広告

posted by fanblog

2018年12月01日

水戸といえば納豆ですよ!

480B314D-20AA-4BC2-AA00-BCB945228619.jpeg

「独特の香りを放つ糸引く茶色の粒!」納豆ですが、これを最初に食べた人の度胸と勇気は凄いと思います。よく食べたな!と。そして水戸は、そんな納豆にちょっとしたこだわりがあるところです。

日本一を奪還せよ!

納豆納豆といわれている水戸ですが、家計調査による全国の納豆支出額ランキングを見てみると、昨年は残念ながら全国第3位でした。ちなみに一昨年は第1位。納豆の街として「これではいかん」ということで、水戸市と県納豆商工業協同組合がタッグを組んで水戸駅での無料配布など消費拡大のPR活動を展開しました。

その結果、、、

平成30年 第2位!

残念ながら、日本一奪還!とはいきませんでしたが、順位をひとつ上げることができました。

納豆にちなんだキャラクター

水戸の公式マスコットキャラクターは「みとちゃん」です。このみとちゃん、わら納豆をイメージして頭がなんと“わら”!そのわらから顔が出ているという容姿。みとちゃんだけに3月10日生まれの女の子。好きな食べ物は、もちろん納豆だそうです。

運動会やイベントに登場したり、市内のいたるところでデザインが使われたりと、水戸では人気者のキャラクターです。

納豆記念碑

冒頭の画像のものなのですが、水戸駅の南口のペデストリアンデッキにある納豆記念碑。2008年7月10日、納豆の日にちなんで設置されました。遠くから見るとなんなのかわかりづらい形をしていますが、わら納豆をイメージした形となっています。

納豆の発祥については諸説あり、我こそが納豆発祥の地だと名乗りをあげている街がいくつかありますが、水戸もそのひとつです。

1083年に源義家という武将が奥州に向かう途中に水戸に立ち寄った際、わらに包んでおいた煮豆が偶然、納豆になったといわれています。

ちなみに、水戸=納豆というイメージが定着したのは明治時代になってから。鉄道が開業して観光客が全国各地から訪れるようになりました。そこで水戸のお土産として駅の構内やホームでわら納豆が販売されたことにより、水戸納豆の名が全国へと広がっていきました。

以上、水戸と納豆の話でした。
水戸を訪れた際にはぜひお土産に納豆を!

☆応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
タグ:水戸市 納豆
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8347938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。