広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年07月30日

水戸の水道はここから始まった「笠原水源」

AB186847-4B10-4C1B-BA11-0A1A22A39F77.jpeg

江戸時代の頃にも水道があったことをご存知でしょうか?いまのように各家庭にある蛇口をひねれば水が出るというものではありませんが、水道と呼ばれるものがたしかにありました。しかも江戸時代の初期の頃に。

水戸の水道の源

黄門様で有名な徳川光圀は、藩主に就任した年に下市地区の用水の不自由を解消するために、水道の施設を命じました。その水道の水源がここ笠原水源。森の中の細い道を抜けると見える赤い橋。その橋を渡るとそれはある。

ここから下市地区まで石樋を通していき水を送りました。

記念碑
BC5E75AF-EED7-4E0B-B032-83E2F4DA720E.jpeg

隣に立つ説明板には、笠原水道の歴史、建碑の経緯や由来について書かれてるようですが、難しくて読めないです。

竜頭共用栓
9BD1966D-12D8-4332-810D-C6DEF06695BD.jpeg

明治の頃、市内に数十カ所あったとされる共用栓が復元されている。近くにある栓を開くと水が出ますが、いま吐水されるのは湧水に塩素を加えた水道水らしいです。

石碑の裏に流れていた水
AB186847-4B10-4C1B-BA11-0A1A22A39F77.jpeg

とても綺麗な水です。

この徳川光圀が造った水道は、江戸、明治、大正時代を経て、昭和7年に近代的な水道が整備されるまでのあいだ多くの人たちの生活を支えました。笠原水源はその源となった場所です。

概要

笠原水源
水戸市笠原町
料金:無料
24時間
トイレ:あり(1箇所)
自販機:なし
所要時間:30分位




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月28日

涸沼自然公園の赤い吊り橋「イトトンボ」

3532F68D-BF2C-4501-B0D0-5F1DF4FA1F74.jpeg

こちらは水戸のお隣り茨城町にある「涸沼自然公園」の吊り橋です。なかなかいい風景だと思いませんか?

吊り橋というと、揺れる・恐怖・スリルという
イメージですが、この吊り橋は多少揺れますが、恐怖というほどではありません。景色を見ながらゆっくり渡れる。子供がいても安心です。

D0F1F5F9-FDD7-4393-9C95-DD117B60C44D.jpeg

木々のなかに吸い込まれていく

広い公園です


公園全体はこんな感じ

4772C6B1-E0F7-41C6-AC5B-059A5F3497CB.jpeg

せせらぎ広場

188BC43D-AEEA-413D-A124-8C9B5A94387F.jpeg

上流に小さな滝から小川が流れていて、下流には池がある。子供達がおたまじゃくしを採っていました。夏に水遊びをさせるのに良さそうなところです。

わいわい広場

42F038EC-A283-4C92-815C-E4A276DD2E77.jpeg

子供が喜ぶ遊具がある

そのとなりには、手作り感満載の植木でできた巨大迷路もあります。

D9F6DCDE-468F-41C0-8E39-796DFF855D10.jpeg

ところどころ植木が途切れていて通路なのか抜け道なのかわからないところが、、、

展望広場からは涸沼を一望することができます。

高低差のけっこうある公園で、広場間を移動するには長く勾配のある坂道を登らなくてはいけないところもあって結構きつい。

公園名に「自然」と入っているだけあって、緑豊で癒される公園ですよ。

概要

涸沼自然公園
東茨城郡茨城町中石崎2263
料金:無料
9:00〜17:00
トイレ:あり(3箇所)
自販機:あり
所要時間:ゆっくり歩いて60分位
+わいわい広場で遊ぶ時間




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月27日

ひたち海浜公園の絶景はネモフィラだけじゃない!

今回は水戸のお隣りのひたちなか市にあるひたち海浜公園。ネモフィラで有名なこの公園は「死ぬまでみたい世界の絶景!」に選ばれました。魅力度最下位の茨城県にしては珍しい超人気の観光スポットです。丘一面に咲き広がるネモフィラと空が織りなす青一面の光景は、まさに絶景です。

ですが、

この公園は非常に広い!

もうひとつの絶景ポイントを見つけたので紹介します。

それがこちら、

97ABFC17-B361-4029-85F0-A52BA1A8F0A3.jpeg

見晴らしの丘と同じように青色の世界が広がっている。雲のない晴天の日だったらもっと素晴らしい光景なんじゃないかなと思います。

こちらは、砂丘エリアにあるグラスハウスという建物の中からの光景です。ポイントは腰を落として少し低い位置から見る。手前の池と空を重ねる感じで。

是非一度ご覧あれ。




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月26日

鹿島神宮の主神が飲んだとされる水「折居の泉」

1A5CD9C8-33EB-4C28-8E53-46AC48D3FB9F.jpeg

大串貝塚ふれあい公園の近くの折居神社の向かい側に小さな泉がある。この泉は、武甕槌神が東征のときに立ち寄り飲んだと伝わっています。そのときに馬から降りたことから、「おりい」という地名となり「折居の泉」と呼ばれるようになりました。ちなみに現在の地名は塩崎です。

武甕槌神とは

武甕槌神とはいったい誰なのか?といいますと、その答えは茨城県鹿嶋市の鹿島神宮に。武甕槌神とは、日本神話に登場する剣の神で鹿島神宮に主神として祀られています。

読み方は「タケミカヅチノミコト」

この神が飲んだとされるこの泉の水は、神水として人々に崇められ、近くに建つ折居神社の御手洗とされていました。かつては、老松が覆い神聖なるうえに見事な景観だったといわれていますが、、、

そんな折居の泉がこちら

8C1D4542-DA1C-4B88-B5B8-FEF5E2BBF065.jpeg

ときはたち、この地を訪れた水戸九代藩主徳川斉昭は、こんこんと湧き出る泉を見て「無量水」と名付けました。

しかし残念ながらいまは枯れてしまったようです。

景観もずいぶんと変わり、狭い一角に小さな看板と石碑が残るのみとなっています。説明板すらない。

由緒ある泉なのに残念ですね。

概要

折居の泉
水戸市塩崎町
料金:無料
24時間
トイレ:なし
自販機:なし
所要時間:ゆっくり見ても5分




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月25日

水戸に残る巨人ダイダラボウ伝説

21EEB237-9C77-464D-A16D-2641F854D878.jpeg

日本各地に残るいくつもの巨人伝説。ここ水戸市にある大串貝塚ふれあい公園には、巨人「ダイダラボウ像」がいる。

ダイダラボウ伝説

伝説によると、このダイダラボウはとってもいい巨人で、困っている村人のために山を動かし、指でなぞって川と沼も作った。そして、貝を好んで食べていたようです。

ダイダラボウが食べた貝殻を捨てたところが貝塚となり、村人のために動かしたという山が水戸の端にある朝房山。指で作った川が市内を流れる桜川。そして、沼が千波湖なのだという。


とっても、、、親切。


DF1C36F4-CFE9-45C1-8667-176E7098AA25.jpeg



そんなダイダタボウさんがこちらです。

0CED4973-5F0B-4FB9-8FAC-987C21006E0C.jpeg

デカイ。

別な角度から

F6F1CF58-6C67-4BEA-9E14-B9E574EFF61B.jpeg

後光が差しているようです。

木の裏にあるのが足の池。

7B1BE4D4-CA55-4E8F-BF20-BA8968061CA5.jpeg

看板に注目していただきたい。
足の大きさ、長さが73mで幅が36m。いったい身長は何mの設定?

そして、貝塚。

4F55AF9A-828F-44F5-9409-0EAF8426A667.jpeg

通常は鍵がかかっていて展示室のなかに入ることはできないようですが、側面のガラスから見ることができます。いろんな貝殻ある。結構食通だったのかな?

ダイダタボウ像は、展望台にもなっていて登ることができます。そして夜には、ライトアップされて光る!

概要

大串貝塚ふれあい公園
水戸市塩崎町1064-1
料金:無料
9:00〜21:00
トイレ:あり
自販機:あり
所要時間:60分位




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月22日

水戸で恐竜と遊べる場所「水戸市森林公園」

17DFB5BB-D266-4DAA-B812-C9C1666518D2.jpeg

映画ジュラシックシリーズの最新作。「ジュラシックワールド 炎の王国」が上映されています。言わずと知れた恐竜の映画ですが、なんと!水戸にも恐竜いますよ。

水戸で恐竜といったらここ!水戸市森林公園

ここの恐竜たちは、映画のように襲ってくることがないのでご安心を。実物大の恐竜模型がある恐竜好きと子供には、きっとたまらない公園です。丘稜地帯の自然を生かした広大な敷地の一角に恐竜広場がある。自然豊かで、木々が茂る山中に、

恐竜がいた。

公園内を歩いていると鋭い気配を感じる。見上げてみると・・・

451E1883-0BFC-4A7F-A4D2-5E64BBCFACBF.jpeg

ティラノサウルスがこっちを見てる。

E8E058AC-45F4-4E98-A973-C9042E7DBEAB.jpeg

・・・デカイ。
いまにも動き出しそうな感じがする。

そのほかにも

こんなとか

684A39F4-DFF0-4565-AD04-D35D986A8D48.jpeg

こんなのがいます。

C50A3851-015C-4424-A958-8E45815009B2.jpeg

恐竜って本当にこんなにカラフルな色をしていたのでしょうか?

そして何故か

9B8BB0D4-20EF-4C30-B6D4-F11C42919817.jpeg

マンモス。
もはや恐竜じゃない。
生息していた時期も違う。

そして

D0B97A7A-E26C-4439-ABE4-AB1956FD189B.jpeg

ライオン

A31B5BD2-76FD-40AA-ADD7-6F43BCC413E5.jpeg

パンダ

もはや・・・動物園?
ここは確か恐竜ひろ・・・ば、でしたよね?


恐竜のなかには、背中が滑り台になっているものや、中に入れるものもあります。ただ見るだけではなく遊べる恐竜模型達です。

今回は恐竜広場のみでしたが、この公園はとにかく広い。ほかにもヤギと触れ合えるエリアや遊具があるエリアがあり、なが〜い滑り台があったりもします。それはまた別の機会に!

概要

水戸市森林公園
水戸市木葉下町
料金:無料
24時間
トイレ:あり
自販機:あり
所要時間:ゆっくり遊んで2時間位(恐竜公園)




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月21日

巨大な埴輪のいる公園「くれふしの里古墳公園」

4FEFFD97-95E7-45CF-9440-5BD7313D76FF.jpeg

いままでに古墳を何個見てきただろうか?あまり気にしたことはないが、おそらく片手で数えられるくらいしかない。内原にある「くれふしの里古墳公園」に行った結果、両手が必要になりました。

古墳と埴輪の公園

公園全体はこんな感じ
F8C81F56-BAD1-47DA-87CB-B605DD59F270.jpeg

大小たくさんの古墳がある。

前方後円墳

AE74305B-7A7C-43DA-8EBF-0F59F7F9CBF0.jpeg

古墳は昔の偉い人のお墓だというが、これはいったい誰のお墓なのでしょうか?

E02BB323-4C14-47B3-8A0B-40CC8EE9B3D6.jpeg

ただの小山のようですが、古墳です。この公園内にはこのような古墳が10個以上あります。きっと古墳好きにはたまらないでしょう。

遊具もありました。

EB5AE781-9382-4D81-AC99-3966587A1252.jpeg

さらに公園を進んで行くと

7FC9898D-A363-4531-9523-33E776B31E9C.jpeg

エッヘン!
なんか誇らしげな巨大な埴輪がいた。

展望台にもなっているようで登れます。

概要

くれふしの里古墳公園
水戸市牛伏町201-2
料金:無料
24時間(ただし、はに丸タワーは9:00〜17:00)
トイレ:あり(1箇所)
自販機:なし
所要時間:ゆっくり歩いて30分位




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年07月18日

あの西洋風の建物の正体は低区配水塔

11E16310-8B48-41A0-95C1-9FFA11D0D0E0.jpeg
このキノコのような建物はいったい?どうやら水戸市民でも何の建物なのか知らない人が多いようです。ご存知でしょうか?

この建物の前を通るたびに昭和の頃に使われていた劇場か集会場だと思っていましたが、


どうやら違うようです。


水戸の水道を支えた水道施設

この建物は、かつて配水塔として使われていた水道施設でした。このなかに水を貯めておく大きな水槽があるそうです。この丸い形で独特の装飾が施されている珍しい建物は、国の有形重要文化財に指定され、近代水道百選にも選ばれています。

B86F21DF-EB33-40CB-B388-B8575A803329.jpeg

時代を感じるゴシック風の装飾。当時はこういった装飾が流行っていたのでしょうか?数年前に改修されて、建築当時の薄い水色とクリーム色の外壁に復元されました。

55A09D57-E234-4FD4-9DFC-9679C5D3558F.jpeg

正面の入り口も凝った造りをしている。

6FA489BD-816F-4F72-9AC1-C5047521A6D8.jpeg

配水塔にこんな装飾が必要なのか?とも思いますが、、、建築された当時は新名所として話題となったようです。

C3F0AD88-AE44-4215-AB07-F65118DEFE47.jpeg

残念ながら中に入ることはできませんが、敷地が公園として整備されているので間近で見ることができます。
ライトアップ情報

8月1日から15日までの午後6時30分から午後9時までライトアップされますよ。
概要

水戸市低区配水塔
水戸市北見町126-14
料金:無料
24時間(ただし、内部には入れません)
トイレ:なし
自販機:なし
駐車場:なし(近隣のコインパーキングへ)
所要時間:10分位

2018年07月16日

樹木の香りを感じる公園「百樹園」

74E9F3E3-207E-4241-94E2-5FA78FDB0F83.jpeg

水戸市に百樹園という公園がある。その名前のとおり樹木がたくさんある公園。

百色山を再現した百樹園

ここは水戸黄門で有名な徳川光圀が、那珂川沿いに100種類の植物を植えたとされる「百色山」を再現した公園です。

それほど広くはない園内には180種類、3400本もの樹木が所狭しと植えられています。光圀が見ていた光景もこんな感じだったのでしょうか?

公園全体はこんな感じ
DACB0F5E-50D6-4936-B5C5-4C8B6F33EB04.jpeg
碁盤の目のようになっています。
管理が行き届いている綺麗な公園です。

樹木が覆い茂る隙間から、、、
5B666638-1742-4434-91D6-580310CC4A90.jpeg
太陽の光が差し込む

休憩所のベンチにいると
8BF1E976-8DC8-4842-829F-A0BE24A2DE8A.jpeg
日々の喧騒を離れてゆったりとした時を感じる

たまには森林の香りを感じてみよう。
リラックス、リラックス。

概要

百樹園
水戸市元吉田町2618-1
料金:無料
9:00〜16:30
トイレ:あり(1箇所)
自販機:なし
所要時間:ゆっくり歩いて30分位

2018年07月13日

本格的英国式庭園ってどう?水戸市七ツ洞公園

5813EC3D-AE11-4F18-98F8-58F185352C1B.jpeg
「フォリーが点在している西洋風のちょっと変わった公園」フォリーってなに?ということで行ってきました。水戸市七ツ洞公園へ。

日本有数の本格的英国式庭園

この公園は、水戸市が整備した公園でイギリスの造園コンサルタント会社が設計、園内施設の建材はイギリスから輸入したというこだわりぶり。1999年に本格的な英国式庭園として開園しました。その後、映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地となったことで有名となりました。

公園全体はこんな感じ
113793BB-BC2E-400E-BC03-C02C3CDD5EEE.jpeg
結構な広さがある

公園は水戸駅から車で30分位の郊外にあり、まわりには田園風景が広がっていて、とても英国をイメージできない場所にあります。

この公園内にはフォリーと呼ばれる建築物が点在している。ばかばかしいほど役に立たない装飾と言われるフォリーが独特の雰囲気を醸し出しています。

これがフォリーです。
8AF73054-3B6B-4E4C-A2F8-7FBE4FC1FD03.jpeg
どうです?この廃墟感。ずっと見ていると、ここが水戸であることを忘れてしまいそうです。この門のようなフォリーの先には、別な世界が広がっているような気がしませんか?

角度を変えてもう1枚
9B9097E9-9757-4B64-944D-D39CBFD0DB6A.jpeg
なんか神秘的


先へと進んでみたら

なんと、

行き止まり・・・。



そして、映画「テルマエ・ロマエ」のなかで主人公がタイムスリップした井戸があるのがここ。
8C981A2D-22DF-414B-A353-24623F119B5A.jpeg
阿部寛や上戸彩がここで撮影した。

いつもと違った雰囲気を感じられる公園でした。今回はフォリーを中心にした記事でしたが、ほかにも「秘密の花苑」と呼ばれる花のエリアなどがありました。そちらの紹介はまた違う機会で!

概要

水戸七ツ洞公園
水戸市下国井2243
料金:無料
24時間(ただし、秘密の花苑は8:30〜17:00)
バリアフリー:未対応
トイレ:あり(2箇所)
自販機:あり
所要時間:ゆっくり歩いて60分位

ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。