2019年04月16日

メルカリ引退、ラクマへ引っ越し

しばらく断捨離に使っていたフリマアプリ、メルカリ。
手数料は10%だし、
メルカリ便宅急便送料が100円値上げになったし、
売上金の振込手数料が条件付の無料から有料に変わったりと、
今年2019年になってから利用者に不利なシステム変更が多く、
引退して別のフリマアプリに引っ越しする事にしました。



だいぶ断捨離も進んだし、一時期ほど売りたい物があるわけではないのですが、
お買い物の時に迷っても、両方とも買ってみて、
使わないなら売ればいいという考え方ができるようになったのは、とても便利。

特に、ネットでのお買い物が増えてくると、
届いてみたら思ったのと違ったとか、
サイズが合わなかったという失敗時に、
多少割り引いても使ってもらえる方に譲れるのはありがたい。

というわけで、2番手のラクマに移転することにしました。
最近お気に入りの楽天のサービス。→楽天edyにハマる。
まだ様子見をしていて出品していませんが、
手数料は3.5%なので、その他の手数料などがかかっても優位性があるかと思います。
相場感や取引件数など、様子見してみたいと思います。


メルカリは、4/22までの振込手数料無料のうちに売上金の振込申請をして、
出品を取り下げ、プロフィール欄に店じまいのお知らせを掲載しました。

「ラクマに移転します」
と試しに書いてみたら、
「ラクマという文字列は、自己紹介には使えません。」
という、大人気ないエラーが。小っちゃい。

EEBEFA31-8351-4F39-AD09-ADC847CBD87F.jpeg

競合サービスで相当意識してるのね。

一方で、ラクマの方のプロフィール欄に
「メルカリ」と書いてみたら、エラーは出ませんでした。
意識の違いが浮き彫りに。
48B75438-B091-47C0-AAD7-9D97061360B3.jpeg

メルカリはマザーズ上場してから10か月、
広告宣伝費をたくさん使って赤字決算にしています。
収益の柱が手数料収入だし、上場して市場から資金を調達するとなると、
戦略的には手数料を増やし売上を伸ばす方向に行く必要があるのですが、
やはり巨大企業の楽天のサービスが脅威なのでしょうね。

対する楽天は、ラクマは色々あるサービスの中のごく一部なので、
大きな市場に育ったらラッキー、今は種蒔きという認識なのでしょう。

それだけに楽天にマネされたのであれば、
メルカリのビジネスモデルは見込みがあるということなのでしょうね。


関連記事
メルカリの売れ筋商品
メルカリで売れた意外な商品
メルカリ丸1年・収益公開
メルカリの利用制限



posted by めろD at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらし
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8729022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
めろDさんの画像
めろD
積み重ねるうちに想像もしないところに行けるかもと思って、ブログ始めてみました。そのうちジャンルが狭まってくるかもしれないけど、今は徒然日記。
プロフィール
記事ランキング

人気ブログランキング