広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月21日

家賃並みの支払いでマイホームを購入したら維持費がつらかった!

CE3D288C-861E-455D-B207-1E91B752800F.jpeg

今年もこの時期がやってきましたね。悪魔のお便り「固定資産税の納付通知書」。持ち家の人だけが貰えるある意味“特権”です。喜びましょう、、、

「家賃並みの支払いでマイホームを購入できますよ!」

このなんとも魅力的なフレーズを不動産屋さんとかハウスメーカーの営業マンに連呼されまして、マイホームを購入しました。

「もちろん家賃並みの支払いで」

年齢的にも家族的にも「そろそろマイホームを!」という感じだったので後悔はしていませんが、「ちょっと話が違うんじゃないかい?」と感じたことを書いておきます。

これからマイホームの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

マイホームの維持には結構お金がかかる

確かに地方都市の郊外あたりならば家賃並みの金額でローンを組むことはできます。いまは金利が安いのとローコスト住宅を謳うハウスメーカーもたくさんありますからね。

知ってます?

マイホームの維持には想像以上にお金がかかるんですよ。賃貸のように家賃だけを払っていればいいというわけでないんです。当然と言われればそれまでですが完成後にかかるお金については見落としてましたね。きちんとその金額を把握しておかないと後々「きついな」と感じることになるかもしれません。

それではマイホームの維持にかかるお金をみていきましょう。

固定資産税

冒頭でも書きましたがマイホームを持つと毎年税金がかかります。賃貸の場合は払う必要がないので納税通知書が来ると家を持ったと実感できて最初はちょっと嬉しく感じます。まぁ最初だけで後々「また来た」と憂鬱な気分にしてくれる悪魔のイベントですけどね。一括もしくは4期(4回)に分けて支払います。

地震保険

続いては地震保険。住宅ローンを組む際に加入する火災保険とセットで加入することが多いです。火災保険の保険料が全期間一括払いなのに対して地震保険は別。1年毎の更新になるので毎年保険料を支払います。

加入しないという選択肢もありますが、揺れ揺れの日本列島。毎日どこかしらで地震があるわけですからすごく心配です。そういうこともあってか保険料は年々値上げ傾向に。更新のたびに値上げされて辛い。

浄化槽維持費

下水道が通っていない地区に家を建てると必要になる浄化槽。年数回のメンテナンスと定期的な清掃(汲み取り)が必要となり専門の業者にお任せします。下水道があれば不要ですが代わりに下水道料金が毎月かかりますよね。どっちが得なのかはわかりません。

家賃よりやや少なめが理想的

当然、条件によって変わるわけですが参考までに我が家の場合を言いますと、維持費は年間におよそ20万円弱程です。修繕の費用は含まれていません。だいだい今頃(春)にまとめて請求が来るんですよ。花粉と共にやって来る鬱陶しいやつ。

もう家を建てて数年経ったので慣れましたが最初の年はそれはビックリしましたよ。引っ越し!家具類の購入!大きな出費が終わったと安心していたら「とどめの一発!」という感じで来ましたからね。

そういうわけで住宅ローンは“家賃よりやや少なめの額で”残りは維持費の出費に備える!というのが正解だったなといまは感じております。契約の説明は一生懸命だったけど完成後の維持費の説明は誰もしてくれなかったね、、、勉強不足でした。

以上、家賃並みの支払いでマイホームは購入できるけど維持費は別にかかるよ!という話でした。



ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。