ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

2017年04月04日

ワーホリ、いくら必要?シドニー編



人気ブログランキングへ



シドニーへいったときは、これまた航空券はパパのマイレージで買ってもらったから値段は謎だけど、15万円以内で買えると思う。


語学学校1ヶ月×10万円
シェアハウス1ヶ月×7万円
これを先に日本から支払って、

30万円ぐらいをシドニーの銀行口座
15万円ぐらいを日本の銀行口座
手持ちで5万ぐらい。

シェアハウスはエージェントに頼んで200ドルで手配してもらって、ビザは自分で取って200ドルとか。





シドニーは物価が高かった(´・ω・`)
バンクーバーなら600ドル/月 でダウンタウンのジム付きタワーマンションの部屋の一室を借りれたけど、シドニーは少し田舎の小さいマンションでベッド2台の二人部屋が670ドル/月。これでも安い方。




まあ東京に比べれば安いもんなんだけどね!笑



ちなみに家を探すときのキーワード、カナダ英語でマンションはapartment、繁華街はdowntown、クローゼットがcloset。
これがオーストラリアで通じない
apartmentはflat, downtownはcity、closetはwardrobe。

シドニー行っても私は頑なに私はカナダ英語を話し続けた笑 downtownとか言っても、イギリス英語しか知らないヨーロピアンからは、は?なにそれ?英語わかんないの?みたいな顔されるw



話が逸れたけど、、
まあざっくりまとめると

二度目のワーホリは
語学学校 10万円
シェアハウス 7万円
シドニーの口座 30万円
日本の口座 15万円
手持ち5 万円
ビザ発行料 2万円
シェアハウス手数料 2万円
の合計70万円弱が最初に必要だったかな。



行ってすぐ仕事始めようと思ってたんだけど、アパレルで探したからなかなか見つからず。三ヶ月目にようやく仕事見つけたけど、その3ヶ月間はシドニーの口座の30万円と日本のカードを併用して特に交際費は削らずこの金額で足りたよ。




ちなみに保険はどちらも最初の3ヶ月間クレジットカード、あとは現地の保険に入ってました。クレジットカード期間にはどちらの国でも特になんの病気もせず。
バンクーバーの保険は無料でクリニック(診療所)からカバーする保険だったらしいんだけど、シドニーで風邪引いてクリニック行ったら適応外で200ドル実費になった。その私が契約した保険が総合病院からなら適応だったらしい。しっかり確認してから入るように。

あとはAIUとか入ってる人多かった。高いけどこれは全部適応すると思う。

まあ、カード付帯保険+現地保険 でじゅうぶんじゃないかな。ただこのパターンだと保険のカバー分をあとから請求するやり方だから、受診時に立て替えが必要。AIUとかならキャッシュレスの診療だと思う。

(カード付帯でどの程度負担してくれるのかはよくわからないので、私のパターンでいく人は手持ちのカード会社の保険をよく調べてください)






行く前だとお金のことなんて謎だらけだと思う。私も行く前に一番念入りに調べたワードがこれ。


なにかあればコメントにでも残してもらえばお答えします。

若者よ、どんどん世界へ出ていきなさい。




人気ブログランキングへ














posted by meee at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6129223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック