広告

posted by fanblog

2018年09月17日

光圀公ゆかりのお寺がある吉田城跡

411F7167-5D16-4898-9114-A480EB448763.jpeg

水戸のお城というと真っ先にに思い浮かぶのが水戸城ですが、それ以外にも小規模なお城がいくつか水戸にはありました。そのひとつがここ吉田城です。

吉田城の歴史

この地を支配していた吉田(大掾)盛幹が、平安時代末期から鎌倉時代初期に館を築いたのが初まりとされています。

その後、水戸の地を支配した江戸氏、戦国大名の佐竹氏と主を変えていきますが、江戸時代になり佐竹氏が秋田へ国替となったことで廃城となります。

そして水戸は、徳川家の領地となり、第2代藩主徳川光圀は吉田城跡地に常照寺を建立しました。

現在も空堀や土塁などの遺構が残っています。

石碑にきざまれた説明文

CB21EBF2-90E8-49B9-990C-7CA254A2B725.jpeg

寺の門

0C56809C-A454-486C-B65A-C51505247D04.jpeg

雰囲気のある立派な門です。徳川家が関係しているお寺だけに屋根には葵の御紋もあります。

奥へと続く階段の先に昔はお城がありました。いまは本堂。

ちなみ門に掲げられている「佛日山」は徳川光圀公書だそうです。



☆気が向いたら応援よろしくお願いします☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8102270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。