広告

posted by fanblog

2018年11月09日

水戸東照宮で日本最古の戦車を見た!

水戸東照宮に日本最古の戦車があると聞きまして、どんなものかと見に行ってきました。

FCD5A863-721D-4812-8FA7-E226E6A24E12.jpeg

攘夷の切り札!安神車

外国からの開国圧力が強まっていた幕末。硬強な攘夷派だった水戸藩第九代藩主徳川斉昭は、外国に対抗すべく兵器の開発に乗り出します。そのひとつが、安神車と名付けられた戦車です。

戦車といっても、鎧を身に付けた牛が引く台車の上に鉄で囲まれたスペースがあり、そこにひとが乗り込み小窓から小銃で敵を狙い撃つというもの。牛だけではどこに行くかわからないので、歩兵隊が随行して行動を助けたとされています。

一説によりますと、牛を狙われてしまうと行動不能になりモ〜どうにもならない。ともいわれていますが、戦車の中に閉じ篭って救援が来るのを待てば大丈夫。多少長期戦になってもトイレが付いているので安心です。おそらく現代の戦車にトイレは付いていないでしょうから、かなり斬新な設計となっています。

CB2632B6-52B5-40BA-87B0-DB7D3D6B4D28.jpeg
7D8B97E0-EB2F-4074-977F-9857CBDC5A9C.jpeg
34C9B6E8-5AD2-436A-9636-5A5A8ECBA33F.jpeg
床に空いた穴がトイレ
扉には葵の御紋が見えます

スペック

名称:安神車
製造:水戸徳川家
開発者:徳川斉昭
製造時期:幕末
大きさ:ひとがひとり入れるくらい
装備:小銃
定員:一人
走行装置:車輪2個
動力:牛
パワー:一牛力
速度:牛による
特殊装備:トイレ

実力は未知数

当時としてはかなり革新的なものだったのでしょうが、残念ながら実戦で使われたという記録はないようです。そのため、実際に役立つものだったのかどうかは疑問が残りますが、攘夷を強く主張していた徳川斉昭の心意気が感じられます。

そんな貴重な日本最古の戦車が水戸東照宮に現存しています。機会があったら一度ご覧ください。意外と立派なものですよ。

概要

水戸東照宮 安神車
水戸市宮町
駐車場:あり
料金:無料



☆応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

☆ブログサークル☆
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:地域のこと教えてください。
ブロトピ:ブログを更新したらここで紹介!
ブロトピ:国内旅行
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8281304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。