2021年03月18日

ちょっと気になる記事を見つけて、また独り言

前回の記事に関してですが、やはりテレビ局各社や〇春等のマスコミはそのまま黙って静かにスルー、そして相変わらずNTTと東北新社だけが騒がれています。

NTTと東北新社が騒がれているのは首相の息子さんが関係しているから、つまり首相叩き、首相降ろしの口実では?マスコミってほぼ反日なのでしょうか?

NTT&東北新社とテレビ局への扱いの違いは明らかに不自然。NTT&東北新社の件を追求するなら、総務省とテレビ局各社との関係も併せて追求するべきだと思います。

それと、A事務所からの独立をイメージさせる所属タレントさん達の記事が、やけに大袈裟に扱われているのもちょっと不自然に感じます。

どう考えても「独立」じゃないですよね、事務所傘下の会社を新設して、そこに移籍するだけですよね、これってイメージアップになるのかなぁ、、、?

佐藤健&神木隆之介、アミューズ資本の新会社設立へ(ねとらば)

この記事のタイトルには正直に「アミューズ資本の新会社設立」と書いてありますが、ただ「独立」や「退所(退社)」と書いてある記事もあります。

佐藤健とワンオクTaka同時退所で強まる絆(女性自身)

アミューズどうなる? “粒ぞろい”一斉退社の波紋(日刊ゲンダイ)

でも、コメント欄を読むと100%の方々が好意的に受け止めていませんし、私自身もちょっと「何を狙ってるの?」と思ってしまいました。

コメント欄、アミュタレファンの方々の受け止め方が良く分かって、とても興味深いです(ファン離れ半端無いと感じますが、、、)。

一方、こちらの記事は三菱電機の新入社員が自殺した問題で、役員が処分されたと言う内容です。こうした対応の方が一般的ですよね、、、。

三菱電機、新入社員自殺で報酬減額(KYODO)

しかも今回の春馬さんの件では、時系列が二転三転したまま何の説明も無く、記者会見を開いて欲しいというファンの要望を無視し続けています。

そしてMIU404 の隠語のや「カネ恋」での嫌がらせ演出&「猿渡慶太(漫画ウロボロスで罪を擦り付けられて口封じで殺される人)」という役名等々の謎。

チャリティーのお金の流れを透明化しようとしたため、春馬さんが長期間に渡ってパワハラを受けていたとの疑惑についても何一つ回答がないまま、、、。

遺言についても、当初の報道では「遺言らしき物があった」とされていたのに49日の事務所発表では一転して「遺書はありませんでした」となっている。

そして「天外者」等の春馬さんが出演する映画への冷たい仕打ち等々、どれを取っても何をどう考えても明らかに対応が異常!他〇説が出るのも当然です。

アミューズの株式掲示板へのある投稿者のコメントから少し引用させて頂きます。

「以前投稿が3度削除されたので、どんな場にもルール(例え理不尽でも)があり、利用するなら従うしかないと書きましたが、削除の内容が事務所にとって都合が悪いのならそこに春馬さんの真相がある筈です。なので削除後は曖昧に書いたらOKでした。

最近「天外者」と「ブレイブ」の春馬さんの演技を絶賛する記事が続きましたが、それなら何故〇ネマ旬報の選考委員は作品にも主演男優にも0票なのでしょうか?

読者選出1位の作品を選考委員が0票なのは史上初です。アカデミー話題賞も何故か他の俳優さんで記事も小さく出ただけでした。

得票数を明確にという苦情は沢山あったと思いますがスルーです。事務所の家族なのに何故疑問を呈さず放置なのですか?春馬さんへの個人賞は与えたくないのでしょうか?」

「兎に角アミュ社としては、春馬さんのことをみんなが1日でも早く忘れて欲しいのです。これでも、株式1部上場企業ですからね。」

「コメント勝手に消すな!張り付いてないとアミュ社からお金がもらえないの?一部上場企業でこのような哀れな掲示板は見たことないねー!」

「消されてるのは、全て真実です。そのうち、何かでしっぺ返しがくるでしょうね。」
  
「福山さんが昨年の紅白歌合戦のトリを取って、白組は今までに無い紅組の半分近い点数で大負けした。(>_<) これが、今のA社。」

「中国並みの言論統制すんな!!」

「ここの掲示板では、カネ恋の木村氏のツイッター内容は禁句らしい。
彼の昨年の1月から3月までのツイ(木村ひさ詩)を、私情は一切挟まずに投稿しただけで削除された。
あまりにも速攻削除でビックリ。
そんなにヤバイ意味を持ってたの?あれが?」

こうした質問や苦情等が殺到してるというのに、それに対して「三浦おばさんのクレーマー」だの「三浦おばさんまた発狂」だのと揶揄するばかり、、、。

更には集団でよってたかって虐める等もする始末で、反省するどころか、責任を感じるどころか、ファンを愚弄して逆撫でする事しかしません。

私は年齢的には間違いなく「おばさん」かもしれませんが、赤の他人のA社関係者には言われたくはないですね、正直ムカつきます(ロム専とは言え)。

それに春馬さんのファンには老若男女問わず、兎に角幅広い方々がいらっしゃいますから、この決めつけは明らかに「女性蔑視発言」です。

「いちゃもん付けるえせファンが暴れまくってる」「ちゃんとしたファンがほんと気の毒」等と揶揄して、肝心な質問には一切返答しません。

アミュ側のコメントの言うところの「ちゃんとしたファン」とは「何の疑いも無く素直にアニューズの製品を購入する都合の良い人」を指しているのでは?

でも、質問や苦情を書いている方達が「アニューズの製品を購入している」か否か、一体どうやって分かるのでしょうか???

むしろ今までアミューズ&春馬さんを応援してたからこそ、春馬さんの為と思って株を購入していたからこそ苦情や質問をしているのではないでしょうか?

本人達は「自分達はただの株主だ」と言い張ってますが、同じ人達(3〜4人)がずっと張り付いて対応しているので、バイトか社員と思われても仕方ないです。

まぁ、もし仮に本当に株主さん達だったとしても、どういう人種の集まりなのかは明らかなのではないでしょうか???

何かもう、開いた口が塞がらないと言うか、呆れ返って引いちゃうと言うか、、、正直ドン引き、、、ちょっともう無理ですね、、、。

それから、こうした様々な問題の根源に以下の記事の内容が関わっている可能性も否定出来ません。お時間のある方は是非最後まで読んで頂きたいです。

多くの慰安婦女性を看取ったのが日本人だという事実(JBpress)

吉田清治という方が慰安婦問題を煽動したそうで、その方は結構な印税や講演料を受け取って、映画の世界でもそれらを題材にした作品が成功したそうです。

ところがその「吉田証言」には信憑性がなかったらしく、記事を掲載した朝日新聞は後に記事撤回を告知し、読者離れと訴訟で大きな傷を負う事になりました。

その後も「慰安婦問題」は毛澤東思想主義者も朝鮮総連から政治的に利用され続け、また女性団体にとっても重要な収益事業となったそうです。

放送局もまた利益団体の憎悪マーケティングを持続するため、実証資料と真実を求める人々を迫害したのだそうです、、、怖ろしい。

そうやって信憑性の無い発言を元に日本政府からお金を引き出し、ところが多くの元慰安婦の最後を看取ったのは韓国人ではなく日本人だったという事実。

なんともやるせない話です、、、日本人は優し過ぎるのでしょうか???映画やテレビは洗脳装置と成り得るという実例ですね、気を付けましょう。

春馬さんもこうした日韓論争の犠牲(日本の芸能界とマスコミはもはや乗っ取られている可能性が高い)となった可能性も否めません。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10602004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
カテゴリーアーカイブ
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ
にほんブログ村
検索
プロフィール
まゆみんさんの画像
まゆみん
星の数ほどの中からこのブログを読んでくれてありがとうございます。 40代の時に目覚めたスキンケア・インナーケアのお蔭で、今50代ですがかえって若返ってます。そうした自分の体験と、日々のエイジングケアをレビューと共に綴っています。 どうぞよろしくお願いします。
プロフィール
最新コメント
読者になって頂けたら嬉しいです!
最新記事