ファン
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
リンク集

2017年10月21日

はにわの兵士200円赤茶の分室局和文ローラー印

はにわの兵士200円赤茶は1974年11月、発行目的はこれといった適合額面がなく主に特殊郵便や小包などに使用されました。1年2ヵ月後の1976年1月の郵便料金値上げに伴い、書状速達や簡易書留加貼りへの対応額面になり赤色に改色したはにわの兵士が販売され、また速達用として赤色を優先して販売したために実質の使用期間は1年あまりで、使用済みが非常に少ない切手でもあります。200円と高額なため注文消しも少なく満月印は稀少なアイテムになります。今回の消印は昭和50年の名古屋中央局柳橋分室和文ローラー印で、値上げ前で小包などに使用されたものと推測されます。



CIMG7913.JPG




(局の変遷)
・1939年3月11日〜1945年9月20日=名古屋柳橋郵便局
・1945年9月21日〜1952年8月31日=中村郵便局 柳橋分室
・1952年9月1日〜2012年10月9日=名古屋中央郵便局 柳橋分室






2017年10月18日

ソメイヨシノ10円の分室局和文ローラー印

ソメイヨシノ10円切手は昭和36年発行から10年あまり書状用として使用されました。またキリのよい額面であるために様々な郵便物にも使用されており、消印は豊富に存在します。印面も消印が見やすく、昭和30年代後半から昭和40年代前半の消印収集には最適な切手です。今回の分室印はあまり見かけない局のものですが、東淀川局新大阪駅内分室印になります。当時のキロボックスや百枚束でもほとんど見かけないのではないでしょうか。


CIMG0354.JPG




(局の変遷)
・1965年2月1日〜1974年2月28日=東淀川郵便局 新大阪駅内分室
・1974年3月1日〜2014年2月15日=淀川郵便局 新大阪駅内分室







2017年10月15日

ソメイヨシノ10円の分室局改称後の和文ローラー印

今回の消印は分室局から普通局へ変更になった局の和文ローラー印です。広島胡町(えびすまち)局印になりますが、局の変遷が激しく分室に2度ほど戻っています。消印が昭和46年ですの分室局ではなくなっています。昭和44年3月までの広島中央局胡町印が分室印になりますが、昭和30年代の切手にもD欄幟町入り櫛型印を時々見かけます。同様の消印に新宿局落合長崎分室があります。


CIMG0312.JPG




(局の変遷)
・1946年11月11日〜1954年11月15日=広島幟町郵便局(ひろしまのぼりちょう)
・1954年11月16日〜1958年10月31日=広島駅前郵便局
・1958年11月1日〜1964年4月19日=広島郵便局 幟町分室
・1964年4-月20日〜1965年7月31日=広島中央郵便局 幟町分室
・1965年8月1日〜1969年3月31日=広島中央郵便局 胡町分室(ひろしまちゅうおう えびすちょう)
・1969年4月1日〜=広島胡町郵便局







2017年10月12日

新オオムラサキ75円のD欄分室名入り櫛型印

新オオムラサキ75円の発行は1966年9月1日、発行目的は書状書留用ですので櫛型印を多く見かけます。また定形外郵便にも多用されたために和文ローラー印も見かけます。しかし機械印と欧文印は稀少で、また短期期間の簡易書留(1971年7月1日〜1972年2月1日までの8ヶ月間)のエンタイヤは大変稀少なものです。消印は昭和51年の東京中央局大蔵省内分室印ですが、後期の消印ですので注文消しかもしれません。この切手は真ん中の蝶が黒いのでこの部分の消印が判読しにくいと言う欠点があります。


CIMG8115 (2).JPG



(局の変遷)
・1956年10月1日〜2001年1月5日=東京中央郵便局 大蔵省内分室
・2001年1月6日〜2007年7月29日=東京中央郵便局 財務省内分室
・2007年7月30日〜2012年3月31日=千代田霞が関郵便局 財務省内分室




2017年10月09日

新前島密1円の自衛隊内分室局の櫛型印

自衛隊には2つの分室印がありました。福岡県の久留米局自衛隊内分室と兵庫県の伊丹局自衛隊内分室印です。どちらも現在では廃止されております、今回の消印は昭和50年、伊丹局自衛隊内分室の櫛型印になります。


CIMG8782.JPG



(局の変遷)
・1952年10月16日〜1964年11月30日=伊丹郵便局 緑ヶ丘分室
・1964年12月1日〜2004年11月1日=伊丹郵便局 自衛隊内分室






2017年10月06日

新ホトトギス3円の平成10年分室局直線式和文ローラー印

平成2年10月に全国1291の普通局で、和文ローラー印が直線式から斜線式へ変更になりました。その後も平成20年代半ばまでは一部の局で直線式が使用されておりました。今回の分室もそのひとつで平成10年以後も使用されていたようです。消印は麹町郵便局東京逓信病院内分室、平成10年の直線式和文ローラー印です。


CIMG8937 (2).JPG




(局の変遷)
・1938年2月21日〜2014年7月26日=麹町郵便局 東京逓信病院内分室






2017年10月03日

旧キク15円のD欄分室名入り櫛型印

今回の分室局印は短期間使用の消印になります。存在期間は3ヶ月間ですので当時のキロボックスでもあまり見かけません。手元に資料がないためにハッキリとは言えませんが、磯子局金沢分室のようにおそらく集配局だったのではないでしょうか。消印は昭和42年8月で開局翌月のものです。

(局の変遷)
・1967年7月1日〜1967年10月1日=板橋郵便局徳丸分室
・1967年10月2日〜1074年10月21日=板橋北郵便局徳丸分室


CIMG2704.JPG








2017年09月30日

新前島密1円の分室局直線式和文ローラー印

今回の消印は全国に複数存在しておりました郵政局内の分室印になります。現在では分室局としてはほとんど存在しておりません。新前島密1円切手は注文消しに多く使用されており(2円新アキタ犬では印面が暗く消印は見えにくいため)、今回の札幌中央局郵政局内分室もその消印になります。平成2年10月に直線式から斜線式へ全国1291の普通局で変更されましたが、簡易局や分室局ではその後数年は直線式を使用していました。尚、この局は随分と名称が変更されています。


CIMG0458.JPG



(局の変遷)
・1939年6月24日〜1949年9月30日=札幌郵便局 逓信局内分室
・1949年10月1日〜1959年6月14日=札幌郵便局 郵政局内分室
・1959年6月15日〜1991年4月29日=札幌中央郵便局 郵政局
・2003年4月1日〜2007年9月30日北海道庁赤れんが前郵便局
・2007年10月1日〜=北海道庁赤れんが前郵便局《札幌支店》






2017年09月27日

旧オオムラサキ75円の銘版付分室局和文ローラー印

今回の切手は使用済みの非常に少ない切手です。1956年の発行から新オオムラサキまで約10年間使用されました。主にアメリカなどの第2地帯宛の外信書状用として使用されたために三日月欧文印は多く存在していますが、真ん中の蝶が黒いためにこの部分の消印は判読しにくいという欠点があります。1966年からの書留書状便料金に該当するために、昭和41年以降の後期使用印は比較的多く存在しています。消印は銘版付の分室和文ローラー印、札幌中央局丸井内分室印です。


CIMG3491.JPG



(局の変遷)
・1950年6月1日〜1959年6月14日=札幌郵便局 丸井内分室
・1959年6月15日〜1990年5月9日=札幌中央郵便局 丸井内分室
・1990年5月10日〜=札幌丸井内郵便局







2017年09月24日

オシドリ5円ペアのD欄分室名入り櫛型印

オシドリ5円は、1955年の発行から1972年のコブハクチョウ5円の発行まで、約13年間使用されたため使用済みのバラエティが非常に多い切手です。この切手の消印で稀少なのは、県名カタカナローラー印、欧文櫛型印、欧文機械印、そして発行年の昭和30年の消印になります。尾長鶏5円の在庫が多くあった為切り替えに時間がかかった影響です。今回の消印はD欄分室名入りの櫛型印、磯子局金沢分室印です。この分室もあまり見かけません。


CIMG7886.JPG




(局の変遷)
・1946年6月1日〜1968年11月25日





2017年09月21日

弥勒菩薩像50円緑の分室局和文ローラー印

今回の分室局は知識がないと分室とは区別がつかない局です。いわゆる県庁内郵便局は分室ではない局の方が多いのです。弥勒菩薩像50円緑は1976年1月に郵便料金改訂で書状額面用として赤弥勒を刷色して発行されました。キリのより額面のため定形書状以外にも多く使用されています。消印は前橋局県庁内分室、1979年(昭和54年)の和文ローラー印です。県庁内局の分室は、岡山県庁、鹿児島県庁、広島県庁、山口県庁に分室が存在しました。


CIMG7925.JPG




(局の変遷)
・1949年5月1日〜1987年6月30日=前橋郵便局 県庁内分室
・1987年7月1日〜1994年10月16日=前橋中央郵便局 県庁内分室
・1994年10月17日〜=群馬県庁内郵便局





2017年09月18日

新はにわの馬65円の分室局櫛型印

旧はにわの馬65円の発行から、1年後の1967年7月20日に改色して発行されました。色検知式の自動取り揃え押印機用に切手印面に色検知枠を入れる必要が生じたためです。しかし事前にわからなかったのかと疑いますが...発行目的は書状速達料金用で値上げまでの4年間の使用済みが多くあります。消印は札幌中央局丸井内分室印、昭和43年の櫛型印です。


CIMG5468.JPG



(局の変遷)
・1950年6月1日〜1959年6月14日=札幌郵便局 丸井内分室(さっぽろ まるいない)
・1959年6月15日〜1990年5月9日=札幌中央郵便局 丸井内分室
・1990年5月10日〜=札幌丸井内郵便局






2017年09月15日

日光東照宮陽明門45円の分室局櫛型印

陽明門45円は、1952年(昭和27年)10月15日に書状書留料金用として発行されました。1967年にミズバショウ45円まで約15年間使用されました。書留用であるために10年間位の櫛型印は多く存在しています。刷色が暗いので消印が見えにくいのですが、今回の消印は判読できます。阿倍野局阿部野橋分室、昭和30年の櫛型印です。


CIMG3792 (2).JPG





(局の変遷)
・1948年9月6日〜2007年7月29日=阿倍野郵便局 阿倍野橋分室<41037A>(局番変更)
・2007年7月30日〜2012年3月31日=浪速郵便局 阿倍野橋分室





2017年09月12日

マツ20円田型の分室局和文ローラー印

マツ20円は1972年1月21日に発行、同年2月1日から料金改正される書状用として発行され、テッポウユリ20円の発行まで約10年間使用されました。この切手は消印は見えにくいという欠点のある切手でもあります。今回の消印は田型の和文ローラー印でその消印から100枚シートの別納であると判断が出来ます。名古屋中央局貯金局内分室の和文ローラー印です。


CIMG5794.JPG



(局の変遷)
・1950年12月1日〜1984年6月30日=名古屋中央郵便局 貯金局内分室
・1984年7月1日〜2015年12月6日=名古屋中央郵便局 貯金事務センター内分室
・2015年12月7日〜=名古屋西郵便局 名古屋貯金事務センター内分室





2017年09月09日

はにわの兵士200円赤の分室局櫛型印

はにわの兵士200円赤は、1976年1月の料金改正に伴う書状速達用としてそれまでの茶色を速達用の赤に改色して発行されました。また、簡易書留料金加貼り用としても使用されたため櫛型印は非常に多く存在しています。発行後も20年近く使用された切手です。今回の消印は、大阪中央局中央市場内分室の櫛型印です。


CIMG9175.JPG



(局の変遷)
・1932年8月1日〜1992年11月8日=大阪中央郵便局 中央市場内分室
・1992年11月9日〜=大阪中央市場内郵便局





2017年09月06日

音声菩薩200円赤茶の分室局櫛型印

音声菩薩200円赤茶(通称:小音声)の発行は1972年(昭和47年)6月10日、当時の対応する額面料金はなく端数あわせで混貼りで使用されています。しかし、1974年11月にはにわの兵士茶が発行されたために実質の使用期間は2年のみ、従って消印収集の困難な切手になります。そして、更に凹版印刷のために消印が乗りにくく、さらに別納や注文消しもなく判読できるような消印が非常に少ないのです。この切手の判読可能な消印は稀少です、今回の消印は分室局櫛型印、大阪中央局郵政局内分室印ですがこれくらいの判読でも稀少です。


CIMG2708.JPG



(局の変遷)
・1927年1月16日〜1949年6月30日=大阪中央郵便局 逓信局内分室
・1949年7月1日〜2003年3月31日=大阪中央郵便局 郵政局内分室
・2003年4月1日〜2007-07-29=大阪中央郵便局 北浜東分室
・2007年7月30日〜=北浜東郵便局





2017年09月03日

日光陽明門40円赤のD欄分室名入り櫛型印続き

前回に引き続いての日光陽明門40円赤のD欄分室名入り櫛型印です。今回の消印は名古屋中央局駅内分室、この分室は長く存在していたために消印は多く見かけます。名古屋中央局には多数の分室が存在しております。


CIMG3504.JPG



(局の変遷)
・1937年2月1日〜1990年4月14日=名古屋中央郵便局 名古屋駅内分室
・1990年4月16日〜2000年3月5日=名古屋駅デイリー1郵便局
・2000年3月6日〜2015年12月13日=タワーズ内郵便局
・2015年12月14日〜=名古屋柳橋郵便局




2017年08月31日

日光陽明門40円赤のD欄分室名入り櫛型印

日光陽明門40円赤の発行は1962年(昭和37年)5月10日で、書状速達用の料金対応でした。従って、消印は櫛型印あるいは外信書状などの欧文印が多くなります。分室局の櫛型印がこの切手に多く見かけるのも当然だと思います、特刷色が明るいので黒消印の判読がハッキリしております。今回の消印はD欄に分室名が入った櫛型印、名古屋中央局豊田ビル内分室印です。


CIMG3496.JPG



(局の変遷)
・1955年11月1日〜1973年12月9日=名古屋中央郵便局 豊田ビル内分室
・1973年12月10日〜2012年10月9日=名古屋中央郵便局 第二豊田ビル内分室





2017年08月28日

1970年日本万博1次50円の分室局和文ローラー印

ここ数回分室局印をご紹介していますが、個人的には長年分室局印を収集している中でも記念切手への分室局印は稀少なアイテムになると思われます。特に昭和30年代から40年代初頭は記念切手を実逓に使用する場合が少ないためです。別納なども決まった局でしか見かけません。今回の消印は1970年の万博1次の発行年、札幌中央局丸井内分室の和文ローラー印です。


CIMG8941.JPG



(局の変遷)
・1950年6月1日〜1959年6月14日=幌郵便局 丸井内分室
・1959年6月15日〜1990年5月9日=札幌中央郵便局 丸井内分室
・1990年5月10日〜=札幌丸井内郵便局






posted by メイガール at 07:00| 記念切手

2017年08月25日

旧ヤマドリ80円の分室局櫛型印

旧ヤマドリ80円は1965年(昭和40年)12月1日に発行されました、特殊郵便料金や外信用に主に使用されましたが新ヤマドリ80円は1971年に発行されるまで、特に昭和40年代後半に下書留や簡易書留に多用されました。しかし、満月印が少ない切手でもあります。今回の消印は豊島局巣鴨分室印、この分室印は一見して分室とわかりにくく、かなり稀少で集めるのはかなり難しいと思われます。

(局の変遷)
・1960年8月1日〜1983年4月17日=豊島郵便局 巣鴨分室
・1983年4月18日〜=巣鴨郵便局


CIMG2303.JPG







検索
月別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
メイガールさんの画像
メイガール
プロフィール