ファン
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
写真ギャラリー
最新記事
リンク集

2017年05月23日

記念切手の「東京北部局」インクジェット和欧文機械印

インクジェット和欧文機械印は2007年1月に導入されました。導入式は下記の通りですが、インクジェット機械印は手作業で定形郵便物を揃えて機械に挿入すると2通以上の重なった郵便物が排除され、次に重量を計算し定形外郵便物が除外され、郵便物に貼られた切手が識別されるようで、識別には切手図案そのものが登録されており(約300種類程度)切手の合計額を計算できるようになっているとのことです。登録されていない切手や料金不足、未納郵便物などは手作業に回るようです。また、日付は自動更埴で切り替わるようです。今回の消印は東京北部局印、キロボックスでもなかなか見かけませんが、大規模な局のようですので今後見かける機会も増えると思います。

082g.JPG



(インクジェット和欧文機械印使用局)
・2007年1月=東京中央《現在は使われていない》、銀座、日本橋、渋谷
・2007年9月サイズ変更=銀座、日本橋、渋谷
・2007年10月=丸の内《東京中央局から移管、現在は使われていない》
・2010年3月=晴海
・2015年3月頃=さいたま新都心
・2016年2月頃=四日市西
・2016年3月頃=大阪北
・2016年5月頃=博多北
・2016年7月=東京北部
・2016年8月=新仙台
・2017年1月=山口
・2017年2月=静岡





posted by メイガール at 07:00| 記念切手

2017年05月21日

郵便番号宣伝2次15円の東淀川局日立式機械印オンピース

今回の郵便番号宣伝切手の消印は、日立式機械印のオンピースです。切手上では可読印ですが、オンピースならば消印が完読できるものは集めやすいのではないでしょうか。特に東淀川局、尼崎局印はほかの日立式機械印使用局よりも難易度は低いと感じます。波部の湾曲、1のセリフなどの特徴がよくわかります。


CIMG4525.JPG



日立式機械印表.jpg






2017年05月19日

郵便番号1次7円の初日機械ハト印付ハガキ

今回の郵便番号宣伝切手の消印はエンタイヤになります。1次7円切手が貼られたハガキの初日機械ハト印が押印されたものです。おそらく記念押印の引受になりますので、切手収集家によるものだと推測されます。東京中央局印で切手上では初日が判読でき、若干ハトのしっぷ部分がわかるものです。


CIMG6171.JPG



CIMG6172.JPG






2017年05月17日

郵便番号宣伝2次15円の青色県名カタカナローラー印

前回に引き続きまして、郵便番号宣伝2次15円の県名カタカナローラー印になりますが、今回の消印は青色のエラー印になります。フクシマ吾妻局印ですが、この局の青色型からローラー印は見かける頻度が多いので、相当な期間使用されていたものと推測されます。カタカナローラー印でも色つきになりますと稀少な消印になります。


CIMG5806.JPG






2017年05月15日

郵便番号宣伝2次15円の県名カタカナローラー印

今回は県名カタカナローラー印です。郵便番号宣伝切手は1968年から1972年まで発行されていますが、県名カタカナローラー印は昭和44年まで東北郵政管内の局で使用されていましたので、2次シリーズ切手までは消印が存在します。今回は2次15円への、アオモリ尾山局のカタカナローラー印になります。15円よりも7円のカタカナローラー印は稀少です。


CIMG5810.JPG






2017年05月13日

郵便番号宣伝2次15円の下谷局日立式和欧文機械印

日立式和文機械印は、浦和・本郷・千葉・東淀川・尼崎局の5局で使用された「H-1型書状押印機」の印影を指すのですが、大宮局では所謂「大宮日立」と呼ばれる「HFC-1」という機種が配備されました。大宮局では下記の流れで日立式押印機が使用されています。大宮局での機能実験後に下谷局へ配備され、1969年8月4日から1970年9月頃まで使用されました。しかし配備されたのが科学館内の仮庁舎であったために、処理した郵便物の3分の1程度であったために、その消印は非常に少ないと思われます。私もこの消印の実物を見たのは初めてです。消印が正しいものかどうかもわかりませんが、掲載いたします。


CIMG5133.JPG



(大宮局、下谷局の日立式機械印の流れ)
・0号機=昭和42年9月22日〜9月25日
・H-1型機=昭和42年11月1日〜。すぐに浦和局へ配備
・HFC-1型機=昭和43年2月22日〜27日
・HFC-1型改機=昭和43年11月21日〜30日
・下谷局へ配備換え、和欧文印表示=昭和44年8月4日〜昭和45年9月30日





2017年05月11日

郵便番号宣伝1次7円の年賀和文機械印

今回も郵便番号宣伝切手の消印になりますが、消印は年賀機械印です。郵便番号宣伝切手は書状用とハガキ額面の2種類が発行されていますので当然ですが、年賀印は存在します。発行時期が7月前後ですので半年後での使用になるために、キロボックスなどを見ても決して多い消印ではありません。消印は大阪東局印、発行3年後でのものです。書状額面での櫛型印になると稀少なアイテムになります。



CIMG4522.JPG












2017年05月09日

郵便番号宣伝1次15円6枚ブロックの県名カタカナローラー印

引き続いて郵便番号宣伝切手の消印の紹介になります。今回の消印は県名カタカナローラー印、この消印は昭和44年まで東北郵政管内で使用されておりましたので、理論上では郵便番号2次シリーズまでは存在しています。消印は6枚ブロックへのアキタ北浦局印になります、書状用額面には見かけますが7円のハガキ額面は非常に少ないようです。


CIMG5807.JPG







2017年05月07日

郵便番号宣伝2次15円の鉄道郵便印

引き続いての郵便番号宣伝切手の消印の紹介になります。今回の消印は鉄道郵便印ですが、封書額面に多く7円は非常に少ないと思います。この2次15円の発行枚数は4000万枚と多く、通常切手と同様に使用されていたため鉄道郵便印は見かけますが、満月印となると稀少になります。消印は函館旭川間、昭和44年の発行3ヵ月後でのものです。


CIMG4523.JPG







2017年05月05日

郵便番号宣伝1次15円の尼崎局日立式機械印

今回も郵便番号宣伝切手の消印になります。昭和42年から44年にかけて5局で「日立式和文機械印」が使用されましたので、郵便番号宣伝にもこの日立式機械印が存在します。今回の消印は1次15円の尼崎局印ですが、尼崎局や東淀川局印は少ないながらも他の局よりも多く見かけます。また15円よりも7円の方が稀少です。日立式機械印の特徴は波部の湾曲と1の数字のセリフがあることです。


CIMG4524.JPG



(日立式機械印使用年表)

日立式機械印表.jpg






2017年05月03日

郵便番号宣伝2次7円の年賀和文機械印

前回に引き続いて郵便番号宣伝シリーズの消印を紹介します。郵便番号宣伝2次が発行されたのが1969年(昭和44年)7月1日です。6次まで毎年発行されていますが、7円はハガキ額面のため年賀印が存在します。もちろん15円にも年賀印があるとは思いますが封書額面の年賀印の実逓は非常に少ないため、7円は比較的多く見かけます、消印は発行翌年の稚内局の年賀和文機械印です。


CIMG2718.JPG









2017年05月01日

郵便番号宣伝1次15円貼り初日櫛型印エンタイヤ

郵便宣伝切手は1次から6次まで発行されました。発行目的は導入された郵便番号の宣伝用になりますが、同時に機械印にも宣伝用の標語が入るようになりました。1次は1968年(昭和43年)7月1日です、今回のエンタイヤはその当日印で実逓便になります。このシリーズは非常に地味ですが、消印のバラエティを集めるのも面白いと思います。消印は和歌山県海南局印で、ハッキリと郵便番号が押印されています。


CIMG5085.JPG



CIMG5084.JPG









posted by メイガール at 07:00| エンタイヤ

2017年04月29日

ソメイヨシノ10円の千歳局略字和文ローラー印

消印で局名エラー印で有名なものは、玉島局の玉の字の点場所違いエラー、そして千歳局の略字エラー印です。今回はその千歳局の歳が才に略字されたエラー和文ローラー印です。何故このような事態になったのかは詳しい資料が手元にありませんので何とも書けませんが、印類業者の間違いによるものだと推測されます。昭和40年代前半に見かけますので、皆さんのコレクションにもあるのではないでしょうか。


CIMG0893.JPG






2017年04月27日

ふるさと切手青森県の平成2年標語入り和欧文機械印

機械印に標語が入るようになったのが昭和43年です、当初は和文機械印のみでその後和欧文機械印も入るようになりました。周知されたと言う意味で昭和55年より逐次取り外されましたが、昭和54年から始まった元号入り和欧文機械印にも入った局があります。今回の消印は、平成2年の元号入り和欧文機械印への標語V期入りの消印です。平成2年頃まではまだ数局ですが標語入りを使用していました。消印は秋田中央局印、大きな局ほど使用していたようです。

(標語入り機械印)
・1968年(昭和43年)6月1日〜「あて名には郵便番号を」(T期標語)
・1969年(昭和44年)〜「郵便番号をお忘れなく」(U期標語)
・1971年(昭和46年)〜「郵便番号はハッキリと」(V期標語)
・1980年(昭和55年)〜逐次取り外すように通達
・1990年(平成2年)〜新機械印導入による実質廃止


056-3.JPG



056-1ぞ.JPG






posted by メイガール at 07:00| ふるさと切手

2017年04月25日

ナンテン6円の浦和局日立式和文機械印

日立式和文機械印は、昭和42年から43年にかけて6つの郵便局で試用された消印ですが、稀少な消印ですので人気が高いアイテムです。特に記念切手への日立式機械印は特に稀少になります。特徴は極端に湾曲した波部、1の数字にセリフがあることです。今回の消印はナンテン6円のもの、旧前島密1円と合わせて7円ハガキ料金にした訳です。そうなるとナンテンにも日立式機械印が押印される可能性があるという証明になります。切手的には非常に難易度の高い消印です。

CIMG1176.JPG



(日立式機械印とは)
日立式機械印は郵政省の郵便業務の自動化推進の中で、郵便物の局内処理業務での自動選別・自動取揃押印機などの業務自動化の中で生まれた消印です。郵便自動化は日電、日立、東芝の3社の自由競争に基づく委託研究で進められたようです。昭和41年7月に大宮局に実験室が設置され、昭和42年9月に日立製H-1型書状押印機の昨日実験が行われました。過去の趣味誌の情報をまとめると下記のように日立式機械印が使用されたようです。日立式の「日立」はメーカー名です。


日立式機械印表.jpg






2017年04月23日

迦陵頻伽120円灰の平成元年標語入り和文機械印

標語入り機械印は1980年(昭和55年)より逐次外すように郵政省から各郵便局へ通達が出ています。中には標語を削って使用した局もありますが、その後も平成初期まで標語入りの機械印が少数の局で使用されています。特に平成になってからの使用印は稀少です。今回の消印もそのひとつ、平成元年の茂原局、標語V期入りのものです。切手が迦陵頻伽という消印のわかりにくい切手ですが鮮明に判読できます。


CIMG5087.JPG



(標語入り機械印)
・1968年(昭和43年)6月1日〜「あて名には郵便番号を」(T期標語)
・1969年(昭和44年)〜「郵便番号をお忘れなく」(U期標語)
・1971年(昭和46年)〜「郵便番号はハッキリと」(V期標語)
・1980年(昭和55年)〜逐次取り外すように通達
・1990年(平成2年)〜新機械印導入による実質廃止





2017年04月21日

国立公園1次「磐梯朝日」10円の発行月和文ローラー印

記念切手の使用済みを収集するのであれば、まず発行月の実逓使用済み印の収集が重要ではないかと思っています。特に難しいのはローラー印で、記念切手上に年号月日までが完読できる消印が少ないからです。今回の消印は国立公園2次「磐梯朝日」10円の発行月、発行3日後の尾道局の和文ローラー印です。何とも完璧な消印ですね。


CIMG6753.JPG






posted by メイガール at 07:00| 記念切手

2017年04月19日

1968年「貯蓄増強宣伝」の和欧文機械印初期使用印

和欧文機械印は1968年12月1日より10局で使用が開始されました。12月の年内使用印は稀少性が高くオークションでも高価に取引されています。今回の消印は、川崎局の1969年1月の消印ですが初期使用印になると思われます。ちなみに、貯蓄増強宣伝は12月14日の発行です。

CIMG2721.JPG



(使用局の推移)
・1968年12月1日〜=東京中央局、日本橋局、芝局、渋谷局、新宿局、川崎局、横浜中央局、川口局、鶴見局、横浜南局の10局(横浜南局は港南局へ変更になり使用期間は1969年9月30日まで)
・1969年6月30日=神田局
・1969年7月10日=大阪中央局
・1969年8月4日=下谷局
・1969年11月15日=札幌中央局、仙台中央局、京都中央局、姫路局、神戸中央局、福岡中央局
・1969年11月18日=広島中央局
・1969年11月20日=新潟中央局
・1969年11月30日=名古屋中央局
※1969年の開始日は郵趣に記載されていた記事からのものです。もっと早い消印があるかもしれません。




posted by メイガール at 07:00| 記念切手

2017年04月17日

姫路城14円(円位)の1958年三日月欧文印

第2次動植物国宝切手の中でも消印収集の最難関が姫路城14円ではないでしょうか。発行枚数は普通切手にしては非常に少ない315万枚、平等院鳳凰堂24円が335万枚になります。発行は1956年(昭和31年)9月20日、銭位からの切り替えで外信用ハガキ船便料金用としても切手です。ですから正式には今回のような三日月欧文印が適正な消印になると思います。消印は1958年、東京田園調布局印です。よく見かける消印は東淀川局の和文ローラー印ですが別納印です。


CIMG3802.JPG






posted by メイガール at 06:00| 記念切手
検索
月別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
メイガールさんの画像
メイガール
プロフィール