスプレーは必須ですよ。

以上、水戸ロマンチックゾーンのひとつに選ばれている曝井でした。

概要

曝井
水戸市愛宕町
トイレ:あり
自販機:なし
駐車場:あり(トイレの奥の方)



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月19日

滝じゃないけど滝!水戸市にある小澤の滝

「水戸にも滝がある」と小耳にはさんだものですから、どんなものかと行ってきました。

全体はこんな感じ

10150C29-D792-46B3-BD76-D40D1A1691D1.jpeg

綺麗な水の池があって

19BC03C7-D9BD-4CA9-BFA0-22DF4E78CAF5.jpeg

大きな鯉が泳いでいました。

FFAB3FBA-AEDA-4372-927C-DDD6863039A0.jpeg

この池の主でしょうか。

そして、本命の「滝」はといいますと、、、

A2D4F6F9-FF80-48DE-AC3C-55286CE05B42.jpeg

こんなのをイメージするかもしれませんが、、、


実際はこちら!

61D046CC-0D21-41E9-8AC0-17AF23AFF5A6.jpeg

・・・たき・・・ですよね、、、
落差は3cm位でしょうか・・・

本当のところ湧水が池へと流れているだけで滝はありません。

ですが、

ここの名称は

83593FA1-10B2-4398-8A65-1431422F2834.jpeg

間違いなく「小澤の滝」!
なぜ滝という名称になったのでしょうか?

なかなか面白いところでした。

ただ、場所がすごくわかりずらい。
行かれるときには地図でよく確認ください。

以上、水戸市にある小澤の滝でした。



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月18日

丸井撤退後の水戸マイムビルはこうなる予定

C748F157-B8C7-45F4-880F-123DA49CB352.jpeg

水戸駅北口のシンボル的存在だった丸井水戸店が9月17日をもって閉店しました。最近はめっきり行くことがなかった丸井ですが、「昔はよく行ったなぁ」という思い出もあり、最終日に行ってきました。ありがとうという気持ちで!

最終日ということもあって、閉店セール目当て、おそらく最後にもう一度訪れておこうというひとたちで、結構混雑していました。買い物客が減少し続けていたという丸井ですが、全盛期の頃を彷彿とさせる賑わいだったのではないでしょうか。

「また水戸駅北口が寂しくなるな」と感じますが、どうやら丸井撤退後の計画が決まっているようなのでまとまておきます。

丸井撤退後はこうなる予定

・後継事業会社は、東京都港区のコンサルタント会社「やまき」

・新施設名は、「エムズインターナショナルシティ」

・開業は、2019年秋頃の予定

・再生コンセプトは、賃貸オフィスを核とした複合商業施設

・利用計画は、2〜3階は商業施設、4階〜8階は賃貸オフィス、9階は宿泊施設、10階は飲食店、屋上はビアガーデン。商業施設、飲食店、宿泊施設、ビアガーデンは外部のひとも利用可能。ただし、一部はオフィスで働くひと専用となる。

・1階と地下1階の専門店はそのまま営業を続ける。


いままでの百貨店という形態からはだいぶ変わるようですが、再び水戸駅北口の活気を取り戻すような施設となるといいですね。

☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
posted by mitosanpo at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報

2018年09月17日

光圀公ゆかりのお寺がある吉田城跡

411F7167-5D16-4898-9114-A480EB448763.jpeg

水戸のお城というと真っ先にに思い浮かぶのが水戸城ですが、それ以外にも小規模なお城がいくつか水戸にはありました。そのひとつがここ吉田城です。

吉田城の歴史

この地を支配していた吉田(大掾)盛幹が、平安時代末期から鎌倉時代初期に館を築いたのが初まりとされています。

その後、水戸の地を支配した江戸氏、戦国大名の佐竹氏と主を変えていきますが、江戸時代になり佐竹氏が秋田へ国替となったことで廃城となります。

そして水戸は、徳川家の領地となり、第2代藩主徳川光圀は吉田城跡地に常照寺を建立しました。

現在も空堀や土塁などの遺構が残っています。

石碑にきざまれた説明文

CB21EBF2-90E8-49B9-990C-7CA254A2B725.jpeg

寺の門

0C56809C-A454-486C-B65A-C51505247D04.jpeg

雰囲気のある立派な門です。徳川家が関係しているお寺だけに屋根には葵の御紋もあります。

奥へと続く階段の先に昔はお城がありました。いまは本堂。

ちなみ門に掲げられている「佛日山」は徳川光圀公書だそうです。



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月15日

なにかいいことありそうな公園「弁財天緑地」

1319171B-22A6-4669-A85E-EC797A774A7B.jpeg

水戸市酒門町にある縁起の良さそうな名前の緑地公園「弁財天緑地」。一般的に弁財天というと七福神に登場する神様のひとりです。唯一女性の神様で、学問、芸術、豊穣、繁栄、勝負事を司るとされています。

この緑地の名前の由来はわかりませんが、弁財天にゆかりのある場所なのでしょうか?神様に関係するようなものは緑地内にはありませんでしたけど、、、

真ん中にある池

2FDCFCD1-335D-4147-B28F-44945D920E07.jpeg

池のなかに生えているのは草ではないですよ。
花です。

3BB56C54-652C-4A4C-B5E4-EB407F4AE5CB.jpeg

池には橋がかかっています。
橋を渡るとベンチがあるので一休み。

CA63A1AB-9442-49F1-B98B-FA1C29BD5F91.jpeg

白い蓮の花が一輪咲いていて
少しだけラッキーな気分になれました。

概要
弁財天緑地
水戸市酒門町
駐車場:なし
トイレ:なし
自販機:なし



☆気が向いたら応援をお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
タグ: 緑地公園

2018年09月13日

元吉田鯉沢緑地を散歩してきました

435C16DC-0FFB-408B-A3D3-EAA22D3304FC.jpeg

かつての千波湖はいまよりもずっと大きかったのをご存知でしょうか?いまの駅南といわれるあたりに広がっていて現在の約3倍の大きさがあったといわれています。

その後、あんなことや、こんなこと。諸所諸々の事情により(たぶん)、埋め立てられて現在の大きさとなりました。

そんな大きかった頃の千波湖の名残りを少しだけ感じられる水戸市元吉田にある元吉田鯉沢緑地。

「この緑地は昔この付近まで広がっていた千波湖に流れ込む八沢のひとつの鯉沢と呼ばれた地域を緑地として整備したものです」
※案内看板より

キーワードは「昔この付近まで・・・」。現在の千波湖から元吉田鯉沢緑地までは数キロの距離があり、歩くと1時間位かかりそうです。千波湖って本当に大きかったんですね。

緑地全景

6652E882-F9D0-4595-8F11-4FF0837ACF03.jpeg

遊歩道が整備されていて散歩をしているおじさんがいました。

遊歩道脇の竹林

C485FD6F-8E6A-4D47-A971-E18C5514BCF1.jpeg

緑地中央にある池

7C913A62-DBCC-4B6E-96FA-366C38B38E38.jpeg

この水が千波湖に流れていたのでしょうか?

健康体操のできるベンチ

9C03170C-30E9-4434-9F4F-C429173A2475.jpeg

ベンチのまわりは雑草が伸びています、、、

緑地公園内に流れる小川は「沢」の名残りでしょうか?

概要
元吉田鯉沢緑地
水戸市元吉田町
駐車場:あり
トイレ:なし
自販機:なし




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月10日

応援で参加!第3回水戸黄門漫遊マラソン開催(10月28日)

8EC7449D-DFFE-4A1E-8AFB-00014F21D599.jpeg
※写真はイメージです。

今年も水戸黄門漫遊マラソンが10月28日に開催されます。2016年から始まったこの市民マラソン大会は、今年で第3回目。

まだ歴史の浅い大会ですが、エントリーは日本全国47都道府県からあり、全種目で15000人超と徐々に浸透してきているようです。

水戸市内の広範囲を交通規制して行われる一大イベント、走ることは無理なので是非応援というかたちで参加したい。

ひとはなぜ走るのか?

そこに道があるから?マラソン大会に参加する理由は、当然ながらひとそれぞれだと思います。

記録への挑戦だったり、ゴールしたときの達成感など、目的があるひともいれば、はたまたノリで!というひともいるかもしれません。

「なるべく走らない」というか「走りたくない」をモットーにしている万年運動不足のわたしは、ノリで参加できるほどの体力もないので当然ながらノンエントリーです。間違えて参加でもしようものならきっと迷惑かける、、、

でもね、

せっかくの水戸の一大イベントなので、なんらかのかたちで参加したい。

そこで「応援」!

応援だけでも楽しい

参加者のなかには、本気でタイムを狙っているひともいるわけですが、それ以外のひとたちもいます。

それは、「コスプレして走っているひとたち」

あきらかにそれは不利じゃね?っていう格好をしているひとたちがいます。

たとえば、ウルトラマンにバルタン星人、スーパーマリオ、鉛筆に消しゴムなどなど。

もはや仮装行列かと、見ているほうも次はなにが来るの?とワクワクして面白い。これが市民マラソンの面白さなのでしょうか。

公式な?記録のかかっているマラソン大会で、コスプレして走っている選手はまずいないですからね。

概要

水戸黄門漫遊マラソン
10月28日

コースなどの詳細はこちら
(水戸市ホームページ)

参加される皆様がんばってください!

☆こちらも応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月06日

偕楽園で水戸の萩まつり開催中!宮城野萩の話

水戸の偕楽園では、毎年恒例の萩まつりが開催されています。仙台藩より譲り受けたとされる宮城野萩を中心に、約750株の萩が咲き誇ります。それに合わせてさまざまなイベントも企画されていますよ。今回は、そんな宮城野萩の話です。

水戸藩と仙台藩は親密だった?

仙台藩からの宮城野萩は、天保13年(1842年)今から176年前。偕楽園の創設時に譲り受け園内に植えられました。このときの水戸藩主は徳川斉昭、仙台藩主は伊達慶邦。両藩の親密ぶりが伺えるエピソードですが、、、

実はこのふたり、親子です。

伊達慶邦の嫁は徳川斉昭の娘

藩政改革で名高い徳川斉昭ですが、じつに22男14女の36人もの子供がいたそうです。

さすが名君!

その多くは、養子に出され各藩の藩主となったり、藩主に嫁いでいったそうですが、そのなかのひとり9女の八代姫が仙台藩主伊達慶邦のもとに嫁ぎます。

ということで、徳川斉昭からみて伊達慶邦は義理の息子であり、伊達慶邦からみて徳川斉昭は義理のお父さん。

もしかして

もしかして、「なんか嫁の実家のお父さんが、水戸にたいそう立派な公園を作っているようだ。ここは、お祝いとして仙台藩名産の萩を譲っておこうかな。」ということだったのでしょうか?

それとも、萩の花言葉、「想い、思案、内気、誠実、柔らかな心、清楚、内気な愛情、無邪気」
どこかに斉昭が惹かれて切望したのでしょうか?


さぁ、水戸の偕楽園の萩まつりに行こう!

萩まつりの詳細はこちらから
(水戸観光コンベンション協会HP)

☆もしよかったら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。