広告

posted by fanblog

2019年06月15日

男女のギャップ




久しぶりの更新です。

娘は2年生に進級し、部活でも先輩となりました。
たかだか1歳しか違わないのですが、1期下は学年全体の雰囲気、キャラクターが自分たちと違うらしく、接し方に少し悩んでいるようです。

さて本文ですが、受検を決めてから合格までの一通りはすでに書いているので、当時思っていたこと、感じていたことをスポットで書きたいと思います。

*    *    *    *    *

以前、「受検は団体戦?ぬるま湯は身体にやさしく受検に厳しい」という記事を書きました。

要約すると、授業のあと、女子の集団で教え合いをしていたが、特定の子のためだけになっている様子であったので、居残りを禁じた。ということです。

さて、居残りを禁じたのですから、授業後ただちに帰宅し、夕食をとり、授業の復習でもするのかと思いきや、塾は出たのになかなか帰ってこない日がありました。

(e塾は入退室記録がリアルタイムに電子メールで送られてくるので、道草をくっているのが丸わかりです)

何をしていたかというと、e塾で一緒の男子と道端で話していました。

その当時は、相手も分かっているし、男女は定員が分かれているからライバルでもないし、たまの息抜きになるからまあ見過ごすか、、、と思っていたのですが、最終結果(娘:不思議な合格、男子:残念)を見て思い出したことがあります。

かれこれ四半世紀(?)前、大学受験に失敗し浪人生活を送っていた自分に同様のことがあったじゃないか!(笑)

「同じ大学に行こうね」なんてお互い言ってましたが、彼女の方がはるかに優秀な大学へ進みました。

男子はその時が楽しければ良い、その先は何とかなる。と思いがちな気がします。もしくは感情の高まりが早い。娘は「不思議の合格」なので当てはまらない気がしますが、女子の方が計画的、というか強かだと感じます(言葉が悪いですが)。

男子のお母さん方、その息抜き、目標を見失わない程度で済んでいますか…?







にほんブログ村で
公立中高一貫校受験の
ブログをチェック!



人気ブログランキングで
中学受験のブログをチェック!
posted by MTG at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘のこと
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8889479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
関連サイト

にほんブログ村で人気のブログをチェック!


人気ブログランキングで
中学受験のブログをチェック!


ファン
検索
記事ランキング
  1. 1. 願書にまつわるエトセトラ
  2. 2. マジと狂気の受検準備(狂気?編)
  3. 3. マジと狂気の受検準備(マジ編)
  4. 4. 藁をもつかむ、仕上げの?冊(問題集編)
  5. 5. 藁をもつかむ、仕上げの?冊(読解力、作文テーマ編)
  6. 6. 算数基礎、計算で追いつくために。小5から新小6のころ
  7. 7. Wの行く末、流されてく?
  8. 8. 受検は団体戦?ぬるま湯は身体にやさしく受検に厳しい
  9. 9. ルーティンをつくる、平常心をたもつ
  10. 10. 続・中学受験(受検)は親の受験?志望校選びは親の見栄?
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
MTGさんの画像
MTG
40代サラリーマン,中受の経験なし,大学時代に塾講アルバイトの経験あり,の父です
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。