ファン
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年04月12日

春の京都・御室仁和寺の桜

世界文化遺産の仁和寺は嵐電(京福電鉄)御室仁和寺駅から徒歩二分の場所にあり、
仁和4年(888年)創建の真言宗御室派の総本山。
1460418859024.jpg

御室桜は京都の遅咲きの桜として有名で国の名勝に指定されています。
1460418862737.jpg
DSC_0276.JPG

背丈の低い御室桜。
林からの景色です。
1460419628380.jpg1460418873741 1.jpg


1460418868146.jpg

入山料は500円。

ソメイヨシノの見ごろは終わり、御室桜が咲き誇るこの時期はミツバツツジも美しく、さらに新緑の紅葉もまぶしかったです。
DSC_0301.JPGDSC_0305.JPG


五重塔(重要文化財)
DSC_0296 (2).JPG

金堂(国宝)現存する最古の紫宸殿で、ご本尊の阿弥陀三尊が安置されています。
DSC_0297.JPG

御影堂(重要文化財)
DSC_0298.JPG


仁和寺拝観時間 
3月〜11月 9時〜17時(受付16時半まで)
12月〜2月 9時〜16時半(受付16時まで)

御室桜。伽羅入山
8時半〜17時受付終了。期間は桜の開花状況により不定期。



足を延ばして龍安寺へ。
創建1450年(世界遺産)
DSC_0307.JPG
DSC_0308.JPG

石庭を見学しました。
DSC_0312.JPG

DSC_0314.JPG1460418853492.jpg


この石庭は日本を代表する枯山水庭園で15個の石が配置されています。
どこから数えても15個すべてを見つけることが出来ず、完璧だと思う慢心を戒めてくれます。
この石庭を拝見するにつれ、謙虚な気持ちを持とう。
と、気持ちを新たにします。

鏡容池をくるっと周回して帰路に着きました。
DSC_0316.JPG

龍安寺
拝観時間
3月〜11月 9時〜17時(受付16時半まで)
12月〜2月 9時〜16時半(受付16時まで)
拝観料
大人、大学生、高校生500円
中学生、小学生   300円
年中無休

      


ブログトップへはこちらから
posted by miko at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都散策

春の京都・伏見の桜

伏見の十石舟。
月桂冠大倉記念館裏の弁天橋から出発し、濠川を約55分で往復遊覧します。
今回は十石舟を眺めつつ、川沿いをお散歩します。

P4050339.JPG
P4050387.JPG


まずは龍馬通りにて缶ビールを購入。
P4050344 (2).JPG

月桂冠大倉記念館を眺めつつ。
P4050340.JPGP4050342.JPG

弁天橋に到着。
こちらは長建寺です。
1600年頃の建立で、ご本尊は弁才天です。
P4050403.JPG

川沿いは桜並木になっていて、お散歩に最適です。
P4050356.JPG

歩き進むと、団体さんが利用できる、三十石舟乗り場があります。
龍馬とお龍さんの像が目印です。
P4050350.JPG
「龍馬とお龍、愛の旅路」像
薩長同盟を終結させた直後の慶応2年(1866)寺田屋に宿泊していた坂本龍馬は伏見奉行所配下の取り手に囲まれます。この時、危機を察知したお龍により命を救われた龍馬は、しばらく伏見薩摩藩邸かくまわれていましたが、右手の傷を癒すためここ寺田屋浜から三十石船に乗り、お龍とともに、九州の霧島へと旅立ったのです。

と、説明書きがありました。

P4050358.JPG

さらに進むと、「ふしみであいばし」
P4050367 (2).JPG
橋の上からの眺めです。
P4050363.JPG

ふしみであいばしを越えると、公園があります。
ここで缶ビールを飲みながら桜を見上げ、しばし。ボーっとします。
この時間が最高ですね。
P4050377.JPG

P4050381.JPGP4050368.JPG


桜の下でしばらく和み、元来た道を戻ります。
P4050386.JPGP4050392.JPG


十石舟乗り場まで戻って来ました。
P4050398.JPG

のんびりお花見が出来る穴場です(#^.^#)


ブログトップへはこちらから
posted by miko at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都散策

2016年04月05日

春の京都・祇園、八坂の桜

祇園から八坂神社へ向かいました。
満開の桜見物のお散歩です。

P4030232.JPG

P4030244.JPGP4030235.JPG


P4030251.JPG

八坂神社には露店が出ていて、大変な賑わいでした。
夜桜を見るための場所取りで桜の下はシートで覆われていました。

八坂神社から直進して丸山公園へ。
枝垂れ桜も満開です。
P4030272.JPG

坂本龍馬像、中岡慎太郎像を見学して、高台寺に向かいます。
P4030275.JPGP4030285.JPG


ねねの坂道をプラプラ歩き、都路里の行列を眺めつつ。
石塀小路を右手に見ながら
P4030318.JPGP4030319.JPG

高台寺へ向かいます\(^o^)/

道中に御陵衛士屯所跡を見つけました(#^.^#)
P4030306.JPG

DSC_0226.JPG

高台寺月真院
慶応三年(1867年)伊東甲子太郎ら一五名が屯所とした寺院。
新撰組であった伊東甲子太郎だが近藤勇、土方歳三と意見を異にし袂を分かつ
同志十四名をつれて御陵衛士に任命され、屯所としたのがこの寺院である。
この中には江戸の試衛館時代からの隊士である藤堂平八郎の姿も。

慶応三年十一月十八日伊東は近藤勇から酒席の接待を受けた帰り、油小路木津屋橋で待ち伏せをしていた新撰組に謀殺され、さらに伊東の遺体を引き取りに来た多くの同志も新撰組隊士によって斬られ、御陵衛士隊の活動は終止符を打つ。

と、説明の立て看板がありました。

左手に高台寺への階段が現れます。

DSC_0227.JPG

DSC_0235.JPG

DSC_0236.JPG

こちらはマニ車
DSC_0238.JPG
「マニとは宝石の事を意味します。マニ車はチベットの寺院などで多く見られるもので一度回すと大蔵経という経典を読むのと同じ功徳(ご利益)があるとされています。筒の中には般若心経を写経したものが入っており、時計回り(右回り)に回すことにより身体、言葉、思考を清め災いを取り除くことが出来ます。」
との説明書きがありました。

高台寺から二寧坂へ。
清水寺には立ち寄らずそのまま宝観寺・八坂の塔に向かい下りました。
P4030320.JPG

DSC_0248.JPG

霊応山と号し、臨済宗建仁寺に属する。
寺伝によれば、聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより建立し。往時は延喜式七ケ寺の一つに数えられた隆盛を極めたが、現在は八坂の塔(五重塔)と太子堂、薬師堂の二字を残すのみである。八坂の塔は本瓦葺き五層。方六メートル、高さ四十六メートルの純然たる和様建築で、白鳳時代の建築様式を今に伝えるものである。
創建以来、度々災火により喪失したが、その都度再建され現在の塔は永享十二年(1440年)に足利義教によって再建されたものである。
塔内には本尊五智如来像五体を安置し。須弥壇の下には古い松香石製の大きい中心礎石あり。中央には舎利器を納めた三重の凹孔が残っている。寺宝として。塔を中心に当時の社寺を描いた紙本著色八坂塔絵図のほか足利義教画像。法観雑記など貴重な文化財を蔵している。

との説明書きがありました。

ドラマでは京都の象徴のようによく出てくる五重塔ですね(#^.^#)

八坂の塔を見学して、花見小路へ。

DSC_0252.JPG
四条通を西へ。木屋町通へ。
ここの桜も最高でした。
DSC_0253.JPGこちらから
posted by miko at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都散策

2016年03月21日

山菜の白和え

今日は白和えを作りました。
ぜんまいとコンニャクの白和えにしてみましたところ、とっても美味しかったのでレシピにします(#^.^#)

DSC_0188~2.JPG

レシピ

材料
木綿豆腐 1丁
ぜんまい(水煮) 150g
コンニャク 1/3枚
白ごま 大さじ3
白みそ 大さじ3
みりん 大さじ3

★水 250CC
★うすくち醤油 大さじ4
★みりん 大さじ4
★酒 大さじ4


豆腐の水切りをします。
DSC_0176~2.JPG

豆腐をバットに入れてとうふの上にキッチンペーバーをのせ、その上から重しをします。
重しは一つが500mlのペットボトル位の重さです。
これを二つのせます。
DSC_0177~2.JPG

冷蔵庫に入れて三時間位、放置します。
水を切るために傾けます。
DSC_0178.JPG

熱湯で2分程下茹でしたコンニャクと、ぜんまいの水煮を食べやすく切ります。
DSC_0179~4.JPGDSC_0179~3.JPG

コンニャクは薄く三枚にして1.5センチの長さにし、それを5ミリ幅で切ります。
ぜんまいは3センチの長さに切ります。
DSC_0180~2.JPGDSC_0181~2.JPG


★の水と調味料を煮立て、ぜんまいとコンニャクを投入し、中火で5分炊きます。
5分経ったら火を止めて冷ましたます。
DSC_0184~2.JPG


とうふが半分くらいの厚みになったら水切りOKです。
ボールにザルをセットして豆腐を裏ごしします。
DSC_0180~3.JPG


白ごまをすります。
DSC_0182~2.JPG

裏ごしした豆腐と白ごま、白みそ、みりんを合わせます。
しっかり混ぜます。
DSC_0184.JPG

キッチンペーバーで軽く水気を取ったぜんまいとコンニャクを投入してざっくりと混ぜます。
DSC_0186~2.JPG

器に盛ったら完成です\(^o^)/
DSC_0188~2.JPG

美味しいですので是非お試しくださいね〜\(^o^)/

ブログトップへはこちらから
posted by miko at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2016年03月11日

三月の東寺

3月も半ばと言うのにとっても寒い。
まだまだ春とは言い難い、とある日に東寺へお散歩してきました。

DSC_0090~3.JPG

東寺のすぐ近くで、先日テレビで見たど根性キャベツさんともご対面。
DSC_0093~3.JPG

このキャベツ、鳥が種を運んで来たらしく。れっきとした京野菜だそうです(#^.^#)
DSC_0091 1.JPGDSC_0092 2.JPG

東寺は京都駅からも近く、近鉄電車では一駅のところにあります。
唯一残る平安京の遺構で、延暦15年、796年創建。
新しい仏教である密教を唐より学んでこられた弘法大師空海がこの東寺を託されました。


南大門(桃山時代。慶長6年/1601年再建・重要文化財)

DSC_0095~2 1.JPG

金堂(桃山時代。慶長8年/1603年再建・国宝)
東寺の本堂であり、ご本尊は薬師如来と日光菩薩、月光菩薩。

DSC_0104.JPGDSC_0101~2.JPG



講堂(室町時代。延徳3年/1491年再建・重要文化財)
東寺の寺域の中で大伽藍が立っている場所は東西に、南北にそれぞれ255メートルでほぼ正方形であり、その中心に立つ講堂は、弘法大師が伝えたかった、密教の中心的建物です。
DSC_0106.JPGDSC_0105~2.JPG



こちらの桜、蕾はまだまだ堅いです。
DSC_0100.JPG

こちらは満開の河津桜です。
P3110186.JPGP3110189.JPG


御影堂。弘法大師空海の住居でした。

DSC_0118.JPG

DSC_0114.JPGDSC_0116.JPG


こちらは御影堂と向かい合う、大日堂です。
DSC_0119.JPG

なんとも美しい、素晴らしい場所です。

DSC_0126.JPG
DSC_0132.JPGDSC_0128.JPG


御影堂の辺りは参拝無料ですが、五重塔、金堂、講堂へは拝観料が必要となります。

こちらは宝蔵です。
弘法大師が唐の国師から授かった数多くの寺宝を納めていた場所です。
_14732.jpg

北大門と慶賀門(鎌倉時代前期・重要文化財)
DSC_0124.JPGDSC_0136.JPG


今回は五重塔の近くまでは行きませんでしたが、それでも素晴らしい場所がたくさんあり、心がほっこりして安らぐひと時を過ごせました。
京都駅からほど近い、東寺。

御影堂側に、司馬遼太郎氏の言葉が記されていました。

”私は毎年、暮れから正月にかけて京都のホテルですごす習慣をもっている。訪ねてくるひとに京都のどこかの寺をそのときの思いつきのままに案内するのだが、たいてい電話での約束のときに、
   東寺の御影堂の前で待ちましょう。
ということにしている。
京の寺々を歩くには、やはり平安京の最古の遺構であるこの境内を出発点とするのがふさわしく、また京都御所などよりもはるかに古い形式の住宅建築である御影堂を見、その前にたち、しかるのちに他の場所に移ってゆくのが、なんとなく京都への礼儀のような気がして、そういうぐあいに自分をなじませてしまっている。空海に対する私の何事かも、こういう御影堂へのなじみと無縁でないかもしれない。

「古往今来」(中公文庫)
「司馬遼太郎が考えたこと8」(新潮文庫)
収録の「歴史の充満する境域」
昭和51年より抜粋”


ぜひ、お立ちよりくださいませ(#^.^#)

東寺
開門、閉門時間
3月20日〜4月17日 5時〜17時 拝観時間8時30分〜
4月18日〜9月19日 5時〜18時 拝観時間8時30分〜
9月20日〜3月19日 5時〜16時30分 拝観時間8時30分〜

金堂、講堂、五重塔は通年公開。
五重塔初層内部、宝物館、観智院は特別公開や特別参拝の期間のみ。


2016年度

春期特別公開 
3月20日〜4月28日 
金堂・講堂 大人500円 高校生400円 中学生以下300円
宝物館 大人、高校生500円 中学生以下300円
小子房 大人、高校生500円 中学生以下300円
共通券 大人、高校生1000円 中学生以下500円


夜桜ライトアップ
 3月18日〜4月17日
18時30分〜22時
大人、高校生500円 中学生以下300円


春期・五重塔初層内部特別公開
4月29日〜5月25日
五重塔初層内部、金堂、講堂 大人800円 高校生700円 中学生以下500円
宝物館 大人、高校生500円 中学生以下300円
小子房 大人、高校生500円 中学生以下300円
共通券 大人、高校生1300円 中学生以下800円


5月26日〜9月19日
大人500円 高校生400円 中学生以下300円


秋期特別公開
9月20日〜11月25日
金堂・講堂 大人500円 高校生400円 中学生以下300円
宝物館 大人、高校生500円 中学生以下300円
小子房 大人、高校生500円 中学生以下300円
共通券 大人、高校生1000円 中学生以下500円

秋期特別公開で、五重塔初層内部を特別公開する場合
五重塔初層内部、金堂、講堂 大人800円 高校生700円 中学生以下500円
宝物館 大人、高校生500円 中学生以下300円
小子房 大人、高校生500円 中学生以下300円
共通券 大人、高校生1300円 中学生以下800円


境内ライトアップ・夜間特別拝観
大人、高校生800円 中学生以下500円

11月26日〜12月31日
大人500円 高校生400円 中学生以下300円

お読みくださりありがとうございました。

ブログトップへはこちらから



posted by miko at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都散策

2016年02月29日

てっぱいでいっぱい(#^.^#)

イカとわけぎ(葱)の酢味噌和え。
てっぱいと呼びます。

由来は、ネギを茹でてしごき、中のぬるぬるを出すときにパチパチと音がすることで、
「鉄砲」からきているとの一説があるそうです。

ちょっと甘めの白みその酢味噌でいただくてっぱい。
お酒に合う一品です。

DSC_0100~2.JPG

作り方をレシピにしましたので、お試しください〜(#^.^#)

レシピ

材料
葱 一束
イカ 70g
白みそ 大さじ3
みりん 大さじ1.5
酢 大さじ1.5


葱を洗います。
洗ったら根元を輪ゴムでしばります。
DSC_0086~2.JPG

大き目の鍋にお湯を沸騰させ、根元からお湯につけます。
根元が自然に沈んでからあおい部分をお湯につけます。
全体が沈んだら10秒程数えてから氷水につけます。
DSC_0092.JPG

まな板に根元をそろえて並べます。
DSC_0094~2.JPG

根元に手を添えます。動かないようにしっかりおさえます。
もう一方の手で先に向かってしごきます。
この時にパチパチと音がします。
DSC_0095~2.JPG

ぬるぬるをしごきだします。
DSC_0096~2.JPG

まとめて、3p幅に切りそろえます。
DSC_0097~2.JPG

お湯を沸かして、短冊のイカをゆでます。
DSC_0093~2.JPG

縦に2pの棒状にし、5ミリ幅でそぎ切りします。
DSC_0099~2.JPG

分量の白みそ、みりん、酢をボールに混ぜ合わせます。
DSC_0099~3.JPG

葱、イカを器に盛り、上から酢味噌をかければ出来上がりです\(^o^)/
DSC_0100~2.JPG

お試しください。美味しいですよ(^^)/

ブログトップへはこちらから
posted by miko at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2016年02月18日

3泊4日・沖縄の旅(^^♪最終日

いよいよ最終日となりました( ;∀;)

国際通りでお土産屋さん巡りです。
DSC_0538.JPG
パラダイス感あふれる国際通り\(^o^)/

DSC_0540.JPGDSC_0539.JPG


ハブ酒。怖いです。飲めません( ;∀;)

DSC_0541.JPG

国際通りを二時間ほどうろうろして満喫後、車で約30分程走り、沖縄ワールドへ。

P2030084.JPG

この沖縄ワールドでは、
琉球王国城下町での体験コーナーや、ハブのショー、スーパーエイサーショー、玉泉洞という鍾乳洞などが楽しめます。

ハブショーは以前はハブとマングースの対決をしていたそうですが、現在は動物虐待にあたるという事でなくなっていました。
ですがショーを進行するお姉さんがハブやコブラを操り、トークも面白くてとても楽しいショーになっていました。
マングースはウミヘビと水泳対決をし、圧勝していました。
現在ではマングースはスイマーとして活躍しているようです。
P2030103.JPGP2030106.JPG

ハブ博物公園の中には多くの種類の蛇が。
そして大きなカメさんが心を和ましてくれます。

P2030113 (2).JPGP2030114 (2).JPGP2030133.JPG
こちらは琉球王国城下町です。

P2030159.JPGP2030158.JPG

家屋が紙すき工房や藍染工房などになっていて、体験できるようになっていいます。

DSC_0587.JPGDSC_0591.JPG

こちらはフールと言って、豚小屋兼用のお手洗いだったそうです。
DSC_0588.JPG


琉球ガラスを作っている工房を見学しました。

琉球ガラスは、戦後アメリカ人によって持ち込まれたコーラの空き瓶などを再利用することから始まったとの事で、
ガラスを溶かして型に入れて焼き、形を整えて作るそうです。
DSC_0583.JPGDSC_0584.JPG

琉球ガラスのお雛様もありました。綺麗でかわいいお雛様。

P2030150.JPGP2030151.JPG

玉泉洞は、東洋で最も美しいと言われる鍾乳洞で、三十万年をかけて作られ、全長は5000mもあるそうです。
公開されているのはそのうちの890mでサンゴを主成分とした琉球石灰石で出来ています。
見学しながら歩くと一時間近くかかりました。

この鍾乳石は圧巻です。
DSC_0573.JPGDSC_0574.JPG


DSC_0579.JPGDSC_0578.JPG


スーパーエイサーを観たかったのですがショーが始まる時間に上手く合わず断念しました。
お客さんの歓声が離れた場所まで聞こえてきていました。

ガジュマルの木を眺めつつ。沖縄ワールドを出て、道路を渡った場所にあります。ガンガラーの谷へ。
DSC_0595.JPG

このケイブカフェは、天然の鍾乳洞です。
ここからガイドさん付きでガンガラーの谷を見学することが出来るそうです。
約90分の行程だそうで、事前予約が必要との事でした。
私たちは事前にその事がわかっていなかったので、こちらのカフェで一休みして帰ることにしました。
P2030183.JPG

中はこんな感じです。
DSC_0603 1.JPGP2030180.JPG
P2030173.JPGP2030177.JPG

アイスクリームをいただきました。
おまけについていたのはちんすこう(^^)/
DSC_0602 1.JPG

沖縄ワールドに別れを告げ、最後にひめゆりの塔を見学してきました。
こちらは写真を撮りませんでした。
ひめゆりの塔は沖縄陸軍病院の置かれた壕の跡に立つ慰霊碑です。
学徒の遺族により終戦の翌年である1946年に作られたとの事です。

太平洋戦争末期の沖縄戦で看護訓練を受けた女学生・教師が日本軍に従事させられました。
この女子学徒隊は全部で8つあり、そのうちの1つが「ひめゆり学徒隊」だったそうです。

隣接するひめゆり平和祈念資料館も見学しました。

多くの尊い命が奪われた戦争を私たちは忘れてはいけないと思います。

10代半ばの女の子たちが日本を守るためと信じて命を落としていったのだと思うと、胸が締め付けられる思いです。


そして、現代の平和に感謝の気持ちでいっぱいです。

沖縄で、ぜひ訪れたい場所の1つです。

ここからは約30分で那覇空港。

京都に帰ります。

また来年の二月に来ますよ。
大好きな沖縄。にふぇーでーびる\(^o^)/
ありがとう〜\(^o^)/

沖縄ワールド
沖縄県南城市玉城字前川1336番地
пF098-949-7421
営業時間:9時〜18時(最終受付17時)
年中無休
入場料:フリーパス(玉泉洞、琉球王国村、ハブ博物公園)
大人1650円 小人830円

ガンガラーの谷
ケイブカフェ
沖縄県南城市玉城前川202
098-948-4192
営業時間:10時〜18時(ラストオーダー17時半)
年中無休

ガイド付きツアー
所要時価約90分
大人2200円
学生1700円
保護者同伴の場合は中学生以下無料
事前予約制
098-948-4192

ひめゆりの塔

ひめゆり平和祈念資料館
沖縄県糸満市字伊原671-1
098-997-2100
営業時間:9時〜17時半(最終受付17時)
年中無休
入場料:大人310円 高校生210円 小、中学生110円

ブログトップへはこちらから

posted by miko at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 他府県散策

2016年02月15日

3泊4日・沖縄の旅(^^♪その3

沖縄の旅三日目です。

本日でリザンシーパークホテル谷茶ベイとはお別れです。
朝市では沖縄でしか出会えないお野菜が売られていました
DSC_0451 (2).JPG
DSC_0453 (2).JPGDSC_0456 (2).JPG
DSC_0452 (2).JPG

本日も決して良いとは言えないお天気ですが、まずは宜野座に訪問です。
阪神タイガースのキャンプ二日目。
なんとしても、一目だけでも。
兄貴に会わなくては!!!

会えましたよ〜\(^o^)/
キー太くんです黒ハート
DSC_0457.JPG

そして念願の金本監督の背中に会えました\(^o^)/
DSC_0479.JPG
P2020054.JPG

今成選手(#^.^#)奥には桧山氏もるんるん

P2020045.JPG

今年のご活躍をお祈りしつつ。
宜野座バーガーをいただきました。美味しかったです〜(#^.^#)
DSC_0467.JPG

宜野座村野球場を後にて古宇利島にある古宇利オーシャンタワーへ見学に行きました。
宜野座村から車で約50分です。
DSC_0492.JPG
沢山の種類の貝殻が展示されています。
DSC_0493.JPG

P2020071.JPGDSC_0514~2.JPGP2020080.JPG

沖縄の海はそれぞれに色を持っていて、どの海も美しいですね。
お天気は最高とは言えませんでしたが、海の美しさには変わりありません。

古宇利島を後にし、本日のお宿に向かいます。
本日のお宿は那覇市の国際通り近く、歩いて5分のホテルです。

ホテルサンパレス球陽館
こちらのお宿は素晴らしいスタッフの方々のおもてなしに心がほっこりと温まる気持ちがしました。
沖縄の方は皆さま優しいですね(#^.^#)

DSC_0534 (2).JPG

夜の国際通りに繰り出しました。
DSC_0535.JPG

沖縄最後の夜です。
泡盛をたくさん飲みました。
DSC_0536.JPG

テピチは、きっと食べたら美味しいのでしょう(#^.^#)
でも見た目が・・・( ;∀;)
DSC_0537.JPG

こうして最後の沖縄の夜は更けていくのでありました。

翌日は飛行機に乗って帰ってしまうのだ。
まだ帰りたくない〜

宜野座村野球場
沖縄県国頭郡宜野座村宜野座188

古宇利オーシャンタワー
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
пF098-056-1616
営業時間:9時〜18時
年中無休
入場料:大人800円 中・高校生600円 小学生300円 小学生未満無料


ブログトップへはこちらから


posted by miko at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 他府県散策

2016年02月10日

3泊4日・沖縄の旅(^^♪その2

沖縄旅行二日目です。
本日は阪神タイガースのキャンプイン

雨です( ;∀;)
いろんな天気予報を見まくりましたが。
どこを見ても雨です( ;∀;)

でも来てみました。
DSC_0344 (2).JPG

誰もいません。
そらそうですね。
雨ですから( ;∀;)

小一時間ほど粘りましたが、雨がやむことはなく。
室内練習は見れず。

いやしかし。
選手と同じ沖縄宜野座の空気を吸っているのだと自分をなぐさめました(笑)
DSC_0351 (2).JPGDSC_0352.JPG

気を取り直して沖縄観光です\(^o^)/

宜野座村から車で約一時間程走り、海中道路から浜比嘉大橋を渡り、浜比嘉島へやってきました。

雨でも美しい光景。
これは、晴れならば大変な美しさだったことだと思います。

DSC_0366.JPG
おしゃれなカフェで一休みしました。

DSC_0359.JPGDSC_0357.JPG

ハイビスカスの紅茶をいただきました。
お店の方はとても親切で、
「晴れの日はここからの眺めはすごく綺麗なんですよ。」
と教えてくださいましたが、雨でもとても良い時間を過ごすことが出来ました(#^.^#)

DSC_0364.JPGDSC_0365.JPG

浜比嘉大橋を戻り、平安座島から宮城島を越えて伊計島のイチの里「仲原遺跡」にやって来ました。
縄文時代のムラの跡で土地改良事業の発掘調査で竪穴式住戸址が発見されたとの事です。

DSC_0369.JPG
雨でも観光だ〜exclamation×2
喜んで車を飛び出しましたところ、このような看板が( ;∀;)
恐いですけど( ;∀;)
DSC_0370.JPG

キノコの家のようで可愛い住居が点々と建っています。
DSC_0371.JPG

一軒一軒に説明がありました。
縄文時代晩期(約2500年〜2000年前)の建物の復元です。
2000年以上も前の建物を復元できるってすごい事ですねexclamation×2
そして、当時この住居に住み、生活をしていたご先祖様がおられたおかげで現代の私たちがあるのだと思うと、感謝の気持ちがこみ上げてきます。

DSC_0378.JPGDSC_0374.JPGDSC_0372.JPG

帰路に着く途中。宮城島のお塩の工場「ぬちまーす」に見学に行きました。
可愛いお塩の雪だるまさんがお出迎えしてくれました。

DSC_0387.JPGDSC_0388.JPG

ぬちまーすのお塩はミネラル世界一でギネス認定されているそうですよ\(^o^)/
DSC_0389.JPG

お塩の雪景色です。
DSC_0405.JPG

ぬちまーすの塩工場を見学後、工場近くのパワースポットに立ち寄りました。

DSC_0414.JPGDSC_0409.JPGDSC_0426.JPGDSC_0416.JPGDSC_0415.JPG

素晴らしい景色です!!

ぬちまーす塩工場を出てお宿に向かいます。
前日を同じくリザンシーパークホテル谷茶ベイです。

お宿のある恩納村へはここから車で約55分の距離です。
移動中にうるま市の勝連城跡を見学しました。
2000年には世界遺産に登録された城跡です。
DSC_0431.JPGDSC_0439.JPG

IMG_1279.JPG

沖縄二日目、楽しい一日となりました\(^o^)/
お読みくださり、ありがとうございました。

宜野座村野球場
沖縄県国頭郡宜野座村宜野座188

浜比嘉島サントリー二
沖縄県うるま市勝連浜243-1
пF090-3016-4245
営業時間:11時〜18時
定休日:水曜日

イチの里 仲原遺跡
沖縄県うるま市与那城伊計

ぬちまーす
沖縄県うるま市与那城宮城2768
пF098-983-1111
年中無休(年末年始を除く)
営業時間
工場見学・ショップ:9時〜17時半
レストラン:11時〜17時半(木曜日はデザート、ドリンクのみ)

勝連城跡
沖縄県うるま市勝連南風3908


ブログトップへはこちらから
posted by miko at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 他府県散策

2016年02月08日

3泊4日・沖縄の旅(^^♪その1

沖縄本島に旅行してきました(#^.^#)黒ハート
DSC_0291.JPG

1月31日。出発時の京都の気温は6°
到着時の沖縄の気温は18°でした。
テンションが上がりまくっているわたくしはこの気温差にも大喜びです。

那覇空港にはレンタカー会社の送迎車がずらりと並んでいます。わたくし達もその中の一社であるフジレンタカーさんの車に乗り込みます。
DSC_0293.JPG
フジレンタカーさんは那覇空港からすぐ近くでした。

飲み物を購入しようと自動販売機に。

さんぴん茶を見てまた大喜びです。
京都の自動販売機には置いていない飲み物ですので〜(#^.^#)
DSC_0294.JPG

レンタカーで沖縄旅行いよいよスタートです!!

この日から二泊お世話になる、恩納村のリザンシーパークホテルへ向かう道中にお昼ご飯を食べに美浜アメリカンビレッジへ向かいます。


那覇空港から車で約40分程のアメリカンビレッジは
米軍基地の跡地に作られたとの事で、東京ドーム5個分の巨大な商業施設です。

数多くのレストランやショップが。
そしてボーリング場やカラオケなどの遊ぶ場所もありました。

DSC_0298~2.JPG

こちらのステーキハウスBBさんでお昼ご飯です。
DSC_0301~2.JPGDSC_0299.JPG

お肉〜\(^o^)/
ステーキ〜\(^o^)/
サラダ、スープ、パン又はライス、飲み物がついています。

DSC_0308~2.JPGDSC_0306~2.JPGDSC_0311.JPG

わさびステーキランチ 2730円
ジューシーなお肉にわさびのパンチが効いていました。

DSC_0303.JPGDSC_0304.JPG

ボリューム満点でお腹いっぱいです。
沖縄に来たーって感じです。

アメリカンなお食事を満喫して、ここから車で約15分程のところにあります道の駅かでなへ移動です。
DSC_0314~2.JPG
DSC_0315.JPG

この道の駅かでなは、米軍の嘉手納基地を一望出来るとの事で。
平日ならば戦闘機も見れるとの事です。

飛行機を撮影しようとする望遠のすっごいカメラを構えた方が数人おられました。

私たちもしばらく眺めていたのですがこの日は日曜日で飛行機の発着を見ることは出来ませんでした。

でも眺めは最高に良かったですよ\(^o^)/
DSC_0318.JPG

さて本日のお宿に向かいます。
「道の駅かでな」から車で約25分程です。

リザンシーパークホテル谷茶ベイ

DSC_0321~2.JPG

広いホテルで迷子になりまくりました(笑)
ホテルの中にたくさんの施設が併設されていて、どこにも出かけなくてもずっとホテルにいても遊びを満喫できるようになっていました。
マリンスポーツ、パターゴルフ、テニスにウォーキングなどが楽しめるようになっていました。
またインドアのプールや手作り体験工房など雨の日もホテル内で満足できる施設が満載です。

お部屋はバルコニー付きのオーシャンビューです。
DSC_0322~2.JPGDSC_0324~2.JPG

お部屋で一休みして夕食に出かけました。
日が暮れてきた海辺は違う表情を見せてくれます。
昼の美しさは溌剌としていますが、夕暮れの穏やかな美しさも素晴らしいです。
DSC_0329.JPGDSC_0332.JPG


ホテル内には和食料理屋さん、中華レストラン、BBQレストラン、バイキングレストラン、焼き肉レストランがあり、さらに浜辺には島唄と三線ライブを観れる居酒屋さんがありました。

わたくし達はお食事とともに泡盛と三線ライブを求め、浜辺の居酒屋「島唄」へ。


DSC_0342~2.JPGDSC_0333~4.JPG

沖縄料理をたくさんいただきました。
ジーマーミ豆腐、海ブドウ、モズク酢、ミミガー。
なかでも一番のお気に入りは
そーみんチャンプルーでした(#^.^#)
DSC_0333~3.JPG

京都に帰ってからもそーみんチャンプルー作ってみたいと思いました(#^.^#)
泡盛も堪能できましたし
三線ライブは三人のお姉さんの美しい声で大盛り上がり。とっても楽しいライブでした〜\(^o^)/

DSC_0339.JPG

こうして沖縄旅行初日は終了したのであります(#^.^#)

美浜アメリカンビレッジ
沖縄県中頭郡北谷町15 美浜区公民館 -69
アメリカンビレッジ内ステーキハウスBB
デポアイランドA館2階
098-936-8234
営業時間:11時〜22時
年中無休

道の駅かでな
沖縄県中頭郡嘉手納町屋良1026-3
098-957-5678
営業時間:8時〜22時
年中無休

リザンシーパークホテル谷茶ベイ
沖縄県国頭郡恩納村谷茶1496
098-964-6611
チェックイン14時 チェックアウト11時

ブログトップへはこちらから

posted by miko at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 他府県散策
最新コメント
プロフィール
mikoさんの画像
miko
長年住み慣れた尼崎と西宮から2014年に京都に移り住みました。 京都の良さをみつけて、どんどん京都を好きになりたいと思っています。 観光名所はもちろんのこと、知られざる穴場を探しつつ、 美味しいものや美味しいお酒も発見していきたいと思っています。 2014年に退職しましたが、二十数年、ビューティーアドバイザーを職業としておりましたので、これからも、健康と美しさの探求は続けていきたいと思っています。 よろしくお願いいたします。
ブログ
プロフィール
タグクラウド

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。