海外国内の有料・無料VPN比較

「中国でネットやVPNが繋がらなくなった!」時は当サイトの最新情報をご覧ください。中国での快適なネット環境を実現するには?中国のネット規制に対処できる、私の今使っているオススメVPNを紹介します。

過去ログページ

知りたい単語でサイト内検索!
サイトマップ
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
中国広東省の人さんの画像
中国広東省の人
外国行くときに持っていたい 為替レートの良いカード ⇒当サイトの紹介記事はこちら
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【お名前.com仮想デスクトップ】中国でリモートデスクトップサービスを使う

「お名前デスクトップ」が中国から使えるのか?


Working. / ianmunroe


今回この方法を思いついたのは、こんな経緯がありました。

今までVPNサービスを使っていましたが、たまにリモートデスクトップで日本にある自宅のパソコンにアクセスした時に非常にインターネットの回線が速く快適だったので、24時間使えるリモートデスクトップのサービスであるお名前.comクラウドのサービスを中国で使えるのではないかと検討したわけです。

デスクトップクラウドのサービスというのは、
簡単に言うとウィンドウズの環境をどこでも再現できるといったサービスです。

つまり、中国にいる人にとっては

自宅にVPNサーバーを立てたりリモートデスクトップ用に
24時間体制でパソコンを起動していなくても良いサービスです。

このサービスを中国で使う利点としては、中国はネット環境の規制がかかっているのでダイレクトではYouTubeやニコニコ動画またFacebookにアクセスすることができません。

しかし日本のサーバーや日本のアクセスポイントを介してインターネットに接続
することにより中国のネット規制を回避することができます。


Unplugged - no computer, no internet, possible? / photosteve101


ネット規制回避する方法として代表的なものがVPNサービスですが、
リモートデスクトップを提供しているサービスである「お名前デスクトップ」を経由したネット接続も可能というわけです。
参照:日本のVPNと、海外のVPNサービスを比較してみた

自分のパソコン以外に、もう1台仮想のWindowsパソコンが持てるというようなイメージなので、
中国からリモートデスクトップを利用した規制回避に役立ちます。

これは専門用語で「VPS(バーチャルプライベートサーバー)」と言って、
パソコンを24時間起動して何か作業したい人も仮想パソコンの利用を検討するようですね。

お名前デスクトップにはいろいろなプランがありますが、
中国からの普通の利用であれば「スタンダードプラン」で十分だと思います。

for Windowsアプリや、for FXはマシンパワー(パソコンの性能)を求める方向けですね!

今なら初期費用無料で14日間の試用もできるので試してみることにしましょう!
お名前.com デスクトップクラウドの詳しいサービス内容はこちら
続きを読む...

中国でiPhoneがネットに繋がりにくい時の解決方法



検索してきてくださる方の中で、iPhoneが繋がりにくいという方がいらっしゃいます。

中国国内でこの問題が起きている原因は、中国のネット規制によるものです。

特に最近では中国政府がモバイルに対する規制を強化しています。

それで、携帯機器から日本のウェブページに接続しにくい状況が続いています。

特にiPhoneについては、多くの人がSafariというブラウザでネットに接続していて
その情報くらいであれば中国政府に筒抜けなのです。

それで、どんなウェブページを見ているかは監視されていないものの、
日本のページにアクセスするときに極端に遅くなる時があります。

解決方法は?


やはりVPNをつかって、
「日本からネットに繋いでいるように見せかける」ことが必要です。

VPNを使うメリットの一つとして、接続元情報を隠せます。

中国からアクセスしていても、それを日本国内からのアクセスに見せかけられます。

この仕組みを使うことによってiPhone等のモバイル機器からネットに繋がりやすくなります。

もし、PC以外の携帯機器からネットに繋がりにくかったら試してみてください。

オススメのVPNは別エントリに記載しています。
中国からつながる最もベストなVPNは・・・?
posted by 中国広東省の人 at 2015年08月24日 | VPNのメリット

中国で仮想デスクトップサービスを利用しネット規制を回避する

VPN以外の方法で中国のネット規制を回避する方法を調べました。
未完成ですが参考に。

中国からインターネット接続をするにあたって考えたサービスがVPNサービスですが、
それとは別に仮想デスクトップサービス(DAAS)やVPSサービスについて比較してみたいと思います。

VPNサービスについてですが、VPNというのはパソコンのインターネット接続をダイレクト接続ではなくVPNのサーバーを介して行うことによって中国のインターネット規制を回避するというものになります。

しかしDAASサービスやVPNサービスについては仮想デスクトップを提供するというものです。

そのサービスに申し込んでいた場合はiPadやMacのパソコンからもその仮想パソコンに接続しウィンドウズパソコン使うことが出来るようになります。

それぞれのサービスの違いについて調べてみると、
VPSについては仮想専用サーバーのサービスとなっています。

VPSサービスに申し込んでおくことによってパソコンをもう1台持っているような形で利用することができます。

今回調べたサービスのなかにはお名前.comが運営している「デスクトップクラウド
」というサービスもあります。
リモートデスクトップの環境を24時間どこでも使えるサービスです。



お名前デスクトップのサービスと比較してみたのは、FC2のVPSサービスです。

この2つのサービスは似ていますが若干異なったサービスを提供しています。

調べてみてわかったのは,VPSと仮想デスクトップは異なるということです。

今回は、
仮想デスクトップサービス
DAAS
VPS

このあたりの言葉を覚えていただければ幸いです。

VPNだけがネット規制回避の方法ではないということを知っていただければ幸いです。

中国のネット規制回避のVPN以外の方法、
お名前.com デスクトップクラウドの詳細はこちら
http://www.sppd.ne.jp/desktop/