広告

posted by fanblog

2019年07月04日

水戸城跡にあった大日本史編纂の地

443532BF-2426-4F00-A36D-C7288750C5EC.jpeg

水戸城の二の丸。かつてここには水戸彰考館という建物がありました。徳川光圀によって始められた大日本史編纂事業の拠点となった場所です。

はじめ彰考館は江戸の小石川藩邸に設置されましたが、光圀の隠居後は水戸城内に移転されました。

名君として名高い徳川光圀ですが、若かりし頃は素行が悪くかぶき者と呼ばれてそうです。位の高い人なりの苦労があったのでしょうか???ですが、1冊の本に出会ったことでそれまでの行動を改めて学問に目覚めます。

そして始めたのが日本の歴史を歴代天皇の時代ごとにまとめた歴史書である大日本史の編纂でした。

日本の初代天皇とされる神武天皇から百代の天皇にわたる歴史がまとめられており、日本各地に支局員を派遣して史料調査を行いました。

光圀の藩主就任後は水戸藩の事業として、明治維新後は水戸徳川家の事業として継続されていき、光圀が編纂事業に着手してから実に約250年の歳月をかけて明治39年にようやく完成します。

大日本史の完成によって彰考館は閉鎖され、編纂事業で集められた貴重な史料や文献は彰考館文庫で保管されますが、、、

昭和20年の水戸空襲により大部分が焼失するというとても残念なことに、、、

この編纂の過程で生まれた独自の思想が水戸学となり、幕末の志士に大きな影響を与え明治維新の原動力となりました。

現在、ここ大日本史編纂の地には彰考館という建物はなく、石碑と展示館と中学校が建てられいます。

D8B264BC-40A0-43A8-AD52-2BFBE7C328C2.jpeg

展示館には、主に水戸城に関する史料。

そして、、、

大日本史が展示されていました。

水戸学の原点がここに!
これは本物でしょうか?複製でしょうか?
是非一度ご覧を!

大日本史編纂の地
水戸市三の丸
駐車場:あり
トイレ:あり
料金:無料
所要時間:10分程
アクセス:水戸駅から車で10分位
混雑度:ちらほら
満足度:★★★☆☆



☆水戸周辺の宿をお得に探すなら☆




☆いつも応援ありがとうございます☆

水戸市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村






☆ブログサークル☆
ブロトピ:更新しました
ブロトピ:地域のこと教えてください。
ブロトピ:ブログを更新したらここで紹介!
ブロトピ:国内旅行
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:更新しました!!
ブロトピ:今日のブログ更新
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8942768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。