広告

posted by fanblog

2018年11月22日

水戸黄門様ゆかりの庭園!保和苑


あじさいで有名な水戸黄門様ゆかりの庭園「保和苑」。あじさいの季節ではないですが、行ってみたら「秋でもいいところだね」ということになりました。

こんなところ

保和苑は桂岸寺というお寺の庭園です。歴史は古く、水戸黄門様こと徳川光圀がこの庭園をたいそう気に入り「保和園」と名付けたのが始まりとされています。

その後は、拡張と整備を繰り返し、名前も「保和苑」となりました。昭和30年代にあじさいが植栽されたことにより、100種6000株のあじさいが咲き誇る名所となりました。

毎年初夏には「水戸あじさいまつり」が開催されて、周辺の道路が渋滞するほどの賑わいとなっています。水戸ロマンチックゾーンのひとつです。

保和苑

国道沿いの無料駐車場から歩いて行くと、まず最初に現れるのが仁王門。赤い立派な門です。
CB87F6B1-DDF4-4433-B7A7-9233DFA81370.jpeg

仁王門をくぐると桂岸寺の本堂と愛染堂があります。水戸藩の家老だった中山信正を供養するために建立されたお寺だそうです。
24C26DB8-E0A6-4A15-9296-D17057908D71.jpeg
426584F2-692E-4524-A5B5-8151F600C685.jpeg

その脇を通って行くと、いよいよ保和苑。
4F73EDD1-6C4D-4129-BE4D-1DBE56EBA7B1.jpeg

全体はこんな感じ
95770532-7268-40D4-A444-4DF0745F360B.jpeg

子供が喜ぶ遊具もあります。
A7A41F54-895F-4B47-BB67-E4312EE70FEF.jpeg

展望台からの眺め
581A98C2-0F87-4068-9B4B-F1AA9E78116F.jpeg

保和苑の象徴ともいうべき日本風庭園
F2260D31-08F4-4075-B458-3FB80AF65185.jpeg

開運の滝
どうか「運よ開け!」
353D2942-6D0C-4905-82AA-5150BBCD6707.jpeg

見晴らし台からの風景
結構広い庭園です。
05193489-C128-4F4E-9326-22B21D4565C4.jpeg

鳥舎にはなんと孔雀が2羽いました。
「羽を広げてくれ!」と念じましたが、そういう気分ではなかったようです、、、
697249D6-8943-46F4-98C5-0BC2AE22A65A.jpeg

更に進んでいくと、もみじが綺麗に紅葉していました。
1F9E039D-20A1-4BFD-9ED7-F54A786A01B2.jpeg
83AF7008-7ABA-4F0F-8E2F-0FFCDDBE0B4B.jpeg

まとめ

秋の保和苑に行ってみたら、思いのほか見どころがあり、赤く染まったもみじの綺麗なところでした。

概要

保和苑
水戸市松本町
駐車場:あり
トイレ:あり
料金:無料
滞在時間:2時間
混雑度:すいてます
アクセス:水戸駅から車で15分位
満足度:★★★★★



☆応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

☆ブログサークル☆
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:地域のこと教えてください。
ブロトピ:ブログを更新したらここで紹介!
ブロトピ:国内旅行
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
この記事へのコメント
初めまして。茨城県南在住です。
保和苑、昨年初めて紫陽花を見に行きました。
http://stk1031.blogspot.com/2017/06/quecestbon.html


もみじ谷の紅葉も見に行ってみたいです。
Posted by stk at 2018年11月25日 09:12
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8323010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。