海外国内の有料・無料VPN比較

「中国でネットやVPNが繋がらなくなった!」時は当サイトの最新情報をご覧ください。中国での快適なネット環境を実現するには?中国のネット規制に対処できる、私の今使っているオススメVPNを紹介します。

過去ログページ

知りたい単語でサイト内検索!
サイトマップ
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
中国広東省の人さんの画像
中国広東省の人
外国行くときに持っていたい 為替レートの良いカード ⇒当サイトの紹介記事はこちら
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

中国でGmailやGoogleを使う方法


2016年10月現在、中国ではGoogleのサービスが全体的に使えない。
これは今に始まったことではなく、2012年からGoogle系はすべてシャットアウト中…。

GmailやGoogle Play、ウェブマスターツールやもちろんGoogle検索も使えない。
これではネットで仕事をする人にとっては不便なこと極まりなし。

ということで登場してくるのがVPNというサービスなのです。

VPNとは



VPNとは(ヴァーチャルプライベートネットワーク)の略称。

簡単に言うと、中国からネットを接続する際に日本を経由して接続する仕組みです。

この仕組みを使えばGoogleのサービスがすべて使えるようになりますし、
FacebookやTwitter、そして日本のサービスであるFC2も見られるようになります。

FC2が見られないとFC2ブログやFC2動画も見ることができないので非常に不便ですね。

Naverまとめの中にある画像も読み込まないこともあるので、そのようなときにはVPNの出番です。

日本にもVPNサービスがあるのですが、私が実際に使ってみて満足できたのは海外のVPNサービスです。

もし中国で上にあげたサービスを使ってみたいということでしたら、
海外VPNを推す3つの理由をご覧ください。

VPNがなかったころ


中国に引越してかなりショックだったのがGmailやGoogle検索が使えなかった点ですね・・・。

今はYahoo検索もGoogleのエンジンを使っているため、たまにYahoo検索も使えないことがありました。

関係性があるのかはわかりませんが、GoogleとYahooどちらの検索エンジンも使えない時の不便さと言ったら・・・。

百度(バイドゥ)は日本ページ少しは表示してくれますがやっぱりGoogle検索ですよね^^;

ということで、中国でグーグル系のサービスを使いたい人は要注意です!

オススメ記事:気軽にお試し!HideMyAss!が7日のVPN無料トライアル期間を開始!

中国でGmailを使う裏技:QQメールを使う


この方法はネットで紹介されていて、「おおなるほど!」と感じた方法です。
iPhoneやiPad、Androidで「QQメール」というアプリを使って、Gmailのアカウントを登録するという方法です。

基本的にはVPNを使ってグレートファイアーウォール(金盾)を回避しなければいけないのですが、QQは中国でもメジャーなソフトウェア。このアプリを使うことで仮想的にGmailのブロックを回避できるようです。
ちょっと専門的な仕組み解説としては、GmailのメールデータをダウンロードするときにQQメール、という「外部メール」を使うことで受信できるというわけ。

iPhoneでの設定方法は、まずQQメールをiPhoneにダウンロードします。


その後、右上の「+」ボタンから設定(设置)をタップ。

添加账户(アカウント追加)をタップすると、その中には「Gmail」の項目が。もしくはExchangeでも使えると思います。

アカウント情報を入れるとGmailが送受信できるようになります。相変わらずGoogle検索などは使えませんが。
Gmailで設定しなければいけないのは、基本的に「帐号(アカウント名)」と「密码(パスワード)」だけなので簡単だと思います。

その他のQQメール用語集


  • 收件箱(受信トレイ)
  • 星标邮件(星付きメール)
  • 草稿箱(下書き)
  • 已发送(送信済み)
  • 已删除(削除済み)
  • 垃圾箱(ゴミ箱)

QQメールは日本語対応していませんが、ある程度感覚で使えるところがあると思います。
iOSやAndroid等限定ですが、中国でGmailを使いたい方はこの方法もあるというのを覚えておくといいと思います。

中国のメールアドレスに転送するだけではGmailは使えない


一つ覚えておいてほしいのが、日本で使っていたGmailの設定で転送を使う方法はあまり再現性がないというところです。
具体的には、Gmailで受信したすべてのメールを「163.com」のような中国のメールアドレスに転送して読めるのか?というと、受信ができません。
理由は、送信側がGmailの場合、受信側が中国のメールアドレスだとはじかれてしまうから。
参考:相手がGmailだと送れない。相手がGmailだと受け取れない。鉄壁の中国メール規制事情。

それで、もしGmailから別のメールアドレスに転送するとしても、中国のメールアドレスはダメで中国から規制されていない日本のアドレスに送るしかないということになります。複雑…。
例えば、家にプロバイダーメールがあったりすればそれでもいいですし、有料のメールサービスを使う手もあります。
どちらにしても、中国当局が規制しているドメイン(sample@test.comの場合、@の後の文字列)の場合すべてはじかれてしまうのでVPNを使わないで自由に送受信するのは至難の業…ということです。
posted by 中国広東省の人 at 2016年10月13日 | Comment(4) | TrackBack(0) | VPNのメリット
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。