海外国内の有料・無料VPN比較

「中国でネットやVPNが繋がらなくなった!」時は当サイトの最新情報をご覧ください。中国での快適なネット環境を実現するには?中国のネット規制に対処できる、私の今使っているオススメVPNを紹介します。

過去ログページ

知りたい単語でサイト内検索!
サイトマップ
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
中国広東省の人さんの画像
中国広東省の人
外国行くときに持っていたい 為替レートの良いカード ⇒当サイトの紹介記事はこちら
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

相手がGmailだと送れない。相手がGmailだと受け取れない。鉄壁の中国メール規制事情。

これは最近なのか、昔からなのかすこしはっきりしないのですが、
Gmailの規制が以前よりも厳しくなっている気がします。



Gmailの規制が強いと思った理由


今から説明するのは、iPhoneやiPadの「メールアプリ」を使った場合です。

@相手が中国にいると、日本国内からでもGmailからのメールが送れない。

まず、日本にいる人がGmailで中国にいる人にメールを送ったとします。

中国にいる人はYahooのyahoo.co.jpとかhotmail.co.jpとかのメールだとします。
これは何とか中国国内からでも使える「日本のメールアドレス」です。

すると、Gmail側では送信済みになっているのですが、
中国国内ではGmailからのメールを受け取れないのです。

受け取れないという事は拒否されてしまうという事なので、
送った側のGmailにはしばらく経った後に
「Delivery to the following recipient failed permanently:」
というメールが届きます(;^ω^)

おそらくVPNを使ったり、香港やマカオ、韓国とかに出て
そこのネットワークにつなげると受け取れるのだと思います。

ウェブメールを使っていないのですが、IMAPやPOP3だと、
Gmailから送られてきたメールはシャットアウトされるようです。恐るべし・・・。



A逆のパターンで、中国から中国外のGmail宛のメールも届きません。

中国で例えばmyadress@yahoo.co.jpから、you@gmail.comに送った場合。

これはYahooメールは「送信済み」になるのですが、Gmailのほうでは何も受信しません。

たまにブロックを抜けて数時間後にGmailに届くこともあるようなのですが、
基本的には中国からGmail宛のメールは送れないようです。

仕事相手のメールアドレスがGmailだった時などは、
やはりVPNを使わないと安心して送れないのが現状です。

Googleのサービスが使えない不満



いったい金盾の仕組みはどうなっているんですかね。
僕も書いていて「仕組みがわからない・・・」という状態でした。

日本にいるとGoogle検索やGmailをよく使う人は多いと思います。

でも中国に入ってしまうと、自分もGoogle系のサービスを使えなくなりますし、
日本のGoogleユーザーからも隔離されるような状態です。

今回取り上げたような「相手がGmailの場合」は本当に不便だと思います。

もしこれから中国にいくとしたら、今まで使っていたメールアドレスは使わないほうがよさそうです。

新しく使えるメールアドレスを取得するか、VPNでごり押しで使うかどちらかですね。

YahooJapanのメールもなんとか使えるのですが、もっと確実に使えるメールがいいですよね。
(中国のメールである163.comやQQでもいいですが(;´∀`) もちろん盗聴は入っていると思いますけど。)

関連記事

中国でGmailやGoogleを使う方法

ネット規制が強くなり中国からYahooメールが使えない件

HideMyAss!VPNが公式で日本語対応開始!これは使いやすい&円高もあってオトク!

HideMyAss!VPNが公式で日本語対応開始!これは使いやすい&円高もあってオトク!

いつも特に問題なく繋がっているので、公式サイトをあまりチェックしていなかったのですが・・・

なんと、HideMyAss公式サイトが日本語に対応していました!

公式サイトに行くと既に日本語になっている

hidemyass.png


上の画像でも、ちょっとわかりにくいのですがTOPページも完全に日本語になっています。
(ExpressVPNみたいに、自動で日本語になればいいのに…と思うのですが⇒追記:2017年5月現在、自動で日本語になります。)

hmakakaku.png


嬉しいのは、価格も日本表記になっているところです。

値段が中途半端なのは、おそらくアメリカのレートを日本円に変換しているためだと思いますが、これでVPNの価格もわかりやすくなりましたね!

HideMyAssの担当者さんと話しました


先日、当サイトの内容がわかりやすいとのことでHideMyAss(HMA公式)の担当者の方とお話しすることができました。

今も日本人の方が海外に行くときにHMAを選ぶことが多いようで、何とか日本のシェアを伸ばしたいとのことでした。

このサイトでも有料・無料VPNを紹介させていただきましたが、HMAの加入者はどんどん増えているようです。

理由として、ここ数年の航空券価格の下落とともに、海外に旅行や仕事に行く人が急増しているからとのことでした。

また、海外から日本に遊びに来る人も、帰国後にVPNを使って日本のネット環境を再現できるところも人気だとのことです。

今は2016年3月ですが、まだ「円高」ということで、円高の時は海外のサービスや商品がお得になります。

去年はHMAの1か月プランが1600円を超していたのですが、今は1500円になっていて、他のプランも円高+割引が効いて安くなっています。

今VPNを考えているとしたら、日本語対応+円高有効活用の海外VPNをチェックしてみてほしいと思います^^

日本語対応したHMA!公式
(自動で日本語にならなかったら、右上の「English」をクリックすると「日本語」があります。)


関連記事

海外有料VPN詳細:Hide My Ass!(HMA)

中国でセカイVPNよりHMA!のほうがオススメな3つの理由
タグ:HideMyAss
posted by 中国広東省の人 at 2016年03月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有料VPN
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。