広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

MATT
現在マニラと大阪を行き来し、将来カビテの自宅で 年金生活を夢見る。時空の旅人
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2014年04月13日
近代化するマニラ、マカチィは既に大都会だ!




桜の季節も終盤を迎え、深緑の季節へと移り変わる為の合図か?今日は次第に雨に成る、
此処、神戸市御影の空模様です。

21日からフィリピンに帰国します。二週間の里帰りです。年末年始以来の里帰りなので、
又、弾けてきます。嫁との電話で今度は何処の観光地に行こうかと相談した結果、今度は
ビコール地方に行く事に決定しました。ビコールは親戚がコングレスマンをしているのですが。
俺は、地方援助金問題(ポーク・バレル)でコングレスマン全体が嫌いなので、多分、会わない
つもりです。純粋に夫婦観光旅行です。・・・夫婦で弾けてきます。車(RV)バービール

最近のマニラは本当に近代化しつつ有りますが。インフラ整備の中で発展しているのは、唯一
道路整備だけです。それも有料高速道路だけで、一般の無料道路には、金を落としません。
街を歩けば電柱から延びる電線を見ると腰が抜ける位の凄まじい電線の数・・本当に恐ろしい!
雨の日は、大都会マカチィでさえバハ(道路冠水)があっちこっちで発生するし、
川沿いを歩けば、不法住宅が乱立し景観も衛生状況も、へったくれも無い有り様だし、臭いし!
何とかならんか?政治家先生!利権の有る高速道路にばかり金落とさないで真面目に考えろ!
街々を歩いて何も感じ無いのか?・・・政治家に必要なのは美的な創造力だし!想像力は宝だ!
金(ゴールド)じゃね〜〜ど!美だ!・・・?先生様は街は歩かないか?高級車でピュ〜か?

2〜3年前に追加開通した、MANILA CAVITE EXPRESSWAY・・確かにこの道路は
便利だし、海を貫く道路は綺麗し、空いているし??空いてる=料金が高い!むかっ(怒り)

0-1.jpg

海の中を通る道路は快適ですが、バコールからの合流地点からは混雑する。
0-2.jpg

高速道路スカイ・ウェイに乗り換えて、いよいよマカチィのビル群が見えて来ました。
0-3.jpg

マカチィの街は、アジア諸国の何処にも引けをとらない、大都会だ、外観は?
0-4.jpg

USAのシカゴで仕事をした時にダウンタウンから観た摩天楼にも似たビル群のマカチィ!
何か?マカチィの街が、凄い格好良過ぎやんか?

0-5.jpg

今回の帰国では、3月31日に42歳の若さで亡くなった友人の墓参り?墓は未だ無いので
フィリピンでは、一般的でない火葬された骨に御参りしてきます。
そして、高知県の友人Nさんがカヴィテでビジネスされている、ウォーターステーションを
訪ねて行きたいと思います。      
PS: ブログ作成は今回以降は、多分5月連休明けから再会しますので、又宜しくお願いします。。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

2014年04月06日
カヴィテの若い友人が亡くなった。




昨日から上空に居座り続けて居る寒気で、今朝の気温5℃の寒い、哀しい色の
此処、神戸市御影の空です。

3月31日(月)の夜、嫁への定時連絡で、飛び込んで来た嫁の一声は信じられない事でした。
嫁=『アサワコ!Uさんが亡くなったヨ!今から御通夜に行く』でした。俺は絶句して・・・
何も考えられず、「何で?」が一杯の返事でしたが。その時唯一考えた死因は、彼はバイクが
好きで、通勤にもバイクを使っていたから「バイク事故か?」と嫁に問い直した。嫁の返事は
信じられないものでした。『いいえ、違うの、彼は血圧高かったでしょ!だから多分脳梗塞か
脳卒中?』・・・俺は咄嗟に理解出来た。彼と知り合ったのは、我が家を建設途中だった
多分、5〜6年前で、当時使用していたフリーMLで知り合った。初めて会ったのは
彼のレント・ハウスの有ったアギナルド・ハイウェイ沿いのウォルター・マートでした。

彼の家で酒を呑みながら、沢山の話しをした中で、彼の血圧は200前後の超高血圧だと
知りましたが、彼は降圧剤の薬は「金が勿体無いので飲んで無いです。」との事でした。
俺は=「俺も高いので、もうボチボチ薬飲む事を考えてる。」が、その時の二人の会話でした。
その後何回か会ったが、俺は降圧剤を飲み、彼は相変わらず酒とタバコを、こよなく愛した!

御通夜に行った翌日の嫁の報告では、『Uさん、可哀想だった、家族も無いし、日本人も少し』
彼には、フィリピン人妻と娘が居たが2年前に離婚して、現在は愛人と一緒に居たが、
その愛人も通夜には居なかった様で、嫁の考えでは『葬式費用を出したくないからでしょ』と!
結局、葬式は別れたフィリピン人妻が出したが、火葬の簡単な物だった様です。
その妻も、彼から娘の養育費で、月P30,000も貰ったいたのだからバチは当たらない!

俺は、今回の事で初めて彼が・・42歳の若さだった事に気付かされた。・・・あの時・・
「Uよ!お前も降圧剤飲め!」・・と何故言わなかったのか?・・・後悔です。
今月21日からカヴィテに帰りますので、彼の墓は無いので、骨壺に御参りし、懺悔します。

写真はバギオを発つ朝の車窓から、高台にへばりつくホテル

0-1.jpg

晴れた空の下を走るハイ・ウェイ  自宅に向け、アクセル全開!
0-2.jpg

自宅に帰り着いたのは、3時頃でした。やはり、自宅に帰り着くと、<ホッとする!>
0-3.jpg

クリスマス・ツリーもそのままの状態の我が家・・・愛犬シャンテは久しぶりの嫁から離れず
0-4.jpg

俺達夫婦は旅行好きでしょっちゅう家を空けるので、愛犬の面倒を観てくれる友人に感謝です。
0-5.jpg


今日の教訓は、亡き友人Uを偲んで、懺悔の気持ちを込めて、
教訓=「フィリピン女性と生活するには、血圧計を必ず持参しよう!」


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。