2018年05月11日

ノーベル賞を受賞した美容成分「フラーレン」

今日は「ノーベル賞」を受賞した美容成分として大変注目を集め、有名になった「フラーレン」について詳しくご説明します。

様々なドクターズコスメやエステ採用化粧品など、比較的高級な美容液などに配合されている「フラーレン」ですが、どのような成分なのでしょうか。


< 目次 >

1) 「フラーレン」ってどんな成分?
2) 「フラーレン」に期待出来る美容効果
3) 「フラーレン」の発見とノーベル賞受賞
4) 「フラーレン」の種類とロゴ
5) 「フラーレン」の全種類
6) 「フラーレン」配合化粧品


1) 「フラーレン」ってどんな成分?

フラーレン」は「ビタミンC」の120〜200倍の高い抗酸化力があり、肌老化の原因となる「活性酸素」を、まるでスポンジのように吸い取って除去し、様々な肌トラブルを改善すると言われています。

フラーレンの最大の魅力は、高い抗酸化力、つまり「酸化させない」「サビさせない」力です。

紫外線やストレスなどによって発生する「活性酸素」が肌を酸化させ、シミやくすみ、シワ、タルミなど、様々な肌老化の原因になります。

「活性酸素」に強い「フラーレン」は、美肌の天敵とも言うべき「活性酸素」を、まるでスポンジのように吸収して無害化してくれるのです。

「フラーレン」のもう一つの魅力は、お肌への刺激が無いこと。敏感肌などの方でも心配なく使うことが出来、肌タイプを選ばないということです。

効果が高い成分は、お薬と同じで、通常副作用の可能性も高くなるのですが、研究結果から「フラーレン」には、その副作用が無いと言われています。

そのため「フラーレン」は、アトピーの方でも、ニキビ跡でお悩みの方でも、敏感肌の方でも安心して使うことが出来る上に、高い効果が期待出来る成分として注目されているのです。

ですが、実は「フラーレン」は、今のところ厚生労働省から「有効成分」として認可された「薬用成分」や、医療現場で使用されている「医薬品」ではありません。

化粧品や医療の分野において、多くの研究者によって*様々な用途への研究が現在も行われている、現在進行形の大注目成分です。*HIVの特効薬としての利用などが検討されて研究中。


2) 「フラーレン」に期待出来る美容効果

・シミ予防による美白効果
・シワ・タルミを防ぐエイジングケア効果
・バリア機能の修復効果
・肌の保水力を高める保湿効果
・ニキビなどの肌の赤み改善効果
・毛穴引き締め効果

このように「フラーレン」に期待出来る美容効果は非常に多肢に渡っていて、ほとんどの肌の悩みを網羅しているため、美容界で大注目されているのです。

「フラーレン」がほとんどの肌の悩みをカバー出来る理由は、他の「抗酸化成分」と違って「フラーレン」の「抗酸化力」が万能だからです。

他の「抗酸化成分」は、ある特定の「活性酸素」にしか効果が発揮出来ないのに対し「フラーレン」は万遍なく様々な種類の「活性酸素」に対して高い効果を発揮します。


3) 「フラーレン」の発見とノーベル賞受賞

「フラーレン」は3人の科学者(イギリスのハロルド・クロトー教授、アメリカのリチャード・スモーリー教授とロバート・カール教授)によって発見されました。

3人が宇宙空間の再現実験を行っている中で偶然発見されたそうです。「フラーレン」発見の功績が認められ、3人の科学者は1996年にノーベル化学賞を受賞しました。


ノーベル賞と言えば、1962年に上皮細胞成長因子「EGF」と神経成長因子「NGF」を発見したアメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士も、その功績で1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

ですから「プラセンタエキス」にも、ノーベル賞受賞成分が含まれています。「EGF」は火傷や傷を負った肌の再生、皮膚移植などによる傷の回復促進を目的として、臨床使用されていました。


宇宙空間の再現実験中に偶然発見された「フラーレン」は、後にアメリカ航空宇宙局(NASA)の観測でも、実際の宇宙空間で確認されています。

サッカーボールの様な形状が「ジオデシック・ドーム」という球状ドームと似ていたため、ドーム考案者の建築家「バックミンスター・フラー」の名前から「フラーレン」と名付けられました。

「フラーレン」は60個の炭素原子が球状に集まって構成されている物質で、ダイヤモンドと同じく、炭素原子のみから構成されています。




ダイヤモンドと「フラーレン」とは同じ元素のみでできている「同素体」ですが、元素の*配列や構造などが全く違うため、全く違う性質を持っています。*ダイヤモンドはやぐら状で「フラーレン」は球状。

「フラーレン」はそのままの状態では他の成分と混ざらないので、化粧品の原料にするために加工された製剤が作られました。

「フラーレン」配合の化粧品が販売されるようになってから10年程経ちましたが、今のところ「フラーレン」が原因の肌トラブルは報告されていません。

安全性に関わる情報収集、試験が続けられ、比較的高級な化粧品の原料として使用され続けている「フラーレン」は、安全性の高い成分と言って良いと思います。

試験結果などから「フラーレン」の安全性は確認されていますが、万が一「フラーレン」配合化粧品で肌トラブルを感じた時は、化粧品の裏に記載されている製造販売元へお問い合わせください。

化粧品の原料として1%以上「フラーレン」を配合した製品にのみ使用を許されている「*ロゴマーク」があります。

「フラーレン」の化粧品原料メーカー「ビタミン C60 バイオリサーチ株式会社」が定めた「*ロゴマーク」です。「フラーレン製剤」には「水溶性」「油溶性」など、種類がいくつかあります。


4) 「フラーレン」の種類と*ロゴ
          
・水溶性「ラジカルスポンジ」    :「R.S.」
・油溶性「リポフラーレン」     :「L.F.」
・粉末タイプ「ヴェールフラーレン」 :「V.F.」
・進化型水溶性「モイストフラーレン」:「M.F.」
*本来のロゴには文字だけでなく、以下のサッカーボールに似たデザインがあります。




5) 「フラーレン」の全種類

1.水溶性フラーレン「ラジカルスポンジ(R.S.)」

水に溶けやすい性質を持つ「水溶性フラーレン」は「ラジカルスポンジ」と呼ばれています。

「ラジカル」とは活性酸素のこと。「活性酸素をスポンジのように吸収する」という意味で「ラジカルスポンジ」と呼ばれています。

「フラーレン」は元々黒い粉状なのですが、「ラジカルスポンジ」は粉状のフラーレンを加工して水に溶かした状態にしてあります。

水に溶かすことによって、活性酸素を吸い取る高い抗酸化力を化粧品の成分として発揮出来るようになりました。

「ラジカルスポンジ」は化粧水など、水分の多い化粧品への使用が可能なのですが、水に溶けにくいという性質があるため、加工時に高分子ポリマーの「PVP(ポリビニルピロリドン)」を添加しなければなりません。

抗酸化力の強さと持続性があり、低刺激なことが特徴で、敏感肌の方でも安心な成分と言われていますが、無添加化粧品派やオーガニック化粧品派の方達には人気がありません。


2.油溶性フラーレン「リポフラーレン(L.F.)」

油に溶けやすい性質を持つ「油溶性フラーレン」は「リポフラーレン」と呼ばれています。

リポフラーレン」はお肌の潤い成分である「スクワラン」を「フラーレン」に混ぜ合わせ、油に溶けやすい液状にしたものです。

油溶性の「リポフラーレン」は文字通り油分とも好相性なばかりか浸透力も優れているため、美容液やクリームなどに用いられます。

混ぜ合わせている「スクワラン」は人間の肌に元々存在する天然成分ですので、自然化粧品派の方達にもお勧め出来ます。


3.粉末状フラーレン「ヴェールフラーレン(V.F.)」

「フラーレン」は元々水に溶けないため、粉末にするのは難しいと言われていましたが、シリカに内包することで白いパウダー状にすることが可能になりました。

パウダー状なので、ファンデーションやメイクアップ品への配合も可能になり、「フラーレン」の持つ抗酸化力と美容効果はそのままなので、皮脂の酸化を防いでくれます。


4.進化したラジカルスポンジ「モイストフラーレン(M.F.)」

「ラジカルスポンジ」の抗酸化力に「保湿力と浸透性」がプラスされたもので、文字通り保湿力の高い、優れたフラーレンです。

フラーレンをリポソーム化(ナノ化)してあるため浸透性に優れ、水分と油分の両方になじみが良いので肌なじみも良いと言われています。


5.UVケア専用フラーレン「サンガードフラーレン A(S.F.)」

文字道り、UVケア専用に開発されたフラーレン。紫外線吸収能力が高く、日焼けによる赤みを軽減し、光老化からお肌を守ります。


6.ヘアケア専用フラーレン「ヘアシャイニーフラーレン (H.F.)」

文字道り、ヘアケア専用に開発されたフラーレン。紫外線や活性酸素から髪を守ります。


7.リポソーム化用フラーレン「フラヴィ (fullavie.)」

リポソーム化(ナノ化)した「フラーレン」のことで、「フラーレン」配合化粧品用の原料。


6) 「フラーレン」配合化粧品

「フラーレン」配合化粧品をいくつかご紹介します。最初は「フラーレン」配合にしては意外とお手頃で、リピーター続出のオールインワン「Wフラーレンオールインワンジェル」です。

水溶性・油溶性「フラーレン」がダブルで配合されているだけではなく「ビタミンC誘導体APPS」「ビタミンE誘導体TPNa」「プロテオグリカン」なども配合されています。

「Wフラーレンオールインワンジェル」は厳選成分配合の無添加処方、時短なのに手抜きじゃない本気の美容を叶えてくれるオールインワンジェルで、通常価格は税込5400円です。

様々な「フラーレン」配合製品を扱っている「ビューティーモール」という専門店で販売しています。 「ビューティーモール」は宣伝をほとんどしていません。

BEAUTY MALL


「Wフラーレンオールインワンジェル」は特価セール(キャンペーンページ内)をします。セール中は税込4980円程で購入出来ます。2個、3個とまとめ買いをすると更にお得です。

不規則な生活から、アトピーやニキビなどの肌トラブルが噴出し、何をしてもお肌の悩みが消えない時、フラーレンとアプレシエに出会ったことがきっかけで誕生したビューティーモール。

「ステロイドを使わなくてもこんなにきれいになれるなら、これを多くの方に伝えたい」という思いから、ビューティーモールの商品は作られています。

美容家たちが大注目!ノーベル賞を受賞したフラーレンが規定値以上配合されたコスメ BEAUTY MALL




次は、以前「αアルブチン」や「APPS」の時にもご紹介したドクターズコスメのドクターリセラです。

売上100万本突破の大ヒット商品で、コスメティック総選挙で3年連続第1位を獲得した、美白ケアとエイジングケアを同時に叶えてくれる商品です。

添加物一切不使用で、100%お肌のための美容成分だけで作られています。主成分の「αGri-X(アルファグリックス)」は肌の再生力を促す働きが期待出来る成分。

「フラーレン」はもちろんのこと「αアルブチン」や進化型ビタミンC誘導体「APPS」、紫外線ダメージを防ぐ「ピクノジェノール」など、素晴らしい美容成分のみ配合されています。

全国2790店舗のエステサロンで愛用されている美白アイテムのトライアルセットです。本格派化粧品を求める方に最適です。価格は税込送料無料3780円です。

★30日全額返金保証★ドクターリセラ<スーパーホワイト>




最後は「APPS」の時にもご紹介した、ドクターズコスメのBIHAKU。「フラーレン」の他にも「肝細胞エキス」や進化型ビタミンC誘導体「APPS」「プロテオグリカン」なども配合されています。

楽天市場スキンケア部門で第1位を獲得している人気商品です。1ヶ月分の定期購入で、初回は送料690円のみなのですが、2回目からは税別送料無料7900円です。

最低5回の継続が必要です。5回の継続は、肌細胞が入れ変わる期間を考え、真剣にお肌と向き合ってもらいたい、という、こだわりのためだそうです。

美容液【BIHAKU】




最後まで読んでくれてありがとうございます!また読んで下さいね
ポチっと押して頂けると励みになります。よろしくお願いします

人気ブログランキング

にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7601266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
カテゴリーアーカイブ
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ
にほんブログ村
検索
※当ブログ内の文章や画像等の無断転載はご遠慮頂きます。
プロフィール
まゆみんさんの画像
まゆみん
星の数ほどの中からこのブログを読んでくれてありがとうございます。 40代の時に目覚めたスキンケア・インナーケアのお蔭で、今50代ですがかえって若返ってます。そうした自分の体験と、日々のエイジングケアをレビューと共に綴っています。 どうぞよろしくお願いします。
プロフィール
最新コメント
読者になって頂けたら嬉しいです!
――――――――――――――――― 美肌サプリ ――――――――――――――――― 濃密まつ毛美容液 ――――――――――――――――― シミ対策化粧品 ――――――――――――――――――― ハイドロキノン・アルブチン・プラセンタ・セラミド他配合 ――――――――――――――――― ハイドロキノン配合 ――――――――――――――――― ハイドロキノン・αアルブチン他配合 ――――――――――――――――― ルシノール配合 ――――――――――――――――― 美白化粧品 ――――――――――――――――――――― アクティブビタミンCα配合 ――――――――――――――――― 馬プラセンタ配合 ――――――――――――――――― 豚プラセンタ配合 ――――――――――――――――― プラセンタ配合マスク ――――――――――――――――― フラーレン配合 ――――――――――――――――― トラネキサム酸配合 ――――――――――――――――― エイジングケア製品 ――――――――――――――――― エクオールサプリ ――――――――――――――――― 馬プラセンタサプリ ――――――――――――――――― 豚プラセンタサプリ ――――――――――――――――― リンクル(抗シワ)クリーム ――――――――――――――――― フラバンジェノール配合 ――――――――――――――――― セラミド配合 ――――――――――――――――― EGF他配合 ――――――――――――――――― 美肌菌配合 ――――――――――――――――― ヒト卵子幹細胞配合 ――――――――――――――――― パントエア菌LPS配合 ――――――――――――――――― 米発酵エキス配合 ――――――――――――――――― コメ発酵生命体配合 ――――――――――――――――― ラクトフェリン配合 ――――――――――――――――― こだわり洗顔 ―――――――――――――――――
最新記事