広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年09月21日

水戸市で唯一の萬葉遺跡「曝井」はこんなところでした

CFE88763-7312-4BFE-865A-5428C94E6DA6.jpeg

今回は、水戸郷土かるたのひとつに選定され、古くは常陸風土記や万葉集にも登場し、現代では水戸ロマンチックゾーンのひとつになっている「曝井」のお話です。

曝井とは

常陸風土記や万葉集によると、その昔、夏になると付近の村の乙女達が大勢ここに集まってきては湧き出る泉で布を洗って曝し乾かしたといわれています。ちなみに水戸市の遺跡で万葉集に登場するのはここだけです。

乙女達が大勢ですから、、、
さぞかし賑やかだったことでしょう。

そのためか当時の男女の交流の場でもあったという説もあります。

全体はこんな感じ

D28EB519-82D3-4468-8B2D-9E98A848CAC2.jpeg

階段を上がると広場になっていて、トイレもありました。

泉の湧き出る池

692F1459-DC71-4EC8-B816-F36A7E3D0E5B.jpeg

まわりには竹林が覆っています

CECF9D65-56C0-4C30-AAE7-6B5AA4FA7B6D.jpeg

常陸風土記とは

奈良時代初期に編纂されて成立した常陸国といわれていた茨城県の地誌。そのなかで曝井は「郡衙(郡役所)から東北の方、粟河(那珂川)をはさんで置かれた駅家の南、坂の中ほどに水量豊富な大層清らかな泉が湧き出ている。これを曝井という」と記載されています。

444F43D8-46B1-4ED7-BF59-495E78EC7EF9.jpeg

万葉集とは

7世紀末から8世紀末に編まれた日本最古の和歌集。曝井は「三栗の中にむきたるさらし井のたえすかよかはんそこにつまもが」と詠われています。

9DE3B7F0-80F0-4C93-9AD3-2C3E8646A85C.jpeg

D3AD4E1E-5F76-4C49-B624-04B58B9F23FA.jpeg

詳しく解説はできませんが、古い時代から泉が湧き出てる人びとが集う場所だったということが伺えます。現在はひとではなく蚊が大量に集っていました。あちこち刺されまくり、、、もし行かれるときは虫除けスプレーは必須ですよ。

以上、水戸ロマンチックゾーンのひとつに選ばれている曝井でした。

概要

曝井
水戸市愛宕町
トイレ:あり
自販機:なし
駐車場:あり(トイレの奥の方)



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月19日

滝じゃないけど滝!水戸市にある小澤の滝

「水戸にも滝がある」と小耳にはさんだものですから、どんなものかと行ってきました。

全体はこんな感じ

10150C29-D792-46B3-BD76-D40D1A1691D1.jpeg

綺麗な水の池があって

19BC03C7-D9BD-4CA9-BFA0-22DF4E78CAF5.jpeg

大きな鯉が泳いでいました。

FFAB3FBA-AEDA-4372-927C-DDD6863039A0.jpeg

この池の主でしょうか。

そして、本命の「滝」はといいますと、、、

A2D4F6F9-FF80-48DE-AC3C-55286CE05B42.jpeg

こんなのをイメージするかもしれませんが、、、


実際はこちら!

61D046CC-0D21-41E9-8AC0-17AF23AFF5A6.jpeg

・・・たき・・・ですよね、、、
落差は3cm位でしょうか・・・

本当のところ湧水が池へと流れているだけで滝はありません。

ですが、

ここの名称は

83593FA1-10B2-4398-8A65-1431422F2834.jpeg

間違いなく「小澤の滝」!
なぜ滝という名称になったのでしょうか?

なかなか面白いところでした。

ただ、場所がすごくわかりずらい。
行かれるときには地図でよく確認ください。

以上、水戸市にある小澤の滝でした。



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月17日

光圀公ゆかりのお寺がある吉田城跡

411F7167-5D16-4898-9114-A480EB448763.jpeg

水戸のお城というと真っ先にに思い浮かぶのが水戸城ですが、それ以外にも小規模なお城がいくつか水戸にはありました。そのひとつがここ吉田城です。

吉田城の歴史

この地を支配していた吉田(大掾)盛幹が、平安時代末期から鎌倉時代初期に館を築いたのが初まりとされています。

その後、水戸の地を支配した江戸氏、戦国大名の佐竹氏と主を変えていきますが、江戸時代になり佐竹氏が秋田へ国替となったことで廃城となります。

そして水戸は、徳川家の領地となり、第2代藩主徳川光圀は吉田城跡地に常照寺を建立しました。

現在も空堀や土塁などの遺構が残っています。

石碑にきざまれた説明文

CB21EBF2-90E8-49B9-990C-7CA254A2B725.jpeg

寺の門

0C56809C-A454-486C-B65A-C51505247D04.jpeg

雰囲気のある立派な門です。徳川家が関係しているお寺だけに屋根には葵の御紋もあります。

奥へと続く階段の先に昔はお城がありました。いまは本堂。

ちなみ門に掲げられている「佛日山」は徳川光圀公書だそうです。



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月15日

なにかいいことありそうな公園「弁財天緑地」

1319171B-22A6-4669-A85E-EC797A774A7B.jpeg

水戸市酒門町にある縁起の良さそうな名前の緑地公園「弁財天緑地」。一般的に弁財天というと七福神に登場する神様のひとりです。唯一女性の神様で、学問、芸術、豊穣、繁栄、勝負事を司るとされています。

この緑地の名前の由来はわかりませんが、弁財天にゆかりのある場所なのでしょうか?神様に関係するようなものは緑地内にはありませんでしたけど、、、

真ん中にある池

2FDCFCD1-335D-4147-B28F-44945D920E07.jpeg

池のなかに生えているのは草ではないですよ。
花です。

3BB56C54-652C-4A4C-B5E4-EB407F4AE5CB.jpeg

池には橋がかかっています。
橋を渡るとベンチがあるので一休み。

CA63A1AB-9442-49F1-B98B-FA1C29BD5F91.jpeg

白い蓮の花が一輪咲いていて
少しだけラッキーな気分になれました。

概要
弁財天緑地
水戸市酒門町
駐車場:なし
トイレ:なし
自販機:なし



☆気が向いたら応援をお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
タグ:緑地公園

2018年09月13日

元吉田鯉沢緑地を散歩してきました

435C16DC-0FFB-408B-A3D3-EAA22D3304FC.jpeg

かつての千波湖はいまよりもずっと大きかったのをご存知でしょうか?いまの駅南といわれるあたりに広がっていて現在の約3倍の大きさがあったといわれています。

その後、あんなことや、こんなこと。諸所諸々の事情により(たぶん)、埋め立てられて現在の大きさとなりました。

そんな大きかった頃の千波湖の名残りを少しだけ感じられる水戸市元吉田にある元吉田鯉沢緑地。

「この緑地は昔この付近まで広がっていた千波湖に流れ込む八沢のひとつの鯉沢と呼ばれた地域を緑地として整備したものです」
※案内看板より

キーワードは「昔この付近まで・・・」。現在の千波湖から元吉田鯉沢緑地までは数キロの距離があり、歩くと1時間位かかりそうです。千波湖って本当に大きかったんですね。

緑地全景

6652E882-F9D0-4595-8F11-4FF0837ACF03.jpeg

遊歩道が整備されていて散歩をしているおじさんがいました。

遊歩道脇の竹林

C485FD6F-8E6A-4D47-A971-E18C5514BCF1.jpeg

緑地中央にある池

7C913A62-DBCC-4B6E-96FA-366C38B38E38.jpeg

この水が千波湖に流れていたのでしょうか?

健康体操のできるベンチ

9C03170C-30E9-4434-9F4F-C429173A2475.jpeg

ベンチのまわりは雑草が伸びています、、、

緑地公園内に流れる小川は「沢」の名残りでしょうか?

概要
元吉田鯉沢緑地
水戸市元吉田町
駐車場:あり
トイレ:なし
自販機:なし




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年09月05日

ふれあい広場でヤギとふれあいin水戸市森林公園

61BC5880-F209-4F29-91C9-313713FA8F46.jpeg

恐竜公園が有名な水戸市森林公園ですが、ふれあい広場にはヤギがいます。知ってましたか?ヤギって驚かせると緊張して倒れるそうです。ビックリさせないでね。

52BE56AE-1392-4498-8236-FCBB6E1A3AA9.jpeg

広い敷地に放牧されています。

02ADDEB8-91FF-47CD-A4B7-D62516A51949.jpeg

触って撫でてふれあい。
驚かせないように優しく。

ヤギの好物は紙じゃない

「くろやぎさんが・・・」なんて童謡があります。

そこで、

本当に紙が好きなのか?
本当に食べるのか?
テッシュでいい?

と興味が湧きますが、やめましょう。

べつにヤギは「紙!大好物!」というわけではありません。葉っぱと勘違いして食べるようです。繊維のものが好きなようです。

そして、いまの紙は薬品やインクが付いていたりするのでヤギさんの体に悪いのです。決して食べさせてはいけません。どうしても餌付けしたいひとは、現地で売っている餌にしよう。売ってなかったら諦めよう。

ヤギは笑顔が好き

とある研究によると、ヤギは人間の表情を読み取る能力があるそうです。ブスっとふくれっ面のひとよりもニコニコ笑顔のひとのほうが好きらしい。おそらく梅沢富美男のようなひとは受け入れてもらえないのだろう、、、

わざわざふれあい公園に行ってブスっとしているひとはいないかもしれませんが、ニコッと微笑んでいるとヤギが近寄ってきてくれるかもしれませんよ。

コーヒー好きはヤギに感謝しよう

コーヒーにまつわる逸話に登場するヤギ。その昔、ヤギが赤い実を食べて興奮しているのを見たヤギ飼いが不思議に思い持ち帰ったのが、コーヒーの起源だとされています。コーヒー好きのひとは、コーヒー豆を発見したヤギに感謝したほうがいい。


さぁ、ヤギに会いに水戸市森林公園に行こう!
ふれあい広場にいるよ。


☆応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年08月22日

笠原水源の復元石樋で水遊び

8B807535-8FE4-4CE0-B7B6-2BCF30A139E1.jpeg

水戸の近代水道発祥の地「笠原水源」で水遊びができますよ。

笠原水源のすぐ脇

場所は、竜頭栓がある場所の近く。駐車場から竜頭栓とは反対の方向を見ると復元された大きな石樋が見えますが、

そこです。

こんな感じ

4CBD6267-D2AD-4E72-AEE5-DD5D283EA873.jpeg

水が流れ落ちた先は浅い池になっています

湧き出る水

DDA5E0C9-10EA-4B2D-A20D-6CEE15E7AED1.jpeg

冷たくて気持ちいい

石樋の上流から湧き出る水。その水が石樋の中を通って「ジャーッと」滝のように流れ落ちる。流れた水は池に貯まっている。池の深さは30cm位と浅いので子どもでも安心です。

99346891-4703-436B-89C8-A8E219DE2809.jpeg

湧水だからなのか水が冷たく感じます。なので、いきなり直接浴びるのは避けたほうがいいかもしれません。まずは手足でバシャバシャと!

湧水制限中

ここは湧水量の減少に伴い間引き運転を行っているので1時間毎に水が止まります。つまらなく感じますが、それが丁度いい。

水浴びをしている子どもは涼しいからいい。だけど、真夏の炎天下のなか、長時間それを見ている親はとってもきつい。

1時間毎に水が止まるので、休憩をさせたり、帰るタイミングがつかみやすいです。

運転時間割はこちら

D5289E5C-EB80-4C25-81FE-3BE8299693F5.jpeg

あまり知られていないのか、人も少なくておススメですよ。

概要

笠原水源
水戸市笠原町
時間:9:00から16:00まで
駐車場:あり
トイレ:あり
自販機:なし


2018年08月16日

水戸には誰でも歩める出世街道がある

166C55C7-D1AE-4EB5-93A6-D6E5A094AC17.jpeg

水戸市栗崎町という地区に世のお父さん達が探し求める道がある。その名も「出世街道」

出世街道を行く

それでは出世街道を歩いてみましょう。

0BE11507-D95D-4610-A357-37CFFBB587B0.jpeg

森の中へと道が続いています。

BF702EB5-9DB3-4886-A2E3-64FA599D3DFD.jpeg

森の中は薄暗いのかと思いきや明るい。

少し下り坂ですが、未来は明るいということでしょうか。そして、森を抜けると民家や畑のある地区に出ます。

結論、普通の田舎道!

なぜ出世街道なのか

実は、森の抜けた直ぐのとこに出世稲荷神社があります。かつては、高い御利益があるとして県内外から参拝客が訪れ、周囲には宿場や商店などが連なり賑わっていたそうです。

そしていつしか、この出世稲荷へ続く街道は「出世街道」と呼ばれました。

残念ながらいまはだいぶ様変わりしてしまっていますが、縁起のいい名前の街道です。




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年08月11日

みとちゃんの石像はどこにある?

DCDA87BE-FDF8-48E1-8ED6-84C7D40853DA.jpeg

ねばーるくんをあちこちで見かけるので勘違いしていましたが、水戸市のマスコットキャラクターは「みとちゃん」です。

最近、いろんなイベントで見かけるようになりました。この前は、小学校の運動会にも来ていました。もちろん準備体操はみとちゃんダンスです。

そんなみとちゃんですが、石像があるのをご存知でしょうか?中心市街地活性化を期待して設置されたそうです。その石像は「夢結びみとちゃん」とされました。夢や願いをこめるとなにかいいことが起きると、、、いいですね。

季節によって持ち物とかリボンなどの装飾が変わるようです。いまはお祭りバージョン。

設置されている場所は、

水戸の街を散策しながら探してみてください。

キーワードは、南町、歩道、センチュリー21


水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

2018年08月03日

茨城県のシンボル的な建物「三の丸庁舎」

4150A852-C4CD-40EA-A421-4031E6C9DD58.jpeg

正面に見える建物は、かつて茨城県庁の本庁舎だった建物です。現在はその役割を新庁舎に譲りましたが、茨城県に残る昭和初期建築の洋風建物では最大級のもので、永年、茨城県のシンボルとなった建物です。ある年代以上のひとは茨城県県庁というと、まずはこの煉瓦造りの庁舎を思い浮かべるのではないでしょうか。

昭和感漂う風格

この建物が建築されたのは昭和5年。煉瓦造りの重厚な外観と、内部は入口正面に大理石の大きな階段と立派なシャンデリア。当時の建物の多くに採用された様式のようです。ちなみに同時期に建てられた有名な建物は、国会議事堂、東京駅、総理大臣公邸(旧官邸)などなど、

71306046-801D-4A63-8F6E-1B8D9DB571A0.jpeg

どことなく雰囲気が似ているような気がしませんか?

映画やドラマに登場

現代の建物にはない雰囲気が重宝されてか映画やドラマの撮影で使われています。よく見ていると「これって三の丸庁舎?」という場面が出てくることがありますよ。

昨年は一般公開されました

庁舎内にはパスポートセンターなどがあり基本的に出入りは自由です。ですが、一部公開されていない旧政庁と呼ばれる昭和天皇がお使いになられた大広間や、塔屋が県民の日に合わせて昨年は一般公開されました。そんな貴重な部屋がこの中にあったなんて知りませんでした。

0EF57848-2007-490B-8510-EF640F32C982.jpeg

今年も一般公開されるのでしょうか?




水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。