広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

miruko
JAZZ初心者がジャズ好きになるCDの聴き比べを紹介 http://miruko.com/ ライブレポート http://blog.livedoor.jp/miruko1/ スタンダード・ナンバー・曲名おすすめCD紹介 http://hyoushigi.ld.infoseek.co.jp/standars/index.html ぜひ遊びにきてください!
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
http://fanblogs.jp/miruko/index1_0.rdf
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2016年12月31日 Posted by miruko at 01:19 | 09.私からあなたへ! | この記事のURL
休眠状態でした
2016年12月31日、ひさびさの更新

2009年05月03日 Posted by miruko at 17:07 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
America:Holiday
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!


アーチスト:America
アメリカ(America)
アメリカのバンド。「名前のない馬」のヒットで知られる。
デビューアルバム「アメリカ」の売れ行きはさほどではなかったが、翌1972年に発表したシングル「名前のない馬(A Horse With No Name)」が期せずして全米1位の大ヒットとなる。急遽この曲を追加収録してアルバムを再発したところミリオンセラーを記録、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞した。同年にロサンゼルスに活動拠点を移す。

◆ジャンル フォークロック
◆活動期間 1970年 -
◆レーベル
Warner Bros. Records
Capitol Records
Rhino Records
American Gramaphone
Oxygen Records
Burgundy Records
◆公式サイト
http://www.venturahighway.com/
◆メンバー
ジェリー・ベックリー
デューイ・バネル
Willie Leacox
Michael Woods
Rich Campbell
旧メンバー
ダン・ピーク
Joe Osborn
Hal Blaine
David Dickey
Jim Calire
Tom Walsh
Tony Garofolo
Brad Palmer
Wikipediaより一部掲載


アルバム名: Holiday
発売日: 2000-03-13



1.Miniature
2.Tin Man
3.Another Try
4.Lonely People
5.Glad to See You
6.Mad Dog
7.Hollywood
8.Baby It's Up to You
9.You
10.Old Man Took
11.What Does It Matter
12.In the Country


星74年にリリースされた4作目。
ジョージ・マーチンがプロデュースを手がけたことが話題になった作品で,世界初のCD化。トレード・マークのコラースを,よりポップにビートルライクなフレイヴァーを加味して仕立てたサウンド。ジャケットそのままののどかさが楽しい。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





2009年05月03日 Posted by miruko at 17:05 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
America :America
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!



アーチスト:America
アメリカ(America)
アメリカのバンド。「名前のない馬」のヒットで知られる。
デビューアルバム「アメリカ」の売れ行きはさほどではなかったが、翌1972年に発表したシングル「名前のない馬(A Horse With No Name)」が期せずして全米1位の大ヒットとなる。急遽この曲を追加収録してアルバムを再発したところミリオンセラーを記録、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞した。同年にロサンゼルスに活動拠点を移す。

◆ジャンル フォークロック
◆活動期間 1970年 -
◆レーベル
Warner Bros. Records
Capitol Records
Rhino Records
American Gramaphone
Oxygen Records
Burgundy Records
◆公式サイト
http://www.venturahighway.com/
◆メンバー
ジェリー・ベックリー
デューイ・バネル
Willie Leacox
Michael Woods
Rich Campbell
旧メンバー
ダン・ピーク
Joe Osborn
Hal Blaine
David Dickey
Jim Calire
Tom Walsh
Tony Garofolo
Brad Palmer
Wikipediaより一部掲載


アルバム名: America
発売日: 1994-10-19



1.Riverside
2.Sandman
3.Three Roses
4.Children
5.Horse With No Name
6.Here
7.I Need You
8.Rainy Day
9.Never Found the Time
10.Clarice
11.Donkey Jaw
12.Pigeon Song


星さわやかなハーモニーとアコースティックでポップなフォーク・ロック・サウンドを聴かせ人気を博したアメリカのデビュー・アルバム(1972年発表)。全米ナンバー・ワン・ヒット「名前のない馬」収録。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2009年05月03日 Posted by miruko at 16:49 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
The Doobie Brothers:Minute by Minute
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!



アーチスト:The Doobie Brothers
ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers)
アメリカのバンド。
1970年代に人気を博したウエストコースト・ロックを代表するバンドのひとつ。
Wikipediaより一部掲載


アルバム名: Minute by Minute
発売日: 1994-12-02



1.Here to Love You
2.What a Fool Believes
3.Minute by Minute
4.Dependin' on You
5.Don't Stop to Watch the Wheels
6.Open Your Eyes
7.Sweet Feelin'
8.Steamer Lane Breakdown [Instrumental]
9.You Never Change
10.How Do the Fools Survive?


星この作品は後期と言われる1976年「ドゥービー・ストリート」、1977年「運命の掟」に続く
1978年のアルバム。
アメリカ国内ですでに3,000万枚のLPを売っているドゥービーは,’80年ついにこのアルバムでグラミー賞の4部門を獲得した。文字通りのスーパー・バンドとしての現在の地位を不動のものにした記念アルバムがCDになった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





2009年05月03日 Posted by miruko at 16:33 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
Cat Stevens:Tea for the Tillerman
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!



アーチスト:Cat Stevens
キャット・スティーヴンス(英語: Cat Stevens)
イギリスのミュージシャン、ユスフ・イスラム(Yusuf Islam、1948年7月21日 ?)のかつての芸名。
彼はロンドン出身のシンガー・ソングライター、教育家、慈善活動家であり、イスラム教への改宗者としても知られている。
Wikipediaより一部掲載

アルバム名: Tea for the Tillerman
発売日: 2000-05-23



1.Where Do the Children Play?
2.Hard Headed Woman
3.Wild World
4.Sad Lisa
5.Miles from Nowhere
6.But I Might Die Tonight
7.Longer Boats
8.Into White
9.On the Road to Find Out
10.Father and Son
11.Tea for the Tillerman



星Tea for the Tillermanはキャットの2枚目のアルバム。出世作でもある。彼が世に知られるようになった多くの名曲が収められている。結核で入院していたキャットが、入院中温めていたすべてを出したともいえる充実したできばえだと思う。押しも押されもせぬ名曲wild world、ピアノの弾き語りによる印象的なバラードsad Lisa、歌詞奥深さを味わいたいon the road to find out、UFOのことを歌ったというカリプソの流れるようなリズムに乗せて歌われるLonger Boats、もう一つの名曲、父と子の葛藤を歌に託した青春譜father and son、とにかくどれも文句なしのいい歌ぞろいである。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2009年05月03日 Posted by miruko at 16:21 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
Randy Newman: 12 Songs
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!


アーチスト:Randy Newman
ランディ・ニューマン
(Randy Newman、本名:Randall Stuart Newman、1943年11月28日 - )
アメリカ合衆国のシンガーソングライター。
Wikipediaより一部掲載

アルバム名: 12 Songs
発売日: 1988-07-11



1.Have You Seen My Baby?
2.Let's Burn Down the Cornfield
3.Mama Told Me (Not to Come)
4.Suzanne
5.Lover's Prayer
6.Lucinda
7.Underneath the Harlem Moon
8.Yellow Man
9.Old Kentucky Home
10.Rosemary
11.If You Need Oil
12.Uncle Bob's Midnight Blues



星1970年発表のセカンドアルバム。
ファーストを彩っていた流麗なハリウッド風のオーケストレーションは一切姿を消し、収録された楽曲も、スリードッグナイトによる全米ナンバーワンヒット「ママ・トールド・ミー」は別にして、全体として地味な印象のアルバムである。そのせいなのかどうか、日本ではファーストと共に90年代にCD化されるまで発売されることがなかった。
 バッキングは当時のバーバンク周辺の精鋭ミュージシャン、ライ・クーダー、クラレンス・ホワイト、ロン・エリオット(ボーブラメルズ)、ジム・ゴードン、ジーン・パーソンズ、ミルト・ホランド等など。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





2009年05月03日 Posted by miruko at 16:15 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
Buffalo Springfield:Buffalo Springfield Again
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!


アーチスト:Buffalo Springfield
バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)
1966年4月に結成されたアメリカのロックバンドである。
さまざまな音楽的要素を内包しながらも、そして、メンバーたちの際立った個性がぶつかり合いながらも、密度の高い、調和のとれた良質の作品を生んだ。その一方でメンバー間での対立(とくにスティルスとニールの対立)が絶えず、1968年5月に解散した。

活動期間は約2年と短かったが、その後の音楽シーンに大きな影響を与えた。はっぴいえんどの細野晴臣ら、日本の音楽界への影響も大きい。
メンバー
スティーヴン・スティルス(Stephen Stills) - ギター・キーボード・ボーカル
リッチー・フューレイ(Richie Furay) - ギター・ボーカル
ニール・ヤング(Neil Young) - ギター・ピアノ・ボーカル
デューイ・マーティン(Dewey Martin) - ドラムス
ブルース・パーマー(Bruce Palmer) - ベース
Wikipediaより一部掲載

アルバム名: Buffalo Springfield Again
発売日: 1999-02-26



1.Mr. Soul
2.Child's Claim to Fame
3.Everydays
4.Expecting to Fly
5.Bluebird
6.Hung Upside Down
7.Sad Memory
8.Good Time Boy
9.Rock & Roll Woman
10.Broken Arrow




星完全生産限定盤 紙ジャケットCD コレクション
グループが残したアルバムの最高傑作であり、60年代のロックを代表するロック・ファン必携の2ndアルバム「アゲイン」が紙ジャケットCDで登場!!

ニール・ヤングがライヴのレパートリーとしても演奏する「ミスター・ソウル」、後にプログレ・グループ『YES』もカバーした「エブリデイズ」や「ブルーバード」「折れた矢」など珠玉のナンバーを収録
<パーソネル>
スティヴン・スティルス(G,Vo)
ニール・ヤング(G,Vo)
リッチー・フューレイ(G,Vo)
ブルース・パーマー(B)
ジム・フィールダー(B)
デューイ・マーティン(Ds)









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2009年05月03日 Posted by miruko at 16:05 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
Stills & Nash Crosby:Daylight Again
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!


アーチスト:Stills & Nash Crosby
クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング
(Crosby, Stills, Nash & Young、以下CSN&Y)
1960年代末から1970年代初頭にかけて活躍したアメリカのロック・グループであ

る。いったんその活動に幕を降ろしながらも、さまざまな派生形態を取りながら

活動をつづけ、最近では1999年にもアルバムを発表している。
メンバー
*デヴィッド・クロスビー 
David Crosby (元バーズ)
*スティヴン・スティルス 
Stephen Stills (元バッファロー・スプリングフィールド)
*グレアム・ナッシュ 
Graham Nash (元ザ・ホリーズ)
*ニール・ヤング 
Neil Young (元バッファロー・スプリングフィールド)
Wikipediaより一部掲載

アルバム名: Daylight Again
発売日: 1994-11-02



1.Turn Your Back on Love
2.Wasted on the Way
3.Southern Cross
4.Into the Darkness
5.Delta
6.Since I Met You
7.Too Much Love to Hide
8.Song for Susan
9.You Are Alive
10.Might as Well Have a Good Time
11.Daylight Again



星82年に発表されたCS&N名義での通算3作目。
発表された当時は,かつてのスーパー・グループとしてのイメージが強すぎて物足りない気もしたが,時を置いて再聴すれば,曲が発する色彩感,コーラス・ワークの妙は正に彼らだけのピュア・オリジナル。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2009年05月03日 Posted by miruko at 15:53 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
Don Henley:The End of the Innocence
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!



アーチスト:Don Henley
ドン・ヘンリー(Donald Hugh Henley, 1947年7月22日 - )
アメリカ合衆国テキサス州出身のドラマー、歌手。
カントリー・ロック・バンド、イーグルスのメンバーとして知られる。Wikipediaより一部掲載

アルバム名: The End of the Innocence
発売日: 1989-06-19



1.End of the Innocence [Surround]
2.How Bad Do You Want It?
3.I Will Not Go Quietly
4.Last Worthless Evening
5.New York Minute
6.Shangri-La
7.Little Tin God
8.Gimme What You Got
9.If Dirt Were Dollars
10.Heart of the Matter


星89年発表の3rdソロが紙ジャケで登場。
前作『ビルディング~』に続き、こちらもベスト・ロック・ヴォーカル賞を受賞。ブルース・ホーンスビーとの共作曲など収録の大人のロック作。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





2009年05月03日 Posted by miruko at 14:38 | 02.MotelCalifornia | この記事のURL
Santana:Amigos
AccuRadio- MotelCalifornia
懐かしのCalifornia Rockが聞きたい!



アーチスト:Santana

サンタナ(Santana)
米国のラテン・ロック・バンド。
ギタリストのカルロス・サンタナ(Carlos Santana)を中心にしたグループである。
Wikipediaより一部掲載

アルバム名: Amigos
発売日: 1989-04-03



1.Dance Sister Dance (Baila Mi Hermana)
2.Take Me With You
3.Let Me
4.Gitano
5.Tell Me Are You Tired
6.Europa (Earth's Cry Heaven's Smile)
7.Let It Shine



星米盤オリジナルLPジャケットを復刻
76年作品。グレッグ・ウォーカーを新ヴォーカリストに迎え、サンタナ本来のプリミティヴなラテンロックが復活!一方で非常に計算されたポップ性を備え持っており、当時のファンクミュージックへのサンタナなりのアプローチともいえる。なんといってもこのアルバムを象徴する哀愁のヨーロッパは大ヒット!この成功を機にサンタナの哀愁路線が確立される(哀愁のボレロ、哀愁の旅路など)。カルロスのスパニッシュ・ギターが聞ける「ジプシー仲間」も本作のハイライトの一つ。横尾忠則氏の芸術的アートワークも話題に。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。