広告

posted by fanblog

2019年06月03日

吉田松陰水戸留学の地

510DBD83-D4E4-44F6-A3A3-5B3A39E813AA.jpeg

水戸市の中心市街地の一角に石碑がある。

そこは吉田松陰がまだ無名だった頃、東北遊歴で立ち寄り滞在した永井政介の屋敷があった場所です。

滞在していたのはおよそ1ケ月間。弘道館初代教授頭取だった会沢正志斎の元をたびたび訪れて、水戸学の真髄を学んだとされています。

大きな影響を受けた吉田松陰は、会沢正志斎の著書である「新論」を、後に自らが主宰した松下村塾での授業のテキストとするほどでした。

そして、その松下村塾からは明治維新で中心的な役割を果たし、歴史に名を残した人物が多く誕生します。

その人達の活躍を見ると、もしかしたらここは「日本の歴史に大きな影響を与えた“地”」だったのでは?

とういう気がしませんか。

BA44D8D1-1616-45D9-BD8B-E5567DC0FAEE.jpeg

残念ながら現在は、、、ビルが建っていて当時の面影はまったくありません。吉田松陰が水戸を離れる際に永井政介の子、 芳之介に贈ったとされる詩を刻んだ石碑が残るのみとなっています。



吉田松陰水戸留学の地
水戸市南町
駐車場:なし(近隣にコインパーキング多数あり)
トイレ:なし
料金:無料
所要時間:5分程
アクセス:水戸駅から車で10分位
混雑度:いつ行っても誰もいないのでは、、、
満足度:★☆☆☆☆
感想:石碑しかないので観光スポットとしては地味。先日、山口旅行で松下村塾を見てきたばかりだったので、水戸にゆかりの地があったことに驚きました。

☆水戸周辺の宿をお得に探すなら☆




☆いつも応援ありがとうございます☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8859615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。