広告

posted by fanblog

2019年08月09日

映画「アルキメデスの大戦」原画&小道具展in茨城県庁

7C399D67-B485-400F-A323-BF8B747B2B68.jpeg

現在上映中の映画「アルキメデスの大戦」の原画&小道具展が茨城県庁25階展望フロアで開催されています。

実はこの映画、水戸や笠間でもロケが行われていたのです。

アルキメデスの大戦

欧米列強と対立を深めていた日本。その頃、帝国海軍では巨大戦艦「大和」建造を極秘裏に計画していた。

これからの海戦の主力は航空機であり、巨大な戦艦は無駄という持論を持っていた山本五十六。もし巨大な戦艦が建造されれば、その力を過信した日本は必ず戦争を始めると考えていた。

徐々に巨大戦艦建造に議論が固まりつつあるなか、建造予算が異様に低いことに疑問を抱いた山本は、天才数学者の櫂直に調査を依頼する。

天才数学者櫂直の努力により、一旦は中止となった建造計画だが、、、大きな思惑により再び動き出す。

帝国海軍に立ち向かい数学で戦争を止めようとした天才数学者の物語。

巨大戦艦大和が建造された本当の理由とは?

建造を反対していた戦艦大和に乗り、阻止しようとした戦争を指揮した司令長官山本五十六の想いとは?

天才数学者、櫂直が最後に流した涙の意味は?

主演は菅田将暉さん。最近テレビでよく見かけます。

原作は、ヤングマガジンで連載中の漫画アルキメデスの大戦。作者は、ドラゴン桜で有名な三田紀房先生。

そして監督は、ALWAYS三丁目の夕陽や海賊と呼ばれた男など数々のヒット作を生み出した山崎貴監督。

原画&小道具展

水戸でロケ地となったのが旧芦山浄水場。昨年話題となった映画「カメラを止めるな」の撮影にも使われた場所です。笠間のロケ地は、岡田准一主演の映画「永遠の0」で使われた旧筑波海軍航空隊司令部。

今回の原画&小道具展は、旧筑波海軍航空隊司令部をメイン会場、茨城県庁を水戸会場として2カ所同時に開催されています。

水戸会場となる茨城県庁25階展望フロアでは、原画や映画のワンシーンの写真などを見ることができます。山本五十六役の舘ひろしさんが渋くてカッコいい。

小道具は、あったかな???
気がつかなかった、、、

映画「アルキメデスの大戦」を観た人も、これから観る予定の人も、一度原画を見ておいてはいかがでしょうか?

笠間のメイン会場にも機会があったら是非行ってみたいです。

概要

「アルキメデスの大戦」原画&小道具展
水戸市笠原町(茨城県庁)
駐車場:あり
トイレ:あり
料金:無料
所要時間:10分程
アクセス:水戸駅から車で20分位
混雑度:すいてました
満足度:★★★☆☆



☆水戸周辺の宿をお得に探すなら☆




☆いつも応援ありがとうございます☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村




☆ブログサークル☆
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:地域のこと教えてください。
ブロトピ:ブログを更新したらここで紹介!
ブロトピ:国内旅行
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました!!
ブロトピ:今日のブログ更新
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9053257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。