2021年01月17日

なんとか無事に2021年を迎えて、ちょっと独り言

8200f9668d326a7a7546e4962a0b01d1_s.jpg

未だにコロナ騒ぎは収まらず、アメリカ大統領選挙も何やら不穏な雰囲気のまま、世界中が不透明な状態のままではありますが、何とか新しい年を迎えました。

時代の大転換期の真っ只中に居る実感を何となく感じつつ、かと言ってどうすれば良いのか分からず、何も出来ないまま、表面的には例年と同じ新年を迎えています。

何かがおかしい、、、と感じているのは私だけでしょうか?嫌、違うはずです。何故なら、何も申し合わせていないのに、主人も同様に感じているからです。

どう考えても何かが不自然です。昨年の三浦春馬さんの死以来、マスコミの情報への違和感をハッキリと認識し始め、その違和感は更に大きくなるばかり、、、。

何故なら、アメリカ大統領選挙に関しても同様の状況が起こっていると考えられるからです。私達がマスコミから与えられている情報には「意図」を感じます。

何某かの「意図」です。「民意をこっちの方向へ持って行こう」とする「意図」です。それが余りにもアカラサマで、本当に「唖然」としてしまいます。

皆さんは感じませんか?例えば春馬さんの死に関しては「春馬さんは母親との確執が原因で自ら命を断った」という刷り込みがほぼ丸々1ヶ月間成されていました。

そして今「トランプさんは史上最悪の大統領」「トランプさんは大噓つき」「トランプさんはビックマウス」というキャンペーンをしている真っ最中です。

でも、人数は違っていたそうですが、死んだはずの方がバイデンさんに投票した事になっていたケースは実際にあったんですよ!つまり不正はあったのです!

それが全て揉み消されてしまった事、そして余りにも酷いトランプ一族叩き、ツイッター社の永久凍結対応、、、そっちの方が怖ろしくありませんか?

私は怖ろしさを感じます。怖いです。まるで戦時中の言論統制の様です。アメリカはいつからこんなに怖ろしい国になったのか、、、思え返せば布石はありました。

ケネディー大統領暗殺事件の頃、つまり1963年の頃には既に始まっていたのです。私はずっと平和ボケしてました。だからと言ってなに何も出来ませんが、、、。

ケネディー大統領の暗殺も、かなり大掛かりな組織(一説にはCIAも)が関わっていて、明らかに怪しかったのに有耶無耶にされてしまったみたいです。

マスコミに踊らされない様に気を付けようと強く感じます。普通の人民の方が圧倒的に多いのですから、冷静に客観的に対応し、マスコミから一線を画そうと思います。

マスコミは私達を操作しようとしているし、また「自分達は国民を操れる」と自負して(思い上がって)いるのです。そうなっては相手の思う壺です。

マスコミの情報は「あちら側の人達はこうしたいのだな」程度に受け取った方が良いと思います。何故なら余りにも偏向報道が過ぎるからです。

ここまでの偏向報道は、もはや「情報操作」と言っても過言ではないと思います。マスコミには気を付けましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10476536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
カテゴリーアーカイブ
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ
にほんブログ村
検索
プロフィール
まゆみんさんの画像
まゆみん
星の数ほどの中からこのブログを読んでくれてありがとうございます。 40代の時に目覚めたスキンケア・インナーケアのお蔭で、今50代ですがかえって若返ってます。そうした自分の体験と、日々のエイジングケアをレビューと共に綴っています。 どうぞよろしくお願いします。
プロフィール
最新コメント
読者になって頂けたら嬉しいです!
最新記事