広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月21日

家賃並みの支払いでマイホームを購入したら維持費がつらかった!

CE3D288C-861E-455D-B207-1E91B752800F.jpeg

今年もこの時期がやってきましたね。悪魔のお便り「固定資産税の納付通知書」。持ち家の人だけが貰えるある意味“特権”です。喜びましょう、、、

「家賃並みの支払いでマイホームを購入できますよ!」

このなんとも魅力的なフレーズを不動産屋さんとかハウスメーカーの営業マンに連呼されまして、マイホームを購入しました。

「もちろん家賃並みの支払いで」

年齢的にも家族的にも「そろそろマイホームを!」という感じだったので後悔はしていませんが、「ちょっと話が違うんじゃないかい?」と感じたことを書いておきます。

これからマイホームの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

マイホームの維持には結構お金がかかる

確かに地方都市の郊外あたりならば家賃並みの金額でローンを組むことはできます。いまは金利が安いのとローコスト住宅を謳うハウスメーカーもたくさんありますからね。

知ってます?

マイホームの維持には想像以上にお金がかかるんですよ。賃貸のように家賃だけを払っていればいいというわけでないんです。当然と言われればそれまでですが完成後にかかるお金については見落としてましたね。きちんとその金額を把握しておかないと後々「きついな」と感じることになるかもしれません。

それではマイホームの維持にかかるお金をみていきましょう。

固定資産税

冒頭でも書きましたがマイホームを持つと毎年税金がかかります。賃貸の場合は払う必要がないので納税通知書が来ると家を持ったと実感できて最初はちょっと嬉しく感じます。まぁ最初だけで後々「また来た」と憂鬱な気分にしてくれる悪魔のイベントですけどね。一括もしくは4期(4回)に分けて支払います。

地震保険

続いては地震保険。住宅ローンを組む際に加入する火災保険とセットで加入することが多いです。火災保険の保険料が全期間一括払いなのに対して地震保険は別。1年毎の更新になるので毎年保険料を支払います。

加入しないという選択肢もありますが、揺れ揺れの日本列島。毎日どこかしらで地震があるわけですからすごく心配です。そういうこともあってか保険料は年々値上げ傾向に。更新のたびに値上げされて辛い。

浄化槽維持費

下水道が通っていない地区に家を建てると必要になる浄化槽。年数回のメンテナンスと定期的な清掃(汲み取り)が必要となり専門の業者にお任せします。下水道があれば不要ですが代わりに下水道料金が毎月かかりますよね。どっちが得なのかはわかりません。

家賃よりやや少なめが理想的

当然、条件によって変わるわけですが参考までに我が家の場合を言いますと、維持費は年間におよそ20万円弱程です。修繕の費用は含まれていません。だいだい今頃(春)にまとめて請求が来るんですよ。花粉と共にやって来る鬱陶しいやつ。

もう家を建てて数年経ったので慣れましたが最初の年はそれはビックリしましたよ。引っ越し!家具類の購入!大きな出費が終わったと安心していたら「とどめの一発!」という感じで来ましたからね。

そういうわけで住宅ローンは“家賃よりやや少なめの額で”残りは維持費の出費に備える!というのが正解だったなといまは感じております。契約の説明は一生懸命だったけど完成後の維持費の説明は誰もしてくれなかったね、、、勉強不足でした。

以上、家賃並みの支払いでマイホームは購入できるけど維持費は別にかかるよ!という話でした。



2020年02月23日

お小遣い帳でお金の見える化!無駄使いをなくして節約しよう!

0181C2B5-BD55-4328-9E63-9198C4C98094.jpeg

お金は猫のように自由だ。こちらに来たと思ったらいつのまにかいなくなる。あっという間に小遣いが無くなった。何買ったんだっけ?という残念な気分に毎月給料前にはなっています。飛んでいったのか?

そこでお金の見える化をして自分のお金がどこに行ったのかしっかり把握しようと決めた令和2年。お小遣い帳をつけようかという話です。

節約の第一歩はお金の見える化から

多分節約しようと決めて最初にやるべきことはこれだと思います。何に幾ら使ったのかがわからないといつまでたっても「いつのまにか小遣いがなくなった」がなくならないわけです。“なくなった”といっても必ずなにかを買っているわけですからね。そのなにかは一体なんなのか?

それを教えてくれるのが記録です。お小遣い帳なんて子供みたいなことをとも思いますが今はアプリとかもありますから。できる大人のマストアイテム「スマホ」を使って今年こそはぜひお小遣い帳をつけようかなと。

まずは自分のお金がはたしてどこに飛んでいくのか?しっかり見えることで少しは縛りつけておくことが出来るかもしれないですからね。

これは無駄使いなのか?

無駄使いはしないようにといつも心掛けているつもりです。ただでさえ少ないお小遣い。悲しいことに無駄に使えるほどの余裕はありませんけどね、、、

その時の判断で必要と思って買ったのでこれは無駄使いではないはずとそのときは思うんですよね。

ただね、買ったのはいいけど使わないものも結構ありますよ。たとえばウォーキングマシーンとかね。今考えると家で運動なんてするわけがない。場所を取って邪魔です。

使うと言って買ったのに使わない。結局は無駄使いでしたね。

お金の見える化でひとり反省会

反省してみることは必要ですよね。不要なものにいくら使ってしまったのかという反省は当然しなくてはいけません。本当に必要なものと不要なものを見極めなければいつまでたっても「あれ?お小遣いどこいった?」が続いていきますからね。

そういうわけでお小遣い帳です。繰り返しますが“何に幾ら使ったのか”お金の流れの見える化が節約の第一歩ですよね。

お小遣い帳をつけよう!





タグ:お小遣い帳

2020年02月19日

変動金利の金利はなぜ下がらないのか?その理由とは!

2B646F76-4A14-4621-821E-377B159C67B4.jpeg

前回、失敗に終わった我が家の住宅ローン借り換え計画ですが、そもそも世の中の住宅ローン金利が下がっているのだから、当然ながら我が家の住宅ローン金利も多少は下がると思っていましたよ。

だってわたくし、住宅ローンの契約は「変動金利」ですからね!

それなのに、それなのに、金利がまったく下がらない。

「なぜ?」

住宅ローン金利はここ数年下がっている!?

住宅ローンの金利が下がった下がったとよく耳にもするし目にもします。それなのに、銀行からわたしの元へ送られてくる返済予定表を見ると契約以降まったく変わっていません。

住宅ローンを組んだ頃の金利と比べると羨ましいことに半分以下の金融機関もあります。

ご存知のとおり変動金利というのは経済情勢によって金利が変動しますよという条件での契約です。幸いなことに住宅ローンを組んでから一度も“上昇”していません。そして不幸なことに一度も下がっていないのです。

実は住宅ローン店頭金利は下がっていない!?

住宅ローンの金利というのは店頭金利と個々の条件によって変わる金利優遇幅で最終的な貸出金利が決まりますよね。

基準となる店頭金利から金利優遇幅を引いたものが契約時の貸出金利です。いわば店頭金利が定価のようなもので金利優遇幅が値引きのようなもの。

ここ数年の住宅ローン金利の下落は金融機関が新規顧客獲得のために金利優遇幅を大きくしていることによるものです。値引きの役割の金利優遇幅を大きくして契約時の貸出金利を低くしている。

ここ数年の住宅ローン金利の低下は銀行間の低金利競争によるものだったのですね。では借り手にとってとても重要な金利優遇幅の割合ですが、いつ決まるのか?

それは“契約時”です。

そして残念なことに途中で変わることがありません。

そのため、既に契約している顧客については店頭金利が下がらない限り金利が下がることはないのです。そして更に残念なことにここ何年もの間、店頭金利はまったく下がっていません。

いずれ店頭金利も下がるのか!?

店頭金利もいずれは下がるのではないのかという期待もあります。ですが店頭金利を決める元となっている短期プライムレートというものは2016年に日銀が異例ともいえるマイナス金利政策を導入した以降も下がっていません。いったいどういう状況になったら下がるんでしょうかね?

変動しない変動金利

どうりでわたしの住宅ローン金利に変化がないはずです。下がった下がったと言っていたのは値引きによるもので実は基準となる金利が下がっていなかったのです。納得したような残念なような気分です。

以上、なぜ住宅ローン金利が下がらないのか?という話でした。

そして、この金利優遇幅拡大という恩恵を享受するには新たに大きな値引き幅で契約をし直す“借り換え”という手段が有効になるわけです。




2020年02月14日

イオン銀行で住宅ローンの借り換え相談をしてみたら意外な結果に!

CE3D288C-861E-455D-B207-1E91B752800F.jpeg

夢のマイホーム。やっとの思いで手に入れたと安心したのも束の間、後に待っているのは永く険しい住宅ローンです。

今が最低だ最低だと言われ続けながらも下がり続けている住宅ローン金利。わたしが住宅ローンの契約をしたのは5年程前。調べたところによるとその頃と比べて約半分位の金利になっている銀行があるんですよ。

そこで土日も窓口があいていて買い物ついでに立ち寄れるイオン銀行で住宅ローン借り換え相談をしてきました。

その結果は意外にも「さほど返済金額に変化がない」というものでした。

「いったいなぜ?」という話です。


友人のひとことで見直しを検討

住宅ローンの借り換えを検討しようと思ったのは知人のひとことから。

「この前、住宅ローンの借り換えをしたら約三百万円も差額があったんだよ」

なに、三百万円も!?

確かにテレビで金利が下がったと耳にしたことはある。銀行の広告にも魅力的な金利が並んでいる。

これはもしやチャンスでは、、、

わたしが契約している銀行の金利は“この記事を書いている時点で”変動金利1.175%、対してイオン銀行は0.45%ということで半分以下です。

もしかしたらうちも、、、

金利の変化や消費増税、社会保険料の値上げ、子供の入学などと住宅ローンを組んだ頃と比べると条件もライフスタイルも変わってきているわけですよ。

いままで面倒だなということで放置してきましたが、見直しをして返済額を減らせるのであればそんなことは言ってはいられませんよね。

ということでさっそく予約をして銀行へ

結果は意外にも現状と変わらず

いよいよ予約日、言われたとおりに銀行からもらった返済計画書を手に、意気揚々と窓口に行きましたよ。

イオン銀行のお姉さんが一生懸命計算してくれている横でもう安くなるとしか考えていなっかたですよ。「さぁ、幾ら程安くなるのかと」期待を膨らませつつ聞いた結果は意外なもので、、、

「差額は3万円程ですね」

「はい?」

耳を疑いましたね。

「金利半分以下なのにそれだけですか?」

「はい、そうですね。諸費用が・・・」

ちなみにこの額は”月に“ではありません。“残りの期間で“です。残りの返済期間が約30年間ありまして、その期間で3万円の差額しかないということです。月にすると数円。

その結果、「面倒な手続きをしてまで借り換えをする必要はない」という結論に至りました。

金利だけではわからない

金利に大きさ差があるにもかかわらず、さほど返済総額に変化がなかった原因は“諸費用”にありました。

住宅ローンを契約する時に必ずかかるのが諸費用ですよね。これは借り換えのときも同じです。諸費用とはご存知のとおり手数料であったり保証料や担保を設定するための費用などなどです。これが結構高額になります。

そして、住宅ローンには病気で働くとこができなくなった場合に備えてオプションで保険が用意されています。わたしはがんと8大疾病保険に加入しています。

これらを同じ条件で計算してもらった結果、

金利が0.75%(オプションの保険料が上乗せされて金利が上昇)になり、そしてそしてなんと諸費用が160万円ですよ。

金利は確かに下がります。ですがですが、借り換えに伴う諸費用が高額すぎます。その為、期待に反して“返済総額はさほど変わりません”という結果に。

条件によってメリットは変わる

もちろん住宅ローンは個々の事情や条件によって内容が変わってきます。全ての場合においてメリットがないというわけではありません。友人のように大幅に減額できる幸せな人もいますので。

わたしの場合は土地に条件があり保証料が加算されて諸費用が高額となりました。実はこの保証料の増加とオプションの保険加入がなければ数百万円の差額が出ていました。

永く続く住宅ローンだからこそ見直しを

いわずとも金利というのは銀行に献上しているお金です。もし銀行が貸してくれなかったらマイホームは手に入らなかったかもしれません。

ですが、それはそれで感謝をしつつとも、やはりできるだけ借りた額以上に支払う額は低く抑えておきたいものですよね。

わたしの場合は残念な結果となった住宅ローン見直し計画ですが、これだけ金利が下がっているいまだからこそ、条件さえ合えば減額のチャンスはあります。

ほったらかしの住宅ローン。一度相談してみるのもいいですよ。相談だけなら無料ですから!

レッツゴー銀行!




ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。