広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年07月18日

あの西洋風の建物の正体は低区配水塔

11E16310-8B48-41A0-95C1-9FFA11D0D0E0.jpeg
このキノコのような建物はいったい?どうやら水戸市民でも何の建物なのか知らない人が多いようです。ご存知でしょうか?

この建物の前を通るたびに昭和の頃に使われていた劇場か集会場だと思っていましたが、


どうやら違うようです。


水戸の水道を支えた水道施設

この建物は、かつて配水塔として使われていた水道施設でした。このなかに水を貯めておく大きな水槽があるそうです。この丸い形で独特の装飾が施されている珍しい建物は、国の有形重要文化財に指定され、近代水道百選にも選ばれています。

B86F21DF-EB33-40CB-B388-B8575A803329.jpeg

時代を感じるゴシック風の装飾。当時はこういった装飾が流行っていたのでしょうか?数年前に改修されて、建築当時の薄い水色とクリーム色の外壁に復元されました。

55A09D57-E234-4FD4-9DFC-9679C5D3558F.jpeg

正面の入り口も凝った造りをしている。

6FA489BD-816F-4F72-9AC1-C5047521A6D8.jpeg

配水塔にこんな装飾が必要なのか?とも思いますが、、、建築された当時は新名所として話題となったようです。

C3F0AD88-AE44-4215-AB07-F65118DEFE47.jpeg

残念ながら中に入ることはできませんが、敷地が公園として整備されているので間近で見ることができます。
ライトアップ情報

8月1日から15日までの午後6時30分から午後9時までライトアップされますよ。
概要

水戸市低区配水塔
水戸市北見町126-14
料金:無料
24時間(ただし、内部には入れません)
トイレ:なし
自販機:なし
駐車場:なし(近隣のコインパーキングへ)
所要時間:10分位

2018年07月16日

樹木の香りを感じる公園「百樹園」

74E9F3E3-207E-4241-94E2-5FA78FDB0F83.jpeg

水戸市に百樹園という公園がある。その名前のとおり樹木がたくさんある公園。

百色山を再現した百樹園

ここは水戸黄門で有名な徳川光圀が、那珂川沿いに100種類の植物を植えたとされる「百色山」を再現した公園です。

それほど広くはない園内には180種類、3400本もの樹木が所狭しと植えられています。光圀が見ていた光景もこんな感じだったのでしょうか?

公園全体はこんな感じ
DACB0F5E-50D6-4936-B5C5-4C8B6F33EB04.jpeg
碁盤の目のようになっています。
管理が行き届いている綺麗な公園です。

樹木が覆い茂る隙間から、、、
5B666638-1742-4434-91D6-580310CC4A90.jpeg
太陽の光が差し込む

休憩所のベンチにいると
8BF1E976-8DC8-4842-829F-A0BE24A2DE8A.jpeg
日々の喧騒を離れてゆったりとした時を感じる

たまには森林の香りを感じてみよう。
リラックス、リラックス。

概要

百樹園
水戸市元吉田町2618-1
料金:無料
9:00〜16:30
トイレ:あり(1箇所)
自販機:なし
所要時間:ゆっくり歩いて30分位

2018年07月13日

本格的英国式庭園ってどう?水戸市七ツ洞公園

5813EC3D-AE11-4F18-98F8-58F185352C1B.jpeg
「フォリーが点在している西洋風のちょっと変わった公園」フォリーってなに?ということで行ってきました。水戸市七ツ洞公園へ。

日本有数の本格的英国式庭園

この公園は、水戸市が整備した公園でイギリスの造園コンサルタント会社が設計、園内施設の建材はイギリスから輸入したというこだわりぶり。1999年に本格的な英国式庭園として開園しました。その後、映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地となったことで有名となりました。

公園全体はこんな感じ
113793BB-BC2E-400E-BC03-C02C3CDD5EEE.jpeg
結構な広さがある

公園は水戸駅から車で30分位の郊外にあり、まわりには田園風景が広がっていて、とても英国をイメージできない場所にあります。

この公園内にはフォリーと呼ばれる建築物が点在している。ばかばかしいほど役に立たない装飾と言われるフォリーが独特の雰囲気を醸し出しています。

これがフォリーです。
8AF73054-3B6B-4E4C-A2F8-7FBE4FC1FD03.jpeg
どうです?この廃墟感。ずっと見ていると、ここが水戸であることを忘れてしまいそうです。この門のようなフォリーの先には、別な世界が広がっているような気がしませんか?

角度を変えてもう1枚
9B9097E9-9757-4B64-944D-D39CBFD0DB6A.jpeg
なんか神秘的


先へと進んでみたら

なんと、

行き止まり・・・。



そして、映画「テルマエ・ロマエ」のなかで主人公がタイムスリップした井戸があるのがここ。
8C981A2D-22DF-414B-A353-24623F119B5A.jpeg
阿部寛や上戸彩がここで撮影した。

いつもと違った雰囲気を感じられる公園でした。今回はフォリーを中心にした記事でしたが、ほかにも「秘密の花苑」と呼ばれる花のエリアなどがありました。そちらの紹介はまた違う機会で!

概要

水戸七ツ洞公園
水戸市下国井2243
料金:無料
24時間(ただし、秘密の花苑は8:30〜17:00)
バリアフリー:未対応
トイレ:あり(2箇所)
自販機:あり
所要時間:ゆっくり歩いて60分位

ファン
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
☆いつも応援ありがとうございます☆ 水戸市ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。