海外国内の有料・無料VPN比較

「中国でネットやVPNが繋がらなくなった!」時は当サイトの最新情報をご覧ください。中国での快適なネット環境を実現するには?中国のネット規制に対処できる、私の今使っているオススメVPNを紹介します。

カテゴリー:ネット規制問題

知りたい単語でサイト内検索!
サイトマップ
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
中国広東省の人さんの画像
中国広東省の人
外国行くときに持っていたい 為替レートの良いカード ⇒当サイトの紹介記事はこちら
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

相手がGmailだと送れない。相手がGmailだと受け取れない。鉄壁の中国メール規制事情。

これは最近なのか、昔からなのかすこしはっきりしないのですが、
Gmailの規制が以前よりも厳しくなっている気がします。



Gmailの規制が強いと思った理由


今から説明するのは、iPhoneやiPadの「メールアプリ」を使った場合です。

@相手が中国にいると、日本国内からでもGmailからのメールが送れない。

まず、日本にいる人がGmailで中国にいる人にメールを送ったとします。

中国にいる人はYahooのyahoo.co.jpとかhotmail.co.jpとかのメールだとします。
これは何とか中国国内からでも使える「日本のメールアドレス」です。

すると、Gmail側では送信済みになっているのですが、
中国国内ではGmailからのメールを受け取れないのです。

受け取れないという事は拒否されてしまうという事なので、
送った側のGmailにはしばらく経った後に
「Delivery to the following recipient failed permanently:」
というメールが届きます(;^ω^)

おそらくVPNを使ったり、香港やマカオ、韓国とかに出て
そこのネットワークにつなげると受け取れるのだと思います。

ウェブメールを使っていないのですが、IMAPやPOP3だと、
Gmailから送られてきたメールはシャットアウトされるようです。恐るべし・・・。



A逆のパターンで、中国から中国外のGmail宛のメールも届きません。

中国で例えばmyadress@yahoo.co.jpから、you@gmail.comに送った場合。

これはYahooメールは「送信済み」になるのですが、Gmailのほうでは何も受信しません。

たまにブロックを抜けて数時間後にGmailに届くこともあるようなのですが、
基本的には中国からGmail宛のメールは送れないようです。

仕事相手のメールアドレスがGmailだった時などは、
やはりVPNを使わないと安心して送れないのが現状です。

Googleのサービスが使えない不満



いったい金盾の仕組みはどうなっているんですかね。
僕も書いていて「仕組みがわからない・・・」という状態でした。

日本にいるとGoogle検索やGmailをよく使う人は多いと思います。

でも中国に入ってしまうと、自分もGoogle系のサービスを使えなくなりますし、
日本のGoogleユーザーからも隔離されるような状態です。

今回取り上げたような「相手がGmailの場合」は本当に不便だと思います。

もしこれから中国にいくとしたら、今まで使っていたメールアドレスは使わないほうがよさそうです。

新しく使えるメールアドレスを取得するか、VPNでごり押しで使うかどちらかですね。

YahooJapanのメールもなんとか使えるのですが、もっと確実に使えるメールがいいですよね。
(中国のメールである163.comやQQでもいいですが(;´∀`) もちろん盗聴は入っていると思いますけど。)

関連記事

中国でGmailやGoogleを使う方法

ネット規制が強くなり中国からYahooメールが使えない件

HideMyAss!VPNが公式で日本語対応開始!これは使いやすい&円高もあってオトク!

HideMyAssのiOSでの設定方法。VPNのアプリを使えばすぐ!

当サイトでも人気の優良(有料)VPN、HideMyAss!ですが、設定方法もすごく簡単です。

HideMyAssにはアプリが用意されているので、アプリから設定すればiOSでのプロファイルがすぐに作れます。

iOS用のアプリをAppStoreからインストールする


英語表記なので心配になるかもしれませんが、インストールすればすぐに使える簡単設計です。

AppStore(無料)

23.png
繋ぎたいVPNの接続先を設定して

21.png
Protocol TypeはL2TPを選択します。PPTPだと繋がりにくい印象です。

30.png
Install Profileを選択して、完成したプロファイルを選択すれば設定完了です!
タグ:HideMyAss

中国からVPN公式サイトに繋がらない・見られない時の対処法【2016年版】

vpn.png

いや〜。中国は本当にネット規制が激しいです。

しばらく日本に帰っていて日本で不自由ないネット環境があったので
中国に戻ってきてから苦労した苦労した・・・。

普通にインターネットしてても上の画像のように、画像がロードされないんですよ。
規制強すぎるでしょ・・・。

そこで今回は、「中国にすでに来てしまった後にVPN契約したいけどできるの?」
というすでに中国に来てネット規制の問題に困っている人の為の記事です。

ネット規制回避のVPNサービスの公式に繋がらない!→契約できない


実はさっきVPNの契約が切れていたことを思い出して、
海外VPNのHideMyAss(以下HMA)の公式サイトに接続しようとしたら・・・見られない!

もうあまり驚かなくなってしまったのですが、中国政府はVPNでネット規制を回避されないため
VPNサービスの公式サイトに閲覧制限をかけているんですね。

それでこのブログは見られている人でも、中国国内からだとHMAの公式につながりません。

他にも日本のVPNサービスであるこのあたり、ダイレクトだと繋がらないんじゃないでしょうか?
(もし繋がったらそれはラッキーです!接続がブロックされない間に対処しましょう)

無料VPNなら【パンダVPN】

無料VPNの【VPNFree】

SoftEther VPN プロジェクト

Freegate - Download

ちなみにこの4つはすべて無料で使えるVPNサービスです。

でもそれ故に中国からのブロックも結構厳しく、このワードで検索しても表示されません^^;
freegate検索.png


↑こんな感じで検索・閲覧制限がかかっています。

中国国内でVPN契約するには


では本題である「中国にすでに来ていてVPN契約をするにはどうすればいいか?」

私の場合はやっぱり有料VPNの性能が忘れられないので、無料VPNではなく有料を契約したいのです。

それでなんとかVPN公式ページに繋いでそのあと契約・・・の予定でした。

これはかなり難しい問題ですが、いくつか方法があります。

まず私が試してダメだった方法です。

プロキシ接続


中国のネット検閲にプロキシ接続は効きません。

中国以外のサーバー、例えば日本や韓国・アメリカなどの
プロキシサーバー経由で接続を試みましたが失敗でした。

上に紹介した無料VPN接続


ある方法を使って何とか無料VPNの公式ページを表示まではできたのですが
パンダVPNでアカウント設定しても私の環境ではつながりませんでした。

無料VPNは場所によって使えないことが多いです。
私の住んでいる華南地区(中国の南のほう)では相変わらず使えませんでした。

では他に方法はあるのか?

既にVPN使っている友達にお願いする


これがずーっと頭にありました(笑

中国国内に来てしまうと、VPN契約すら難しくなってしまうと実感しました。

であるなら中国ですでにVPN使っている人にお願いして契約させてもらう方法です。

やっぱりIDやパスワード、クレジットカード使うことになりますからなるべく信用できる人がいいですね。

日本にいる家族に代理で契約してもらう


これは安心な方法だと思います。

でも家族の方がこのようなことに詳しくないとしたら日本のパソコンを
リモートデスクトップ機能で遠隔操作させてもらって、
VPN公式サイトから契約、という方法がアリだと思います。

公式サイトに繋がるVPNサービス契約を選択する


私はHMAの接続品質が非常にいいと思っていて、
このサービスを使いたかったのですが公式に繋がらなかったということなのですが

例えば日本のVPNサービスのセカイVPNは中国国内からでも公式ページが見られるVPNです。

無料試用期間が最大60日あるので、
もしこれでよいということだったらセカイVPNは候補に入ると思います。

セカイVPNでVPN接続して、そのあとHMAも契約して2重にしておくと繋がらない時が少なくなるので2つ利用も場合によっては候補に入れてもいいと思います。(特に仕事で必要な人)

App Storeから契約する


これが今回私が苦悩の末に思い付いた方法です。



リンクはiOS用のHMA接続アプリです。

このアプリ内購入から契約するという方法です。

appkeiyaku.PNG


HMAに直接契約したいと思ったらこの方法があるのですが、
その他にも無料で使うことのできるVPNAppsがあります。



HMAの公式アプリで直接契約するのもありですが、
無料のを使ってみて「意外と安定しているな」と思ったらそれでもいいかもしれないです。

無料のVPNアプリを使ってみた後やはり遅いということでしたら、
既にVPN接続できているデバイスでならHMA公式ページにアクセスできると思います。


まとめ。中国来る前にVPNは準備しておくのが○!


ということでかなり苦労しながらもVPN公式サイトにアクセスできない時に
どのような方法を使ってVPNを使い始めることができるのかを考えました。

もし中国に来ていて、VPN契約が難しくてわからない・・・ということでしたら
下にコメントいただけますでしょうか?

コメントで返信も可能ですし、急ぎでしたらお電話で相談に乗ります。
コメントは承認制ですので、電話番号教えていただいても他の人には伝わりません。
心配でしたらコメントいただけたら、私の電話番号をお伝えいたしますね。

「VPNの件でお尋ねしたいのですが」と仰っていただければ助けになれると思います。

この中国のネット規制の中でも快適なネットサーフィンができる人が一人でも増えますように・・・。

海外のおすすめVPN:HideMyAss!VPN

日本国内のおすすめVPN;セカイVPN
タグ:HideMyAss

中国でニコニコ動画とビリビリ動画を見る!

ニコニコ動画の愛用者の方は「中国でニコニコ動画は見られるんですか?」と気になると思います。

回答から言うと、「基本的にニコニコ動画は見られません」となります。

基本的にというのは、中国の公共wifiや自宅wifiにそのまま接続しても見られないということです。

これは面白いのですが、隣国の香港は問題なく見られるんですよね。

でも中国国内に入った途端、見ることができなくなってしまいます。完全に中国のネット規制の問題ですね。

ニコニコ動画を見たい時は?


中国ではニコニコ動画が見られないのですが、現地の若い人は「それでもニコニコ動画が見たい!」ということで類似サイトにアクセスしていました。

bilibili.comというニコニコ動画の類似(パクリ?)サイトです。

このサイトだとニコニコ動画のように弾幕付きで動画が見られます。

歌ってみたや踊ってみたも有志の人が日本のニコニコ動画から転載してアップロードしてくれています。

アニメについては日本だと最新の1話しかみられなく、過去のものは有料になっていますがビリビリ動画だと結構見放題です(^^;

やっぱり本家ニコニコ動画がいい!


そんなニコニコ動画の海賊版サイトなんていやだ!という方には当サイトで紹介している「VPN」で接続することがオススメです。
参照:当サイトのVPNについてわかる目次

VPN接続をすることによってパソコンに詳しくない人でも中国からニコニコ動画が見られるようになります。

「難しい話はよくわからない・・・」と思われるかもしれないのですが、簡単な接続ツールもあるので大丈夫ですよ!

ビリビリ動画にしてもニコニコ動画にしても、やっぱり日本初のアニメや動画のクオリティはすごいなと思います。

日本から離れても見たくなってしまいますよね。ぜひ中国でも動画サイトを満喫してください^^

ネット規制が強くなり中国からYahooメールが使えない件

yahoomail.png

2015年9月になってからでしょうか。

規制が強くなりYahooメールにも繋がらなくなりました。

中国と日本の関係がまた悪くなったのでしょうか(; ・`д・´)

どちらにしてもGmailが使えなかったのでYahooメールを使うことにしていた日本人にしては
これも本当に頭を悩ませることですね。

日本の2大フリーメールが使えないので、
今後メールを使いたい中国在住日本人はどうすればいいのか?

中国のフリーメールを使う


不本意ではあるもの、中国国内のフリーメールであればかなりアクセス速度も速く使えます^^;

代表的な中国のフリーメールはQQ.com(腾讯)163.comでしょうか。

でも監視が強いという面ではあまり使う気にならないと思います。

Yahoo.com等アメリカ系のフリーメールや、iCloud.com


日本系のサービスが使えないのなら外国のメール!

Yahoo Mail(USA)やhotmail.com、そしてAppleのicloud.com等は使えています。

yahoo.com以外は日本語でも使えるのでこちらもありだと思います。

有料のメールサービス


最近ではフリーメールの機能が充実しているため
有料のメールサービスが忘れ去られている感がありますが、これも検討してよいと思います。

私は使ったことがないのでわからないのですが(笑

でも私は独自ドメインを持っていて、独自ドメインのメールはしっかり使えています。

webメールにも問題なくログインできています。

今回の記事で取り上げているYahooJapanのメールやGmailの規制は有名ですが、
ドメインごとにアクセスが禁止されているとすればメジャーじゃないサービスは規制対象外だと思います。

中国で安心して使えるメールとして、有料メールや独自ドメインのメールは捨てがたいです。

VPNを通して接続する


最後にVPNを通すと、YahooメールもGmailもどちらも使えるようになります。

もしThunderbird等のメールクライアントを使っているとしても
VPN接続をすればダイレクトで繋がるわけではないので中国の規制を回避できます。

これから中国に来る人の参考になれば・・・。

そして今中国にいてメールが使えない方は、YahooメールやGmail以外の選択肢を試してみてはいかがでしょうか?

あ、ちなみに新しくアカウントとってYahooメールやGmailのメールを受信したかったら
規制のかかっているメールサービスのほうで新しいメールアドレスに転送するようにすれば
一応全部のメールを逃さず読めるようになりますよ。

⇒日本語対応した世界最大のVPNサービスがすごい
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。