海外国内の有料・無料VPN比較

「中国でネットやVPNが繋がらなくなった!」時は当サイトの最新情報をご覧ください。中国での快適なネット環境を実現するには?中国のネット規制に対処できる、私の今使っているオススメVPNを紹介します。

カテゴリー:有料VPN

知りたい単語でサイト内検索!
サイトマップ
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
中国広東省の人さんの画像
中国広東省の人
外国行くときに持っていたい 為替レートの良いカード ⇒当サイトの紹介記事はこちら
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

評判はいかに?格安VPNホープムーンを中国で使ってみた!

hopemoon.png


業界最安値の月額300円で、同時接続が6台可能なホープムーン。
http://www.cup.com/staticip/

私は半年前くらいに使ったことがあります。

大体2015年3月くらいですね。

ちょうどそのころYahoo検索も使えない状況だったので、
VPNを探していた時に「うわっ安い!」と思って入会してみたのです。

今回は格安VPNであるHOPEMOONを中国で使った感想やいち利用者として口コミを書いてみます。
ネットの評判を見ていると可もなく不可もなく、という感じですが、中国広東省で使った結果は微妙でした。

値段や機能は魅力的だけど・・・


まず、結論から言ってしまうとホープムーンは私の住んでいる広東省からは繋がりませんでした

正確に言うと繋がらないのはiPhoneやiPadなどのモバイル機器。

パソコンを使ってですと、SoftEtherクライアントからの接続は可能でした。

ホープムーンはPPTPやL2TP/IPSec以外にもSoftEtherからの接続に対応しています。
いくつかの接続方法に対応しているので、本来はつながりやすいはずなのですがおそらく接続サーバーが中国にバレているのでつながらなかったということだと思います。

SoftEtherはWindows限定で接続設定が若干複雑ですが、サポートページを見てやれば何とかなると思います。

ただ・・・最初にも書いたようにモバイル機器から繋がらなかったのは痛恨でした。

というのも同時接続6つが売りのホープムーンですが、同時接続できてもモバイルから接続できないのであれば、「何のために使っているんだろう」と思わざるを得なかったからです。

パソコンからしか接続しないということでしたら、月額300円使えるのはメリットが大きいと思います。
ただ、今は外出先からスマホでの使用もあると思うので、モバイル機器から使えないホープムーンは正直オススメできません。

サポートは評価できる


モバイル機器が繋がらなかった時に、サポートセンターに問い合わせたところ
hopemoonmobile.png

「最近、特に規制が厳しくなっているようです。
ですが、上海でも1年間も当社を使い続けているお客様もおられますので、接続するプロバイダーによるのではないかと思います。」

このような返事をもらったりしました。

やはり中国のVPN規制は中国のプロバイダーによるところが大きいと思います。

私のいる華南地区の中国電信では規制が強いようでホープムーンに接続することはできませんでした。

しかしこのようにすぐに返信してくださるホープムーンのサポートは評価できる点だと思いました。

解約もカンタン


hopemoontaikai.png

「ペイパルの定期購読をキャンセルすると、即退会される仕様になっております。」

私はペイパルで支払いをしていたのですが、ペイパルの定期購読を解約するとすぐに退会できるようになっています。

PCのソフトイーサーでの接続に成功していたので、若干残念ではありましたがモバイル機器から接続したかったので解約しました。

月額が安いのでもし興味のある人は1か月だけでも試してみるといいかもしれません。

ホープムーンの評判まとめ


一個人としてホープムーンを使ってみた感想ですが、やはり「VPNサービスの値段と接続品質はある程度相対的なもの」というのが印象です。

実際にFreeGateなど完全に無料のVPNで中国のネット検閲をパスすることも可能ですが、やはり快適なネット環境構築には少し投資したほうが良いというのが私の考えです。無料VPNや格安VPNばかりにこだわっていると、重要な快適さが失われてしまいます。

ホープムーンの接続できるVPNサーバーは既に中国プロバイダーからブロックされているものもあるということだったので、後は住んでいるところで使えるかどうか?というところになると思います。
私の住んでいる中国南部、広東省では繋がらなかった、ということは確実に言えますからね…。

スピードの感想ですが、ソフトイーサーでのVPN接続は平均的でした。

Youtubeの動画を見たりするのは若干ラグがあったり読み込みが遅い印象でした。

PPTP、L2TP/IPSecでの接続は私のところからは繋がりませんでした。

ホープムーンに関心のある方はこのいち口コミを参考にしていただければ幸いです。

http://www.cup.com/staticip/

関連記事:中国のVPNでオススメは?本当に繋がるVPNをお探しの方は読んでみてください!


タグ:国内VPN
posted by 中国広東省の人 at 2016年09月26日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有料VPN

HideMyAss!VPNが7日の無料トライアル期間を開始!気軽にお試し!

HideMyAssで、7日間の無料お試しサービスが利用できるようになりました。

トライアル期間ということで、最初の7日間は課金されない仕組みなので、リスクなしで始めることができます。

日本語に対応したり、最近システムもどんどん良くなってきていますね〜。
7daysfree.jpg

さらに30日間の返金保証は継続!


最近始まった7日間のトライアルですが、今までの30日間返金保証とは違っています。

7日間のトライアル期間は、コントロールパネルから「解約」を押すだけで、1週間後の課金はされないことになります。

今まであった30日間返金保証は、「課金処理はされるものの返金される」というものです。

HideMyAssでの支払方法は、BankTransfer(銀行振替)も使うことができますが、日本人であるとこの決済方法はあまり現実的ではないので、クレジットカードかPayPalになります。

例えば、クレジットカードで決済していた場合は、決済がキャンセルとなり翌月に請求されることはありません

PayPalで決済もできますが、その場合は30日以内であればPayPal口座に返金してもらえます

ということで、7日間のトライアル期間&30日間の返金保証の2重構えで、安心してVPNを使い始められる仕組みになったということですね。

VPNを使おうと思っていたけど、どこのVPNがオススメなのかわからないという方も多いと思うので、まずは7日間試用ができるHMAを使ってみていただければと思います^^

57%OFFと書いてあったら、セール中です!(もし表示されていなくても、公式サイトで57%オフになっていたらキャンペーン最大割引価格が適応になっています!)
HideMyAss.com

サ一ビス名 同時接続可能数 1接続当たり 無料体験 1ケ月 6ケ月 1年 コスパ評価
VPN Gate 1 \0 無期限 - - - -
パンダVPN 1 \0 無期眼 - - - -
つながるNow 2 \395 - \790 - \7,200 Aランク
P03.VPN 3 \267 2ケ月無料 \800 - - Aランク
月餅VPN 3 \293 1週問 \880 \4,800 \8,890 Aランク
セ力イVPN 3 \333 2ケ月 \1,000 - - Aランク
HideMyAss 3 \366 1か月 \1,099 \5,496 \7,896 Aランク
ホ一ブム一ン 6 \50 初月無料 \300 - \3,000 Aランク
チョモランマVPN 2 \490 - \980 \4,993 \9,028 Bランク
AsiaVPN 2 \490 24時間 \980 \5,880 - Bランク
良之助VPN 3 \518 1週問 \1,553 \8,474 \15,200 Bランク
プラネットVPN 1 \900 1週問 \900 \4,500 \8,000 Cランク
ブイブイVPN 1 \800 初月無料 - - - Cランク
スイ力VPN 1 \950 2週問 \950 \4,848 \9,120 Cランク
サ力ナVPN 1 \950 - \950 \5,400 \10,800 Cランク
どこでもVPN 1 \980 3日問 \980 \5,292 \9,996 Cランク
VPN- FAST 1 \1,280 1週問 \1,280 - \11,760 Dランク
BlueSurface I \1,320 I週問 \1,320 \6,050 - Dランク
VPN Ninja 1 \1,500 - \1,500 \7,500 \15,000 Fランク



HideMyAss!関連オススメ記事;
中国で繋がるオススメVPNを力説してみた
posted by 中国広東省の人 at 2016年07月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有料VPN

【CN2 中国通まとめ】中国のネット検閲対策に企業クオリティのVPN!

今回は有料VPN情報です!読者の方から「CN2 中国通」というサービスがいいよ。と情報をいただいたのでまとめてみます。

CN2 中国通って?


cn2中国通

CN2中国通は、「LINKFORYOU INFORMATION TECHNOLOGY」という会社が運営している中国のネット規制対策サービスです。

この会社について調べてみたのですが、有効な情報が出ず…。連絡先がGmailや日本のIP電話のアドレスになっているので、中国の会社ではないようです。

さらに調べてみると、以前紹介した「つながるNow」の管理人Birdさんが始めたサービスのようです。

つながるNowは個人でやっていたサービスのようですが、企業に変えてしっかり運営を始めたのがCN2中国通、という感じでしょうか。

CN2 中国通の価格と品質


cn2zhongguotongprice.jpg

まず、価格は比較的高い印象です。
上級プランは24980円/12か月、下位プランで11980円/12か月です。

下位プランであれば、セカイVPNを1年使用した金額と同じで月1000円ということになるので、なかなかいい値段設定です。月1000円だと利用しやすいですよね。

ただ、注意したいのは毎月の転送量に制限があるところです。

下位プランでは、月の転送量が30GBと制限があります。これは家族みんなで動画をたくさん見ていたりするとオーバーしてしまう数値です。一人暮らしでライトユーザーなら問題ないですけどね。

品質については、「ZetaTCP加速回線」と「次世代加速回線」というものが使えるようで、これはほかのVPNサービスにはない独自のシステムです。

つながるNOWの時もそうでしたが、中国での利用を想定しているサービスなので「爆速」とのレビューがたくさんあります。

規制を回避するための接続プロトコロルも複数用意してあって、接続できなかったら別の方法でつなげることができる安心感があります。

つながりやすさや速度でいうと、かなりレベルの高いサービスを提供していると思います。

接続先については、香港、シンガポール、日本、アメリカ等が用意されています。

中国に会社を置いている日本企業などだと、CN2中国通を使うのがよさそうです。この企業にも使えるサービスを高品質で個人にも提供しているので価格が若干高いというのもうなずけます。

CN2中国通のネック


高品質なサービスを提供しているCN2中国通なのですが、利用者側からすると一つネックがあると思います。

それは、試用期間の短さです。

1年プランであれば決済後24時間以内であれば、返金可となっているのですが、それでも最低1万円くらい払う手続きをしないと1日の試用期間が得られません。

ちょっと試したいということだと59$(7350日本円)で、3か月の利用プランがありますが、これだと1か月あたり2000円を超してしまいコスパが悪くなってしまいます。

と考えると、1年払いの上級プランか標準プランを選んでとりあえず1日試してみて、よさそうだったらそのまま使うというのが安心な気がします。(3か月プランは返金がないのでちょっと不安)

ということで、VPNがどんなものか知らない方や、初めて利用する方にはちょっとハードルが高いかな、というのが印象です。

公式サイトには「会員登録手続きは30秒だけ」と書いてあるのですが、会員登録するにも何かしらのプランを購入しないと会員になれないので、そのあたりもちょっと不安な感じがすると思います。
cn2register.jpg

いろんなVPNを試して、なかなか速くて安定したVPNに出会えていないということだったら試してみる価値は十分あるサービスだと思います。CN2中国通はどちらかというと中〜上級者向けの有料VPNですね。

他のVPNサービスとの比較


当サイトで紹介している、「セカイVPN」と「HideMyAss!」と比較してみたいと思います。
もちろんほかにもいろんなサービスがあるのですが、この2つは比較的人気なので^^;

セカイVPN


aboutsekaivpn.jpg

セカイVPNは、最近海外のVPNや高品質なVPNサービスが出てきてしまったので今はあまり使う気にならないのですが、試用期間が最大2か月あって、その後は月額1080円(税込)のみという比較的初心者向けのサービスです。

「最初からCN2中国通でそんな大金払えないよ!」とか「とりあえずVPNの効果を試してみたい」という時には、セカイVPNは登録から使用まで安心できると思います。試用期間中に解約すればお金もかからないので、短期で使いたいユーザー層にもぴったりです。

セカイVPN公式紹介記事へ
http://www.interlink.or.jp/

HideMyAss!


HideMyAss(以下HMA)は、最近日本語にも対応した世界最大のVPNサービスです。

運営はウィルス対策ソフトウェアを開発しているアメリカのAVGで、セキュリティの面も安心です。
hmaprice.jpg

価格はこのようになっていて、1年プランだと割引が効いて12か月7000円ほどで使えます。どのプランも30日の返金保証がついているので、繋がらなかったら返金してもらうことができます。

今回CN2中国通のサイトを見ていて、「あ、初めてHMAが負けそうな優良VPNが来ちゃったな・・・」と思ったのですが、いまだにHMAは根強い人気があります。

理由としては、今回取り上げたように中国通のほうは初回に払わなければならない金額が高くて、試用期間も1日しかないので、いままでいろんなサービスを利用してどうしてもだめだったときに最終的に使ってみたいサービスだからです。

なので、もし低額から始めたい、ということであったり「とりあえず規制回避して、ある程度の通信速度が確保できればいいや」ということであったら気軽に始められるHMAがいいと思うんです。

比較してみると、技術的なところではCN2中国通が上回っている気がします。
でもHMAもオーソドックスなシステムで負けてはいないので、初心者〜上級者まで幅広くカバーできると思います。

まとめてみると、CN2中国通は「奥の手」、もしくは「最高速、最安定を狙う!」というハードユーザーにはピッタリ。普通のユーザー層であればHMAでも問題なしかな、というところです。

中国VPNでHMAをオススメする理由(別記事)

CN2中国通まとめ


コメントでCN2中国通を紹介してくださり、ありがとうございました。

個人でやっていた「つながるNOW」は少し不安がありましたが、このCN2中国通は企業使用にも通用する高品質のVPNサービスだと思いました。

値段と試用期間の短さがデメリットですが、もしVPNにクオリティを求めるとしたら、ぜひ使ってみてください!

CN2中国通公式サイトへ

タグ:国内VPN
posted by 中国広東省の人 at 2016年07月01日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有料VPN

【12vpn】中国で公式サイトにアクセスできる香港の人気VPN!

12vpnlogo.jpg

中国に移住してしまうと、規制回避をするためのVPNサービスに申しむのが大変になってしまいます…。

それはなぜかというと、中国国内からVPNの公式サイトにつながらないからです。

以前、中国に移住してからVPN公式サイトにアクセスするには?といった記事を書いたこともあるのですが、今回ご紹介する香港の会社が運営する「12vpn」は、中国国内からもアクセスできるVPNサービスです。

12vpnの特徴


まず、12vpnは中国国内から公式サイトにアクセスできる珍しいVPNサービスです。
⇒12vpn公式(英語)

これ、意外に思うかもしれないのですが貴重なんですよね。

以前中国の金盾(規制の壁)がきつくなったときにも、何とかアクセスすることができている公式サイトでした。

ほかにもどんな特徴があるかというと、
  • 接続クライアント(ソフト)が準備されている!
  • 接続が比較的安定している
  • 同時接続数の制限がない
  • サーバー設置国が分散(日本・香港・カナダ・イギリス・オーストラリア・シンガポールなど)
  • 14日間内であれば返金保証
  • サポートは英語だけでなく中国語も可能
  • 支払い方法がクレジットカードやPaypalだけではなくAliPay 支付宝も選べる

ざっとこんな感じなのですが、特に評価できるところをピックアップしてみたいと思います。

同時接続数が無制限!?


おそらく同時接続数が無制限なのは12vpnくらいだと思います。

国内のVPNサービスではホープムーンが同時接続可能数が「6」ですが、それ以上は見たことがありません。

僕は個人的に同時接続数は3あればいいと思っているのですが、家族で使う場合などは多いほうがいいですよね。
一人で使う場合だったらパソコン・スマホ・タブレットの3つという感じでしょうか。

何はともあれ同時接続数が多いのは嬉しいことです。

つなげられるサーバーも、この画像のようにいろんな国の接続先を選ぶことができます。
12vpnserver.jpg

サポートが中国語でも受けられる


日本のVPNサービスでない場合、基本的には英語でのコミュニケーションになります。

英語ができる人はいいですが、中国で使う場合中国語が話せる/書ける利用者さんのほうが多いんじゃないかな?と思います。

12vpnは香港のVPN会社なので、中国語(簡体字・繁体字)でサポートを受けられます。
これは中国語話者からするとメリットになりますよね。

AliPay 支付宝で支払える


現在中国人口のうち8億人以上が使っているといわれているタオバオグループの「支付宝」

中国でタオバオを利用している人は必ず使っていると思いますが、12vpnではこの支払方法が使えます。

ほかの海外VPNサービスは基本的にクレジットカードかPayPalでの支払いになるので、普段中国で支付宝を使っている方であれば安心して決済できると思います。

繋がりやすさは?前はよかったけど


さて、肝心の繋がりやすさなのですが、12vpnは中国国内からの使用を想定したVPNサービスなので比較的安定しています。

そしてすごいところが、12vpnの接続ソフトでつなぐと、中国国内のサイトにアクセスするときには自動でVPNが切れて直接つなぐことができることです。
日本のサイトを見るときにはVPNの機能が働いて、自由にみられるようになるわけですね。
これはなかなか素晴らしいシステムです。(ちなみに他のVPNでこの仕組みを採用しているのは「つながるNOW」の高額プラン)

と、仕様としては「繋がりやすく人気」と評判の12vpnなのですが、やはり最近は規制も強くなってしまっているようです。

6月4日のツイートで「最近12vpnは不安定」というものを見かけました。(中国からはtwitterが見られないと思うので勝手に翻訳&引用という感じですが)

ただ、VPNについては使ってみないとわからないので、12vpnが用意している14日間返金保証を利用すればいいと思います。

もし使ってみて繋がらなかったら返金要請すれば解約させてもらえます(実際にやってみました)

気になる値段は?他のVPNと比較すると若干高い。


  • 3か月プラン=12.95ドル/1か月(約1369円)
  • 6か月プラン=9.99ドル/1か月(約1057円)
  • 12か月プラン=8.25ドル/1か月(約872円)

公式サイトを見るとこのような価格設定になっています。(日本円の換算は2016年6月14日現在)

こう見てみると、値段としては結構高い部類に入ると思います。

参考までに日本のVPNの価格帯の表がこちらです。
サ一ビス名 同時接続可能数 1接続当たり 無料体験 1ケ月 6ケ月 1年 コスパ評価
VPN Gate 1 \0 無期限 - - - -
パンダVPN 1 \0 無期眼 - - - -
つながるNow 2 \395 - \790 - \7,200 Aランク
P03.VPN 3 \267 2ケ月無料 \800 - - Aランク
月餅VPN 3 \293 1週問 \880 \4,800 \8,890 Aランク
セ力イVPN 3 \333 2ケ月 \1,000 - - Aランク
HideMyAss 3 \366 1か月 \1,099 \5,496 \7,896 Aランク
ホ一ブム一ン 6 \50 初月無料 \300 - \3,000 Aランク
チョモランマVPN 2 \490 - \980 \4,993 \9,028 Bランク
AsiaVPN 2 \490 24時間 \980 \5,880 - Bランク
良之助VPN 3 \518 1週問 \1,553 \8,474 \15,200 Bランク
プラネットVPN 1 \900 1週問 \900 \4,500 \8,000 Cランク
ブイブイVPN 1 \800 初月無料 - - - Cランク
スイ力VPN 1 \950 2週問 \950 \4,848 \9,120 Cランク
サ力ナVPN 1 \950 - \950 \5,400 \10,800 Cランク
どこでもVPN 1 \980 3日問 \980 \5,292 \9,996 Cランク
VPN- FAST 1 \1,280 1週問 \1,280 - \11,760 Dランク
BlueSurface I \1,320 I週問 \1,320 \6,050 - Dランク
VPN Ninja 1 \1,500 - \1,500 \7,500 \15,000 Fランク

高いとは言っても、同時接続数が無制限なので、たくさんつなぐ場合は1接続あたりの価格はかなり安くなると思います。

たくさん機器を接続予定であれば、格安VPNともいうことができる価格設定だと思います。

割引クーポンと使い方


あと、12vpnのマネージャーさんとお話がつきまして以下の割引クーポンを用意してもらいました。
このコードを使うことによって、決済価格が30%オフになります。

12vpnをお使いになる場合は、ぜひ利用してください。
クーポンコード「CRAZYVPN」

12vpn公式サイトの右上にある「PRICING(価格)」へアクセスすると、すぐにPROMO CODEを入力する画面があります。(画像選択で大きく見られます)
beforediscount.jpg

ここに上の30%オフの割引クーポンコード(CRAZYVPN)を入れると(画像参照)、
afterdiscount.jpg

このように30%値引きされています。
ちなみにクーポンを使っても使わなくても14日間以内の100%返金保証があります。
繋がらなかった場合は英語か中国語で問い合わせすることになりますが、不安であれば代理で問い合わせられますので、お気軽に以下のコメント欄からご相談くださいませ。

12vpnの総合評価


個人的には、1か月のプランがないので短期で考えている人は使いにくいんじゃないかなと思ってしまいました。3,6,12か月プランしかないので、1か月プランも作ってほしいところですよね。
このあたりの価格と期間設定は使う人によってはデメリットに感じるところだと思います。

当サイトからの加入者が多い、日本製のVPNである「セカイVPN」だと1か月ごとの更新ですし、HideMyAssも1か月プランが用意されています。
セカイVPNとHideMyAssの比較記事参照)

後は英語しかないので、日本語で契約ができないと難しい・・・と感じる方もいらっしゃると思います。
もし海外VPNを日本語でも使いたいということであれば、HideMyAssは最近日本語に対応しました。(中国国内から公式サイトにアクセスできないマイナス点はありますが)

とはいっても、高品質なVPNサービスであることは確かです。安心の返金保証もありますしね。
中国に行ってしまった後にどうしてもVPNを契約したい!というときには公式サイトにつながることはメリットになると思います。

ということで、今回は海外(香港)の有料VPN「12vpn」の特徴のご紹介でした。
⇒12vpn公式(英語)
タグ:海外VPN
posted by 中国広東省の人 at 2016年06月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有料VPN

HideMyAss!VPNが公式で日本語対応開始!これは使いやすい&円高もあってオトク!

いつも特に問題なく繋がっているので、公式サイトをあまりチェックしていなかったのですが・・・

なんと、HideMyAss公式サイトが日本語に対応していました!

公式サイト右上の「English」から日本語を選ぶ

hidemyass.png


上の画像でも、ちょっとわかりにくいのですがTOPページも完全に日本語になっています。
(ExpressVPNみたいに、自動で日本語になればいいのに…と思うのですが)

hmakakaku.png


嬉しいのは、価格も日本表記になっているところです。

値段が中途半端なのは、おそらくアメリカのレートを日本円に変換しているためだと思いますが、これでVPNの価格もわかりやすくなりましたね!

HideMyAssの担当者さんと話しました


先日、当サイトの内容がわかりやすいとのことでHideMyAss(HMA公式)の担当者の方とお話しすることができました。

今も日本人の方が海外に行くときにHMAを選ぶことが多いようで、何とか日本のシェアを伸ばしたいとのことでした。

このサイトでも有料・無料VPNを紹介させていただきましたが、HMAの加入者はどんどん増えているようです。

理由として、ここ数年の航空券価格の下落とともに、海外に旅行や仕事に行く人が急増しているからとのことでした。

また、海外から日本に遊びに来る人も、帰国後にVPNを使って日本のネット環境を再現できるところも人気だとのことです。

今は2016年3月ですが、まだ「円高」ということで、円高の時は海外のサービスや商品がお得になります。

去年はHMAの1か月プランが1600円を超していたのですが、今は1500円になっていて、他のプランも円高+割引が効いて安くなっています。

今VPNを考えているとしたら、日本語対応+円高有効活用の海外VPNをチェックしてみてほしいと思います^^

日本語対応したHMA!公式
(自動で日本語にならなかったら、右上の「English」をクリックすると「日本語」があります。)


関連記事

海外有料VPN詳細:Hide My Ass!(HMA)

中国でセカイVPNよりHMA!のほうがオススメな3つの理由
タグ:HideMyAss
posted by 中国広東省の人 at 2016年03月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有料VPN